茨城の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

フォトジェニックな景色が楽しめるスポットや趣ある歴史的建造物など、日本を代表する観光地がある茨城県。県内有数の景勝地「花貫渓谷」において特に絶景なのが「汐見滝吊り橋」からの眺め。夜間はライトアップされた幻想的な景色が楽しめます。日本三名瀑の一つ「袋田の滝」は秋になると。滝の周囲にあるカエデやヤマボウシが赤や黄色に色づき、息をのむほどの美しい景観が広がります。1000種類以上の植物が生息する「筑波山」では、登山だけでなくケーブルカーやロープウェイを利用して山頂へ行くことができ、色とりどりに染まった美しい山を堪能できます。

花園渓谷

渓流を彩る紅葉を愉しむ花園渓谷は、花園川上流一帯の渓谷。秋にはカエデやナラ、ヤマモミジ、イヌプナなどが色づき、例年では11月上旬から下旬にかけて紅葉を楽しめます。七ツ滝ハイキングコースや栄蔵室ハイキングコースがあり、晴れていれば富士山を望めることも。与四郎の滝も見どころのひとつで、麓にある花園神社ではライトアップイベントも開催されます。

筑波山

紅葉に包まれる日本百名山男体山と女体山の二峰がある日本百名山のひとつ、筑波山。麓には筑波山神社があり、例年11月下旬ごろまで紅葉が楽しめます。山頂へは登山のほか、ケーブルカーやロープウェイを使ってアクセスできるのがポイント。神社近くにあるケーブルカー宮脇駅の紅葉が見どころで、男体山山頂付近の筑波山自然研究路からは関東平野を一望できます。

竜神峡

空中散歩で渓谷の紅葉を楽しむ奥久慈県立自然公園に位置する竜神峡。山田川の支流である竜神川が流れ、下流には竜神ダムがあります。ダムには地上100m、全長375mの歩行者用吊橋・竜神大吊橋が架かり、紅葉を眺める空中散歩を楽しめるのがポイントです。例年の見頃は11月中旬から下旬ごろまで。竜神峡紅葉まつりやスタンプラリーなどのイベントも開催されます。

花貫渓谷

紅葉に包まれる吊り橋の絶景花貫ダムより名馬里ケ淵、小滝沢キャンプ場まで続く花貫渓谷。大小の淵と滝が連なる渓谷美を楽しめるのがポイントで、全長約60mの汐見滝吊り橋から望む紅葉が見どころのひとつです。左右から生い茂る木々が覆い、紅葉のトンネルのようになるのが特徴。例年11月中旬から下旬ごろまでが見頃で、モミジやカエデ、ナラなどが紅葉します。

袋田の滝

鮮やかな紅葉と名瀑を望む幅73m、高さ120mの名瀑、袋田の滝。4段になって流れ落ちることから四度の滝とも呼ばれています。西行法師が歌に詠んだことでも知られ、国の名勝に指定されているのも特徴です。周囲にはイロハカエデやオオモミジ、ナラ、クヌギなどの樹木が見られ、例年の見頃は11月中旬から下旬ごろまで。ライトアップイベントも開催されます。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





茨城のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





茨城旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17