おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

アスンシオン 観光ガイド Asuncion

パラグアイ共和国の首都で、パラグアイ川の東岸に位置し、港と、1990年代に使われなくなった鉄道の駅がある。市の中心付近には高層建築が見られるがそれ以外には10階以上の建築物は少ない。 市の郊外にはバスターミナルがあり、「シウダー・デル・エステ」など国内の主要都市や近隣諸国の主要都市とアスンシオンとを結ぶバスが頻繁に発着している。また、バスターミナルへ行く途中の路線バスのルート上にはマーケット(メルカド4)があり、多くの市民や観光客で賑わっている。かつては薪を燃料とする蒸気機関車が走っており、2004年から週末のみの観光路線として復活している。

アスンシオンのホテルを探す

アスンシオンのホテルをもっと

アスンシオンの旅行・観光情報

アスンシオンのまとめ一覧

  • まとめ

    【パラグアイ】首都アスンシオンの宿泊でおすすめ高級ホテル5選

    アスンシオン - 高級ホテル

    アスンシオンは、南米パラグアイ共和国の首都です。地名は「聖母の被昇天」に由来し、1537年に創建された南米でも歴史の古い都市です。パラグアイ河の東岸に面していて、亜熱帯植物など自然豊かな美しい景色が広がり、観光都市としても人気です。夜にライトアップされる壮麗な白亜の政府宮殿や、先住民の膨大なアートコレクションが圧巻のバロ博物館など、観光スポットも多彩です。行き方は、シルビオ・ペッティロッシ国際空港から30分から1時間ほどです。そんなアスンシオンでおすすめの高級ホテルを紹介します。鮮やかな景色が広がるホテルや、リゾート感らあふれるホテル、施設の充実したリッチなホテルなど、様々あるので旅行の予約プランの参考にしてくださいね。

  • まとめ

    【パラグアイ】アスンシオンで宿泊したいおすすめの格安ホテル5選

    アスンシオン - 格安ホテル

    アスンシオンは、南米パラグアイの首都です。ラ・プラタ川最大の支流パラグアイ川の川岸にあり、1537年にスペイン人が創建した古都です。金銀を求めてやってくる西欧人や探検家の休息と食糧供給の場所だった街で、「聖母の被昇天」と呼ばれたのが地名の由来です。観光名所も多く、先住民の膨大なアートコレクションが圧巻のバロ博物館や、南米サッカー連盟本部の博物館、立派な白亜の政府宮殿は夜にライトアップされて壮麗です。行き方は、郊外にあるシルビオ・ペッティロッシ国際空港から1時間ほどで到着します。そんなアスンシオンで、おすすめの格安ホテルを紹介します。なかには一泊6000円台で泊まれる宿もありますよ。なお、値段は時期や人数により異なるのでご注意ください。

  • まとめ

    【パラグアイ】アスンシオンで宿泊したい格安ゲストハウス5選

    アスンシオン - ゲストハウス・ホステル

    パラグアイの首都アスンシオンはアルゼンチンとの国境になっている、大河ラ・プラタ川の支流パラグアイ川の川岸の都市です。アスンシオンはスペインの植民地であった歴史があり、コロニアル風な建築物が残っていますが、近年は近代的なビルも増えています。 観光名所には英雄霊廟やロペス大統領の邸宅として建てられた邸宅、リベラの一角(博物館)、独立の家博物館、国家博物館として利されているカビルドなど歴史的建造物が数多くあります。パラグアイは世界的に見ても物価が安く、日系人も多いので日本食が意外とすんなり手に入ります。宿泊施設には、ホテルより格安なゲストハウス、ホステルが最近増えており、安ければ古く汚い、高ければ新しくてきれいなところが多いです。それでは、おすすめの格安ゲストハウス、ホステルの紹介をましょう。

アスンシオンのまとめをすべて見る

アスンシオンのスポット一覧

アスンシオンのスポットをすべて見る

アスンシオンの旅行・観光情報をもっと調べる

アスンシオン 高級ホテル アスンシオン 格安ホテル アスンシオン 大衆料理・ローカルフード アスンシオン ゲストハウス・ホステル アスンシオン ホテル アスンシオン グルメ

アスンシオンについての観光情報

旅行シーズン 5~8月

広告

その他のパラグアイの都市のおすすめ観光情報を探す

パラグアイの都市をもっと
運営会社