おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ケニア 観光ガイド Kenya

ケニア共和国、通称ケニアはアフリカ東海岸のほぼ中央に位置し、ケニアには42もの民族が住んでいますが、1963年の独立以来、民族紛争が一度もない平和な国です。多くの国立公園や国立保護区が設立されており野生動物や自然を味わえる。南東部のインド洋沿いの海岸では白い砂浜が続く美しいビーチ、珊瑚礁や多種多様な海の生き物も生息しており、ケニアはダイビングスポットとしても人気が高まりつつあります。 ケニアの首都であるナイロビは、東アフリカの政治・経済・文化の中心でもありビジネスで訪れる日本人も多い。日本食を扱う店も多く、大自然や野生動物だけでなくゴルフや博物館など色々な楽しみ方ができる。

ケニアの人気都市

  • 都市

    ナイロビ

    ケニア共和国の首都で最大の都市として知られ、ナイロビには多くの観光名所があり、またケニア観光の拠点ともなっている。 中心部にはニュー・セントラル・バンク・タワーやケニヤッタ国際会議場といった高層ビルが立ち並び、上に登ればナイロビ市街を一望することができる。中心部の北には1930年設立のケニア国立博物館があり、ケニアで発見されたアウストラロピテクスの化石などが展示されている。これらの観光資源のほか、ケニア国内のサファリやケニア山などの登山を楽しむ外国人観光客もナイロビを拠点とすることが多く、また国連関係はじめ多くの国際機関が存在することから、ナイロビには多くのホテルが立ち並んでいる。

  • 都市

    マサイマラ国立保護区周辺

    総面積1,812平方キロメートルの国立保護区で、ヌー(ウシカモシカ)やシマウマの季節移動「グレート・マイグレーション」が有名。国境を挟んで南に広がるセレンゲティ国立公園(タンザニア共和国)の北部地域として同一エコ・システム(生態系)を形成している。 肉食獣・草食獣ともに、生息する種類数・個体数の豊富さでケニア随一と言える野生王国であり、観光に外貨収入の多くを頼るケニア共和国にとり貴重な自然資源となっている。しかし近年、周辺部の人口増加に伴う農耕地・家畜放牧地の需要の高まりが著しく、一次産業に依存する周辺住民と野生生物の共存という、難しい問題に直面している。

  • 都市

    ワタム

    ワタムは、ケニアの東海岸にある人口1900人ほどの小さな町です。ナイロビから飛行機で約1時間、モンバサから車で約2時間ほどのところに位置しており、ケニア屈指のリゾート地として知られています。透明度の高い美しいビーチと白い砂浜が広がっており、ワタム初の海洋国立公園としても有名です。経済は漁業と観光産業に寄て支えられており、海には小さな島々が浮かび、さまざまな魚が泳いでいます。美しいビーチは、アフリカでも有数のダイビングスポットやシュノーケリングスポットになっています。ビーチ沿いには高級ホテルやレストラン、カフェなども数多く立ち並び、世界各地からリゾートを楽しみに訪れる人達で賑わいを見せています。

  • 都市

    マリンディ

    マリンディは、ケニアの南東部に位置している海岸州のキリフィにある都市です。インド洋に面した小さな港町になっており、昔はムスリム商人が来訪していた貿易の街でした。現在は綿工業やサイザルアサ加工の中心地として知られているほか、サトウキビやコプラの集散地にもなっています。また、漁業もさかんになっており、漁港の周辺では新鮮な魚介を使用した料理を楽しむことができるレストランなども多く揃っています。街の中にはガマのインド航路発見を記念した石塔や、イエズス会の教会跡などがあり、観光スポットになっています。最近は、海岸保養地としての知名度も高く、国内外からたくさんの観光客が訪れる人気の旅行先にもなっています。

  • 都市

    ラム

    ラムはケニア南東部、インド洋沿岸部に浮かぶ離島ラム島最大の都市で、ケニアの首都ナイロビから小型飛行機で約2時間のところにあります。熱帯雨林気候に属し、7月から9月の乾季以外は高温多雨です。ラム島東岸に位置する、14世紀ごろより作られてきた旧市街は、東アフリカで現存する最古のスワヒリ建造物群です。イスラムと東アフリカの文化が融合した独特の外観で、2001年にユネスコの世界遺産に認定されています。なかでも、19世紀初めごろに建設されたラム要塞は城壁に上ることができ、ラムの定番観光スポットです。旧市街は大小のモスクや発物館などがあり、車が通れない細い路地が多いので、ロバが人や物を運ぶ重要な交通機関となっています。離島の移動には三角帆のダウ船を使用しています。

ケニアの都市をもっと

ケニアのホテルを探す

ケニアの旅行・観光情報

ケニアのまとめ一覧

  • まとめ

    【ナイロビ】死ぬまでに一度は行ってみたい刺激あふれる定番観光地5選

    ナイロビ - 観光名所

    ケニアの首都ナイロビは、高層ビルが立ち並ぶ、アフリカ有数の大都市です。ナイロビは赤道直下にありながらも海抜1600メートルの高地にあるので、比較的過ごしやすい気候に恵まれています。ケニア最大級かつ最古の国立博物館があったり、キリンに直接エサをあげられる施設など、子連れ家族やカップルで行きたい観光スポットが盛りだくさん。また広大な敷地を持つ国立公園では、草食動物や肉食動物を近くで見ることができるサファリも体験できます。ナイロビ旅行でぜひ行ってみたいおすすめの定番観光地を5か所紹介します。欧米やアジアの観光地もいいですが、思い切ってケニアにも行ってみてください。

  • まとめ

    【ケニア】ナイロビで宿泊したいおすすめの高級ホテル10選

    ナイロビ - 高級ホテル

    ナイロビは、ケニア共和国の首都で、アフリカ有数の世界都市です。ジョモ・ケニヤッタ空港から南東17kmほどの場所に位置していて、アクセスも良好です。ナイロビの魅力は、何といっても高層ビル群の中に突然現れる大自然です。ナイロビ国立公園では、ヒョウやチーター、アフリカスイギュウ、絶滅の危機にあるクロサイといった野生動物を、サファリ気分で見て回ることができます。また、野外博物館であるボーマス・オブ・ケニアでは、マサイ族などケニアの代表的な民族の舞踊ステージや住居を鑑賞することができます。そんなナイロビの観光でおすすめな高級ホテルを紹介します。

  • まとめ

    【ケニア】サファリを通してたくさんの野生動物に会える!マサイマラ国立保護区の観光ガイド

    マサイマラ国立保護区周辺 - 砂漠・荒野

    マサイマラ国立公園は、ケニア南西部のタンザニアとの国境沿いに位置する国立公園です。肉食獣・草食獣ともに、種類・個体数の豊富さはケニア随一であり、野性動物の宝庫・動物天国として世界的に有名です。ちょうど大阪府ほどの広大の敷地内で、ゾウやキリン、ライオンの姿や、ヌーやシマウマの大移動、マラ川で水を浴びるカバやワニを見ることができます。そして、動物の間近まで近づけるサファリカーや、気球で上空からサバンナを見下ろすバルーンサファリ、ナイトサファリなど、ツアーの豊富さも魅力です。ロッジやテントなど保護区内の宿泊施設も充実しています。そんなマサイマラ国立公園の魅力を徹底ガイドします。

ケニアのまとめをすべて見る

ケニアのスポット一覧

ケニアのスポットをすべて見る

ケニアの旅行・観光情報をもっと調べる

ケニア 砂漠・荒野 ケニア 広場・公園 ケニア アジア・エスニック料理 ケニア 自然遺産 ケニア リゾート ケニア 高級ホテル ケニア 自然・景勝地 ケニア 水族館・動物園 ケニア 散歩・街歩き ケニア ビジネスホテル・シティホテル ケニア アクティビティ・体験 ケニア 日本食 ケニア 大衆料理・ローカルフード ケニア 各国料理 ケニア 建築 ケニア 歴史スポット ケニア 世界遺産 ケニア ホテル ケニア 観光 ケニア グルメ ケニア エンターテインメント・遊ぶ

ケニアについての観光情報

近くのイベント マダラカデー
ケニアのイベントをもっと

広告

アフリカの国のおすすめ観光情報を探す

アフリカの国をもっと
運営会社