おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

紹興 観光ガイド Shaoxing

紹興市(しょうこうし)は中華人民共和国東部にある浙江省の地級市です。面積は8255.73㎢・人口は551.04万人(2007年)です。南宋の紹興元年(1131年)、越州と呼ばれていたこの地域は元号に因んで紹興と改名されて現在に至っています。温暖湿潤気候で、年間の平均気温は17℃ほど・年間降水量は1456.5mmです。もち米や麦麹などから作られる黄酒(醸造酒)である「紹興酒」がこの都市を代表する生産物で、日本でもよく愛飲されています。1920年頃に発表された「狂人日記」や「阿Q正伝」などの西洋風小説で知られる魯迅(ろじん)は、紹興市の出身です。1904年に日本に留学した魯迅の恩師(仙台医学専門学校)である藤野厳九郎の出身地である福井県あらわ市とは、友好都市の盟約を締結しています。また、中国の有名な首相であった周恩来の生家があることでも知られています。

紹興のホテルを探す

紹興のホテルをもっと

紹興の旅行・観光情報

紹興のまとめ一覧

紹興のまとめをすべて見る

紹興のスポット一覧

  • スポット

    府山横街

    紹興 - 市場・夜市

    紹興市中心部近くにある府山横街は、入口近くはモダンな街並みで府山公園に近づく程、紹興の昔ながらのレトロな街並みが残る界隈である。運河が横切っており古い運河の街が今も健在で風情がある景観である。気軽に入れるレストランや食堂があり小籠包やラーメン店などある。

  • スポット

    魯迅記念館

    紹興 - 美術館

    紹興市にある紹興魯迅記念館は、中国近代文学を代表する小説家で思想家である魯迅(1881-1936)の生涯をいくつかに時代分類して展示されている記念館である。魯迅の文物や資料、写真や手紙など、数多くの資料が展示されており、日本との関わりがある魯迅の日本留学時代の資料もある。

  • スポット

    東湖

    紹興 - 滝・河川・湖

    東湖は紹興の郊外にあり、かつて採石場だった所を人工的に削り水を引き込んだ断崖絶壁の湖である。烏篷舟(足漕ぎ舟)での遊覧や散歩を満喫出来るスケールの大きい中国式庭園は、紹興の有名な書家・庭園芸術家の陶浚宜が造った。見所は仙桃洞や陶公洞などの洞窟である。

紹興のスポットをすべて見る

紹興の旅行・観光情報をもっと調べる

紹興 市場・夜市 紹興 滝・河川・湖 紹興 高級ホテル 紹興 格安ホテル 紹興 散歩・街歩き 紹興 美術館 紹興 自然・景勝地 紹興 ホテル 紹興 観光

紹興についての観光情報

広告

その他の中国の都市のおすすめ観光情報を探す

中国の都市をもっと
運営会社