おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

木と光のフェスティバル Festival Arbres Lumieres スイス / ジュネーブ

次回開催日 : 2016/11月上旬~1月上旬

12月、クリスマスデコレーションに彩られるジュネーブに、個性的なツリーが現れる。もとはクリスマスツリー・フェスティバルであったものがユニークな現代アートのイベントになった。世界の建築家、照明デザイナーなどのアーティストたちが、レマン湖畔から旧市街の市内各所の並木や公園の木にインスタレーションを行う。葉を落とした木が光で飾られる、独創的なアートを楽しむことができる。

広告

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。
現地事情等により現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、
ご利用の際は事前にご確認ください。

木と光のフェスティバル周辺の旅行・観光情報

木と光のフェスティバル周辺のホテル一覧

  • ホテル

    ホテル ロイヤル

    ジュネーブ - ホテル

    コルナヴァン駅から徒歩約6分、ローザンヌ大通りに位置するホテル。館内はクラシカルな要素とモダンな要素を融合した空間で高級感がある。客室はタイプにより広さやインテリアが異なり、キッチン付きのタイプもある。ビストロスタイルのレストランとコースメニューを提供するレストランとがある。コアントラン国際空港から約6km。

  • ホテル

    エーデルワイス マノテル

    ジュネーブ - ホテル

    レマン湖からほど近いところに位置するホテル。館内、客室ともに木材をふんだんに使ったカントリーテイスト溢れる女性好みのインテリア。地元でも人気の可愛らしいデザインのレストランでは民族衣装の陽気なウェイターが温かく迎えてくれ、伝統料理と共にスイス音楽の生演奏も楽しめる。ジュネーブ国際空港から約7km。

  • ホテル

    レザルカド

    ジュネーブ - ホテル

  • ホテル

    ナッシュ ビル ホテル

    ジュネーブ - ホテル

    コルナヴァン駅から徒歩約3分のところに位置するホテル。建物は窓下の赤いラインがアクセントになっている。ロビーは全体的に木板や間接照明などを多用したシックな雰囲気。茶系のモノトーンでまとめた客室には大人の小粋なムードが感じられる。コアントラン国際空港から約7km。

  • ホテル

    ベスト ウエスタン アストリア ホテル ジュネーブ

    ジュネーブ - ホテル

    コルナバン駅から徒歩約1分、ノートルダム教会の斜め向かいに位置するホテル。ロビーは広くはないが明るい雰囲気。客室は暖色系の明るい色彩でまとめられたモダンなインテリアで清潔感がある。駅前という便利な場所にあるが防音窓を使用しており室内は静か。コアントラン国際空港から約8km。

木と光のフェスティバル周辺の観光スポット一覧

  • スポット

    ジャン・ジャック・ルソーの生家

    ジュネーブ - 美術館

    バス36番でHotel de Villeで下車後すぐ近く、「社会契約説」で有名な哲学者ジャン・ジャック・ルソーが1712年6月28日、時計職人の息子として生まれた家。その後フランスで活躍し、人民主権を説いて大革命の原理を生み出しました。近年博物館に改装され当時の面影は残っていませんが、ルソーの子供時代に始まり、体制社会批判、教育論、小説、有罪宣言と栄光、世界著名人からのルソーに対するコメントなどのパートに分かれていて、それを日本語の音声ガイドを通して触れることが出来るモダンで画期的な博物館です。ルソーの思想について触れてみてはいかがでしょうか。営業時間は火曜~日曜が11:00-17:30(最終入場17:00)で月曜日はお休みです。

  • スポット

    モンブラン橋

    ジュネーブ - 建築

    コナルヴァン駅から目抜き通りのモンブラン通りを500mほど行くと、ジュネーブを代表する橋で、ローヌ川にかかるこの橋は旧市街地への架け橋ともなっています。レマン湖のビュースポットにもされていて、有名な大噴水もこの橋の上から綺麗に見ることが出来ます。モンブラン橋は幅が広く、対岸の景色を写真に収めたり見たりするのにも最適なビューポイントで、古い町並みをや建造物を見ることができる日中、ライトアップされた幻想的な夜景を見ることが出来る夜にそれぞれ訪れてみると、ジュネーブの様々な姿を見ることが出来ます。車の往来も激しく、観光客も多いので、ゆっくり眺めたりしたい場合は、橋を渡ったところにあるイギリス公園まで行くといいでしょう。

  • スポット

    宗教改革記念碑

    ジュネーブ - モニュメント・記念碑

    聖ピエール大聖堂から徒歩約10分、16世紀にヨーロッパを中心としてプロテスタントの宗教改革を行った歴史上の人物たちの改革への取り組みを記念した長さ100m、高さ9mもある巨大な壁面に彫刻像、浮彫、刻印がミックスされています。中央にいる4人は、ジュネーヴの宗教改革を説いたギヨームファレル、宗教改革の父ジャンガルヴァン、カルヴァンの後継者べーズ、スコットランドで宗教改革の祖となったジョンノックという著名な改革者たちで、彫刻の高さは4.5mもあります。壁面の上部には「Post tenebras lux(闇のあとに光が訪れる」と刻まれていて、この文言は改革派のモットーとなってて、ジュネーブのモットーとしても大切にされています。

  • スポット

    国際宗教改革博物館

    ジュネーブ - 美術館

  • スポット

木と光のフェスティバル周辺のグルメスポット一覧

運営会社