徳島の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

鳴門の渦潮や阿波踊りなど、日本を代表するスポットや伝統芸能がある徳島県。その徳島で一足早く紅葉を楽しむなら「剣山(つるぎさん)」。西日本第二の高峰で、山頂周辺は10月上旬辺りから色づき始めます。そして特に必見なのは「次郎笈(じろうぎゅう)」からの景色。紅葉シーズンには「剣山もみじまつり」も開かれ、秋を満喫できるスポットです。秘境感たっぷりの「奥祖谷二重かずら橋」ではかずら橋と鮮やかに色づいた木々とが織りなす景色が楽しめ、四国随一の紅葉の名所と言われる「高の瀬峡」や迫力ある滝と紅葉のコラボレーションが見られる「大釜の滝」、遊覧船からの風情ある景色が人気の「大歩危・小歩危」などがあります。

大歩危・小歩危

遊覧船から渓谷の紅葉を眺める大歩危・小歩危は、吉野川沿いに約8kmにわたる渓谷です。2億数千万年前より侵食されて創られた渓谷で、両岸に1,000m級の山地が続き、紅葉が見られます。遊覧船で川を下ることができるのがポイントで、往復は30分ほど。例年の色づきはじめは11月初旬ごろで、11月中旬から11月下旬ごろまで見頃を迎えます。

祖谷渓

紅葉に包まれる渓谷美を望む日本三大秘境と言われる地にある祖谷渓は、祖谷川の下流に位置するV字谷の渓谷で、約20km続いています。数10〜数100mの断崖絶壁が創られ、谷底から峰までを紅葉が包み込む様子を見られるのがポイント。小便岩と呼ばれる巨岩の上には小便小僧の像があります。例年では10月下旬ごろに色づきはじめ、11月中旬ごろまで見頃です。

高の瀬峡

紅葉の名勝地を満喫徳島県観光百選第1位に選ばれた高の瀬峡。那賀町から旧木頭村にまたがる峡谷で、剣山国定公園に含まれます。ヤマモミジやハウチワカエデなどが紅葉し、ピークは11月上旬から下旬ごろまで。石灰岩の巨岩が紅葉で色づく様子を眺められるのがポイント。紅葉時期に営業するレストハウス平の里では食事を楽しみながら周囲の紅葉を望めます。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





徳島のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





徳島旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17