おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ナウル共和国 観光ガイド Republic-of-nauru

ナウル共和国は、太平洋の南西部に浮かぶ、赤道直下の小さなサンゴ礁島です。世界で3番目に小さい国で、国土面積は21k㎡、人口は約1万人、公用語は英語とナウル語です。アホウドリのフンの堆積により、良質なリン鉱石の採掘と輸出で栄華を極め、1900年代には、世界で最も国民所得が高い国と称されていました。しかし、現在はリン鉱石採掘が衰退したため、オーストラリアや日本からの金銭的な支援を受けており、難民の移住先としても知られています。観光地化されているスポットは少ないものの、ミルクフィッシュと呼ばれる真っ白い魚が泳ぐ池「ブアダ・ラグーン」をはじめ、奇石が並ぶ夕日が美しい海岸線、当時のまま置かれている日本軍の戦跡やリン鉱石の採掘跡など、栄枯盛衰の歴史を感じさせてくれる珍しい観光スポットが島中に残されており、ここでしか味わえないユニークなドライブが楽しめます。

ナウル共和国の人気都市

ナウル共和国の都市をもっと

ナウル共和国のホテルを探す

ナウル共和国のホテルをもっと調べる

ナウル共和国の旅行・観光情報

ナウル共和国についての観光情報

広告

オセアニア・ミクロネシアの国のおすすめ観光情報を探す

オセアニア・ミクロネシアの国をもっと
運営会社