福井の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

国内随一の恐竜化石発掘地である福井県。「東尋坊」をはじめとする壮大な自然の景色が見られるスポットや、紅葉の名所もたくさんあります。赤や黄色に彩られた山々とエメラルドグリーン色の湖面とのコントラストが美しい「九頭竜湖」では、「箱ヶ瀬橋(通称:夢のかけはし)」付近が最も美しい景色が見られると人気。国指定名勝の枯山水庭園がある「萬徳寺」では、国天然記念物の大山モミジなどが鮮やかに色付いた美しい景観が楽しめます。海外の庭園専門誌で上位にランクインした「養浩館庭園」では雪吊りと紅葉の圧巻の美しさが見られ、約1600本ものモミジが鮮やかに色づく「西山公園・嚮陽庭園」も注目です。

萬徳寺

白砂の枯山水庭園と紅葉を眺める高野山真言宗の寺院、萬徳寺。重要文化財に指定されている阿弥陀如来を本尊とする古刹で、境内には白砂の枯山水庭園があります。大海を表した白砂敷と色づくモミジのコントラストを楽しめるのが魅力で、庭園周辺の紅葉は例年11月中旬から下旬ごろまでが見頃。庭園は国の名勝に指定されています。本堂からの眺めも見どころのひとつ。

刈込池

神秘的な湖面の紅葉を堪能刈込池は、白山国立公園の南部に位置する周囲約400mの湖沼。標高1,075m地点にあり、サンショウウオなどが生息しているのが特徴です。紅葉するモミジやナナカマド、カエデ、ブナなどと白山三ノ峰が湖面に映る様子が見られます。例年の色づきはじめは10月中旬ごろで、10月下旬から11月上旬ごろに見頃を迎えます。

九頭竜湖

橋の架かるダム湖の紅葉九頭竜ダム建設により九頭竜川がせき止められたことでできた人造湖、九頭竜湖。瀬戸大橋のテストケースとして造られた全長266mの箱ヶ瀬橋、通称・夢のかけはしが架かっているのが特徴です。例年の色づきはじめは10月中旬ごろで、10月下旬から11月中旬ごろまでが見頃。モミジやカエデのほか、サクラやブナなどが紅葉します。

永平寺

歴史感じる建築物と紅葉を味わう曹洞宗の大本山、永平寺。道元禅師によって開かれた出家参禅の道場で、雲水と呼ばれる修行僧が修行を行っています。約10万坪の土地を有し、参道や報恩塔、祠堂殿、最奥にある法堂周辺などの紅葉が見どころ。例年10月下旬ごろに色づきはじめ、11月上旬ごろに見頃を迎えます。モミジやケヤキが紅葉し、荘厳な境内を彩ります。

西山公園

約1600本のモミジが彩る鯖江の公園西山公園は鯖江市の中央に位置する公園です。日本の歴史公園100選に選定された公園で、園内には動物園や庭園、遊具スペース、地蔵や句碑が並ぶ約900mの祈りの道も。サクラやツツジのほか、約1,600本のモミジがあるのが特徴で、例年の見頃は11月中旬ごろからです。ライトアップも開催され、昼間とは異なる景色を楽しめます。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





福井のホテルをもっと見る





福井旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17