鹿児島の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

九州地方最南部にある鹿児島県。九州の中では最も広い面積を有し、歴史的スポットや自然豊かな島など様々な魅力があります。鹿児島を代表する観光地「霧島神宮」は紅葉の名所としても有名。参道から境内にかけて鮮やかに色づいた木々が生い茂り、朱色の鳥居とのコラボレーションが楽しめます。”東洋のナイアガラ”との呼び名もある「曽木の滝」では、幅210mもある迫力満点の滝と周囲を彩る赤・黄色・緑の木々とのコントラストが見られます。国の天然記念物でありラムサール条約にも登録されている「藺牟田池(いむたいけ)自然公園」では、大自然の中多種多様な植物が色づいた景色が楽しめます。

県道1号線(小林えびの高原牧園線)

秋景色に染まる霧島を楽しむ県道1号線(小林えびの高原牧園線)は、霧島温泉郷の丸尾よりえびの高原へ続く紅葉のドライブスポット。周囲には韓国岳や霧島錦江湾国立公園があり、標高1,411mの大浪池の周辺にはカエデやアカマツ、ドウダンツツジなどの紅葉が見られます。例年の見頃は10月下旬から11月上旬ごろまで。周辺に点在する温泉をめぐることもできます。

曽木の滝

壮大な滝と紅葉のコラボレーション曽木の滝は高さ12m、滝幅210mで東洋のナイアガラと称されています。曽木の滝公園内に位置し、平成百景にも選定されています。千畳岩を流れ落ちる滝の周辺にはモミジ約480本、イチョウ約50本があり、例年11月中旬から下旬にかけて紅葉を楽しめるのがポイント。園内には食事処や土産店もあり、観光を楽しめるのも特徴です。

冠岳

霊山を望む紅葉スポット冠岳は高さ516mの霊山で、真言宗の鎮國寺頂峯院、仙人岩のほか、奇岩や欧穴などが見られるのが特徴です。麓には冠嶽神社や花川砂防公園があり、冠岳温泉からも景色を眺められます。周辺にはカエデやイチョウ、ウルシなどがあり、11月下旬から12月上旬ごろまでが見頃。例年11月下旬に開催される物産展でも賑わいを見せます。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





鹿児島のホテルをもっと見る





鹿児島旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17