千葉の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

人気テーマパークをはじめ、様々な観光スポットがある千葉県。「本土寺(ほんどじ)」には3種類のモミジが1500本植えられており、関東の気候に合わせて品種改良された「秋山紅」も見られます。房総随一の温泉郷「養老渓谷」は関東で最も遅く紅葉が楽しめる場所で、それぞれ趣の異なる滝と紅葉のコラボレーションや夜間のライトアップも楽しめます。県内屈指の紅葉の名所「もみじロード」は約10kmに渡って1000本のモミジが生い茂っており、鮮やかに色づいた木々を鑑賞できます。秋になると谷全体が真っ赤に色づく「梅ヶ瀬渓谷」では、落葉時に見られる紅葉のじゅうたんも必見です。

白岩

白岩に映える紅葉を楽しむ君津市と鴨川市の境界に位置する白岩。奥清澄で最も美しい紅葉の名所とされ、高さ50mを超える白い岩肌に映える紅葉の景色を楽しめるのが特徴です。清流と紅葉は清澄養老ラインにある白岩橋から眺められます。例年の見頃は11月下旬から12月上旬ごろまで。周辺の四方木不動滝や天然記念物の千年杉がある清澄寺も見どころのひとつ。

成田山新勝寺

雅やかな紅葉を味わう真言宗智山派の大本山のひとつ、成田山新勝寺。大本堂の奥には広さ約16万5000平方メートルの成田山公園があります。公園内にはモミジやイチョウ、クヌギ、ナラなど約250本の樹木があり、11月中旬から12月上旬ごろには紅葉の見頃を迎えるのが特徴。成田山書道美術館周辺や竜智の池は紅葉スポットとして見どころとなっています。

梅ヶ瀬渓谷

谷を染める見事な紅葉梅ヶ瀬渓谷は養老川支流の梅ヶ瀬川の渓谷で、両岸には高さ30〜50mの浸食崖がそびえ立ちます。川沿いのハイキングコースは女ヶ倉から日高誠實邸宅跡まで続き、日高誠実屋敷跡にあるモミジの大木が見どころのひとつ。落葉時期には紅葉絨毯も見られます。例年の色づきとはじめは11月中旬ごろで、11月下旬から12月上旬までが見頃です。

養老渓谷

渓谷の紅葉を散策で楽しむ養老渓谷は養老川上流の渓谷で、約7kmにわたるエリアが広がるハイキングスポット。2kmの遊歩道が続く粟又の滝自然遊歩道には大小の滝が点在し、垂直の断崖を彩る紅葉を眺められます。標高292mの大福山展望台、深紅に染まるモミジがある筒森もみじ谷なども見どころのひとつ。例年の見頃は11月下旬から12月上旬ごろまでです。

亀山湖

ハイキングやクルーズで楽しむダムの紅葉小櫃川の上流に位置する県下最大のダム湖、亀山湖。亀山湖畔公園があり、遊覧ボートや釣りを楽しめるほか、猪の川渓谷や七里川渓谷のハイキングコースで自然を堪能できるのがポイントです。周囲にはモミジやイチョウ、ナラなどの樹木があり、例年11月下旬から12月上旬ごろまで紅葉の見頃。毎年、亀山オータムフェスティバルも開催します。

犬鳴山の紅葉

荘厳な紅葉の景色を眺める犬鳴山の紅葉は、モミジやカエデ、イチョウなどと大小の滝とのコラボレーションを楽しめるのがポイント。大阪みどりの百選に選定されている渓谷美も眺められます。犬鳴山は修験道の霊場で、日本最古の修験根本道場である犬鳴山七宝滝寺や温泉街があるのも特徴。山内では行場や滝、岩、堂などを巡行できるよう整備されています。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





千葉のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





千葉旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17