香川の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

”うどん県”として有名な香川県。景観美を誇る場所も多く、紅葉の名所もたくさんあります。日本三大渓谷美の一つ「寒霞渓(かんかけい)」は、200万年もの月日をかけて生み出された日本屈指の渓谷美が楽しめる場所。秋になると黄色・赤・緑と木々が華やかに彩られ、特にロープウェイからの大パノラマ景色は美しいと評判です。一足早く紅葉を楽しむなら「大川山(だいせんざん)」の頂上にある「大川神社」がおすすめ。標高が高いため秋の訪れが早く、大自然の織り成す紅葉が満喫できます。渓谷美を楽しみたい方には「美霞洞渓谷(みかどけいこく)」。清流と奇岩、そして紅葉が織りなす幻想的な景色が見られます。

塩江温泉郷

高松の奥座敷で紅葉を眺める奈良時代に僧行基が開湯し、弘法大師空海が広めたとされる塩江温泉郷。県内最古の温泉郷で高松の奥座敷とも称されています。南側は大滝大川県立自然公園に指定され、ブナの原生林を含む豊かな自然が見られます。周辺には岩部八幡神社の大イチョウや内場池、不動の滝などの見どころも。紅葉の見頃は例年11月中旬から下旬ごろまでです。

柏原渓谷

秋景色に染まる渓谷美県下最長の一級河川である綾川の上流に位置し、前山と笠形山の間に約7kmに渡って続く柏原渓谷。周辺にはクヌギやカエデの樹木があり、例年11月上旬から下旬ごろまで紅葉の見頃を迎えます。渓谷は水源の森百選のひとつで、清流はさぬきの名水に選ばれているのもポイント。川沿いにはキャンプ場もあり、自然に囲まれた宿泊も可能です。

寒霞渓

圧巻の渓谷美を眺める瀬戸内海国立公園に位置する日本三大渓谷美のひとつ、寒霞渓。四国八十八景と日本遺産にも認定されている渓谷で、垂直にそびえる巨岩を行くロープウェイが設えられ、車窓からは渓谷美と瀬戸内の海岸美を望めるのがポイントです。登山口の紅雲亭より山頂までハイキングで紅葉狩りを楽しむことも。例年の見頃は11月中旬から下旬ごろです。

大窪寺

四国霊場最後の地で紅葉を眺める真言宗大覚寺派の寺院、大窪寺。標高788mの矢筈山の東側中腹に位置し、大師堂脇の宝杖堂には金剛杖が奉納されているのが特徴です。四国霊場第88番札所で結願の札所となっており、薬師如来をご本尊としています。境内にはカエデやイチョウ、イロハモミジなどがあり、例年10月下旬ごろから色づきはじめ、12月上旬ごろまでが見頃です。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





香川のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





香川旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/10