おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ボゴタ 観光ガイド Bogota

ボゴタはコロンビアの首都で、面積は1587平方キロメートル、標高2640mです。南アメリカ大陸でラパスとキトに次いで3番目に標高の高い首都で、人口は2016年時点で都市圏は952万人と言われています。南北に細長い地形で主に北部は高級住宅街、南部は貧困地区が広がっています。そんなボゴタの人気観光スポットはボリーバル広場です。ボゴタで一番大きいカテドラルや、1926年に建築されたネオクラシック様式の国会議事堂が周りにあるので、一度に多くのスポットを楽しめます。また、モンセラートの丘も有名です。500m級の山ですが、標高は約3100mにもなり、頂上からはボゴタの街を一望できるだけでなく、ゴシックリバイバル様式の教会やお土産屋もあります。他にも黄金博物館やエメラルド博物館、貨幣博物館など見応え豊富な博物館もあります。新市街にはルルドの聖母教会もあり、美しい建築様式を見られます。

ボゴタのホテルを探す

ボゴタのホテルをもっと

ボゴタの旅行・観光情報

ボゴタのまとめ一覧

  • まとめ

    【ボゴタ】コロンビア旅行で絶対に行っておきたい人気の観光地5選

    ボゴタ - 観光名所

    標高2640メートルの場所にあるコロンビアの首都ボゴタ。年間平均気温が14.5度と過ごしやすく、観光巡りに最適です。また大学や図書館などが多いのも特徴です。美術館や博物館のほか、コンサートや大道芸など芸術を楽しめる場所もたくさんあり、文化的な街でもあります。国会議事堂や裁判所など歴史を感じる建物も多く、昔の景観を大切にした歴史的な街並みも見どころのひとつ。今回はそんな文化、芸術の街ボゴタに旅行する際に行ってほしい定番観光地を紹介します。実はボゴタは世界各国から観光客が訪れる人気のスポットばかりでリピーターも多い街なんですよ。ぜひ一度訪れてみてください。

  • まとめ

    【コロンビア】アンデス山中に残る謎の石像群 サン・アグスティン遺跡

    ボゴタ - 世界遺産

    コロンビアの南西部、首都ボゴタから約350km離れたウイラ県(Department of Huila) にあるサン・アグスティン遺跡公園(San Agustín Archaeological Park)にある、謎の石像群。大きな丸い眼をした頭が特徴的な400体以上もの石像があります。宗教的な目的で作られた神聖な場所らしく、日本の古墳のように土を盛り上げ、石棺を納めた施設も残されています。アンデス山地の北部、マグダレーナ川(Rio Magdalena)の上流域には、紀元前6世紀から8世紀ころまで栄えた北アンデス文化がありました。1995年に世界遺産(文化遺産)に登録されています。

  • まとめ

    【コロンビア】世界遺産に登録されたコーヒー産地の文化的景観

    ボゴタ - 世界遺産

    コロンビアの特産品といえば、コーヒーが有名ですが、実にコーヒーがコロンビアに伝わってから、100年くらいしか経っていません。しかし、この国のコーヒー栽培は、独自に発達してきた歴史があります。2011年に文化遺産に登録された「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」には、4つの県、47の地域にまたがり、16の都市を中心として、大きく6つに分けた産地が含まれています。カフェテロとよばれるコーヒー農家の人々は、険しいアンデスの山の斜面に畑を作り、熟した赤い実を収穫し、背負って山から下ろし、ラバで町まで運びます。その町には、コロニアル様式の家々が並んでいます。

ボゴタのまとめをすべて見る

ボゴタの旅行・観光情報をもっと調べる

ボゴタ 世界遺産 ボゴタ ビジネスホテル・シティホテル ボゴタ ホテル ボゴタ 観光

ボゴタについての観光情報

旅行シーズン 1~2月、7~8月

広告

その他のコロンビアの都市のおすすめ観光情報を探す

コロンビアの都市をもっと
運営会社