秋田の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

世界遺産「白神山地」や日本一深い湖「田沢湖」をはじめ、なまはげ行事が行われる男鹿半島や”みちのくの小京都”と呼ばれる角館など、様々な観光スポットがある秋田県。渓谷に広がる美しい紅葉と迫力満点の大噴湯が見られる「小安峡」や日本一の秘湯「乳頭温泉郷」の露天風呂から眺める紅葉は秋田ならではの絶景。十和田八幡平国立公園一の紅葉狩りの名所「八幡平大沼遊歩道」や建物と紅葉とが織りなす景観美が見られる「角館」、そしうて”東北の耶馬渓”とも称される「抱返り渓谷」の深い青と木々の鮮やかな色合いが生み出す絶景と、様々な場所で紅葉が楽しめます。

三途川渓谷

橋から望む渓谷の紅葉日本三大霊地のひとつに数えられる川原毛地獄の入口に位置する三途川渓谷。高さ約40m地点にかかる三途川橋からはV字型や周囲の紅葉を見渡せるのがポイントです。断崖にはミズナラやブナ、ヤマモミジなどの樹木があり、例年10月中旬から下旬ごろまで紅葉の見頃を迎えます。橋の両端にある泰山大王や延命地蔵の石像も見どころです。

秋の宮温泉郷

県内最古の温泉郷で紅葉を愉しむ秋田県内最古の温泉郷、秋の宮温泉郷。近くには仙秋サンラインと呼ばれる国道108号が通り、温泉宿が点在しています。栗駒山のふもとに位置し、温泉郷内に流れる役内川と紅葉のコントラストを楽しめるのがポイント。ブナの原生林のほか、モミジなどが見られます。例年の色づき始めは9月下旬、見頃は10月中旬から11月上旬です。

角館武家屋敷

風情漂う町並みと紅葉を眺めるかつて秋田藩の支藩である佐竹北家の城下町だった角館武家屋敷。黒い板塀と赤や黄色のカエデ、イチョウのコントラストを楽しめるのが魅力のひとつです。例年の見頃は10月下旬から11月上旬ごろまで。ライトアップイベントも開催され、昼間とは異なる景色を楽しめます。町の北側に位置する古城山公園からは街全体を見渡せるのもポイント。

抱返り渓谷

東北の耶馬渓を眺める抱返り渓谷は、その美しさから東北の耶馬渓とも称される紅葉スポットのひとつ。例年10月上旬から11月上旬ごろまでが見頃で、約1.5kmの遊歩道で紅葉狩りを楽しめます。大正15年(1926年)に完成した神の岩橋はからは清流と紅葉の眺望を堪能できるのがポイント。洞窟を抜けた先にある回顧の滝も見どころのひとつです。

鳥海山

登山やドライブで楽しむ山の紅葉狩り鳥海山は出羽富士とも呼ばれる標高2,236mの山。秋田県と山形県をまたぎ、日本百名山のひとつに数えられています。五合目付近では例年9月下旬ごろから色づきはじめ、10月下旬ごろまで見頃。麓付近のブルーライン、二ノ滝周辺では10月上旬から下旬ごろまで紅葉を楽しめます。色づく木々に囲まれた鶴間池や竜ヶ原湿原も見どころのひとつ。

小安峡

白い蒸気と鮮やかな紅葉を眺める小安峡は皆瀬川上流に位置する全長約8km、高さ約60mの峡谷。不動滝、薬師滝などの滝が点在し、温泉地としても知られています。岩肌とモミジやナラ、ブナなどの紅葉のコントラストを眺められるのがポイント。例年10月中旬から11月上旬ごろまでが見頃となります。熱湯と蒸気が噴出する大噴湯も見どころのひとつです。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





秋田のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





秋田旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17