東京の観光スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

日本のみならずアジアを代表する観光都市の東京。世界中から多くの人が訪れる人気都市で、どこを見回しても観光名所に溢れています。馴染み深い東京タワーや浅草雷門をはじめとした歴史ある観光地に加え、新たに出来上がった東京スカイツリーや、外国人たちが好んで写真を撮影する渋谷スクランブル交差点、高級店が立ち並ぶ銀座など、話題の施設や観光名所が次々と誕生しています。それだけに、あまりにも観光スポットが多いので、どこを見ればいいのか、どんな場所があるのか分からなくなりがちです。そこで今回は、東京観光で押さえておきたい定番の観光スポットをまとめて紹介します。

東京ドームシティ

子どもから大人まで1日遊べる複合施設東京ドームシティは東京ドームを中心に様々な施設が集まる複合型レジャーランドです。アトラクションが盛りだくさんの遊園地や都内最大級の屋内型キッズ施設、最新の映像システムを駆使したヒーローショーなどがあり、大人から子どもまで楽しめます。フードコートや天然温泉「スパ ラクーア」、ホテルなどもあるので、1日たっぷり遊ぶのにおすすめです。

東京ドームシティ アトラクションズ

子ども向けから絶叫系までアトラクションが多彩東京ドームシティ アトラクションズは入園無料の都市型アミューズメントパークです。スリル満点のコースターやお化け屋敷から幼児向けの乗り物まで、様々なアトラクションが揃っているのでファミリーでも友だち同士でも楽しめます。いくつかの人気アトラクションでは、待たずに乗れるスキップパスを枚数限定で販売しています。

MEETS PORT

多彩なグルメが揃うドームシティのランドマークMEETS PORTはレストランやカフェのある複合施設で、東京ドームシティのランドマーク的存在です。「Dining」「Hall」「Garden」3つのエリアに分かれており、ダイニングエリアでは和食やイタリアン、バーベキューなど多彩なグルメが楽しめます。施設内のあちらこちらに飾られているアートワークも見どころです。

小石川後楽園

桜や紅葉の名所として知られる大名庭園小石川後楽園は徳川二代藩主の光圀が完成させた、江戸期を代表する回遊式築山泉水庭園です。随所に中国の名所の名前が付けられており、日本各地の湖や山を模した景勝と中国の名所を巧みに配置した、和洋折衷の景観が特徴です。豊かな自然と四季折々の花々が見どころで、のんびり歩いているだけでも次々に景色が変わっていく様子が楽しめます。

東京ドームシティ ラクーア

天然温泉やトリートメントでリラックス東京ドームシティ ラクーアは東京ドームシティ内にある、スパ施設メインの複合商業施設です。リラックス&リフレッシュをテーマに天然温泉のスパやエステ&リラクゼーションサロン、約70店舗のショップやレストランなど「トータルでキレイがかなう」癒しの空間となっています。仮眠できるラウンジは女性専用のエリアもあり、女性一人での利用も安心です。

文京ふるさと歴史館

文京区の文学者や歴史を分かりやすく解説文京ふるさと歴史館は文京区ゆかりの文学者や歴史、史跡について実物資料や映像で分かりやすく解説している博物館です。1階は旧石器時代から現代までの通史に関する展示を、2階は「まちの風景」「暮らしの風景」「文化の風景」のテーマに則した展示を行っています。模様を手掛かりに土器を組み立てるパズルやリアルなジオラマなど、楽しめる展示が豊富です。

東京ドーム

イベントも開催されるドーム型球場東京ドームは1988年に開業した日本初のドーム型球場で、プロ野球チーム読売ジャイアンツの本拠地です。天候に左右されない全天候型多目的スタジアムとして、野球だけではなくコンサートや展示会など様々なイベントが開催されています。ドーム内の1Fコンコースにあるグルメストリートでは多彩なジャンルの料理やスイーツも楽しめます。

迎賓館(赤坂離宮)

国宝に指定された豪華絢爛な洋館迎賓館(赤坂離宮)は海外の国王や大統領などの国賓を接遇(おもてなし)する施設で、ヨーロッパの宮殿を思わせる華やかさが魅力です。一般公開も行っており、当日に空きがあれば事前予約なしでの参観もできます。ただし、専門のガイドが案内する和風別館のガイドツアーは予約が必要です。前庭のテラス席で楽しめる数量限定のアフタヌーンティーもおすすめです。

東京ガーデンテラス紀尾井町

多彩な飲食店やホテルが入るランドマークタワー東京ガーデンテラス紀尾井町は赤坂プリンスホテル閉館後に同敷地内に建てられた、地上36階、地下2階の超高層複合ビルです。1~4階はショップ&レストラン街になっていて、和洋中華にアジア料理、焼き肉、スイーツなど多彩なグルメが揃います。イルミネーションやコンサート、作品展など毎月様々なイベントも開催されています。

外濠公園

約2kmの桜並木が続くお濠の遊歩道公園外濠公園は江戸城外濠を利用して作られた公園で、往時の姿がそのまま残る国指定の史跡です。公園は飯田橋駅付近から四ツ谷駅南側までの約2kmにわたり細長く続いており、春にはソメイヨシノやヤマザクラなど約240本の桜でお濠が彩られます。遊歩道が整備されているので、ゆっくり1時間ほどかけて散歩を楽しむのもおすすめです。

東京タワー

全方位の景色を見下ろす東京のシンボルタワー東京タワーは港区芝公園にある総合電波塔で、東京のシンボル的存在です。高さ150mと250mにある二つの展望台からは、全方位に広がる東京の大パノラマを眺めることができます。約600段の外階段を歩いて登れる「オープンエア外階段ウォーク」やメインデッキでの茶道体験など、各種イベントも豊富。夜景やライトアップが美しい夜の東京タワーもおすすめです。

芝公園

東京タワーに隣接する自然豊かな公園芝公園は港区に位置し、背後に東京タワーを望む公園です。1873年開園とその歴史は古く、日本で最も古い公園の一つとしても知られています。「銀世界」と呼ばれる梅林や人工の渓谷「もみじ谷」、東京都指定史跡「丸山古墳」などたくさんの見どころがあります。春には古墳の上や麓を140本の桜が彩り、お花見スポットとしても人気です。

日枝神社

江戸三大祭りのひとつ「山王祭」が行われる日枝神社は徳川将軍家の産土神(うぶすながみ)として知られる皇城の鎮・東都鎮護の社です。山王祭が行われていることから「山王さん」の名で親しまれています。社殿の両隣に神猿像が置かれているのが特徴で、猿をモチーフにしたユニークなご利益グッズも豊富。縁結びや恋愛成就、仕事運の上昇や商売繁盛など様々なご利益があるパワースポットとしても人気です。

東急プラザ 赤坂

赤坂見附駅直結で繫華街も近い便利な立地東急プラザ 赤坂は地下鉄永田町駅直結というアクセスに便利な立地のショッピングモールです。レストラン、ファッション、雑貨、ビューティーサロンなど多彩な店舗が集結し、食事からショッピングまで様々な楽しみ方ができます。上層階は全16タイプ487室の客室で快適なホテルステイを楽しめる赤坂エクセルホテル東急になっています。

丸ビル

レストランやショップ150店舗が集結丸ビルは東京駅のすぐ近くに位置する丸の内ビルディングの通称です。東京駅とは地下で直結しているので雨の日でも濡れずに行くことができます。ビルには国内外の人気レストランやファッション、雑貨など約150店舗が集結。35階にある展望スペースや5階にあるオープンエアの展望テラスは、都会の街並みや東京駅のライトアップが楽しめる人気の絶景スポットです。

新丸ビル

「素敵な時間」をコンセプトに魅力ある店舗が揃う新丸ビルは東京駅のすぐ近く、丸の内のランドマークとしても知られる超高層ビルです。ファッションや雑貨のショップ、飲食店など約150店舗が集結。7階のレストランフロア「丸の内HOUSE」のテラス席からは東京駅舎と丸の内駅舎を望む素晴らしい眺望が楽しめます。テラス席ではテイクアウト可能な料理を持ち込める他、夏にはビアガーデンもオープンします。

丸の内トラストシティ

個性的な飲食店や高級ホテルが入る高層ビル丸の内トラストシティは東京駅日本橋口からすぐの場所にあり、本館とN館の2つの棟からなる高層ビルです。1~2階は店舗フロアになっており、ピッツェリアや中華料理、ビアダイニングなどで様々なグルメが楽しめます。上層階はフィットネスクラブやスパ、高級レストランを有する「シャングリ・ラ・ホテル東京」のラグジュアリーな空間が広がります。

JPタワー

全国の名店やレストランが集結する複合施設JPタワーは東京駅の目の前、旧東京中央郵便局の跡地に建つ超高層複合ビルです。日本郵便が作る商業施設「KITTE」には、全国各地の名品を扱うショップや話題の飲食店など、選りすぐりの約100店舗が揃っており、ショッピングや食事が楽しめます。他にも無料で観覧できるミュージアムやインフォメーション施設もあります。

サピアタワー

クリニックやレストランが入る情報の交流拠点サピアタワーは35階建ての超高層ビルで、その名称は英語で知恵の意味を持つ「サピエンス」が由来です。その名の通り医療クリニックや研究機関などが入る知性が行き交う施設で、他にはフレンチやイタリアンなどのレストランで食事も楽しめます。27~34階は「ホテルメトロポリタン丸の内」として、ラグジュアリーな空間が広がっています。

日本生命丸の内ガーデンタワー

緑豊かな皇居を一望できる複合商業施設日本生命丸の内ガーデンタワーは緑豊かな皇居の自然を間近に見る超高層複合商業施設です。地下1階~地上3階は商業フロアになっており、関東初出店のグルメが揃うフードテラスやイタリアン、エスニック、和食などの様々な飲食店やシェアオフィス、フラワーショップなどが入っています。地下鉄大手町駅直結なのでアクセスの良さが抜群です。

丸の内 MY PLAZA

伝統と現代建築が調和する都会のアトリウム丸の内 MY PLAZAは、国の重要文化財と超高層ビルで構成される、歴史的景観と現代建築の融合が特徴的な複合商業施設です。地下2階~地上3階にはファッションやインテリア、グルメなど様々なショップが集結しています。柔らかな自然光が差し込む吹き抜け空間「MY PLAZA アトリウム」は休憩スペースとしてもおすすめです。

和田倉噴水公園

皇居外苑にある、水と緑に囲まれた癒しの空間皇居外苑にある和田倉噴水公園は、水と緑に囲まれた都会のオアシスです。園内の東側にある無料休憩所は水に浮かぶ島のような開放的なテラス席になっており、都会にいることを忘れさせてくれる癒しの空間となっています。開放感のある和田倉噴水公園レストランはランチやお茶におすすめ。夜には噴水がライトアップされ、昼とはまた違った幻想的な風景を楽しめます。

旧東京中央郵便局長室

創建当時の郵便局長室を再現した休憩所旧東京中央郵便局長室はJPタワーのKITTE4階にある、1931年創建当時の郵便局長室を復元したメモリアルコーナーです。八角形の柱や壁の傷はそのまま残し、当時の素材を使い細部までこだわって再現。無料の休憩所として開放されており、東京の街を見渡せるビュースポットとしても有名です。手紙を書くための道具とすぐ投函できるポストも用意されています。

国立新美術館

多彩な展覧会を行う新しいタイプの美術館国立新美術館は2007年に開館した、国内最大級の展示スペースを持つ日本で5館目の国立美術館です。所蔵品を持たないギャラリースペースとして自由度の高い活動を展開しています。「森の中の美術館」をコンセプトとしており、約50種の植物が見せる四季折々の景観も見どころ。館内にはミュージアムショップやレストランも併設されています。

サントリー美術館

日本美術を中心に「生活の中の美」を展示サントリー美術館は六本木の東京ミッドタウン内にある市立美術館です。「生活の中の美」をコンセプトに日本の古美術から東西のガラスまで約3000点を収蔵。建物は建築家・隈研吾氏が設計しており、和モダンを基調とした居心地の良い空間となっています。加賀麩不室屋がプロデュースする併設のカフェでは麩をアレンジした軽食やスイーツを楽しめます。

東京ミッドタウン

ホテルや130の店舗&レストランが集結東京ミッドタウンは防衛庁跡地に誕生した大型の複合施設です。高級店からお手ごろ価格まで幅広く揃うレストラン、ファッションやインテリアなどバラエティ豊かなショップなど、約130の店舗が集結しており、食事やショッピングが楽しめます。日本庭園の概念を取り入れた緑豊かなミッドタウン・ガーデンは、散策や休憩にぴったりです。

アークヒルズ

レストランやショップ、憩いの場が揃う複合施設アークヒルズは赤坂と六本木にまたがって位置する大規模複合施設です。レストラン街には国内外の美味しいお店が集まっており、イタリアンや中華料理、和食、スペイン料理などのグルメが楽しめます。蚤の市やマルシェ、ワークショップなどのイベントも定期的に開催されています。アーク・カラヤン広場やアークガーデンは憩いの場として人気です。

森アーツセンターギャラリー

幅広いジャンルの展覧会を行うギャラリー森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズ森タワーの52階に位置するギャラリーです。世界の有名美術館の貴重なコレクションから国内外の漫画や映画、アニメ、ファッション、建築、写真まで、多彩で質の高い展覧会が開催されています。同フロアにあるギャラリースペース「スカイギャラリー」では、海抜250メートルの眺望と融合したイベントも行っています。

六本木ヒルズ

最新のショップや美術館、シネコンなどが集結六本木ヒルズは最先端の流行発信スポットとして知られる大型の複合商業施設です。200を超えるショップ&レストランをはじめとして、美術館やスパ、シネコン、ホテル、様々なイベントが行われる六本木ヒルズアリーナなど、たくさんの見どころがあります。屋内と屋外、二つの展望台からは大都会東京の眺望や夜景、星空観察も楽しめます。

テレビ朝日

人気番組のパネルや展示を無料で見られるテレビ朝日の本社ビルは六本木ヒルズにあり、1階のアトリウムは誰でも自由に入ることができるパブリックスペースになっています。人気ドラマのセットや衣装の展示、巨大な番組表、ドラえもんのオブジェなど見どころ満載。併設のテレアサショップではバラエティ番組やアニメのキャラクターグッズ、ここでしか購入できない限定品などを販売しています。

東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン

都会のど真ん中に広がる緑豊かな公園東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデンは4つのゾーンで構成される大きな公園です。ゾーンごとに植栽や水流に変化を付けたバラエティ豊かな景観と、都会のど真ん中にいることを忘れさせてくれる緑豊かな自然が魅力。芝生で寝転んだりジョギングをしたり、様々な楽しみ方ができます。四季折々のイベントや敷地内に点在するアートのオブジェクトも見どころです。

六本木けやき坂通り

けやき並木が爽やかなイルミネーションスポット六本木ヒルズ内のメインストリートである六本木けやき坂通りは、都内屈指の散歩コースとして知られるスポットです。約400mに及ぶ通りに沿ってけやき並木や花壇が整備されており、四季折々の自然に癒されます。冬はイルミネーションが美しいことでも有名。両脇にはハイブランドの路面店や高級レストラン、ユニークなストリートファニチャーも並び、都会的な雰囲気を満喫しながら街歩きを楽しめます。

毛利庭園

都心で自然を感じられる趣深い日本庭園六本木ヒルズ内にある毛利庭園は、池を中心とした回遊式日本庭園です。1650年に建造された毛利家の屋敷内庭園がルーツで、当時使用されていた庭石もいくつか点在しています。遊歩道沿いに桜やもみじ、滝など見どころが豊富。池の中には珍しい「宇宙メダカ」やカワセミもいて、都会に居ながら豊かな自然に触れられます。冬の夜にはイルミネーションも施され、幻想的な空間がデートにもおすすめです。

石神井公園

2つの池がある家族連れにも人気の公園石神井(しゃくじい)池と三宝寺池の周りに広がる石神井公園は、豊かな緑に包まれた練馬区有数の癒しスポットです。池にカキツバタや野鳥が見られたり、周りに桜やけやきの木々があったりと四季折々の景色を楽しみながら散策や自然観察ができます。園内には石神井城跡をはじめ史跡も多数点在。野球場や広場、ボート乗り場といったレジャー施設も充実しており、多くの人々から親しまれています。

光が丘公園

イチョウ並木が圧巻の都市公園練馬区最大の公園である光が丘公園。樹齢100年を超えるいちょうの巨木が40本も立ち並ぶ「ふれあいの径」は公園を代表する見どころのひとつです。園内には6ヘクタールにも及ぶ広大な芝生公園や、野鳥観察ができるバードサンクチュアリ、キャンプやバーベキューが楽しめる広場などがあり、豊かな自然のなかでレジャーを満喫できます。野球場や陸上競技場、テニスコートといったスポーツ施設も本格的です。

ちひろ美術館・東京

いわさきちひろの世界に浸れる美術館練馬区の千川通りを少し入った場所にあるちひろ美術館・東京は、子供と一緒に楽しめる世界初の絵本美術館です。館内には優しいタッチの水彩画が有名な絵本画家、いわさきちひろの多彩な作品を展示しています。復元されたアトリエや庭園も観覧することができ、ちひろ作品の原点に触れることも可能です。全館バリアフリー設計なうえ、親子で楽しめるイベントも催されており、子供の美術館デビューにもおすすめです。

江古田の森公園

ハナミズキの丘がシンボルの防災公園新江古田駅から歩いて行ける距離にある江古田の森公園。この地域では昔から数多くの縄文土器をはじめ、縄文時代の集落跡や中世の寺院の遺構などが見つかっており、北江古田遺跡としても注目されています。敷地内には芝生公園や多彩な遊具、ビオトープ池などが豊かな緑の中に点在しており自然観察や森林浴に最適。日本とアメリカの友好を象徴する「ハナミズキの丘」も見どころのひとつです。

石神井川

東京都内を流れる見どころの多い一級河川東京都を流れる一級河川のひとつ、石神井川(しゃくじいがわ)は多摩地方北部の小平市内に源を発し、北区内で隅田川に合流する川です。板橋区の中板橋からは石神井川に沿って2㎞ほどの桜並木が続いており、春になると桜まつりも催される花見スポットとして評判。また中流域にある石神井公園周辺では、川沿いから大菩薩嶺、小金沢山といった甲州アルプスを眺めることができ、都内では貴重な眺望も楽しめます。

江戸東京博物館

江戸東京の歴史や暮らしを体感できる博物館高床式の倉をモチーフに造られたユニークな外観の江戸東京博物館は、江戸東京の歴史と文化を学び、未来を考える場として作られた施設です。館内では江戸時代を中心とした東京の文化や人々の暮らしぶりを、模型やジオラマを使って分かりやすく紹介しています。また講座や体験教室、特別展なども開催されており、観光スポットとしてはもちろん、都民の憩いの場としても評判です。

両国国技館

イベント会場やグルメでも注目される相撲の聖地日本の国技である相撲の聖地として有名な両国国技館。ここでは1月、5月、9月の年に3回大相撲の東京場所が催されています。グルメスポットとしても人気で、力士の名を冠した名物「力弁当」や本格的な「ちゃんこ」をはじめ、ここでしか味わえないメニューが多数。館内には相撲博物館や好きな力士とのツーショットが撮れるプリクラ機、また本場所開催中には様々なイベントもあり、観戦以外にもたっぷり楽しめます。

東京おりがみミュージアム

折り紙の奥深さに魅せられるミュージアム墨田区にある東京おりがみミュージアムは、大人も子供も楽しめる入館無料のミュージアムです。館内には多彩な折り紙作品を展示した常設展をはじめ、関連図書を集めた資料室や、イベントができる講習室があります。売店では折り紙関連の書籍や折り紙用紙などを販売。知育や認知症の予防などの効果が期待できる折り紙の世界を満喫できるスポットとして、幅広い世代におすすめです。

すみだ北斎美術館

葛飾北斎の魅力と情熱を感じられる美術館すみだ北斎美術館は、海外でも人気の高い江戸時代の画家、葛飾北斎のゆかりの地である墨田区に建てられた美術館です。常設展では北斎の各時代を代表する作品や北斎の生涯、再現したアトリエ、などを展示。タッチパネルや模型などを駆使して、北斎の技法や錦絵の製作工程なども分かりやすく解説されています。イベントや体験教室なども随時開催しており、子供連れでも楽しめます。

鳥越神社

例大祭の千貫神輿が有名な歴史ある古社蔵前駅から徒歩5分の場所にある鳥越神社は、651年に創建されたとされる歴史深い神社です。元々は日本武尊を主祭神として祀る白鳥神社としてはじまり、平安時代後期に源義家が訪れた際、鳥越大明神と改称したと言われています。毎年6月に催される例大祭が有名で、都内最大級の「千貫神輿」や幻想的なちょうちん行列は、初夏の風物詩として地元の人々に親しまれています。

相撲博物館

様々な企画展が楽しめる相撲ファン必見の博物館両国国技館の中に併設されている相撲博物館は、日本相撲協会が運営するミュージアムです。1室のみのコンパクトな館内では2か月ごとに企画展が催されており、歴代横綱の錦絵や化粧まわし、番付といった数多くの収蔵品の中からテーマに沿ったものを展示公開しています。本場所中には大相撲観覧券がないと入室できませんが、シーズンオフなら無料で見学できるので、両国へ訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください

東京水辺ライン

観光にも普段使いにも便利な水上バス東京水辺ラインは、隅田川や荒川、東京港を行き来する水上バスです。浅草、両国、お台場、葛西臨海公園など水辺の主要スポット間をつないでいます。日常使いに便利な定期航路はもちろん、ナイトクルーズや葛西・お台場周遊コース、江戸東京ぶらり旅といった、観光に最適な便も随時運行しており、水の上から見た一味違う東京の景色を楽しむことができますよ。

隅田川テラス

隅田川の両岸に広がる都心の水辺空間隅田川テラスは、隅田川両岸に設けられた堤防を補強するための護岸基礎を、テラスとして整備し、開放したものです。川沿いの遊歩道や緑の植栽、公園などが見られ、近隣住民やビジネスマンたちの憩いの場として親しまれています。のどかな水辺空間を都心に居ながら楽しめる貴重な場所でもあり、散策や観光のついでに少し立ち寄って一息つくのにもおすすめです。

江東区芭蕉記念館

松尾芭蕉を身近に感じられるミュージアム隅田川沿いにある芭蕉記念館は、江戸時代の俳人、松尾芭蕉に関する史料を展示する施設です。深川は芭蕉が晩年の俳諧活動の拠点としていたゆかりの地で、記念館の周辺にも芭蕉の名を冠するスポットが多数あります。芭蕉記念館では芭蕉が身に着けた袈裟や直筆の文字、芭蕉にまつわる書籍など、多数の貴重な品々を展示。芭蕉の句に出てくる草木や花が植えられた日本庭園もあり、芭蕉が愛した自然にも触れられます。

深川神明宮

深川の地名の由来となった歴史ある神社深川発祥の神社とされる深川神明宮は、400年ほど前に深川の地を開拓した深川八郎右衛門が創建した神社です。八郎右衛門が屋敷内の祠に伊勢神宮の分霊を祀ったのがはじまりで、それ以来深川の総鎮守として近隣の人々にも親しまれています。また境内には深川七福神のひとつである寿老神を祀る寿老神社もあり、七福神めぐりを行う参拝者も多く訪れます。

両国 江戸noren

深川の味を空間とともに楽しめるグルメスポットJR両国駅直結の両国江戸noren(のれん)は、江戸の食文化を楽しむというコンセプトでつくられたスポットです。館内にはちゃんこ鍋や深川めし、天ぷら、もんじゃ、スイーツなど、深川を代表する12軒の飲食店がそろっています。入り口には観光案内所も設置されているので、散策前の腹ごしらえにもおすすめ。本格的な土俵が設置された趣ある空間とともに、深川ならではの味を堪能できます。

両国花火資料館

日本の伝統文化を学べる花火の資料館江戸時代から続く隅田川花火大会は、東京を代表する夏の風物詩として知られています。両国花火資料館ではそんな隅田川花火大会の歴史や花火玉の模型、実際に使用される打ち上げ筒など、数々の貴重な資料を展示しています。開館しているのは木曜~日曜のみですが、無料で日本の伝統文化に触れることができるので、両国へ来た際には気軽に立ち寄ってみてください。

永谷お江戸両国亭

落語や講談を気軽に鑑賞できる演芸場両国駅から歩いて行ける距離にある永谷お江戸両国亭は、落語や講談、義太夫といった様々な日本の伝統芸能を楽しめる演芸場です。円楽一門による寄席を中心に、多彩なイベントや公演などを行っており幅広い世代に親しまれています。寄席の観覧に加え、講釈師の案内を聞きながら東京の歴史を巡る街歩きもできる「歴史と文化の散歩ラリー」も受け付けており、観光客にもおすすめです。

深川稲荷神社 深川七福神 布袋尊

深川の布袋尊を祀る七福神巡りスポット1630年に創建した深川稲荷神社は、深川七福神のひとつである布袋尊を祀っていることで知られる歴史深い神社です。祭神は宇賀魂命で、この付近をかつて西大工町と呼んでいたことから「西大稲荷」と呼ばれる場合もあります。現在は町会によって管理運営されている無住社ですが、正月のご開帳の時期を中心に七福神めぐりの参拝者が多く訪れています。

日比谷公園

様々なイベントも催される東京の代表的な都市公園大きな噴水や色鮮やかな花壇が点在する日比谷公園は、日本初の洋風公園として1903(明治36)年に開園しました。園内には野外音楽堂や日比谷公会堂、図書館といった文化施設に加えて、洋風レストランや結婚式場、売店などもそろっており、都心に居ながら四季折々の自然の中でゆったりした時間を過ごせます。周辺には駅も多く、地下駐車場も設けられているので周辺観光の拠点としても最適です。

東京交通会館

各地のアンテナショップがそろう商業ビル有楽町駅から徒歩1分の場所にある東京交通会館は、多数のショップやレストラン、オフィスなどが入った複合商業施設です。地下1階~3階には多くのアンテナショップが集まっていることで知られており、日本各地の文化や名産品に出会うことができます。またヨーロッパの庭園を思わせる3階の屋上庭園や、最上階にある展望レストランは雰囲気が良く、デートなどにもおすすめです。

日比谷シャンテ

東京メトロ日比谷駅直結の便利な複合施設洗練された雰囲気が女性に人気の日比谷シャンテは、日比谷駅のそばにある商業施設です。ファッションやライフスタイルを提案するショッピングフロアや多彩なグルメが楽しめるフロアがあり、ミニシアターなども併設されています。70ものスターの手形が並ぶ地下2階のギャラリーは見どころのひとつ。周辺には劇場も多く、観劇の前後に立ち寄るスポットとしても便利です。

ヒューマントラストシネマ有楽町

上質な空間で映画を楽しめるミニシアターヒューマントラストシネマ有楽町は、有楽町駅の前に位置する複合商業施設、有楽町イトシアの中にある居心地のいいミニシアターです。シャンデリアが目を引くヨーロッパテイストのおしゃれな空間で、ゆったりとした大人の休日を過ごせると評判。話題性の高い邦画から世界各国の名作まで幅広い作品を観賞することができます。

出光美術館

東洋の古美術と世界の陶片を鑑賞できる美術館出光美術館は、帝国劇場があることで知られる丸の内の帝劇ビル9階に位置します。出光興産の創業者、出光佐三氏が長年にわたって収集してきた美術品を多数展示。日本や東洋の古美術を中心とする書画などのコレクションが見学できます。館内には世界の窯跡から見つかった陶磁器の破片を展示する陶片資料室や、ムンク、ルオーの専用展示室、茶室なども見られ、国宝をはじめとする貴重な美術品も多数収蔵しています。

有楽町イトシア

2つのタワーで構成されるレジャースポット有楽町エリアと銀座エリアの間に位置する有楽町イトシアは、有楽町マルイのマークがひときわ目を引く複合商業施設です。地下1階にある「イトシアフードアベニュー」と、多彩なショップが集まる「有楽町マルイ」、飲食店やミニシネマなどが入った「イトシアプラザ」とで構成されており、レジャーや立ち寄りスポットとして日々多くの人が訪れています。

ルミネ有楽町

高感度の女性が集まるカルチャーの発信地ルミネ有楽町は、20代~30代の女性を主なターゲットに、ファッションやビューティーに関連する感度の高いセレクトショップを多数集めている商業施設です。飲食施設にもフォトジェニックなスイーツやヘルシーフードを楽しめる店をそろえており、ショッピングや女子会を楽しむのにおすすめ。女性向けのレストルームやパウダールームが充実していることでも評判です。

かごしま遊楽館

都内で鹿児島を楽しめるアンテナショップ地下鉄日比谷駅のそばにあるかごしま遊楽館は、鹿児島の特産品を扱うアンテナショップです。1階部分では鹿児島の地酒から果物、加工食品、郷土菓子などの食品販売を、3階では薩摩切子や屋久杉の加工品をはじめとする工芸品の展示販売を行っています。2階にはレストランがあり、鹿児島の郷土料理を提供。鹿児島旅行をサポートしてくれる観光案内所もあり、様々な形で鹿児島を楽しめます。

皇居

日本の歴史を見守ってきた天皇の居所東京を代表する観光スポットのひとつである皇居は、かつての江戸城跡に造られた天皇の居所です。東京ドーム25個分ほどの広大な敷地を持っており、豊かな緑の中に宮内庁関係の庁舎や行事を行う宮殿、紅葉山御養蚕所といった様々な建物が点在。予約すると皇居内を解説付きで参観することも可能です。東側には武蔵野の自然が息づく庭園「皇居東御苑」もあり、一般に公開されています。

自由学園 明日館

国の重要文化財となった美しい旧校舎自由学園明日館は、1921(大正10)年に自由学園の校舎として造られました。設計を担当したフランク・ロイド・ライト氏は帝国ホテルなどの設計も手掛けたアメリカの巨匠です。ステンドグラスのような美しい窓が特徴的なこの建物は、現在では重要文化財に指定されており、館内では大人から子供まで楽しめる四季折々のイベントやウェディングセレモニーなどが行われています。

早稲田松竹映画劇場

学生たちにも愛されてきたレトロな老舗映画館高田馬場駅から徒歩7分ほどの場所に位置する早稲田松竹映画劇場は、1951年に開館した老舗の映画館です。過去の話題作や世界の名作など、厳選した映画作品を二本立てで上映しており、古くから早稲田大学の学生を中心とする若者たちから親しまれてきました。上映作品は週ごとに変わるので何度訪れても飽きずに楽しめるのも魅力です。

東京カテドラル聖マリア大聖堂

天に向かって十字を描くユニークな外観の大聖堂東京カテドラル聖マリア大聖堂は、1899(明治32)年に聖母仏語学校の付属聖堂として造られました。当初は木造のゴシック式聖堂でしたが東京大空襲によって焼失し、1964(昭和39)年に再建設されました。ユニークな外観の建物は、中に入ると窓から光が差し込む荘厳な空間となっています。東京教区の母教会として、ミサや講座だけでなく大きな行事や集会なども盛んに行われています。

鳩山会館

戦後の政治史と庭園のバラに触れられる旧邸宅有楽町線江戸川橋駅から歩いて行ける距離にある鳩山会館は、第52~54代の内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の邸宅だった屋敷です。「音羽御殿」という通称でも知られており、現在では修復され建設当時のままのような館内を見学することができます。戦後政治史の舞台となった第2応接室をはじめ、鳩山氏の愛用品や居間、バラが咲く庭など見どころも豊富。美しい洋館とリアルな政治史を同時に楽しめます。

哲学堂公園

自然の中で哲学にふける精神修養の場中野区にある哲学堂公園は、明治の哲学者で東洋大学の創立者である井上円了氏が精神修養の場として創ったものです。哲学の世界を視覚的に表現したという園内には歴史深い建物などが点在しており、桜や紅葉の名所としても評判。2020年には国名勝にも指定されました。星空観察会をはじめとするイベントや、体操、吹き矢などの体験教室も行われており、哲学や社会教育の場として多くの人々に親しまれています。

沼袋氷川神社

厄除けと七福神で知られる風格ある神社沼袋駅のすぐそばにある沼袋氷川神社は、須佐之男命を祭神として祀る神社です。様々な厄難や悩みから身を守る厄除けのご利益で知られており、通称「厄除ひかわ」とも呼ばれます。敷地内には「道灌杉」や「子育て狛犬」、「力石」など見どころがたくさん。中でも有名なのは「中野七福神」で、中野区で唯一七福神に参拝できるスポットとして人気です。

史蹟 関口芭蕉庵

芭蕉が暮らした情緒ある空間を楽しめる史跡関口芭蕉庵は江戸時代の有名な俳人、松尾芭蕉が生前4年間ほど住んでいた住居の跡にある史跡です。芭蕉の33回忌にあたる1726年には芭蕉や弟子たちの像を祀った「芭蕉堂」が、1750年には芭蕉を供養するための「さみだれ塚」が、関口芭蕉庵の敷地内に建立されました。他にも味わい深い池や庭園、句碑なども点在しており往時の様子を偲ぶことができます。

国立科学博物館附属自然教育園

自然と身近に触れあえる都心の癒しスポット国立科学博物館附属自然教育園は、白金台駅と目黒駅の真ん中に広がる自然豊かな緑地です。園内では様々な花木や植物、池や小川などが見られ、遊歩道を散策しながら四季折々の景色を楽しめます。昆虫や動物の姿も見ることができる、都心では貴重なスポットです。セミナーや観察会といった自然に関するイベントも多く開催されており子供も大人も楽しめます。

目黒区美術館

目黒区民に親しまれている近現代アートの美術館豊かな緑に包まれた目黒区民センターの一角に佇む目黒区美術館。近現代の日本で生まれた美術作品を中心に数多くのコレクションを所蔵しており、時流や美術の動向をとらえた興味深い企画展を随時催しています。区民の作品発表などができる「区民ギャラリー」や、子供から大人まで幅広い世代が楽しめる様々なワークショップ、講演会も行われており、多くの人々に親しまれています。

自由が丘スイーツフォレスト

様々なスイーツ店が集まるスイーツのテーマパーク自由が丘スイーツフォレストは、スーパー・パティシエが手掛けたできたて、作りたてのスイーツを味わえる、日本初のスイーツテーマパークです。フォトジェニックな空間でスイーツやフードを味わうことができ、女子会やランチ、記念日などにもおすすめ。テイクアウトできる商品もあります。スイーツフォレスト限定スイーツや、期間限定スイーツも注目です。

久米美術館

近代の洋画作品を鑑賞できるミュージアムJR目黒駅西口のすぐそばにある久米美術館は、歴史家の久米邦武と、その長男で洋画家の久米桂一朗に関する資料や作品を展示している記念館です。館内には久米桂一朗の師であるラファエル・コランや友人の黒田清輝、東京美術学校の教え子たちの作品も、展示テーマに合わせて順次公開。都心とは思えない静かな空間で歴史やアートに心おきなく触れることができます。

ポンテポルタ千住

家族で楽しめるショッピング&グルメスポット千住大橋駅前に広がっている複合開発エリア、ポンテグランデTOKYO。その玄関口に位置するポンテポルタ千住は、地域の人々でにぎわうショッピングセンターです。スーパーや家電専門店、ファッション、ライフスタイルなどの様々なショップはもちろん、飲食店からクリニックまで生活に必要な施設が幅広くそろっています。キッズランドや子育てサロンもあるので子供連れでも安心です。

ぬりえ美術館

奥深いぬりえ文化に触れられる美術館2002(平成14)年に開館した「ぬりえ美術館」は、ぬりえに関する多数のコレクションを収蔵、展示しているユニークなミュージアムです。昭和20年~30年頃少女たちの間で大流行した「きいちのぬりえ」を中心に、戦前のぬりえから世界のぬりえまで様々なコレクションを展示。多彩なぬりえに触れながら、古くから息づいてきたぬりえ文化を再認識することができます。

ユナイテッド・シネマ豊洲

快適な空間の次世代型シネマコンプレックス豊洲の海沿いに位置する商業施設、ららぽーと豊洲の3階に入っているユナイテッド・シネマ豊洲は、上質な空間で映画が楽しめるシネマコンプレックスです。スクリーンから音響、シートに至るまで、世界中から集めた最高級の技術を採用しているのが特徴。ゆったり寛いで映画鑑賞ができるプレミア・ペアシートもあるので、デートにも最適なスポットです。

晴海トリトンスクエア

花と緑と水に癒される都心のオアシス都心の運河沿いに広がる晴海トリトンスクエアは、オフィスと商業施設、生活空間がひとつに集まった新時代の複合都市です。中心にある広場は四季折々の花や緑、小川に彩られており、自然と調和した癒しの都市空間を楽しめます。秋には「フラワーカーペット晴海」という花の祭りも開催。個性豊かなショップや飲食店が並ぶおしゃれな商業施設とともに、街歩きのスポットとしておすすめです。

豊洲公園

子どもがのびのび遊べる海辺の公園ららぽーと豊洲に隣接する豊洲公園は、東京湾沿いに広がる憩いの場として多くの人々に親しまれています。ユニークな遊具がそろった芝生広場や、水で遊べるじゃぶじゃぶ池など、子供向けの施設もそろっており親子連れにも人気。園内には桜やサルスベリ、モクレンといった植物も見られ、四季を感じながら散策もできます。ウォーターフロントの遊歩道は東京湾を望むビュースポットとしても評判です。

アーバンドックららぽーと豊洲

海辺に広がる巨大なレジャースポットかつて造船ドックがあった場所に建つアーバンドックららぽーと豊洲は、生活にくつろぎと潤いを与えてくれる大型商業施設です。多彩なショップや飲食施設に加えて、ロケーション抜群の巨大フードコートや、12のスクリーンを備えるシネマコンプレックス、子供が主役の職業体験施設など、多彩なレジャー施設を完備。大人から子供までたっぷり楽しめます。銀座から約6分というアクセスの良さも魅力です。

芝大神宮

関東における伊勢信仰の中心となる神社浜松町駅から歩いて行ける距離にある芝大神宮は、東京十社のひとつにも数えられる歴史ある神社です。伊勢神宮の祭神である天照大神と豊受大神を祀っていることから「関東のお伊勢様」という通称で信仰を集めています。生姜市や甘酒茶屋が評判で、富と良縁のお守りである「千木筥(ちぎばこ)」は女性に人気です。毎年9月に行われる例大祭は長期間に及ぶことから「だらだら祭」と呼ばれ親しまれています。

TOKYO WATER TAXI

水の上を疾走する快適なタクシーTOKYO WATER TAXIは日本初の水上タクシーです。最大8人が乗れるコンパクトな黄色い船にはエアコンやトイレ、コンセントも完備しており、水上の時間を快適に過ごせます。浅草、お台場間を走る定期便から、田町、天王洲、日の出を回る乗り合い便、観光にも便利なチャーター便まで、目的に応じて利用することが可能です。コースによっては東京湾に沈む美しい夕日を望むこともできますよ。

東京ヴァンテアンクルーズ

水上で優雅なひと時を過ごせるフレンチレストラン東京ヴァンテアンクルーズは東海汽船グループの会社のひとつで、レストラン部門としてクルーズ船ヴァンテアンを運航しています。船内ではシェフ自慢のフランス料理を味わいながら東京湾の快適なクルージングを満喫。個室はもちろん、バーラウンジやデッキスナックも備わり思い思いのひと時を過ごせるのも魅力です。ランチ、トワイライト、ディナーの3つ時間帯で運行しており、それぞれに美しい東京湾の景色を楽しめます。

東京湾クルーズ シンフォニー

観光からデートまで多彩なコースがそろうクルーズ船東京湾の景色を水上から楽しめるクルーズ船シンフォニー。日の出ふ頭を起点に、お台場やレインボーブリッジ、羽田空港などを通る、50分~2時間30分の多彩なコースを運行しています。最も気軽にクルーズを楽しめるアフタヌーンクルーズは東京観光の思い出にも最適です。絶景を眺めるカウンターで寿司や和スイーツを味わえる寿司ダイニングプランや、船上パーティープランなどにも幅広く対応しています。

東京都観光汽船 御座船 安宅丸

居酒屋気分で楽しめる和風のクルーズ船東京都観光汽船が運行している「御座船 安宅丸」は、江戸幕府3代目将軍徳川家光が造らせたという巨船「安宅丸」をイメージした、豪華絢爛な和風のクルーズ船です。日の出ふ頭にある乗り場から青海までの、片道約30分の旅を満喫できます。船上ではコースに合わせた充実の和メニューを味わったり、役者による歌や舞を観覧したりと、様々なレジャーを東京湾の景色とともに楽しめます。

しながわ水族館

区民の声から生まれた潮風を感じる水族館しながわ区民公園内の一角にあるしながわ水族館は、海や川とのふれあいをテーマとした水族館です。東京湾に住む生き物から、世界中の川や海にいる珍しい魚までを幅広く展示。イルカ、アシカ、アザラシのダイナミックなショーや、幻想的な「クラゲたちの世界」、海の中を散歩している気分になれる全長22mの「トンネル水槽」など見どころも豊富で、多くの人々に親しまれています。

エキュート品川

駅中の便利なショッピングモールJR品川駅の構内にあるエキュート品川は、かわいいスイーツや総菜、雑貨、ファッションなど様々なショップが50以上も集まっている商業施設です。カフェやレストランもあり、ちょっとした待ち時間や仕事帰りに気軽に立ち寄れる立地の良さが魅力。東京を代表するスイーツや期間限定の人気ショップもそろっているので、ギフトやお土産選びにも最適です。

天王洲アイル

東京湾に浮かぶアートとオフィスの街東京湾を望むロケーションに広がる天王洲アイルは、江戸時代に造られた第4お台場の跡を開発した島(アイル)です。島内には桟橋が点在していたり、板張りの遊歩道が島を囲んでいたりと海を最大限に楽しめるスポットが多数。島の中心部であるシーフォートスクエアには劇場やショップ、オフィス、レストランなどが集まっており、ギャラリーやイベントスペースも充実しています。

品川シーズンテラス

水と緑に囲まれた商業&オフィスビル品川シーズンテラスは、東京都港区に佇む地上32階建ての超高層ビルです。中には飲食店をはじめとする商業施設やクリニック、オフィスが入っており、東京タワーを望む夜景スポットとしても評判。周辺には広々とした緑地や整備された広場、ランニングステーション、池なども見られ、季節に合わせて様々なイベントも催されています。

アトレ 品川

大人が楽しめる上質な立ち寄りスポットJR品川駅直結でアクセスが便利なアトレ品川は、「ニューヨークスタイル」というコンセプトで作られた商業施設です。ファッションや食料品、雑貨をはじめとする高品質でスタイリッシュな品物がそろっていて、ワンランク上の暮らしを楽しみたい人におすすめ。フードコートやレストランも充実しており、大人が気軽に楽しめる立ち寄りスポットとしても人気です。

品川神社

東海七福神を祀るパワースポット1187年、源頼朝が洲崎明神を勧進して建てたとされる品川神社。旧東海道沿いに点在する「東海七福神」のひとつである大黒天も祀っており、年始には特に多くの参拝客でにぎわいます。毎年6月の例大祭で見られる、53段の急階段を神輿が上る大迫力の「宮入」も必見。境内には神楽殿や宝物殿、板垣退助の墓といった見どころも多く、富士登山体験ができる「品川富士」はパワースポットとしても評判です。

品川インターシティ

区民に親しまれている新時代の都市品川駅東口エリアの再開発地区に造られた品川インターシティは、洗練されたビルが立ち並ぶ駅直結の大規模複合施設です。「ショップ&レストラン棟」と3つの「オフィス棟」、イベントから会議まで多目的に使える「ホール棟」の5つのビルが並んでおり、その横には緑豊かなセントラルガーデンがあります。毎週日曜日には建物の前でフリーマーケットが開かれており、多くの人に親しまれています。

大井ホッケー競技場

フィールドホッケーを快適に楽しめるスタジアム大井ホッケー競技場は、大井ふ頭中央海浜公園の「スポーツの森」に位置する競技場です。サブピッチとメインピッチが設けられており、東京オリンピックの際にはホッケー競技の会場として利用され、その後は多目的グラウンドとして使われる予定です。観客席に雨や日差しを遮ってくれる屋根が付いているので、観客は天候に左右されず快適にスポーツ観戦ができます。

大崎ニューシティ

地域に根差した駅直結型レジャースポット大崎ニューシティは大崎駅北改札直結で、アクセスしやすいショッピングモールです。噴水広場を中心に、豊かな緑や季節の花々に囲まれた空間で気持ちよく街歩きができます。施設内には実用的なショップやカジュアルなレストランが多数。また美術館やイベントスペース、ホテルなども併設されていて、地域の生活やレジャーに欠かせないスポットとして親しまれています。

品川プリンスホテル アネックスタワー

多彩なエンタメ施設と直結している宿泊施設品川プリンスホテルのアネックスタワーは、ホテルとエンターテイメントを融合させるというテーマのもと造られた施設です。ロビーフロアには宿泊者以外も利用できる「レセプション・ロビー」「ライブラリー」「カフェ&バー」「コワーキングエリア」の4つのエリアを完備。館内には映画館やボウリング、水族館など大人も子供も楽しめる施設をそろえています。

エキュート品川 サウス

こだわりの逸品がそろった駅中の商業施設品川駅構内に位置するエキュート品川サウスは、「一品入魂」というコンセプトで作られたアイテムがそろっているエリアです。幅広く愛されているスイーツから手作り総菜、多彩な飲食店、書店や雑貨屋まで様々なテナントが見られます。特にグルメははずれがないと評判で、駅弁や土産物選びにも最適。電車の待ち時間や仕事帰りなどに利用しやすい立地でおすすめです。

マクセル アクアパーク品川

光と音の演出が幻想的な水族館品川駅のそばにあるマクセル アクアパーク品川は、品川プリンスホテルに併設されている室内型テーマパークです。一番の見どころは数々の水槽で、幻想的な光の演出に包まれて最先端のエンターテイメントを体験できます。色鮮やかな熱帯魚や海中トンネル、光を駆使したイルカショーなど多彩な展示があり、様々な生き物と出会うことができるのも魅力です。

高輪プリンセスガルテン

ヨーロッパの街並みを思わせるお出掛けスポット1991年にオープンした高輪プリンセスガルデンは、高輪の住宅街の一角に広がるフォトジェニックなエリアです。中世ヨーロッパを思わせる緑豊かな街並の中に19世紀のウィーンをイメージしたコンサートホールがあり、音楽を中心とする文化活動の発信に携わっています。他にもフレンチレストランやハウスウェディングといった施設も点在。おとぎ話のような佇まいが撮影ロケにも人気です。

品川グランドコモンズ

再開発エリアを代表する最先端の都市空間品川グランドコモンズは、品川駅東口エリアの再開発地区に位置する新時代の都市です。立ち並ぶ高層ビルの中にオフィス、店舗、住宅、ホテルといった多彩な機能を集約。周辺には水と緑が豊富な安らぎ空間もあり、都会のオアシスとなっています。最先端のテクノロジーと自然を融合させた都市空間は、新しいライフスタイルを提案するエリアとして注目です。

品川セントラルガーデン

自然に心癒される都会のオアシス品川セントラルガーデンは、品川インターシティと品川グランドコモンズのビル群の間に広がる歩行者用広場です。幅45m、長さ400mほどもあるゆったりと広い通りには、約290本もの木々と4つの水景、地域の自然をテーマとした7つの造形物が点在しています。最先端の都市空間の中で、人々が自然を介して出会うような、心安らぐオアシス的な役割を担います。

表参道ヒルズ

人と街と世界をつなぐ表参道のランドマーク表参道駅を出てすぐの通り沿いに位置する表参道ヒルズは、表参道のランドマークともなっている代表的な商業施設です。館内は地下3階から地上3階にかけて、緩やかな傾斜で床がつながっている「スパイラルスロープ」構造になっており、そのスロープに沿って100を超える多彩なショップやレストランが並んでいます。最先端のファッションやライフスタイル、カルチャーの発信地として多くの人々でにぎわうスポットです。

Echika表参道

普段使いにぴったりのおしゃれな駅中商業施設多数の路線が乗り入れている表参道駅構内の地下1階~2階にある「Echika(エチカ)表参道」。パリのシャンゼリゼ通りのイメージを表参道の洗練された雰囲気と融合させるようにデザインされた、おしゃれなスポットです。ファッションからビューティー、フードまで様々なものがそろっており、ショッピングから軽食、仕事終わりの一杯にまで気軽に立ち寄ることができます。

表参道ROCKET

刺激的な出会いがある新感覚ギャラリー表参道ヒルズの同潤館3階に位置する表参道ROCKET(ロケット)は、新しいモノに出会える新感覚のギャラリーです。様々なジャンルのクリエイターたちによる企画展が随時催されており、新しいものを発信する表参道らしさを備えた「新しくて面白い」ものに出会うことができます。新鮮でクリエイティブな感覚を味わいたい人はぜひ足を運んでみてください。

Rat Hole Gallery

アパレルブランドが提供するアートの発信地1984年に設立し、その後原宿で直営店をオープンしたアパレルブランド、ヒステリックグラマーのギャラリーです。主に荒木経惟氏をはじめとする国内アーティストの作品を展示しています。国内外でのアパレルだけでなく、出版活動なども展開しているヒステリックグラマーが発信していく文化やアートには、多くの注目が集まっています。

ギャラリー同潤会

アートの世界にゆったり浸れるスポットギャラリー同潤会は、表参道ヒルズ同潤館の一番端にある貸ギャラリーです。この同潤館は、1926(大正15)年に建てられた日本初のアパート「同潤会青山アパート」のひとつを復元したもので、当時の最新鋭の機能とデザインが詰まった建物は「東洋一」と注目されていました。そんな同潤館にある空間で、絵画や立体、写真などの幅広い作品を観覧して新感覚のアートに触れることができます。

相田みつを美術館

「人間だもの」で知られる相田みつをの作品を展示相田みつを美術館は東京国際フォーラム内にある美術館で、「人間だもの」などの作品で知られる書家・詩人の相田みつをの作品を展示しています。コンセプトは「人生の2時間を過ごす場所」。ゆっくりと作品を見た後は、併設のカフェで余韻に浸るのもおすすめです。相田みつをの作品が描かれたハガキやカレンダーなどが揃うミュージアムショップは入場無料で入れます。

OOTEMORI

人気のショップやレストランが集結OOTEMORIはバラエティ豊かな25のショップ&レストランが揃う、東京メトロ大手町駅直結の高感度ショッピングセンターです。自然の森を再現した「大手町の森」を備えており、森の一部をサンクンガーデン(半地下の庭園)として引き込んでいるので、地下でありながら緑と自然光があふれる明るい空間になっています。

グランルーフ

大屋根が印象的な八重洲口のランドマークグランルーフはハイクオリティなレストランやショップが集結するJR東京駅八重洲口のランドマークです。牛タンやすき焼き・しゃぶしゃぶ、飲茶、寿司など様々なグルメが楽しめます。外観はサウスタワーとノースタワーを繋ぐ大屋根の、光の帆をモチーフにしたデザインが特徴的。高速バスやタクシーの乗り場も整備されています。

夕やけ小やけふれあいの里

豊かな自然に囲まれた農村体験型施設夕やけ小やけふれあいの里は童謡「夕焼小焼」のモデルになっている上恩方町にある農村体験型レクリエーション施設です。山間の豊かな自然の中で、動物とのふれあいや陶芸、わら細工、森の工作など様々な体験ができる他、バーベキューやキャンプも楽しめます。併設の宿泊施設「おおるりの家」にある大浴場は景観が良く、日帰り入浴も可能です。

高尾山

気軽に登山が楽しめる都会のオアシス高尾山は八王子市にある標高599mの山で、ミシュラン三ツ星観光地にも認定されている人気の観光スポットです。さる園や野草園、パワースポットとして知られる薬王院、秋の紅葉などたくさんの見どころがあります。都心から電車で約1時間なのでアクセスしやすく、ケーブルカーやリフトを使えば気軽に登ることができるので、登山初心者にもおすすめです。

トリックアート美術館

不思議な感覚を楽しめるだまし絵の美術館トリックアート美術館は京王高尾線「高尾山口駅」前にある、だまし絵の不思議な世界を体感できる観光スポットです。目の錯覚で立体的に見えたり、自分が絵の一部になったりと、見て触れて写真を撮ってアートを楽しむことができます。館内2階の「高尾山・天狗さまの魔力」は、この場所ならではの撮影スポットとして特に人気があります。

子安神社

安産祈願と泣き相撲で知られる古社子安神社は安産・育児の神である木花開耶姫命を祭神とする八王子最古の神社です。奈良時代に皇后の安産祈願のために創建されたことから子宝や安産にご利益があるとされ、国内有数のパワースポットとして人気があります。安産祈願としての岩田帯や底抜けひしゃくの配布、子どもの健やかな成長を願う秋分の日の泣き相撲が有名です。

森林総合研究所 多摩森林科学園

約1400本の桜と国内外の樹木を公開森林総合研究所 多摩森林科学園は森林や林業に関する研究成果を展示している森の科学館です。全国各地の著名な桜1400本が植えられている「サクラ保存林」はお花見スポットとして人気があり、種類ごとに開花の時期が違うので長く楽しめます。高木樹種を中心に国内外の約500種、6000本の樹木が育つ樹木園もあり、四季折々の景観も見どころです。

高尾山さる園・野草園

個性豊かなサルたちと四季折々の山野草高尾山さる園・野草園はケーブルカー高尾山駅から徒歩3分の場所にある観光スポットです。さる園では約70頭のタレント性あふれる可愛い猿を間近で見ることができます。スタッフによるユーモアたっぷりの解説も人気。2800平方メートルの広さがある野草園は、高尾山の四季折々に咲く花々を一か所で見ることができる野草の宝庫となっています。

日野オートプラザ

様々な車や部品を展示する企業博物館日野オートプラザは八王子市の郊外にある日野自動車の企業博物館です。前身である東京瓦斯電気工業創業時代から現在に至るまでのものづくりに関する歴史を学ぶことができます。日本初の量産型トラックTGE-Aのレプリカや日野ルノー・コンテッサなどの実物の車両、ミニカー、写真、説明パネルなどが展示され、ミュージアムショップやレストランもあります。

オリンパス技術歴史館「瑞古洞」

オリンパス製品の歴史を無料で見られる博物館オリンパス技術歴史館「瑞古洞(ずいこどう)」は八王子市のオリンパス技術開発センター石川にあり、創業時から現在までの製品を展示する技術歴史館です。「瑞古洞」という名前はオリンパス最初のカメラ用レンズ「ZUIKO(瑞光)」に由来しています。歴代のカメラや内視鏡、顕微鏡などオリンパス製品の数々を無料で見ることができます。

水天宮

戌の日の安産祈願や水難除けのご利益で有名水天宮は福岡県にある久留米水天宮の分社で、安産や子授け、水難除けのご利益があるとされている神社です。特に安産祈願のご利益で知られており、戌の日や大安吉日には多くの参拝者で賑わいます。犬の像「子宝いぬ」もパワースポットとして人気があり、十二支のうち自分の干支をなでると安産や子授けなどのご利益があると言われています。

コレド日本橋

高感度なショップが揃う癒しの空間コレド日本橋は高感度なファッションや雑貨、ヘア&ビューティーサロンなどが揃う日本橋のランドマークです。「コレド(COREDO)」という名称は、核を意味する「CORE」と「EDO(江戸)」を組み合わせて付けられました。仕事帰りに気軽に立ち寄ることができる日本橋駅直結の便利な立地で、働く女性のライフスタイルをサポートしてくれます。

三井記念美術館

国宝を含む膨大な美術工芸品を所蔵・展示三井記念美術館は約350年の歴史を持つ三井家が収集した美術工芸品約4000点と切手類約13万点を所蔵する美術館です。絵画や刀剣など幅広いコレクションが揃いますが特に多いのが茶道具で、国宝6点や重要文化財71点を展示しています。地下鉄三越前駅からすぐの便利な立地で、気が向いた時にふらりと立ち寄ることができます。

COREDO室町2

大型シネコンや有名レストランが集結COREDO室町2は「日本を賑わす日本橋」をコンセプトとする商業施設です。地下は創業100年を超える老舗や人気店の食の物販ゾーンになっており、日本全国のグルメをテイクアウトやイートインで楽しめます。3~6階には日本橋初の9スクリーンを有する大型のシネコンが入っています。街区に面した通りの、暖簾や行燈をモチーフにしたデザインも魅力です。

三重テラス

日本橋で三重を体感できるアンテナショップ三重テラスは日本橋にいながら三重の「いいとこ」を体感できる、三重県の魅力が詰まったアンテナショップです。物販コーナーには新鮮な魚を使った干物や伊勢うどん、伝統工芸品指定の伊勢木綿を使ったオリジナル商品など贈り物にもぴったりの約1,500商品が揃っています。併設のレストランでは三重の美味しい食材を使った料理をイタリアンスタイルで味わえます。

YUITO

上質なショップやグルメが揃う特別な空間YUITOは大人の上質な時間を愉しめる商業施設です。名前の由来は都・人・時を結ぶという意味の「結都」。王室御用達のラグジュアリーブランドや一流シェフの料理を堪能できるレストランなど、4つのプレミアムショップと10のグルメスポットが揃います。TOHOシネマズの半券チケットでお得なサービスを受けることができます。

日本橋クルーズ

違う角度で街を見上げる東京湾クルージング日本橋クルーズは日本橋のたもとから発着する人気の周遊クルーズです。日本橋川をはじめとして、神田川や隅田川など個性豊かな周遊コースが揃い、様々な楽しみや発見があります。ガイドによる解説を聞きながら、いつもとは違う角度から東京の街を眺めることができます。人気のコースはすぐ埋まってしまうこともあるので、事前予約がおすすめです。

日本橋三井タワー

伝統と最新が調和する日本橋のランドマーク日本橋三井タワーは伝統と先進性が調和する地上39階、地下4階の高層ビルで、日本橋地区のランドマークタワーです。高級果物の老舗や日本料理の名店など、選りすぐりの名店が集結。上層階は日本初となる5つ星のラグジュアリーホテル「マンダリン・オリエンタル東京」となっており、優雅な空間でアフタヌーンティーやプライベートスパが楽しめます。

COREDO室町

老舗や名店、シネコンが揃う駅直結の施設COREDO室町は3棟のビルで構成されるショッピング&グルメスポットです。創業100年を超える老舗や日本各地の有名店グルメが楽しめます。5~6階は日本橋地域最大級の多目的ホール「日本橋三井ホール」になっており、ライブなど各種イベントが行われています。地下鉄三越前駅と地下で直結しているので、雨の日でも濡れずにアクセスできて便利です。

COREDO室町3

食と暮らしをテーマにライフスタイルを提案COREDO室町3は「食と暮らし」をキーワードに日本の良いものや美しいものを提案する複合型商業施設です。地下1階と1階には老舗和菓子店「鶴屋吉信」や調味料専門店「茅乃舎」など日本の名店の他、和カフェやバルがあります。2階から4階には日本橋初出店の「無印良品」をはじめとして、ライフスタイルショップや雑貨店が揃っています。

二子玉川ライズ・ショッピングセンター

4館・約180店からなる商業施設二子玉川ライズ・ショッピングセンターはステーションマーケット、タウンフロント、リバーフロント、テラスマーケットで構成されている大型の商業施設です。ファッションに雑貨、食料品、生活用品、カフェやレストランまで約180もの店舗が集結しており、必要なものが全て揃っています。イベントスペースやガレリアの季節ごとの装飾やイベントも見どころです。

駒沢オリンピック公園

四季折々の美しい景観が楽しめる総合運動公園駒沢オリンピック公園は東京オリンピックの第二会場として誕生した総合運動公園です。敷地内にはたくさんのスポーツ施設や子ども向けの遊具で遊べる3つの児童公園などがあります。夏には広いじゃぶじゃぶ池で水遊びも楽しめます。緑の中を散策したり、サイクリングしたりするのもおすすめで、有料ですがレンタサイクルもあります。

砧公園

大きな芝生広場と随所に桜がある公園砧公園は大きな芝生の広場や約840本のサクラの木がある自然豊かな公園です。ブランコやジャングルジムなどたくさんの遊具がある「子供の森」や「アスレチック広場」は子連れのファミリーにおすすめ。ピクニックやお花見スポットとしても人気がありますが、園内は火気厳禁で、テント・イス・テーブルは使用できないので注意しましょう。

五島美術館

国宝・重要文化財を含む数々の名品を所蔵展示五島美術館は上野毛の閑静な住宅街にあり、絵画、茶道具、刀剣、文房具など、国宝5件、重要文化財50件を含む約5000件の美術品を所蔵している美術館です。国宝の「源氏物語絵巻」と「紫式部日記絵巻」を定期的に公開しています。ミュージアムショップでは展覧会の図録や茶道具コレクショングッズなど、多彩なグッズを取り扱っています。

長谷川町子美術館

長谷川町子が集めた美術品や漫画原画を展示長谷川町子美術館は「サザエさん」の作者として知られる長谷川町子が、姉の毬子と共に収集した美術品約700点を収蔵・展示している個人美術館です。長谷川町子の漫画原画や陶芸、水彩画も展示されており、創作の世界感にもひたれます。ミュージアムショップでは書籍の他オリジナルグッズや日用品などを扱っており、お土産選びにもおすすめです。

桜神宮

安産や開運厄除、商売繁盛などにご利益あり桜神宮は桜新町にある古式神道の神社で、安産祈願、開運厄除、八方除、商売繁盛、合格祈願など様々なご利益があるとされています。全国的にも珍しい火渡り、釜鳴りなどの神事を執り行うことでも有名。本殿の両脇にある河津桜は「えんむすびの木」と言われており、願いを書いた「さくらのえんむすび花帯」を結ぶことで縁結びの願いが叶うと言われています。

等々力不動尊

渓谷や不動の瀧がある自然豊かな寺院等々力不動尊は交通安全や学業成就にご利益がある、満願寺(まんがんじ)の別院です。境内には東京23区で唯一の渓谷「等々力渓谷」や滝、古墳の他、桜、銀杏、楓など多くの木々があり、東京を代表する自然の景勝地としても知られています。春には境内の見晴台から満開の桜を見下ろすことができる、お花見スポットとしても有名です。

世田谷八幡宮

境内に土俵があり勝負運にご利益のある神社世田谷八幡宮は宇佐八幡宮から御分霊し祀ったことが由来の神社です。境内は土俵があり、秋の例祭で行われる奉納相撲の勝敗で来年の豊作と凶作を占います。御朱印にもお相撲さんが描かれており、特に女性相撲ファンに人気。勝負運にご利益があることでも知られており、勝負ごとに強くなる御守りや お相撲さんが描かれた勝ち絵馬などが揃います。

柳小路

京都の町屋を思わせる建物群に飲食店が集結柳小路は京都の町屋をイメージした建物や一軒家、モダンな外装のお店など6棟の建物からなるコンセプトエリアです。昔懐かしい路地裏の風情と新しさが混在する雰囲気が魅力。鶏専門店や九州料理店、アメリカンダイナー、イタリアンなど国内外の様々なジャンルの飲食店が揃います。ブティックやインテリアショップ、子供向けフィットネスクラブなどもあります。

新橋演舞場

歌舞伎をはじめ様々な演目を上演する正統派劇場新橋演舞場は1925年に開場した、格式ある正統派劇場です。現在の建物は1982年に再建されたもので3階建て、総座席数が1428と規模が大きく、歌舞伎をはじめ現代劇、ミュージカルなど様々な公演が行われています。演舞場オリジナルの幕の内弁当や劇場内の食堂、期間限定のビアステージなどの食事や売店の甘味も楽しみの一つです。

シネスイッチ銀座

選りすぐりの映画を上映するミニシアターシネスイッチ銀座は世界の有名な作品から隠れた良作まで、こだわりの映画を多数上映しているミニシアターです。「シネスイッチ」という名称は選りすぐりの洋画と邦画を切替えながら上映することに由来しています。「女性に優しい映画館」がコンセプトであり、毎週金曜日のレディースデーには女性は900円で映画を楽しめます。

豊岩稲荷神社

ビルの合間にひっそり佇む縁結びの神様豊岩稲荷神社はギンザ108ビル右横の通路の奥、壁に張り付くように鎮座する平面神社です。芸能人も参詣に訪れる良縁の神様であり、知る人ぞ知る隠れた恋愛のパワースポットとして特に女性に人気があります。神社への入り口は金春通り側と花椿通り側の2ヶ所があり、目印に石碑が立っていますが、見落としやすいので訪れる際は注意しましょう。

GINZA PLACE

ショールームや飲食店が入る銀座のランドマークGINZA PLACEは銀座4丁目交差点に位置し、1911年に開業した「カフェー・ライオン」が数度の改装や建替えを経て2016年にニューオープンした複合商業施設です。JA全農兵庫直営のステーキ店や老舗ビアホール、ソニーや日産のショールームなどが入っています。透かし彫りをモチーフとする個性的な外観も特徴です。

東京国際フォーラム

大小7つのホールであらゆるイベントに対応東京国際フォーラムは大小7つのホールに会議室、ギャラリー、ショップやレストランなどを備えるコンベンション&アートセンターです。音楽や演劇、商業イベントから国際会議まで、あらゆるイベントが行われています。迫力ある巨大なガラスのアトリウムは建築物としての評価も高く、東京を代表するランドマークの一つに数えられています。

帝国劇場

多くの名作を生み出すミュージカルの聖地帝国劇場は1911年に日本初の洋式劇場として開場した、プロセニアム形式(舞台が額縁のように区切られている)の劇場です。「レ・ミゼラブル」「エリザベート」「Endless SHOCK」など、数多くの大作・名作が生みだされ、常にエンターテイメントの中心として親しまれています。大小4つのセリと廻り舞台で繰り広げられる、迫力のステージが魅力です。

KITTE

銘品や老舗の味など多彩なショップやグルメが集結KITTEは旧東京中央郵便局の跡地に建設された、東京駅直結の便利な立地の商業施設です。地下1階から地上6階の施設内には和食やフレンチ、中華料理などの多彩なレストラン、和の美意識が感じられるアイテムが揃うショップなどが入っています。緑豊かな屋上庭園は丸の内エリアきってのビュースポットとして知られており、東京駅の撮影スポットとしても有名です。

三菱一号館美術館

近代美術中心の企画展を開催する赤レンガの美術館三菱一号館美術館は三菱地所が運営する企業ミュージアムであり、19世紀後半~20世紀前半の近代美術を中心に様々な企画展を年に3~4回開催しています。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」を製造方法や素材まで忠実に復元。こだわりが散りばめられたクラシカルな空間には、数々の見どころがあります。

東京ステーションギャラリー

多ジャンルの企画展を開催する駅ナカ美術館東京ステーションギャラリーは、駅を単なる通過点ではなく文化の場として提供したいという思いのもと、1988年に誕生した東京駅丸の内駅舎内の美術館です。様々なジャンルの企画展が年間約5~6本開催される他、ギャラリートークやミニコンサートなどのイベントも行われています。展示室は赤レンガの質感を生かした、落ち着いた雰囲気です。

東京駅

豪壮な丸の内駅舎が目を引く東京の玄関口東京駅は1914年12月に開業した東京の玄関口です。単なる通過点ではなく東京駅自体が1つの観光施設となっておりラーメンストリートやキャラクターストリートなど楽しめるスポットが豊富。カフェやレストランなどの飲食店やファッション、雑貨などの店舗もたくさんあります。100年前の東京駅の姿を復元した丸の内駅舎のアールヌーヴォー調の外観も必見です。

東京駅丸の内駅舎

煉瓦造りのレトロな建物が美しい重要文化財東京駅丸の内駅舎は赤レンガ造りのレトロな建物が美しい東京・丸の内のランドマーク的存在です。もともとは近代的な建物でしたが、2012年に完了した復元で戦前の創建当時の姿を取り戻しました。近隣の商業施設から眺めるのもおすすめで、中でも丸ビル5階テラスは南ドームを真正面から、ほぼ同じ高さで見ることができるイチオシのビューポイントです。

皇居東御苑

旧江戸城の歴史と豊かな自然に囲まれた庭園皇居東御苑は皇居の東側にあり、旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を一般公開している庭園です。徳川将軍家の居城当時の面影を残す旧江戸城は迫力満点。四季折々に咲く花も見どころで、入園無料なので気軽に散策が楽しめます。とても広い庭園なので、3ヶ所の休憩所や点在するベンチで休みながらゆっくり時間をかけて回るのがおすすめです。

皇居外苑

多くの歴史的建造物が残る都会のオアシス皇居外苑は黒松が点在する芝生広場と濠や城門などの歴史的建造物とが調和する、緑豊かな都会のオアシスです。1888年、江戸城跡地に松が植えられたことに由来しており、二重橋(鉄橋)や桜田門など多くの史跡が残されています。東京ドーム約25個分の広さがあり、観光だけではなくランニングやウォーキングにもおすすめのスポットです。

東京スタジアム(味の素スタジアム)

快適さと見やすさを追求したスタジアム東京スタジアム(味の素スタジアム)は5万人収容可能な大型多目的スタジアムです。見やすさと快適性を重視したつくりになっており、手入れの行き届いた天然芝のフィールドではサッカーをはじめとして各種スポーツの試合やコンサートなど、様々なイベントが行われています。人工芝フィールドは企業イベントやスポーツイベントなどにも利用されます。

深大寺

調布八景の一つとして知られる天台宗の古刹深大寺は調布八景の一つに数えられる古刹で、恋と厄除けのご利益があることでも有名なパワースポットです。毎年3月3日、4日に行われる「深大寺だるま市」は、日本三大だるま市の1つとして知られており、多くの人々で賑わいます。国宝の「釈迦如来像」も必見。門前にあるそば屋の深大寺そばは、江戸時代からの名物として人気があります。

國領神社

調布八景の一つ「千年乃藤」で有名な神社國領神社は1963年に第六天社と神明社を合祀して新社殿を造営し、遷座して誕生した神社です。境内にある藤の大木「千年乃藤」を御神木としていることから「千年乃藤のお宮」という名でも親しまれています。「千年乃藤」は調布八景の一つに数えられており、4月中旬から5月上旬には美しい紫色の花を見ることができます。

布多天神社

少彦名神と菅原道真公を祀る調布の総鎮守布多天神社(ふだてんじんしゃ)は農業の神である少名毘古那神(スクナヒコナノカミ)と学問の神である菅原道真公を祀る多摩地方有数の古社です。恵比須さま、天神様としても親しまれており、五宿天神の名でも呼ばれています。菅原道真公の生没日である毎月25日には祝詞が奏上されるのと併せて縁日が行われ、里神楽も上演されています。

神代植物公園 水生植物園

深大寺の湿地を利用した水生植物の公園神代植物公園 水生植物園は深大寺に昔からある湿地をうまく利用した水生植物の公園です。流れ込んだ湧き水で作られた小川や池のある湿地帯は尾瀬に似た景観が特徴で、カキツバタやハス、ヒツジグサなど四季折々の水辺の植物を楽しめます。木道が設置されているので歩きやすく快適に見て回ることができます。初夏の新緑、秋の紅葉も見どころです。

武蔵野の森総合スポーツプラザ

メイン・サブアリーナを有するスポーツ施設武蔵野の森総合スポーツプラザは東京スタジアムに隣接する総合スポーツかつ多目的施設です。10,000人以上収容可能なメインアリーナでは、スポーツの大会や音楽イベントなどが行われています。屋内プールやトレーニングルームは予約なしで利用でき、運動後にはシャワーや浴室で汗を流すことができます。室内用シューズやタオルセットのレンタルも可能です。

郷さくら美術館

大型作品をメインに年4回の企画展を開催郷さくら美術館は昭和生まれの日本画家を中心とする現代日本画の専門美術館です。収蔵作品のほとんどが50号を超える大画面で見ごたえがあります。年4~5回の企画展を開催している他、一年を通してお花見を楽しめる満開の桜のコレクション「桜百景」の展示室を設けています。2012グッドデザイン賞を受賞したモダンな建築も必見です。

長泉院附属現代彫刻美術館

若手の企画展などで彫刻美術の普及に努める美術館長泉院附属現代彫刻美術館は20世紀後半以降の国内彫刻家、56作家252点の作品を収蔵するお寺付属の美術館です。入場無料なので気軽に彫刻の魅力に触れることができます。屋外にも彫刻が展示されており、住宅街の閑静な環境の中でのんびりと鑑賞を楽しむことができます。彫刻美術の発展にも力を入れており、イベントや若手の展示会なども開催しています。

中目黒高架下

高架下にグルメやファッション、書店が集結中目黒高架下は中目黒駅~祐天寺駅間の全長700メートルの高架下を利用した施設です。フレンチトースト専門店や立ち食い焼き肉などの飲食店を中心に、ファッションや書店など全28店舗が集まっています。ルーフ シェアリングをコンセプトとして、ひとつの屋根(高架橋)を店舗がシェアするイメージの女性でも訪れやすいおしゃれな空間です。

目黒区古民家(旧栗山家主屋)

旧栗山家を移築・復元した風情ある民家目黒区古民家(旧栗山家主屋)は江戸時代からの名主・栗山家の母屋を「すずめのお宿緑地公園」内に移築・復元した古民家です。竹林に佇む、昔話の世界のような建物の中には土間や囲炉裏も再現されており、当時の暮らしぶりを垣間見ることができます。七夕や端午の節句などの年中行事も開催しており、誰でも自由に参加可能です。

浜離宮恩賜庭園

四季折々の花々が楽しめる大名庭園浜離宮恩賜庭園は特別名勝・特別史跡に指定された徳川将軍家の大名庭園です。伝統的な回遊式庭園となっており、現代には珍しい潮入の池では潮の満ち引きで変化する情景を楽しめます。桜、菜の花、コスモスなど四季折々の美しい花景色も見どころの一つです。都心からのアクセスも良く、都会の喧騒から離れてちょっと一息つきたい時におすすめのスポットです。

築地場外市場

新鮮な野菜や肉、魚介を場外価格で購入可能築地場外市場は魚介類や青果類を扱う卸売り市場において、一般の人でも買い物ができる市場です。卸売り市場そのものは豊洲に移転しましたが、場外市場は今も変わらず多くの人で賑わっています。鮮魚、肉類、野菜などを場外価格で販売している他、加工食品やプロ用調理用具の品ぞろえも充実。卵焼きや生ガキ、シュウマイなど食べ歩きグルメも豊富です。

かちどき 橋の資料館

勝鬨橋をはじめ隅田川の橋を分かりやすく解説かちどき 橋の資料館は勝鬨橋(かちどきばし)をはじめ、隅田川に架かる橋をわかりやすく紹介している展示施設です。勝鬨橋はシカゴの跳ね橋をモデルにした中央が開く可動式の橋で、1970年以降開閉は行われていませんが清洲橋、永代橋と共に国の重要文化財に指定されています。資料館では当時の発電設備の保存・展示をしています。

佃波除稲荷神社

災難除けや商売繁盛にご利益のあるお稲荷様佃波除稲荷神社(於咲稲荷神社)は佃堀の河岸地にある、「災難を除き、波を乗り切る」波除のお稲荷様です。厄除けや商売繁盛、工事安全などに御利益があり、日本一の厄除け天井大獅子と反対側にあるお歯黒獅子はどちらも大きくて迫力満点、見ごたえがあります。鳥居脇にある3個の力石は中央区有形民俗文化財に指定されています。

築地にっぽん漁港市場

一般の人も購入可能な産地直送の市場と食堂築地場外市場にある築地にっぽん漁港市場は、北海道や新潟、高知など日本各地の生産者や漁協が直接出店している産直市場です。珍しい地魚や朝どれの鮮魚などプロユースの商品を一般の人も気軽に買うことができます。併設の食堂では真鯛しゃぶしゃぶやたらば蟹鍋、のどぐろ御膳など、ここでしか味わえない至福の料理を提供しています。

サンシャイン水族館

ユニークな展示で水の生き物の世界を体感サンシャイン水族館はサンシャインシティ屋上にある都市型高層水族館です。大きくオーバーハングした水槽「天空のペンギン」や日本初のクラゲトンネルなどのユニークな展示で、水に住む生き物の世界を五感で体験できます。子どもから大人まで楽しめるイベントや、生き物の自然な姿を見ることができるパフォーマンスも開催しています。

池袋サンシャインシティ

水族館やプラネタリウム、展望台などが集結池袋サンシャインシティは池袋のランドマーク的存在として親しまれている複合商業施設です。水族館・展望台・プラネタリウム・ショッピングモールなど施設が充実しており、1日たっぷり遊べます。噴水のショーや展示会など、各種イベントも毎日開催。和食・イタリアン・中華料理・カフェなど飲食店もバラエティ豊富に揃っています。

ナンジャタウン

天候を気にせず遊べる屋内型テーマパークナンジャタウンはサンシャインシティにある屋内型テーマパークです。園内は3つのエリアに分かれており、西洋風、昭和レトロ、もののけの街というそれぞれ違った雰囲気になっています。13のアトラクションとナンジャ餃子スタジアム、福袋デザート横丁で遊んで食べて1日たっぷり楽しめます。アニメとコラボしたイベントなども随時開催中です。

東京芸術劇場

コンサートホールと3つの劇場で芸術を発信東京芸術劇場はコンサートホールと3つの劇場を中心に、展示ギャラリーやアトリエなどもある総合芸術文化施設です。東京の芸術発信地としてコンサート、演劇、ダンス、ミュージカルなど様々な公演が開催されています。大ホールには世界最大級の回転するパイプオルガンが設置されており、コンサートでその音色を聴くことができます。

池袋演芸場

マイク無し、生の声が楽しめる落語定席池袋演芸場は池袋西口の繁華街にある寄席で、都内に4軒ある落語定席のうちの一つです。92席のこぢんまりとした演芸場なのでどの席に座っても出演者の表情がはっきりと分かり、マイク無しの生の声を楽しむことができます。10日ごとに上席、中席、下席の昼夜で出演者や内容が違っており、落語の他に漫才や奇術など色物芸も多数行われています。

Esola池袋

高感度なショップが揃う駅直結の商業施設Esola池袋は池袋駅西口の目の前にあるショッピング施設です。ファッションや雑貨などライフスタイルを彩る高感度なショップが揃うので、ひと味違うオシャレを楽しみたい方におすすめです。地下1階は駅と直結しているので、雨の日でも濡れずにアクセスできます。ヘルシーな和食からがっつり系の中華まで飲食店もバラエティ豊かに揃っています。

古代オリエント博物館

古代オリエントの神秘に触れられる博物館古代オリエント博物館はサンシャインシティ内にある、日本初の古代オリエントに関する専門の博物館です。西アジアや中近東の考古資料や歴史資料、美術品の他、シリアでの発掘調査で出土した品々などを分かりやすく展示しています。年に2回ほど行われる特別展では、体験教室やギャラリートークなどのイベントも開催されています。

豊島区立 熊谷守一美術館

熊谷守一の作品だけを常設展示する美術館豊島区立 熊谷守一美術は熊谷守一の作品だけを常設展示している個人美術館です。第1展示室は油絵中心、第2展示室には墨絵や書、パステル画など初期から晩年までの様々な作品が展示されており、大胆なフォルムと色彩感覚で描かれた味わい深い作風を堪能できます。貸しギャラリーでは週替わりで様々な作家の個展が行われています。

法明寺

都会とは思えない落ち着いた雰囲気の古刹法明寺は創建から1200年もの歴史がある古刹です。池袋駅から徒歩圏内にあるとは思えないほど、静かで落ち着いた空間と豊かな自然が広がっています。参道は江戸時代から桜の名所として知られており、お花見スポットとしても人気。散策をしながら境外仏堂で安産・子育のご利益がある鬼子母神へお参りするのもおすすめです。

池袋グローブ

世代問わず食事や買い物が楽しめる商業施設池袋グローブはサンシャイン60通りに位置し、世代を問わずに楽しめる商業施設です。地上1階から6階はユニクロのメンズ・レディース・キッズの最旬&最新フルラインナップが揃うグローバル繁盛店になっています。地下1階にはオシャレな料理やドリンクが豊富な「笑笑」、リーズナブルな価格が魅力の「白木屋」の2店舗が入っています。

WACCA IKEBUKURO

食と生活をテーマに日常を豊かにするテナントが集結WACCA IKEBUKUROは「日々を楽しむヒントに気づく」をコンセプトに掲げる、食と生活をテーマとした商業施設です。レストランやカフェの他、様々なイベントを展開するキッチンスタジオもあります。3階はワンフロアが全て手芸専門店になっており、コスプレの街・池袋を盛りあげるべくコスプレ向けの衣装生地やカラーコンタクトなどの品揃えが豊富です。

根津神社

多くの文豪に愛された緑豊かな古社根津神社はヤマトタケルが創祀したとされる、緑豊かで厳かな雰囲気の神社です。鯉が泳ぐ池や赤い鳥居が立ち並ぶ風景がフォトジェニックな撮影スポットとしても知られています。日光東照宮の建築様式を継承しており、境内には7つもの国の指定重要文化財があります。春に咲く100種以上のつつじの花も見どころの一つです。

東京藝術大学大学美術館

日本美術の名品や卒業生の作品などを収蔵東京藝術大学大学美術館は最高峰の芸術大学・東京芸術大学の美術学部構内にある美術館です。収蔵品は国宝・重要文化財を含む日本美術の名品から歴代卒業生の作品まで約2万9000件に上り、日本有数の収蔵数を誇ります。常設展示はありませんが、藝大コレクション展などの企画展やギャラリートークで藝大の魅力を知ることができます。

弥生美術館

明治~昭和の美人画や挿絵を展示する美術館弥生美術館は弁護士である鹿野琢見氏が創設した私立美術館です。明治・大正・昭和の挿絵画家による作品や雑誌・漫画・付録などの出版美術をテーマとした企画展を年4回開催しており、大正ロマン、昭和モダンな世界観を楽しめます。3階は鹿野琢見氏が幼少時代に感銘を受けた高畠華宵の常設展示室で、テーマを変えながら常時約50点の作品が公開されています。

竹久夢二美術館

美人画をはじめとする夢二の作品を展示竹久夢二美術館は1990年に開館した、竹久夢二の研究および作品の所蔵・展示をする美術館です。夢二の代表作として有名な美人画をはじめとする書・油絵・スケッチなどの肉筆の他、木版画、書籍類、書簡、遺品など約3300点を収蔵。約200~250点の常設展示と年4回の企画展で、夢二の描く大正ロマンの世界感にひたることができます。

文京区立森鴎外記念館

森鴎外の生涯や作品を紹介する記念博物館文京区立森鴎外記念館は数々の名作を残した森鴎外の、旧居跡地に建つ記念博物館です。生誕150年を記念して、2012年に開館しました。鷗外の直筆資料や愛用品、写真、遺品などの収蔵・展示を行う他、講演会やコンサート、ワークショップなど多彩なイベントも開催されています。併設の喫茶室では、庭園を眺めながらゆっくりとお茶を楽しめます。

上野桜木あたり

古民家を再生したコミュニティスペース上野桜木あたりは1938年築の3軒の古民家をリノベーションした憩いのコミュニティスペースです。お店・レンタルスペース・住居が路地や庭でつながったユニークな作りになっており、ベーカリーやビアホール、ファッションなど個性豊かな店舗が入っています。散歩の途中にふらりと立ち寄るのにぴったりの、昭和レトロな空間が魅力です。

子規庵

子規が晩年を過ごした明治の文学発信の場子規庵は正岡子規が1894年から亡くなるまでの8年間を過ごし、病室兼書斎と句会歌会の場として明治の文学発信の場所となった旧居です。戦火により焼失しましたが1950年に再建され、1952年東京都史跡に指定されました。「座って、横になって、子規の目線になれる唯一の史跡」であり、生誕150年を記念して内部撮影も可能になりました。

HAGISO

木造アパートを改装した昭和レトロな複合施設HAGISOは築60年ほどの木造アパート「萩荘」をリノベーションした、昭和レトロな雰囲気漂う最小文化複合施設です。1階にあるカフェでは美味しいコーヒーと丁寧に作られたスイーツを提供しており、散策の休憩にぴったり。他にはギャラリーや雑貨店、谷中で暮らすように宿泊できるホテル「hanare」のレセプションが入っています。

SCAI THE BATHHOUSE

銭湯を改装したユニークなアートギャラリーSCAI THE BATHHOUSEは約200年の歴史を誇る銭湯「柏湯」の建物をリノベーションした、現代アートのギャラリースペースです。高い天井からやわらかな自然光が差し込むシンプルモダンな館内に、国内外の新進気鋭のアーティストの作品が展示されています。天候次第で作品の表情が変わるのも特徴的。レトロな銭湯の建物も魅力です。

Gallery KINGYO

旬のアートを楽しめるレンタルギャラリーGallery KINGYOは谷中エリアの下町にある、2階建てのゆったりとしたレンタルギャラリ−です。1階は50㎡、2階の小スペースは 21㎡の広さがあり、別々に借りることも可能。立体作品、絵画、彫刻、インスタレーション(展示空間を含めて作品とする手法)など、ジャンルにとらわれない旬のアートを楽しむことができる空間です。

台東区立下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店)

明治時代の酒屋で商売道具や看板を展示台東区立下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店) は、江戸時代から酒屋を営んでいた「吉田屋」の建物を移築・公開している展示場です。江戸中期から明治時代にかけての商家建築で用いられた出桁(だしげた)造や揚戸(あげと)などを見学できます。枡や棹秤など当時の商売道具も展示されており、見ごたえのある空間になっています。

サンリオピューロランド

サンリオキャラクターが揃う屋内テーマパークサンリオピューロランドはハローキティやマイメロディなど、人気のサンリオキャラクターに会えるコミュニケーションテーマパークです。本格的なキャラクターショーやかわいいアトラクションが揃っており、家族で楽しめる空間になっています。キュートなキャラクターグッズや人気キャラクターをモチーフにしたメニューを味わえるレストランもあります。

京王れーるランド

遊びながら楽しく学べる鉄道の博物館京王れーるランドは見て知って楽しく学べるのりもの博物館です。1階は実際に触って親子で遊びながら鉄道の仕組みを学べる体験フロアになっています。運転体験コーナーでは、実際に乗務員訓練で使われたシミュレーションソフトを用いて様々な運転環境を体験できます。2階は鉄道設備をイメージしたアスレチックなどがあり、子どもが安心して遊べるキッズフロアです。

巣鴨地蔵通り商店街

若者も楽しめる「おばあちゃんの原宿」巣鴨地蔵通り商店街は「おばあちゃんの原宿」として親しまれている巣鴨の中でも、特に人気の高い商店街です。「とげぬき地蔵尊」の名で知られる「高岩寺」のお参りがてら散策を楽しめます。元祖塩大福やお煎餅、芋菓子専門店のスイーツなどの食べ歩きグルメや恋愛成就のパワースポットなどがあり、若者にも人気のあるエリアです。

とげぬき地蔵尊 高岩寺

御影に祈願することで病気治癒のご利益ありとげぬき地蔵尊 高岩寺は痛みや病気を治すご利益があるとされるお寺です。江戸湯島が始まりで、1891年に巣鴨に移転してきました。本尊のお姿を元に作られた御影(おみかげ)を飲んだり、病気の場所に貼ったりすることで治ると言われています。また、良くしたい体の部分に水をかけて拭くとご利益があるとされる、洗い観音もあります。

巣鴨庚申堂(猿田彦大神)

祭礼日に木札などの有料頒布を行う神社巣鴨庚申堂(猿田彦大神)は江戸時代の民間信仰である「庚申様」をあがめるため、1657年に建立された石塚です。道案内の神として祀られており、江戸時代には中山道の休憩所としてもにぎわいを見せました。60日ごとの庚申の日には祭礼が行われ、境内で木札、紙札、懐中札を有料にて頒布しています。毎年春には大祭も行われます。

浅草神社

浅草寺に隣接し、家内安全のご利益がある神社浅草神社は浅草寺に隣接する、平安時代後期~鎌倉時代創建とされている由緒ある神社です。草創に関わった檜前(ひのくま)兄弟と土師中知(はじのなかとも)の3人を祀っていることから「三社様」の名で親しまれています。お正月や三社祭など年中行事の際には特別な御朱印が頒布されます。フォトコンテストや書初め教室なども開催されています。

浅草寺

風神・雷神の雷門で知られる都内最古の名刹浅草寺は都内最古の名刹で、国内外から毎年3000万人以上が観光に訪れる浅草のシンボルです。迫力満点の大提灯や風神・雷神像が目を引く雷門は浅草のランドマーク的存在で、写真スポットとしても人気。他にも境内や五重塔などたくさんの見どころがあります。参道の仲見世通りでは、どら焼きや雷おこし、人形焼きなどレトロなグルメの食べ歩きが楽しめます。

浅草演芸ホール

バラエティ豊かな演芸を楽しめる大衆演芸場浅草演芸ホールは落語協会落語芸術協会が交互に公演を行う、下町の大衆演芸場です。落語をはじめとして、漫才、マジック、曲芸、紙切り、ものまね、コントなどバラエティに富んだ内容になっており、1年365日無休で公演を行っています。好きなときに出入りができ(ただし入退場は演芸と演芸の間にするのがマナー)、公演中の飲食も可能です。

かっぱ橋道具街

多彩な食器や調理器具、お菓子の型が勢揃い大正の初めに古道具を商う人たちが店を出したことから始まった商店街です。全長約800mにわたり食器や調理器具、お菓子の型などの170を超える専門店が並び、プロからアマチュアまで使える便利なアイテムが揃っています。マニアックな食品サンプルはお土産にもおすすめです。休憩にぴったりの食事スポットやカフェも充実しています。

あみ清

美味しい料理と大人の時間を楽しめる屋形船あみ清は風情ある大人の時間を楽しめる、浅草で唯一の屋形船です。吾妻橋からお台場までの橋をめぐり、スカイツリーを見上げながら江戸情緒あふれるひと時を過ごせます。エビやイカ、穴子などの天ぷらは、揚げたてサクサクの美味しさを食べ放題で楽しめます。幻想的な夜景が美しい夜の乗船や、夏の花火大会、春のお花見はまた格別です。

今戸神社

縁結びにご利益のある、招き猫発祥の神社今戸神社は縁結び、恋愛成就、夫婦円満などにご利益があり、婚活神社としても人気のパワースポットです。招き猫発祥の地としても知られており、本殿の横にいる2体の石なで猫をなでると福を招いてくれると言われています。恋勝ちみくじや絵馬、御朱印にも猫のイラストが描かれているので、猫好きにもおすすめのスポットです。

浅草花やしき

20種類のアトラクションが揃う日本最古の遊園地浅草花やしきは1853年に開園した日本最古の遊園地です。日本現存最古のジェットコースター「ローラーコースター」をはじめとする20種類のアトラクションや縁日コーナーでたっぷり遊べます。夜にはライトアップされたロマンティックな雰囲気になるので、デートにもおすすめ。食材や道具の揃うBBQガーデンでは、手ぶらでバーベキューを楽しめます。

鷲神社

11月の酉の市と縁起物の熊手で有名な神社鷲神社は毎年11月に行われる酉の市で有名な神社です。当日は境内に屋台が所狭しと並び、商売繁盛のご利益がある縁起物の熊手を求める人々で賑わいます。参道入口にある大熊手は毎年デザインが変わり、干支などその年を象徴したものが必ず入っているのが特徴です。「ゴルフ守」や「なでおかめ守」などの珍しいお守りも人気です。

EKIMISE

モダンなビルに和を意識したショップが集結EKIMISEは約80年前のネオ・ルネサンス様式を再現したモダンな建物が特徴的な、浅草駅直結の商業施設です。下町らしい和を感じさせる飲食店やショップが揃っており、ディスプレイも和を意識した落ち着いた雰囲気になっています。東京スカイツリーを一望できる屋上広場「浅草ハレテラス」は、絶好のフォトスポットとして人気です。

浅草東洋館

バラエティ豊かな笑いを届けるいろもの寄席浅草東洋館は都内で唯一のいろもの寄席として、バラエティに富んだ笑いを提供する演芸場です。月3回の「東洋館スペシャル寄席」ではテレビなどでおなじみの豪華出演者が続々登場するので、初めての方にもおすすめです。館内は飲食自由で持ち込みもOK。アルコールは禁止されていますが、食べたり飲んだりしながら楽しめます。

台東区立浅草文化観光センター

夜景スポットとしても人気の観光案内所台東区立浅草文化観光センターは日・英・中・韓の4カ国語に対応可能な観光案内所です。木とガラスを組み合わせたデザイン性の高い、ユニークな外観が特徴的。8階の展望テラスからは東京スカイツリーや仲見世通り、隅田川を広く見渡すことができます。仲見世通りの夜景を楽しめる貴重なスポットとしても人気です。同じく8階にあるカフェからも夜景を見られます。

木馬亭

漫才やコントの他、珍しい浪曲定席も楽しめる木馬亭は漫才やコントの他、今では珍しい浪曲の定席公演が行われている、浅草六区ブロードウェイの劇場です。浪曲の間に1本だけ講談が入るのが特徴で、浪曲も講談も1席30分ほどの持ち時間があるのでたっぷり聴くことができます。25歳以下は入場料半額なので若い人にもおすすめです。民謡な音楽ライブなどのイベントが行われることもあります。

伝法院通り

江戸を再現した商店街は夜の散策もおすすめ仲見世通りと直角に交わる伝法院通りは、江戸の街を再現した約200mの商店街です。閉店後に降ろされるシャッターには色鮮やかな絵が描かれており、夜の散策も楽しめます。江戸切子やビードロなど職人技が光る工芸品のお店も多いので、お土産選びにもぴったりです。抹茶スイーツが味わえる甘味処や関西風のうどんのお店など、食事や休憩に最適な飲食店もあります。

元祖食品サンプル屋合羽橋店

リアルな食品サンプル作りを体験できるお店元祖食品サンプル屋合羽橋店は食品サンプル制作を気軽に体験することができるお店です。エビ・ナス・カボチャ・シイタケなどから選べる天ぷら2品とみずみずしいレタス1個を作ることができます。海外からも注目される日本独自の食品サンプルは想像以上にリアルな質感で感動すること間違いなし。レギュラー化していない商品のテスト販売も行っています。

東京おもちゃ美術館

世界各国のおもちゃに触れて遊べる美術館東京おもちゃ美術館は日本や世界各国のおもちゃを展示しているミュージアムです。見るだけではなく、触れて実際に遊んだり、おもちゃを作ったりして楽しめます。建物は昭和10年に建てられた旧四谷第四小学校の校舎を利用しているという点も特徴です。併設のミュージアムショップでは、館内で人気のおもちゃを買うこともできます。

明治神宮外苑聖徳記念絵画館

壁画で明治天皇の遺徳を伝える美術館明治神宮外苑聖徳記念絵画館は神宮外苑銀杏並木の正面にあり、明治の歴史を今に伝える美術館です。明治天皇の遺徳を年代順に、前半は日本画40枚、後半は洋画40枚の壁画が展示されており、国の重要文化財に指定されています。1926年竣工の重厚な石造りの建物は、夜にはライトアップされ昼とはまた違った雰囲気を楽しめます。

明治神宮外苑

四季折々の自然が美しい洋風庭園明治神宮外苑は1926年に明治神宮の外苑として創建された洋風庭園です。神宮球場をはじめとする各種スポーツ施設や絵画館、結婚式場、ホテルなど様々施設があります。四季折々の自然も魅力で、特にイチョウ並木が有名です。黄葉の時期に開催される「いちょう祭り」は秋の風物詩として定着しており、毎年多くの人で賑わいます。

新国立競技場(オリンピックスタジアム)

周囲の豊かな自然と調和する杜のスタジアム新国立競技場(オリンピックスタジアム)は新宿区と渋谷区の間に立地する、6万8千人収容可能な大規模スタジアムです。隣接する明治神宮外苑の緑豊かな景観を邪魔しない高さと、国産木材をふんだんに使っているという点が特徴です。最上階には自由に散策できる回廊スペースが設置されており、四季折々の自然と都市景観を楽しむことができます。

東京体育館

国際大会から一般利用まで幅広く使われる体育館東京体育館は1954年に旧徳川邸の跡地に建設され、スポーツの全国大会や国際大会、コンサートや大規模イベントなど幅広く利用されている体育館です。1万人収容可能なメインアリーナをはじめとして、サブアリーナ、フットサルコート、トレーニングルームなど様々な施設が揃っています。憩いの場として利用できるレストランやカフェも併設されています。

赤坂氷川神社

恋愛から仕事まで、良縁にご利益のある古社赤坂氷川神社は951年に創建された、1000年以上の歴史を誇る古社です。古くから縁結びのご利益があると言われており、月1回行われる良縁祈願祭では恋愛や結婚だけでなく、仕事や人間関係など様々な良縁を祈願できます。境内には勝海舟が名付けた四合(しあわせ)稲荷神社をはじめとして、11もの稲荷神社があります。

青梅鉄道公園

室物車両やパノラマを展示する鉄道の公園青梅鉄道公園は鉄道開業90周年を記念して1962年に旧:国鉄が開設した公園です。園内には有名な蒸気機関車・D51形蒸気機関車(デゴイチ)をはじめとして、11両の実物車両が展示されています。模型鉄道パノラマや資料を展示している記念館もあります。ミニSLなどの乗り物や遊具もあるので、電車や乗り物が好きな子供におすすめです。

吉川英治記念館

当時の面影を残す、吉川英治旧宅隣の記念館吉川英治記念館は「宮本武蔵」「新・平家物語」の著者として知られる吉川英治の、旧宅に隣接する記念館です。当時そのままの姿を残す書斎や散策できる庭園、約300点の原稿や書簡などたくさんの見どころがあります。グッズ売り場にはブックカバーや一筆箋など、プレゼントにもぴったりのセンスの良いグッズが揃っています。

青梅市立美術館

近代以降の日本画や西多摩ゆかりの工芸品を収蔵青梅市立美術館は近代以降の日本画・洋画・戦後の版画、地元ゆかりの工芸品など2200点以上を収蔵する美術館です。展覧会はテーマ別に作品を紹介する企画展、他館の作品を展示する特別展、他機関との共催展があり、合わせて年間5本程度開催されています。多摩地区ゆかりの作家、洋画家の小島善太郎と陶芸家の藤本能道の作品は常設展示を行っています。

根津美術館

日本・東洋の古美術を見られる展覧会が人気根津美術館は実業家・初代根津嘉一郎が収集したコレクションを元に1941年に開館した美術館です。国宝7件、重要文化財87件を含む日本・東洋の古美術コレクション約7400件を収蔵しており、年7回の展覧会で楽しむことができます。併設する「NEZUCAFÉ」では、美しい庭園を眺めながらくつろぎの時間を過ごせます。

ブルーノート東京

迫力あるライブが楽しめる老舗ジャズクラブブルーノート東京はN.Y.に本店のある老舗ジャズライブ・クラブです。ジャズをメインに様々なジャンルのトップ・アーティストのプレイからレアなジャムセッションまで、連日連夜迫力満点のライブが繰り広げられています。ライブを見ながら、旬の食材を活かした極上のフレンチも楽しめます。記念日や特別な日のおもてなしにもおすすめです。

岡本太郎記念館

岡本太郎のアトリエ兼住居で名作を鑑賞岡本太郎記念館は「芸術は爆発だ!」の名言や「太陽の塔」などの作品で知られる岡本太郎のアトリエ兼住居を公開している美術館です。パワフルな絵画やオブジェなどの作品は写真撮影OK。庭に並べられたいくつものオブジェは、実際に見て触って遊ぶことができます。キャンバスや筆、刷毛などが当時のまま残されたアトリエも必見です。

青山霊園

著名人も眠る公営墓地は桜のトンネルも人気青山霊園は日本初の公営墓地であり、緑豊かな癒しの空間となっている霊園です。志賀直哉や大久保利通など多くの著名人が眠る他、外人墓地もあり歴史の勉強や散策に訪れる人も多いです。霊園内を南北に走る道は桜並木になっており、春には桜のトンネルを眺めながら散策が楽しめます。園内のいたるところに桜があるのでお花見スポットとしても人気です。

神宮外苑銀杏並木

ドラマにも登場する有名なイチョウ並木神宮外苑銀杏並木は青山通りから明治神宮外苑まで約150本のイチョウが植えられている並木道です。黄金色に輝く秋のトンネルは都内でも有名な紅葉スポットの1つに数えられており、都会的でおしゃれな風景が映画やドラマに使われることもあります。毎年秋には明治神宮外苑いちょうまつりが開催され、多くの観光客で賑わいます。

永谷お江戸日本橋亭

古き良き江戸情緒の雰囲気を残す演芸ホール永谷お江戸日本橋亭は古き良き江戸情緒が漂う演芸ホールです。イス席と畳席を備えた館内はシンプルで庶民的な雰囲気となっており、毎月数回行われる落語芸術協会の定期寄席の他、講談や浪曲、義太夫などの伝統芸能を幅広く楽しめます。貸しホールとしての事業も行っており、伝統芸能の公演や稽古、リハーサルなどに利用されています。

柳森神社

玉の輿や立身出世、安産にご利益のある神社柳森神社は太田道灌公が江戸城の鬼門除けにたくさんの柳を植え、京都の伏見稲荷を勧請し創建した神社です。境内の福寿神祠はたぬきを祀っており、他を抜いて(たぬき)の語呂から勝負事や玉の輿、立身出世にご利益がある「おたぬきさま」として親しまれています。さらにご本尊が懐妊の狸像であることから、安産のご利益もあります。

テラススクエア

JRなど5駅8路線から歩いて行ける商業施設テラススクエアは東京メトロやJRなど5駅8路線が徒歩圏内にある便利な立地の複合商業施設です。リーズナブルなクラフトビールのお店や本格タイ料理店、ゆったりした雰囲気の九州・沖縄料理店など、個性的な飲食店が入っています。3階にある「TKPガーデンシティPREMIUM神保町」では様々なイベントも開催されています。

東京アクアティクスセンター

日本水泳の中心となる世界最高水準の水泳場東京アクアティクスセンターは辰巳の森海浜公園にある、世界最高水準を掲げた大規模な水泳場です。約15,000人収容可能で、メインプール、サブプール、飛込用のプールを備えています。東京オリンピック、パラリンピックの会場として使用された後は、収容能力を減築して日本選手権やジュニアオリンピックなどの会場として使われる予定となっています。

東京辰巳国際水泳場

国際的な水泳競技大会を行うスイマーの聖地東京辰巳国際水泳場は辰巳臨海公園の北東側に位置し、「スイマーの聖地」とも呼ばれる屋内水泳施設です。水泳の中心的・象徴的施設として設置され2020東京オリンピックでは水球の会場として使用される予定ですが、国際的な水泳競技大会の期間以外は一般に開放されています。スイミングスクールやダンススクールも行われています。

夢の島熱帯植物館

熱帯植物を鑑賞できる都会のオアシス夢の島熱帯植物館はエキゾチックな熱帯の植物を鑑賞できる植物園です。温室は3つのガラスドームで構成される広々とした空間になっており、滝や池、清流などの水の流れがあちこちに演出されていて見飽きません。休憩にぴったりのホールでは、イベントやコンサートが行われることも。映像ホール、食虫植物専用の小さな温室や屋上庭園もあり、見ごたえがあります。

夢の島公園アーチェリー場

芝生広場を有する都内最大のアーチェリー場夢の島公園アーチェリー場は夢の島公園内にある都内最大のアーチェリー場です。約5,600人収容可能、約18,000平方メートルの広い芝生広場には最大40個以上の的を設置できます。東京2020オリンピック・パラリンピックの後はアーチェリーの大会をはじめとして、芝生広場を市民の憩いの場として開放する予定です。

鳥類園ウォッチングセンター

四季折々の野鳥が訪れるバードサンクチュアリ鳥類園ウォッチングセンターは都会にいながら野鳥観察を楽しむことができるバードサンクチュアリです。淡水池・汽水池に林や草地を配置することで豊かな自然環境を再現しており、四季折々の野鳥を見ることができます。ウォッチングセンターでは無料の望遠鏡で野鳥観察ができる他、たくさんの資料や映像で野鳥について学べます。

新宿御苑

庭園や温室など見どころ豊富な国営公園新宿御苑は明治39年、信州高遠藩主内藤家の屋敷の跡地に皇室の庭園として誕生し、戦後に国民公園となりました。新宿駅から徒歩10分、都会のど真ん中にありながら整形式庭園のプラタナス並木や日本庭園など、四季折々の豊かな自然を満喫できるスポットです。旧洋館御休所や旧御凉亭などの歴史的建造物も多く残されています。

新国立劇場

本格的なオペラ・バレエを上演できる劇場新国立劇場はオペラパレス、中劇場、小劇場を有する、日本で唯一の現代舞台芸術のための国立劇場です。オペラパレスと中劇場は4面舞台になっており、幕間に一瞬で場面の転換をすることが可能。木材をふんだんに使った落ち着いた内装や都会的でクリアな音響も特徴です。オペラ、バレエ、ダンス、演劇など様々な公演が行われています。

東京都庁舎展望室

夜景も楽しめる地上202mの無料展望室東京都庁舎展望室は都庁の45階にあり、無料で開放されている展望室です。南北のツインタワーそれぞれに展望室があり、地上202からの眺望を楽しめます。東京の街並みや東京湾の他、冬の天気が良い日には西の方角に富士山を望むこともできます。南展望室にはカフェがあるので、お茶をしながら夜景を眺めるのもおすすめです。

新宿中央公園

ビル群の谷間にある憩いの公園新宿中央公園は超高層ビル群の谷間にあり、新宿区立の公園の中では最も広い都会のオアシスです。姉妹都市である長野県伊那市のコヒガン桜をはじめとして、園内では四季折々の自然が織りなす風景を楽しめます。ちびっこ広場は子ども専用の時間帯があるので、小さなお子さん連れの家族にもおすすめです。夏にはじゃぶじゃぶ池で水遊びもできます。

東京オペラシティ

オペラ劇場やホール、ギャラリーなどが集結東京オペラシティはオペラ劇場を有する新国立劇場やアートギャラリーなどがある複合施設です。礼拝堂をイメージした小ホールやクラシック専用のコンサートホール、シューボックスタイプのリサイタルホールなど、個性的なホールが揃っています。最上階に当たる53階・54階には和洋中様々なレストランやカフェがあり、新宿の夜景を眺めながら食事が楽しめます。

穴八幡宮

金銀融通のご利益がある一陽来復御守が人気穴八幡宮は1062年に鎮座し、江戸の頃からパワースポットとして信仰を集めているです。蟲封じや商売繁盛、開運にご利益があるとされ、特に冬至から節分までの期間限定で頒布される「一陽来復御守」は金銀融通のご利益で人気が高く、毎年多くの人で賑わいます。撫でると願い事が叶う布袋様や10月に開催される高田馬場流鏑馬も有名です。

東京オペラシティ コンサートホール

メローな音色が魅力のクラシック専用ホール東京オペラシティ コンサートホールはクラシック音楽専用のコンサートホールです。音響的に最も良いとされるシューボックス型で、内装には音の共鳴に優れた天然木を使用。引き締まった低音とメローで艶のある音を楽しめます。スイスの著名なオルガン製造会社・クーン社のパイプオルガンを備えており、ソロやオーケストラとの共演でその音色を聴くことができます。

新宿末広亭

江戸落語をはじめ芸能を幅広く楽しめる定席新宿末広亭は昔ながらの寄席の雰囲気を残す木造の定席です。明治から続く江戸落語をはじめとして、漫才や奇術、紙切りなど日本の芸能を幅広く見ることができます。通常の興行では昼の部と夜の部の入れ替えが無いので、最大で9時間ほどたっぷりと楽しめるのも魅力。通りに面してずらりと並ぶ、手書きの寄席看板が目印です。

東京オペラシティ アートギャラリー

現代美術中心のユニークな企画展を開催東京オペラシティ アートギャラリーは抽象画家の難波田龍起・史男親子の作品をはじめ、戦後の国内作品を中心に約3000点を収蔵する美術館です。年に約4回開催されている企画展では、現代美術をメインに建築やファッションなど幅広いテーマを掲げています。国内で注目の若手作家を紹介する展覧会シリーズ「project N」も同時に開催しています。

新宿サザンテラス

ショッピングを楽しめる緑豊かな遊歩道新宿サザンテラスは新宿駅南口から代々木方面に向かって細長く広がる緑豊かな遊歩道です。道沿いにはカフェやベーカリー、点心のお店など手軽なグルメスポットや雑貨ショップが点在しており、散策やショッピングを楽しめます。連結するサザンタワーには雰囲気の良いレストランもあるので、ディナーやデートにもおすすめです。

NEWoMan 新宿

上質を求める大人の女性向けの商業施設NEWoMan 新宿はJR新宿駅新南エリアの改札内・外に注目の人気店が集まる商業施設です。約8割のショップが新宿初出店で、ファッション、ライフスタイル、ビューティ、グルメ、カルチャーに至るまで、上質なライフバリューを提供しています。駅ナカのフードホールは早朝より営業しているので、朝食スポットとしてもおすすめです。

小田急サザンタワー

多彩なジャンルの飲食店とホテルが集結小田急サザンタワーは新宿サザンテラスのシンボルタワーで、和食やイタリアンなど多彩な飲食店が集結する36階建ての超高層ビルです。毎年クリスマスからバレンタインデーにかけてイルミネーションが行われ、冬の新宿の街を華やかに彩ります。19階以上はビジネスから観光まで幅広く利用できる小田急ホテルセンチュリーサザンタワーになっています。

ほぼ新宿のれん街

内装や料理にこだわるレトロな飲食店街ほぼ新宿のれん街は古民家をリノベーションした7軒のお店が並ぶ飲食街です。古民家のレトロな風情を残した7軒の店舗はいずれも内装や料理にこだわっており、牛タン、貝焼き、イタリアン、エスニックなどバラエティ豊富。気軽にはしご酒を楽しめる雰囲気と価格帯が魅力です。ギター片手の歌うたいやマジシャンなど、「流し」が訪れることもあります。

新宿 Flags(フラッグス)

人気ブランドが集まるファッションビル新宿 Flags(フラッグス)は新宿駅南口から直結の、壁面に設置されているフラッグスビジョンが目を引くファッションビルです。20~30代の男女に人気があるブランドの旗艦店が集結しており、ファッション、スポーツ、音楽などライフスタイルをトータルで提案してくれます。1階にあるGap cafeはショッピング中の休憩にぴったりです。

新宿東宝ビル

シネコンやホテル、多彩な飲食店が集結新宿東宝ビルは新宿コマ劇場・新宿東宝会館の跡地に誕生した複合施設で 新宿の新しいランドマークです。30階建てのビルには約2300席を有する都内最大級のシネコンをはじめとしてホテルやアミューズメントなど様々な施設が入っています。女子必見のタピオカ・クレープ専門店から本格イタリアンまで、飲食店も豊富です。

飯田橋ラムラ

多彩な店が集まる総合ショッピングセンター飯田橋ラムラは飯田橋駅の目の前にある総合ショッピングセンターです。ファッション、生活雑貨、書店、100円ショップなど多彩な店舗が入っており、飲食店も寿司やそば、タイ料理、カフェなどバラエティ豊富に揃います。1階から2階への吹き抜け部分の 正面から向かって左は千代田区、右側は新宿という区境にある大きなステンドグラスも必見です。

SAMURAI MUSEUM

侍体験や殺陣(たて)の見学ができるミュージアムSAMURAI MUSEUMは本格的な鎧、兜、刀など、侍にまつわる貴重な品を展示するミュージアムです。パフォーマーたちによる殺陣ショーや鎧兜などを着ての写真撮影、手裏剣投げや吹き矢の体験など、子どもから大人まで楽しめます。ミュージアムショップには刀や兜などの本格的なアイテムから気軽に使えるTシャツまで、様々な商品が揃っています。

新宿コパボウル

フードが充実している老舗ボウリング場新宿コパボウルは新宿歌舞伎町シネシティ広場前にある老舗ボウリング場です。新宿で唯一のボウリング場で2フロアに31レーンを備えています。ブラックライトによるクラブのような演出が楽しめるファンタジックボウルもおすすめ。フードやドリンクも充実しているので、ビールやワインを飲みながらボウリングを楽しむこともできます。

江戸川公園

夜桜見物も楽しめる、神田川沿いの桜の名所江戸川公園は神田川に沿って東西に細長く広がる公園です。川沿いに桜並木が連なる桜の名所として知られており、シーズン中はお花見客でにぎわいます。園内には提灯が吊るされ、町内会による桜のイベントも行われるので夜桜見物も楽しめます。子ども向けの遊具もいくつかあり、中でも公園の斜面を利用した二本の長い滑り台は有名です。

JR新宿ミライナタワー

オフィスや商業施設が入る大型複合ビルJR新宿ミライナタワーは新宿駅改札直結の超高層オフィスタワーです。1~4階は商業フロアになっており、グルメ、ファッション、ビューティーなど様々なジャンルが揃う商業施設「ニュウマン(NEWoMan)」が入っています。他にもクリニック、多目的ホール、保育園なども併設しています。芝生のある屋外広場は子どもの遊び場としてもおすすめです。

ルミネ the よしもと

吉本芸人のお笑いライブが楽しめる劇場ルミネ the よしもとは商業ビル「LUMINE2」の7階にあるお笑い専門の劇場です。漫才、コント、新喜劇など吉本興業所属の芸人による様々なジャンルのライブが楽しめます。テレビでもおなじみの芸人も多数出演しているので、お笑い初心者にもおすすめ。劇場前には芸人のグッズを扱う「よしもとテレビ通り」というお店があります。

新宿ピカデリー

スタイリッシュな内装の大型シネコン新宿ピカデリーは靖国通り沿いにある地上12階建ての大型シネマコンプレックスです。2237席、10のスクリーンを設けており、スクリーン1には高級ソファーでくつろげるプラチナルームやゆったり足をのばせるプラチナシートも用意されています。白を基調としたスタイリッシュな内装に、かわいいロゴやデザインが散りばめられているオシャレな空間です。

新宿バルト9

最新の音響設備や美しいロビー、夜景も魅力新宿バルト9は真っ白な美しい外観が目を引く、新宿マルイアネックスの上層階に位置する大型シネマコンプレックスです。9階から13階までを繋ぐエスカレーターはガラス張りになっており夜景が楽しめます。美しくて天井が高く、開放感のあるロビーや最新の音響設備が整うスクリーン、 話題の映画作品とのコラボを定期的に行っているカフェも魅力です。

上野動物園

パンダのリーリーとシンシンが人気の動物園上野動物園は1882年に開園した日本初の動物園です。人気のジャイアントパンダをはじめとして、アジアゾウやハシビロコウなど約350種2500点の個性豊かな動物たちを飼育展示しています。動物たちが生き生きと元気に動き回る姿を見たいのであれば、開園直後に入園するのがベスト。お昼ご飯には園内で販売されている「竹皮パンダ弁当」がおすすめです。

国立科学博物館

日本列島の歴史から最新科学技術まで学べる博物館国立科学博物館は1877年に開館し、140年の歴史がある博物館です。日本列島の生い立ち、地球の自然や生物、宇宙、科学技術など日本最大級の展示数を誇り、日本の歴史から最新技術まで幅広く学ぶことができます。常設展示の他、360°の音と映像に包まれる全球型映像施設や自然観察会、化学の実験など体験型の展示や各種イベントも楽しめます。

東京国立博物館

日本一の国宝・重要文化財所蔵数を誇る博物館東京国立博物館は日本と東洋の文化財(美術品、考古遺物など)を中心に11万点以上を所蔵する日本最古の博物館です。国宝・重要文化財は日本一の所有数を誇ります。東京国立博物館 本館、平成館、法隆寺宝物館、東洋館、表慶館、黒田記念館の6館で構成されており、常設展示の他にデジタルコンテンツを使った体験型展示や各種イベントも楽しめます。

東京都美術館

特別展で国内外の名画を鑑賞できる美術館東京都美術館は1926年に開館した日本初の公立美術館です。国内外の名画を鑑賞できる年4回の特別展や自主企画展、美術団体による公募展を開催しています。建物そのものを楽しむツアーやお絵描きボードの貸し出し、子ども専用のキッズデー、障害のある方のための特別鑑賞会など、様々なイベントやプログラムも行われています。

国立西洋美術館

「無限成長美術館」を取り入れた本館も必見国立西洋美術館は印象派の絵画やロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクションを中心に展示している美術館です。本館はル・コルビュジエ発案の、展示室を中心とした渦巻き型の動線が特徴の「無限成長美術館」を取り入れた建築様式が特徴です。ショップやカフェは無料で入れます。2022年春まで休館予定ですので、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

湯島天満宮(湯島天神)

学問の神様を祀る、梅の名所として有名な神社湯島天満宮(湯島天神)は学問の神である菅原道真公を祀っていることから学業成就や合格祈願のご利益があるとされる神社です。梅の名所としても知られており、梅まつりなどの季節行事も行われています。本殿と拝殿を幣殿(へいでん)でつないだ権現造りが特徴で、東京都指定有形文化財に指定されています。泉鏡花の小説「婦系図」の舞台となったことでも有名です。

上野の森美術館

画壇への登竜門として人気のVOCA展を開催上野の森美術館は1972年に開館した、上野恩賜公園にある私立美術館です。常設展示はありませんが、現代美術から書道まで様々なジャンルの美術を紹介しています。若手作家を発掘する「現代美術展(VOCA展)」をはじめとする公募展の他、独創的な企画展を定期的に開催。別館3階には初心者から熟練者までを幅広く対象とする絵画実技教室を設けています。

東京文化会館

オペラやバレエにも利用される音楽ホール東京文化会館は開都500年記念として建設され、1961年にオープンした音楽ホールです。大ホールと小ホールを設けており、クラシックコンサート、オペラ、バレエなどの公演や新人音楽家育成のためのコンクールが行われています。親子で楽しめるワークショップや参加型のコンサートもあります。公演によっては託児サービスの利用も可能です。

鈴本演芸場

多彩な芸を楽しめる現存最古の落語定席鈴本演芸場は1857年に誕生した、現存する寄席のなかでは最古の歴史を誇る落語定席です。落語を中心に漫才、曲芸、俗曲、ものまね、紙切りなど、様々な芸を楽しめます。飲食自由なのでお弁当やお菓子を食べながら、ビールを飲みながら落語を聴くことができます。売店では老舗寿司屋「志の多寿司」の稲荷ずしを販売しています。

上野の森さくらテラス

多彩な飲食店が揃うモダンな大型ビル上野の森さくらテラスは上野駅前で半世紀以上に渡り親しまれてきた上野松竹デパートの跡地に誕生した、全面ガラス張りのモダンな大型飲食店ビルです。イタリアン、和食、洋食、カフェ、ベーカリーなど多彩なお店が揃っており、食事や休憩、待ち合わせ、公園に行く前のお弁当の購入など様々なシーンで利用できます。4階の屋上デッキは上野公園と直結しています。

御徒町吉池本店ビル

個性豊かな飲食店が集結したランドマーク御徒町吉池本店ビルは老舗デパート「吉池」がリニューアルし誕生したJR御徒町駅前の新しいランドマークです。鉄道模型を眺めながら食事ができるお店や鮮魚で有名な「食料品吉池」が手掛ける食堂、韓国料理をリーズナブルに楽しめるお店など、個性豊かな飲食店が集結。ショップは大正9年創業のスーパー・吉池、ユニクロ、GU、ユザワヤが入っています。

上野東照宮

金色の社殿が美しい、徳川家康を祀る神社上野東照宮は上野恩賜公園内にあり、徳川家康を祀っている神社です。三代将軍家光が1651年に大改築を行い現存する社殿となりました。社殿や唐門、透塀などは重要文化財に指定されています。境内には狸の神様を祀る栄誉権現社もあり、たぬき=他を抜くということで受験合格などのご利益があると言われています。ぼたんも有名で、冬と春にはぼたん祭が行われます。

エキュート上野

様々な店舗が集結する便利な駅ナカ施設エキュート上野はJR上野駅構内の3階にあるエキナカ施設です。カフェ&レストラン、スイーツ、ファッション、書店、コンビニなど様々な施設が集結しています。一部の店舗は早朝から営業しているので、朝食を購入する際にも便利です。オリジナルのパンダのキャラクター「うえきゅん」モチーフのグッズやスイーツはお土産やギフトにもおすすめです。

旧岩崎邸庭園

優美な建物と庭園は散策にぴったり旧岩崎邸庭園は三菱の3代目社長である岩崎久彌の本邸として1896年に建てられた邸宅です。洋館とビリヤード場は日本の近代建築の父と呼ばれたジョサイア・コンドルが設計したもので、随所に施された装飾の繊細なデザインは見ごたえがあります。当時の華やかな世界を想像させる園内の建物と庭園は国の重要文化財に指定されています。

アトレ上野

改札からすぐの便利な立地に多彩な店舗が集結アトレ上野はJR上野駅中央改札を出てすぐの場所にあり、地下鉄やアメ横へのアクセスにも便利な立地のショッピングセンターです。EAST(レトロ館)とWEST(七番街)に分かれており、ファッション、雑貨、レストラン、カフェ、ベーカリー、ドラッグストアなど多彩な店舗が揃っています。パンダモチーフのスイーツも購入できます。

横山大観記念館

横山大観の旧邸宅に近代日本画を展示横山大観記念館は不忍池のほとりに位置する記念館です。近代日本画の巨匠である横山大観1909年から生活した邸宅を1954年に再建し公開しており、国の史跡及び名勝にも指定されています。大観の作品を中心に近代日本画を約300点、大観が愛した工芸や古書画など約900点を所蔵。床の間の掛け軸や大観作品の画題にもなった美しい日本庭園も必見です。

UENO3153

上野公園と屋上で繋がる商業施設に飲食店が集結UENO3153は西郷会館の跡地にオープンした全面ガラス張りの商業施設です。ビルの屋上が上野公園につながっており、屋上の出入り口前には上野公園の西郷さんの銅像が立っています。焼き肉や中華料理などがっつり系から気軽に利用できるフードコートまで、様々な飲食店が集結しています。可愛いパンダフードもおすすめです。

台東区立下町風俗資料館

東京下町の伝統や文化を体感できる資料館台東区立下町風俗資料館は上野公園内にある博物館です。主に江戸時代~昭和時代中期の東京下町の伝統や文化に関する資料を展示しています。1階では駄菓子屋や商家、井戸など大正時代の街並みを実物大で再現。2階にはレトロなおもちゃで遊ぶことができる玩具コーナーがある他、実際に使われていた銭湯の番台や大正時代の花やしき案内図などが展示されています。

旧寛永寺五重塔

上野動物園内にある重要文化財の五重塔旧寛永寺五重塔は上野動物園内にあり、三観五重塔と五重銅瓦葺からなる和風構造の建造物です。もともとは1631年に上野東照宮の一部として建てられ、1639年に焼失。その年に再建された現在の塔は重要文化財に指定されています。かつて塔の初層に安置されていた釈迦如来・薬師如来・弥勒菩薩・阿弥陀如来は、現在は東京国立博物館に寄託されています。

渋谷ヒカリエ

最新の流行が集まる渋谷のランドマーク渋谷ヒカリエは2012年にオープンした高層複合施設で、渋谷の新しいランドマークです。渋谷駅と地下で直結しているので、雨の日も濡れずにアクセスできます。ファッション、ライフスタイル、ビューティなど多彩なジャンルのショップやカフェ&レストラン、ミュージカル劇場である東急シアターオーブなど、幅広い年齢層が楽しめる施設が集結しています。

渋谷ストリーム

グルメやワーカー向け施設が揃う商業施設渋谷ストリームは低層階はカフェとレストラン、高層階はホテルやオフィスなどで構成される渋谷駅直結の高層ビルです。2つの広場と川沿いの遊歩道からなるグランドフロアは散策や休憩スポットとしてもおすすめ。コワーキングスペースや自転車通勤を応援するサイクルカフェ、気軽に運動できる広場空間などワーカー向けの施設も充実しています。

渋谷マークシティ

多彩な店舗が揃う渋谷駅近くのランドマーク渋谷マークシティは「オトナ発信地」をコンセプトとする、京王井の頭線・渋谷駅直結の商業施設です。ファッションや雑貨、レストランなど約130の個性豊かな店舗が揃っており、大人女子のライフスタイルを総合的にサポートしてくれます。高層階には渋谷エクセルホテル東急、高速バスと空港連絡バスが発着するバスターミナル、オフィスフロアも併設しています。

ヒューマントラストシネマ渋谷

極上のサウンドが楽しめるミニシアターヒューマントラストシネマ渋谷はココチビルの7・8階に位置するミニシアターです。話題作からミニシアター系まで多彩なラインナップの映画を、ゆったりとした座席で楽しめます。アメリカMeyer社製のスピーカーによるシアター1の極上サウンドも魅力。舞台挨拶やトークショーなどのイベントや売店のオリジナルフードも充実しています。

東郷神社

夫婦和合や勝運のご利益がある神社東郷神社は勝利と至誠の神様として敬われる東郷平八郎命を祀っており、勝運のパワースポットとして有名な神社です。東郷元帥夫婦は仲が良く、ともに長寿を全うされた事から夫婦和合や長寿のご利益もあると言われています。サンリオキャラクターデザインの可愛いお守りやBEAMSコラボのお守り、キティちゃんの御朱印帳も人気です。

ディズニーストア渋谷公園通り店

ディズニーの世界でショッピングを楽しむディズニーストア渋谷公園通り店は約2000種類ものディズニーキャラクターグッズが揃うオフィシャルショップです。お城のような外観とディズニーの世界観をぎゅっと凝縮したような店内のスポットの数々は、ディズニー好きにはたまりません。期間限定で一つの作品に特化したイベントが行われていることもあるので、狙って行くのもおすすめです。

渋谷区立松濤美術館

多彩な企画展とこだわりの建築意匠が魅力渋谷区立松濤美術館は多彩なジャンルの企画展をはじめとして、渋谷区に関連する公募展や小中学生絵画展などを開催している美術館です。建築家・白井晟一が設計した建物は建築意匠にもこだわっており、学芸員のがいどによる館内建築ツアーでその魅力を知ることができます。ワークショップや音楽会などのイベント、美術教室も行われています。

東急ハンズ 渋谷店

多ジャンルのアイテムが揃うホームセンター東急ハンズ 渋谷店は文房具やキッチン用品、コスメ、DIY用品まで多彩なアイテムが揃う1978年オープンのホームセンターです。ジャンルごとに細かく分かれたフロア構成になっており見ごたえがあります。専門知識を持つスタッフにアドバイスが分からないことがあった場合も安心です。実演販売やオリジナルオーダー、木材のカットなどサービスも充実しています。

太田記念美術館

イベントも開催される浮世絵専門の美術館太田記念美術館は浮世絵専門の美術館です。葛飾北斎や歌川広重、歌川国芳など有名な絵師の代表作をはじめ、約14000点もの浮世絵を所蔵しています。常設展示はありませんが毎月開催されるテーマに応じた企画展では80点~100点程度の浮世絵を展示。江戸文化講座や子ども向けの浮世絵講座などのイベントも定期的に開催されています。

渋谷肉横丁

様々な肉料理を堪能できる新感覚横丁渋谷肉横丁は渋谷センター街のちとせ会館にある、日本最大級の肉のテーマパークです。2フロアに28の肉料理専門店が入っており、牛、豚、鶏、馬など様々な種類の肉を食べることができます。ハンバーグや焼き鳥、焼き肉などの定番肉料理からタイ料理、本場のメキシカンまでメニューも多彩。リーズナブルなお店もあり、肉料理のはしごが楽しめます。

渋谷モディ

洗練されたショップと充実のサービスが集結渋谷モディは洗練されたファッションや雑貨のショップが揃うショッピングモールです。スマホの修理工房や美容室、ワーキングスペースなどのサービス施設も充実。上層階はレストランフロアとカラオケもあります。5階6階フロアのHMV&BOOKSにはイベントスペースがあり、ミニライブや特典会などのイベントが定期的に行われています。

ル・シネマ

フランス映画中心に秀作を紹介するミニシアタール・シネマは大型複合文化施設Bunkamuraの6階にある、ミニシアターです。フランス映画をはじめとするヨーロッパの作品を中心に、アジアやアメリカの映画などを幅広く上映しています。何か印象に残る作品を紹介したいという意図のもと選ばれた独特のラインナップが特徴的。最後にシナリオが採録されたオリジナルのパンフレットも人気です。

日本民藝館

日常の中の美を紹介する美術館日本民藝館は宗教哲学者・柳宗悦が1936年に創設した、伝統的工芸品を中心に収蔵・展示する美術館です。コレクションは陶磁、染織、木漆、絵画など約17,000点に及び、常時500点ほどを展示。コレクションの中でも沖縄の染織や日本古陶磁などは高く評価されています。建物や展示室は和風意匠を基調に、随所に洋風を取り入れた設計が特徴です。

戸栗美術館

肥前磁器や東洋陶磁を企画展で紹介戸栗美術館は閑静な住宅街に佇む陶磁器専門の美術館です。肥前磁器や中国・朝鮮陶磁を含む東洋陶磁器を中心に約7000点を所蔵しており、年に4回の企画展を開催しています。併設のミュージアムショップには、作品の個性豊かな形を生かしたポストカードや美しい文様を模したマグネットなどオリジナルのアイテムが揃っています。

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

宮殿のように美しい、日本最大級のモスク東京ジャーミイ・トルコ文化センターは代々木上原の閑静な住宅街にある、日本最大のモスクです。宮殿のような外観や繊細な幾何学模様がデザインされた扉、鮮やかな色彩のステンドグラスなど、いずれも息をのむほど美しく、随所に異国情緒が感じられます。イスラム教徒でなくても自由に見学できますが、過度な露出は避けるなど最低限のマナーは守りましょう。

日本近代文学館

文学に登場するメニューが揃うカフェもおすすめ日本近代文学館は駒場公園内にある、日本初の近代文学資料館です。明治以降の近代・現代文学を中心に図書や雑誌、原稿など約120万点もの資料を収蔵しており、館内で閲覧したり、資料の複写サービスを利用したりできます。約2万冊の書籍が揃う併設のブックカフェでは、自由に本を読みながら、文学に登場する食事やスイーツのメニューを楽しめます。

コスモプラネタリウム渋谷

臨場感あふれる映像と個性豊かな解説が魅力コスモプラネタリウム渋谷は渋谷駅から徒歩5分の場所にあるプラネタリウムです。直径17mの広くて開放感のあるドーム空間で、臨場感あふれる映像による美しい満点の星空を楽しめます。番組ごとに入れ替わる、個性豊かな解説員による丁寧な説明も魅力です。座席は全てリクライニングシートになっており、固定席と回転席の2種類があるので好みに合わせて選べます。

渋谷センター街

若者の流行を発信するショッピングストリート渋谷センター街は文化村通りと公園通りの間に広がる、若者文化の中心地であるショッピングストリートです。メイン通りや井ノ頭通りなど5つのストリートで構成され、飲食店や若者向けファッションの店、大型レコード店、ゲームセンターなど多種多様な店舗が立ち並んでいます。いつも多くの人で賑わっており、年間を通して様々なイベントも行われています。

ヨシモト∞ホール

若手から人気芸人まで様々なライブを開催ヨシモト∞ホールは2006年にオープンし、吉本の若手芸人を中心に新ネタライブや爆笑企画、トークライブなどを毎日開催している劇場です。ブレイク間近の若手からテレビでおなじみの人気芸人まで、様々なライブを楽しめます。無限大のオリジナルグッズや芸人のグッズが揃うショップでは、ライブ会場に入らなくても購入可能です。

下北沢トリウッド

日本の若手作品を見られる小さな映画館下北沢トリウッドは席数45のこぢんまりとしたミニシアターです。短編映画専門として1999年にオープン、現在では長編映画も上映されています。開館当初からスニークプレビュー(持ち込み作品枠)を設けており、自主制作時代の新海誠監督をいち早く見出したことでも知られています。床がフラットなので、字幕付きの映画の場合は席に注意しましょう。

裏参道ガーデン

センスある日本の食と文化が集まる複合施設裏参道ガーデンは表参道の裏にひっそり佇む、古民家をリノベーションした複合施設です。ノスタルジックと新しさが融合した、洗練された雰囲気が魅力。日本の食と文化をテーマにしており、1階にある飲食店ではお茶を使った和スイーツや国産米粉を使ったふわふわのパンケーキを楽しめます。2階はバルコニーも含めたフロア全体がレンタルスペースになっています。

cocoti SHIBUYA

高感度なオトナに心地いいライフスタイルを提供cocoti SHIBUYAは「心地いい」ライフスタイルを提供する、高感度な大人のための商業施設です。ファッション、カフェ、レストランをはじめ、映画館やジム、イベントハウス型飲食店など多彩な店舗が揃っています。「FLOW & GROW」をテーマに、洗練された都市空間に自然を取り入れた建物のデザインも特徴です。

d47 MUSEUM

テーマに沿った企画展で日本のものづくりを紹介d47 MUSEUMは渋谷ヒカリエ8階にある、「日本のものづくりの今」を紹介するデザインミュージアムです。都道府県の数と同じ47の展示台が設置されており、建築、工芸など期間ごとに決められたテーマに沿った企画展が開催されています。展示と連動したワークショップや実演も行われている他、併設のショップで土地ごとの工芸品や食品の販売もされています。

渋谷 キャットストリート

オシャレなショップやカフェが並ぶ遊歩道渋谷 キャットストリートは明治通りを青山方面に入ったところにあり、渋谷と原宿をつなぐ約1kmの遊歩道の愛称です。通り沿いにはハイセンスなブランドショップやオシャレなカフェが並び、ショッピングが楽しめます。食べ歩きグルメも豊富。古着屋が多いことでも知られており、全国展開のお店からジャンルを絞った小規模の古着屋まで、様々な店舗が揃います。

8/COURT

ギャラリーやショップがつながるアートスポット8/COURTは最新のクリエイティブを発信する、渋谷ヒカリエ8階のアートスペースです。ワークショップ、ショートムービーの上映など多目的に使える「コート」を中心に、ギャラリーやショップがフロア内でゆるやかにつながる作りになっています。食、旅、ファッションなど、さまざまなテーマの企画展やイベントが開催されています。

神田祭

平安装束を着て都心を練り歩く日本屈指の大祭日本三大祭のひとつとされる神田祭は、千代田区の神田明神で行われる2年に1度の「本祭」のことです。見どころは平安時代の格好をした500人もの行列が秋葉原や丸の内などの街を練り歩く「神幸祭(しんこうさい)」。またその翌日に100基もの神輿が神田明神へと集まってくる「神輿宮入(みこしみやいり)」も、日本の祭りならではの勇壮な雰囲気と活気が楽しめて必見です。

秋葉原電気街

世界が注目するゲームとアニメの聖地秋葉原電気街は家電やパソコン関連はもちろん、アニメやマンガ、ゲームなどのグッズ専門店も数多く集まっているエリアです。レトロゲームを楽しめるゲームセンターやアニメソングが流れるナイトクラブなど、他ではなかなか見られないユニークなお店がたくさん。店舗の中には免税店も多く、世界に向けて日本のポップカルチャーを発信する地域として国内外から多くの観光客が訪れます。

神田神社(神田明神)

明神さまの名で親しまれる江戸東京の守護神江戸下町のシンボルである神田神社は、730年創建の歴史ある古社です。徳川家康が関ケ原の戦いに挑む前に戦勝祈願をして以降、江戸の総鎮守として江戸幕府からも庶民からも厚い信仰を集めてきました。今でも神田をはじめ日本橋や秋葉原、大手丸の内、築地魚市場など、東京の中心的な108町会の氏神として親しまれています。2年に1度催される神田祭は日本を代表する祭りとしても人気です。

3331 Arts Chiyoda

校舎から生まれた地域のアートスポット「3331 Arts Chiyoda(アーツ チヨダ)」は、かつて中学校だった建物を改修して造られたアートセンターです。施設内には10部屋以上のギャラリーに加えて、ショップやカフェ、休憩スペースなどを完備。授乳室やおむつの交換台といった設備も備わり、小さな子供連れでも安心して過ごせます。1階にあるメインギャラリーでは美術館のような広々とした空間を生かし、大型展覧会などを定期的に催しています。

秋葉原ラジオ会館

アキバ文化を発信する地域のランドマーク秋葉原ラジオ会館は、秋葉原駅のそばにそびえる地上10階建ての商業ビルです。1950(昭和25)年の開業時には、家電やパソコン、アマチュア無線に加えてプラモデル、ゲーム、書籍など様々な店舗をそろえ、秋葉原の顔として注目されていました。現在見られるビルは2014年にリニューアルされたもの。フィギュアやカードなどの専門店を豊富にそろえており、秋葉原を代表するスポットとして多くの観光客が訪れています。

CHABARA AKI-OKA MARCHE

全国から名産品を集めたモダンな市場「CHABARA AKI-OKA MARCHE(ちゃばら アキオカマルシェ)」は、秋葉原駅と御徒町駅間の高架下を利用して造られた商業施設のひとつです。かつての神田青果市場を移転させたもので、全国の食品や特産品のショップ、カフェなどが並びます。「ちゃばら」とは青果市場を表す「やっちゃ場」と「秋葉原」と掛け合わせた造語。日本中から集めた美味しいものを通して各地の伝統に触れることができる、食文化の街として注目です。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

職人の工房やショップが集まるもづくりの街「2k540 AKI-OKA ARTISAN(アキオカ アルチザン)」は、秋葉原と御徒町を結ぶ高架下に広がるクリエイティブな商業施設です。ファッションから雑貨、カフェまで「ものづくり」をテーマに集められた個性豊かな店舗が並んでいます。工房とショップが一体となったユニークなスタイルの店舗も多く、ワークショップなども随時開催。ここでしか手に入らないアイテムや体験が豊富なのも魅力です。

秋葉原 UDX レストラン&ショップ AKIBA_ICHI

青果市場 「やっちゃ場」を思わせる活気ある商業施設秋葉原駅の北側に位置する「秋葉原UDX」は、ショップ、映画館、クリニックをはじめとするあらゆる機能を備えた複合型オフィスです。1階~3階部分には市場のように活気あふれる「レストラン&ショップAKIBA_ICHI」があり、気軽に利用できるカフェから本格レストランまで、多彩な飲食施設とショップがそろっています。ベビールームやおむつの交換台も備わっており、子供連れでも安心です。

秋葉原クロスフィールド

2つの複合ビルを擁する秋葉原のシンボル秋葉原クロスフィールドは、秋葉原のシンボルともいえる2つの複合型オフィス「秋葉原UDX」と「秋葉原ダイビル」を中心とするエリアです。オフィスやショップ、飲食店はもちろん、産業連携機能や文化施設、多目的スペースなど幅広い用途で利用できます。それぞれのビルのデザイン性の高さと、秋葉原駅すぐという立地の良さも魅力で、秋葉原のシンボルとしてにぎわいを見せています。

東京アニメセンター with あるあるCity

日本のアニメ情報を発信するスポット秋葉原UDXの4階に位置する「東京アニメセンターwithあるあるCity」は、日本のアニメに関する様々な情報を発信しているアニメ情報ステーションです。アニメの最新情報はもちろん、アニメ作品をテーマとする原画展や企画展など、多彩なイベントも催されています。人気アニメのグッズがそろうショップも必見。アニメ好きなら見逃せないスポットです。

葛飾柴又寅さん記念館

寅さんの生きた世界を体感する記念館映画『男はつらいよ』の世界に触れられる寅さん記念館は、江戸川沿いにある見どころのひとつです。館内には寅さんのふるさとである団子屋「くるまや」を忠実に再現したセットがあり、寅さんの世界に浸りながら観覧することができます。その他にも、映画の中で登場する人々が使った小道具や、寅さんがいつも持っているトランクの中身など、ここでしか見られない貴重な資料も多数展示。葛飾柴又と寅さんの魅力を再発見できますよ。

柴又帝釈天参道

映画のセットのような風情ある参道柴又駅から帝釈天までまっすぐにのびる柴又帝釈天参道は、名物の草だんごをはじめ、老舗の食事処や料亭、土産物屋など数多くのお店が軒を連ねる散策スポットです。映画『男はつらいよ』の世界を思わせる、昔ながらのレトロな街並みが魅力。周辺には江戸川を横切る「矢切の渡し」もあり、昔ながらの風情を感じながらゆったりとした時間を楽しめます。

山本亭

和洋折衷の趣ある空間で一息つける憩いの場江戸川沿いに位置する山本亭は、個人の邸宅として大正末期に建てられた趣ある建築物です。伝統的な書院造と西洋建築を融合させた造りが特徴で、葛飾区の登録有形文化財にも指定され、一般公開もされています。緑豊かな日本庭園が美しいと評判で、屋内ではその庭園を眺める広間でお茶屋お菓子を提供。散策時の立ち寄りスポットとしても最適です。

柴又ハイカラ横丁/柴又のおもちゃ博物館

誰もが童心に返ってしまう昭和の横丁柴又帝釈天のレトロな参道の中でも、昭和ならではの佇まいがひときわ目を引く「柴又ハイカラ横丁」。1階部分は昔ながらの駄菓子屋をはじめとする昭和の面影を残すお店が見られます。2階に行くと昭和のおもちゃを多数展示している「柴又おもちゃ博物館」があり、レトロな昭和の世界に浸りながら観覧したり、射的などのゲームで遊んだりすることが可能です。

山田洋次ミュージアム

作品の特徴から社会背景まで学べるミュージアム山田洋次ミュージアムは、2012年には文化勲章も受章した日本の映画監督、山田洋次氏の記念館です。山田洋次監督は映画『男はつらいよ』の原作、脚本、監督を務めたことで知られており、「寅さん記念館」の名誉館長にもなっています。館内には監督が手掛けた作品の資料や、フィルムにこだわった映画作りへの思いなどを9つのテーマで紹介。山田洋次監督作品の魅力や奥深さを再発見できるスポットとして評判です。

パナソニック 汐留ミュージアム

油彩画や版画を中心に展示する文化的空間「パナソニック 汐留美術館」は新橋駅のすぐそばにあるパナソニック東京汐留ビル4階に位置するミュージアムです。ガラス張りのおしゃれな館内には、フランスの画家ジョルジュ・ルオーの作品を中心とした豊富なコレクションを常設展示しています。照明や陶磁器などを集め、暮らしや住まいをテーマとしたユニークな企画展も見逃せません。

カレッタ汐留

冬場はイルミネーションで有名なお出掛けスポットカレッタ汐留は、新橋駅のそばに位置する複合商業施設です。館内には多彩なショップや飲食店に加えて、日本初の広告資料館「アドミュージアム」や電通四季劇場「海」など見どころも豊富。冬には都内有数のイルミネーションスポットとしても評判です。地上200mから東京スカイツリーや東京湾を一望することのできる展望フロアもあり、抜群のロケーションで食事も楽しめます。

汐留シティセンター

巨大な複合都市にそびえるランドマーク新橋駅周辺に広がる複合都市、汐留シオサイトの玄関口にそびえる汐留シティセンターは、約60の店舗を集めた複合施設です。高層ビルの中に飲食店をはじめ、文化施設やクリニック、ブライダルなどの多彩な機能を持つ施設がそろいます。夜景も楽しめる高層階のバーや、世界各国の料理を味わえるレストランなど、個性豊かな店がそろっていてその日の気分に合わせて選べるのも魅力です。

汐留シオサイト5区 イタリア街

イタリアに来たようなフォトジェニックな街並み汐留に広がる巨大複合都市、汐留シオサイトの一部である「イタリア街」は、住宅や商業施設、ホテルなどが集まっているエリアです。イタリアをテーマに造られたおしゃれな街並みが特徴で、石畳の道にルネッサンス調のビルが立ち並ぶ美しい景観はロケでも使われるほど。通りにはイタリアンレストランや革製品、骨とう品などのお店も見られ、イタリアの雰囲気を楽しみながら街歩きを楽しめます。

アドミュージアム東京

広告の面白さを発見できるユニークなミュージアムカレッタ汐留の地下エリアに位置するアドミュージアム東京は、世界的にも珍しい、広告をテーマとした博物館です。江戸時代から現在に至るまでの広告を30万点以上も収蔵しており、書籍やモニターといった様々な方法で閲覧できます。中でも経済学者ピーター・ドラッカー氏に「マーケティングの原点」とも称された江戸時代の広告は、見れば見るほど新鮮なアイデアの宝庫です。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

日本初の駅を復元した趣ある鉄道資料館「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」は1872(明治2)年に日本初の鉄道ターミナルとして開業した新橋停車場の、駅舎外観を忠実に再現して造られた資料館です。館内には鉄道発祥の地である汐留の歴史をはじめ、かつて実際に使われていた改札鋏や工具類、発掘調査で出土した遺物などを展示。ガラス張りの床からのぞく開業時の駅舎基礎石遺構は、国の史跡にも指定されています。

汐留シオサイト

レジャーや観光も楽しめるオフィス街JR新橋駅とJR浜松町駅との間に広がる汐留シオサイトは、31haにも及ぶ広大な敷地の中に衣食住のすべてがそろった巨大複合都市です。エリア内は5つの街区に分けられており、オフィスから商業施設、住宅、ホテルまで様々な機能を有する高層タワーが点在しています。おしゃれでフォトジェニックな「イタリア街」や鉄道の歴史を伝える「旧新橋停車場」といった見どころも豊富です。

三鷹の森ジブリ美術館

スタジオジブリの世界に飛び込んだような美術館井の頭恩賜公園の一角にある三鷹の森ジブリ美術館は、世界的に有名なスタジオジブリ作品の世界を楽しめるスポットです。作品から飛び出してきたような雰囲気の施設内には、アニメーションの製作過程が分かる展示をはじめ、カフェやショップ、図書閲覧室などがあり、様々な形でジブリの世界に浸れます。オリジナルの短編アニメを公開している映像展示室「土星座」も必見です。

国立天文台

世界最先端の宇宙観測ができる天文台三鷹の自然豊かな場所に位置する国立天文台は、天文学を研究するための大学共同利用機関です。大正時代の建築が並ぶ歴史深いキャンパス内では、日本における天文学の歴史から最新の天文学までを幅広く学ぶことができます。無料の見学コースや「超立体プラネタリウム」は見ごたえがあると評判。月に2回ほど予約制の天体観測会も催され、多くの天文ファンに親しまれています。

三鷹市星と森と絵本の家

絵本の世界と昔ながらの暮らしに触れられる空間国立天文台の森の中に佇む「三鷹市星と森と絵本の家」は、三鷹市と国立天文台が協力して設置、運営している展示施設です。大正期の建築物を活用した趣ある空間の中に、古い電話機や火鉢、足踏みミシンといった家具も置いてあり、見て触って昔の暮らしを体験することが可能です。館内には約2,000冊もの本が並ぶ読書室や、1年ごとに入れ替わる企画展示室も見られ、絵本を通して人や自然への興味を育むことができます。

マーチエキュート神田万世橋

赤レンガのレトロな駅舎を利用したお出掛けスポットマーチエキュート神田万世橋は、かつて中央線の神田~御茶ノ水間にあった万世橋駅の遺構を再現して新しく生まれ変わらせた商業施設です。1912(明治45)年に開業した趣ある雰囲気そのままの空間で、高感度なショップやカフェ、イベントスペースなどが並びます。神田川沿いのオープンデッキも雰囲気が良いので、一息つきたい時の立ち寄りスポットとしても最適です。

上神明天祖神社

白蛇の伝説がのこる鎌倉時代の古社「蛇窪(へびくぼ)神社」の名で親しまれている天祖神社は、鎌倉時代に創建したとされる神社です。かつて敷地内に白蛇が住んでいたと言われており、境内にはその白蛇を祀る「白蛇弁天社」や、たくさんの狐に囲まれた「伏見稲荷社」などの見どころが点在。白蛇や白い龍、キツネといった様々な動物たちの像が至る所に見られ、他の寺社とは一味違う雰囲気が楽しめます。

五反田TOCビル

あらゆる機能が備わった複合商業施設五反田にあるTOCビルは、株式会社TOC(東京卸売センター)が経営する商業施設です。巨大な建物の中にショップや展示会場、オフィスや予備校、郵便局といったあらゆる施設が集まっているので、一か所で様々な用事を済ませることができます。都内屈指の規模を誇るユニクロや、アカチャンホンポなどの大型小売店も多数。ブランドの販売会や百貨店の催事など、多彩なイベントも随時行われています。

居木神社

四季折々に楽しめる風光明媚な神社大崎駅の近くに位置する居木(いるぎ)神社は、かつて山の手通りの居木橋付近にあった神社です。江戸時代に目黒川の水害を避けるため、この地へ移したと言われています。豊かな緑に囲まれた境内には鮮やかな朱色の社殿や富士塚、立派な桜の木など見どころが豊富。小さい神社ですが盆踊りや例大祭と言った行事も毎年盛大に催され、近隣の人々に親しまれています。

池田山公園

静かな空間で季節の花々に癒されるパワースポットかつて備前国岡山藩池田家の屋敷があった高台に広がる池田山公園は、都心の喧騒を離れた緑豊かな環境の中、1985(昭和60)年に開業した品川区立公園です。池を中心とする池泉回遊式庭園で、梅やつつじ、菖蒲、紫陽花、紅葉といった四季折々の美しい花々を楽しめます。霊峰富士山からの「気」が流れる通りに位置するとされており、パワースポットとしても評判です。

O美術館

多目的に利用できる地域に開かれた美術館O美術館は、大崎駅前に広がる複合施設、大崎ニューシティー内にある品川区の美術館です。施設名の「O」は、大崎の頭文字と山手線の環状を表しています。現在は常設展を行っておらず、貸しギャラリーとして様々なイベントや現代アートの企画展を定期的に開催。秋には品川区民芸術祭のひとつとして企画展も催され、多くの区民に親しまれています。

赤穂義士記念館

赤穂藩ゆかりの寺にある赤穂義士の資料館赤穂義士記念館は、泉岳寺の敷地内にある史料館です。泉岳寺は「忠臣蔵」で知られる赤穂藩藩主、浅野内匠頭の東京における菩提寺だった寺で、現在も境内には浅野内匠頭と赤穂義士47士の墓が残されています。館内には赤穂義士の遺品や討ち入りに関する文献などが展示、上映されており、赤穂義士にまつわるリアルな歴史を知ることができます。

虎ノ門ヒルズ

ビジネス街にそびえる高さ247mの複合タワービジネス街に位置する虎ノ門ヒルズは、虎ノ門ヒルズ駅の前にそびえる複合ビルの総称です。中心となる「森タワー」は地上52階建てという高さがひときわ目を引く地域のランドマーク。低層階には多彩な飲食店やショップが並び、上層階にはオフィスや住居、日本初進出のホテルが入っています。緑豊かな芝生広場がある庭園やガーデンハウスなども見られ、都心のオアシスとしても人気です。

旅する新虎マーケット

日本各地の文化に出合える路上の常設マーケット虎ノ門、新橋エリアを横断する新虎通り沿いに位置する「旅する新虎マーケット」は、日本全国の魅力を紹介するスポットです。各地の郷土料理や名産品を味わえる「旅するスタンド」と、日本の隠れた魅力を見つけることができるイベント「旅するうたげ」、全国の逸品を集めて定期的に催される市場「旅するいっぴんいち」の3要素で構成。新しい日本の価値を世界に向けて発信しています。

明治神宮

約70万㎡もの豊かな森林に包まれた由緒ある神社原宿駅の目の前に広がる明治神宮は、明治天皇とその妃である昭憲皇太后を祀る、日本を代表する神社です。2020年には鎮座100年を迎え、毎年初詣には300万人以上という日本一を誇る人数が参拝に訪れています。広大な森に囲まれた敷地内には都心の喧騒を離れた静謐な雰囲気が漂い、厄除や祈祷を行う「神楽殿」やパワースポットとして名高い「清正井(きよまさのいど)」など見どころが点在しています。

代々木公園

季節の花と広い空に癒される都内有数の公園23区内で5番目の広さを誇る代々木公園は、1964(昭和39)年の東京オリンピック時には選手村として利用された場所にひろがる公園です。園内には約12,000本の木々をはじめとする豊かな緑が見られ、四季折々の表情を見せてくれる都会のオアシスとして多くの都民に親しまれています。またイベント広場では週末になると様々なイベントが行われ、にぎわいを見せます。

ラフォーレ原宿

若者文化を発信しているお出掛けスポット神宮前交差点に位置する原宿のランドマーク、ラフォーレ原宿は男女を問わず感度の高い若者たちでにぎわいを見せるファッションビルです。ファッションショーやコラボ企画、アート展といったイベントも催されており、アートやカルチャーの発信地としても注目されています。多彩なジャンルのショップが充実しているのはもちろん、カフェなどもあるので心おきなくショッピングを楽しむことが可能です。

国立代々木競技場

有名建築家が手掛けた美しい競技場国立代々木競技場は、1964(昭和39)年の東京オリンピックに向けて造られた施設です。第一体育館と第二体育館、屋外のフットサルコートといった施設で構成されており、建築家丹下健三氏の代表作としても名高い2つの体育館は、緩やかなカーブを描く吊橋構造が世界的にも高い評価を得ています。オリンピックの際には競泳やバスケットボールの競技が行われ、その後はイベントやコンサートなどの会場としても利用されています。

竹下通り

ユニークなショップが並ぶ街歩きスポット原宿駅から明治通りへと向かってのびる竹下通り。全長350mに及ぶ通りの両側に個性豊かなファッションやスイーツの店が集まる商店街として知られています。食べ歩きできるテイクアウトグルメも多く、最新のものに触れながら街歩きを楽しむには最適のスポットです。流行の発信地として、週末には特に多くの若者でにぎわいをみせます。

ワタリウム美術館

世界が認めたアートに触れられるミュージアム原宿や表参道から歩いて行ける距離にあるワタリウム美術館は、幅広いジャンルの現代アート作品を展示しているミュージアムです。国籍を問わず、世界的に注目されている現代アートに触れることができます。定期的に催される多彩な企画展も評判で、スイスの建築家、マリオ・ボッタが手掛けた建物の外観も一見の価値があります。

キディランド 原宿店

幅広い世代に愛されるキャラクターグッズ専門店表参道の通り沿いに位置するキディランド 原宿店は、ハローキティからスヌーピー、ディズニーまで様々なキャラクターの商品がそろっているキャラクターグッズの宝庫です。小さな子供はもちろん、店内のおしゃれな雰囲気や商品は大人たちからも人気。充実した品ぞろえや、キャラクターごとに分けられたディスプレイの分かりやすさも評判です。

デザインフェスタギャラリー原宿

新感覚アートがそろう豊富な展示室があるギャラリー明治神宮前駅から徒歩5分の場所にあるデザインフェスタギャラリー原宿は、すべてのアーティストに開かれたギャラリーです。「GALLERY WEST」と「GALLERY EAST」2棟があり、中には大小21の展示室をはじめとする豊富な展示スペースを完備。国籍や年齢を問わずに誰もがオリジナル作品を展示できるので、世界で一つの作品や今までにない表現に出会うことができます。

原宿アルタ

女の子を輝かせるショップがそろったファッションビル竹下通りに面して建つ原宿アルタは、感度の高い若者たちをターゲットとした商業施設です。「女の子たちをキラキラ輝かせる」というテーマのもと集まった、ファッションや雑貨、スイーツやグルメなどの店舗がそろっており、最先端の若者カルチャーを発信するスポットとして人気。ときめくアイテムが集まる「竹下通りのパワースポット」としてにぎわいを見せます。

キュープラザ 原宿

緑豊かなテラス席に癒される商業ビル明治通りに建つキュープラザ原宿は、表参道、原宿エリアのランドマークともいえるユニークな外観の商業ビルです。その日の気分で選ぶことができる多彩な飲食店やショップ、エステサロンやブライダルなど、個性豊かで洗練された施設がそろっています。豊かな緑が生い茂るテラスは、都心の眺望を楽しみながら食事なども楽しめる居心地のいい空間です。

SoLaDo竹下通り(ソラド竹下通り)

かわいいが詰まった竹下通りのランドマーク流行の発信地、原宿の竹下通りに位置する「SoLaDo(ソラド)竹下通り」は、おしゃれに敏感な人たちがファッションやグルメを楽しめるスポットです。古着から人気ブランドまでバラエティ豊かな店舗がそろいます。音階の「ソ、ラ、ド」という陽気な響きと、「Solar(太陽)」のもとで「Do(行動)」するという2つの意味を込めた名前の通り、ワクワクするような明るい場所となっています。

原宿クエスト

多彩なショップや多目的ホールが入った複合施設原宿駅からすぐの場所に位置する原宿クエストは、飲食からアパレル、美容、多目的ホールと言った様々な機能を備えた複合施設です。コンサートや試写会といったイベントも数多く開催。1階のピロティーにある柱巻き装飾を利用して学生の作品を展示するなど、カルチャーや情報を発信する場としても大きな役割を果たしています。

CUTE CUBE HARAJUKU(キュートキューブ原宿)

原宿を代表するカワイイ文化の発信地竹下通りにある「CUTE CUBE HARAJUKU(キュートキューブ原宿)」は、女の子のカワイイが詰まった原宿エリアのランドマークです。10代の女子をメインターゲットに、見ているだけでワクワクするような衣類や雑貨、スイーツやグルメといった幅広いジャンルのショップが集結。カワイイカルチャーを発信する地として、若者たちの間で注目されています。

原宿ヒミツキチオブスクラップ

スリルと興奮がクセになるリアル脱出ゲームで遊ぶ明治神宮前駅から徒歩5分の場所にある「原宿ヒミツキチオブスクラップ」は、スリル満点のリアル脱出ゲームで遊べる施設です。制限時間内になぞ解きをクリアしていくというものですが、なぞ解き以外にも面白い仕掛けが多く、脱出できた時の達成感はもちろん、脱出できなくても満足できる楽しさがあります。人気アニメとコラボしたコンテンツは、小道具なども充実しておりアニメの世界観に浸ることができると話題です。

はらじゅくアッシュ

有名カフェからオフィスまでそろう駅近の複合ビル原宿駅からすぐの竹下通り入り口に位置する「はらじゅくアッシュ」は、様々な施設が入っている商業施設です。明治神宮の緑を映し出すような全面ガラス張りのビルの中には、スフレパンケーキで有名な星野珈琲店やライジンプロダクション、AbemaTVのスタジオなどが見られます。駅近という立地の良さも魅力で、観光や街歩きの立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

富岡八幡宮

江戸勧進相撲発祥の地として知られる古社1627年創建の富岡八幡宮は、門前仲町駅から徒歩3分ほどの場所に位置する神社です。毎月1日、15日、28日は縁日で、厳かな儀式が執り行われるとともに門前中駅の周辺に露店が建ち並び、親子連れなどでにぎわいを見せます。また毎年8月15日頃に行われる「深川八幡祭り」は江戸三大祭のひとつにも数えられており、神輿の担ぎ手に観衆が水をかけるという大迫力の伝統的な行事も見られます。

月島もんじゃストリート

もんじゃ焼きの名店が集まるレトロな商店街通称「月島もんじゃストリート」と呼ばれる月島西仲通り商店街は、下町グルメの代表格、もんじゃ焼きの店が数多く集まるスポットです。レトロな雰囲気ただよう通りの中に老舗の名店からオリジナルメニューが充実した店まで多彩な店舗が並んでいます。駄菓子のルーツともいわれるもんじゃ焼きは焼くのも食べるのも楽しいので、東京観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください。

石川島資料館

江戸時代から続く造船所の歴史を学べる資料館石川島資料館は、リバーシティ21の中にある造船所の資料館です。江戸時代、水戸藩徳川斉昭によってこの地に創立された石川島造船所についての創業から現在までの歴史を紹介しています。当時の石川島を再現したジオラマなどもあり、この土地ならではの歴史と変遷を分かりやすく学ぶことができるので、観光者はもちろん近隣の人々にもぜひ訪れてほしいスポットです。

佃天台地蔵尊

路地の奥にひっそりと祀られた珍しいお地蔵様住宅間の細い路地を進んだ場所に広がる佃天台地蔵尊は、天然の石に彫られた珍しいお地蔵様を祀る、月島の隠れた名所のひとつです。江戸時代から子供の守り神とされてきたお地蔵様が安置されているのは、むき出しになったイチョウの巨木が印象的な小さなお堂の中。お地蔵様にはいつもきれいな花が供えられていて、篤い信仰を集めている様子がうかがえます。

東京都庭園美術館

四季を感じる緑豊かな庭園と優美な建築物の美術館白金台駅から徒歩6分の場所にある東京都庭園美術館は、1933(昭和8)年に皇族の朝香宮家が邸宅として建てた建物と、美しい日本庭園を利用した美術館です。日本古来の高度な職人技術と優美なアール・デコ調のデザインが融合された、ユニークな建築様式が特徴。フランス人芸術家のアンリ・ラパンが設計を手掛けた部屋も見られ、その希少性から国の重要文化財にも指定されています。

東京都写真美術館

日本で初めて作られた写真・映像専門の美術館恵比寿ガーデンプレイスの一角にある東京都写真美術館は、写真と映像を専門とする総合美術館です。上映ホールと3つの展示室があり、写真や映像による多彩な作品を所蔵、展示しています。さらに関連資料を無料で閲覧できる図書室、カフェやミュージアムショップなどもあり、写真や映像に込められた世界をゆっくり楽しむことができます。年間20を超える展覧会も催されており、ユニークなテーマが多くの人を集めています。

恵比寿ガーデンプレイスタワー

恵比寿で夜景を楽しめる多機能な複合ビル恵比寿ガーデンプレイスタワーは、恵比寿ガーデンプレイス内にそびえる40階建てのタワービルです。オフィスや貸し会議室に加えて、下層階には飲食店や銀行、医療、美容といった様々なサービス機能がそろっています。また38階、39階部分には景色とともに食事を楽しめる展望レストランが11店舗もあり、夜景を眺めながら贅沢な時間を過ごせるスポットとしても評判です。

YEBISU GARDEN CINEMA

名作とカフェメニューとを五感で楽しめる映画館「YEBISU GARDEN CINEMA」は、恵比寿ガーデンプレイス内にある2つのスクリーンを備えた映画館です。世界中から選りすぐった名作を、上質な空間で鑑賞することができます。併設されているカフェではスイーツからアルコールまでそろっていて、映画を観ながら味わうことが可能です。周りを気にせず寛げるプライベートシートもあり、カップルにもおすすめ。恵比寿ガーデンプレイス全体のイベントと連動した映画を楽しめるのも魅力です。

アトレ恵比寿西館

暮らしを彩るアイテムがそろった商業施設アトレ恵比寿西館は、JR恵比寿駅の目の前にある地下1階、地上8階建ての商業ビルです。スーパーマーケットからファッション、雑貨まで日々の生活を彩るアイテムが多数そろっています。またゆったりと寛げるカフェからスイーツの店、最上階にはアトレ空中花園を眺める雰囲気抜群のレストランまであり、空間とともに上質なひと時を過ごせます。

NADiff a/p/a/r/t

他では出会えない貴重な本や雑貨を扱うショップJR恵比寿駅から歩いて行ける距離にあるNADiff a/p/a/r/t(ナディッフアパート)は、個性豊かなアイテムがそろうブックショップです。コンテンポラリーアートや写真に関する国内外の書籍、アートグッズなどの雑貨などが並んでいます。店内で開催される様々なイベントに加えて、地下1階にはギャラリーも併設されており、様々な形で文化や情報を発信している注目のスポットです。

グラススクエア(GLASS SQUARE)

多彩なジャンルのレストランがそろう商業施設恵比寿ガーデンプレイス内にあるグラススクエアは、地上1階から地下1階にかけて様々なショップやレストランが立ち並ぶエリアです。ミシュランスターシェフの味が楽しめるイタリアンから沖縄や九州の郷土料理店まで多彩な飲食施設がそろっておりその日の気分に合わせて選ぶことができます。ちょっとした立ち飲みからパーティー、テイクアウトまであらゆるシーンに利用できるのも魅力です。

恵比寿ガーデンプレイス

水と緑が爽やかな恵比寿のランドマーク渋谷区と目黒区にまたがって広がる恵比寿ガーデンプレイスは、かつてサッポロビールの工場があった場所を再開発して造られた複合施設です。エリア内にはサッポロビール本社をはじめとするオフィスや貸し会議室、百貨店、レストラン、映画館、ミュージアムなど様々な施設が点在。洗練された大人の街として恵比寿屈指の人気スポットとなっています。

東京大学大学院理学系研究科附属植物園

長い歴史と豊かな自然を感じる植物園白山駅から徒歩10分の場所に広がる東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、「小石川植物園」の名で親しまれているスポットです。1684(貞享元)年徳川幕府によって造られた「小石川御薬園」が前身で、1877(明治10)年に東京大学の付属植物園となり一般に公開されました。広大な敷地内には梅や桜から熱帯、亜熱帯植物まで、長い歴史の中で育まれてきた様々な植物や遺構が見られ、散歩や散策にも最適です。

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」

遊びながら学べる昆虫のミュージアム千駄木駅から徒歩10分の場所にあるファーブル昆虫館「虫の詩人の館」は、「ファーブル昆虫記」の著者として知られるジャン・アンリ・ファーブルをテーマとした資料館です。無料で観られる館内には様々な昆虫の標本をはじめ、ファーブルの直筆ノートや故郷である南仏の自然などを展示。ファーブルの生家を再現したコーナーも見られ、「虫の詩人」と呼ばれるファーブルの原点に触れることができます。

靖国神社

明治天皇によって創建された由緒ある神社靖国神社は、幕末の動乱から世界大戦に至るまでの時期に、日本国家のために命を捧げた246万6千余柱もの英霊を祭神として祀る神社です。1869(明治2)年に明治天皇の意向で建てられた「招魂社」が前身で、1879(明治12)年には明治天皇によって「靖国神社」改名されました。境内には戦没者の遺品や宝物を展示する「遊就館」や、気象庁が指定する桜の標本木などもあり、春には桜の名所としても有名です。

六義園

江戸時代から知られる趣向を凝らした日本庭園六義園(りくぎえん)は、5代将軍徳川綱吉の時代に幕政を主導していた柳沢吉保が、7年の歳月をかけて自ら設計を行い、造り上げた回遊式築山泉水庭園です。小石川後楽園と並ぶ江戸の二大庭園として古くから有名で、現在では国の特別名勝にも指定されています。古典文学や紀州の景勝地を表現した景観の中に四季折々の花々も楽しむことができ、春にはしだれ桜、秋には紅葉が見事なことでも評判です。

千鳥ヶ淵

お堀端に広がるお花見スポット皇居を囲むお濠の中でも、田安門から代官町通りまでのエリアは千鳥ヶ淵と呼ばれており、約300本もの桜が並ぶ花見スポットとして有名です。周辺には千鳥ヶ淵公園や、お濠沿いに700mほど続く千鳥ヶ淵緑道、ボート乗り場などが設けられており、春には家族連れからカップルまで多くの人が訪れます。シーズン中は夜間ライトアップも行われ、一味違う幻想的な景色を楽しむことが可能です。

神楽坂若宮八幡神社

江戸城鎮護の役割も担っていた頼朝ゆかりの古社神楽坂若宮八幡神社は1189年に源頼朝が奥州合戦へ向かう際、この地で下馬宿願したのが始まりです。その後頼朝は奥州を平定し、鎌倉・鶴岡の若宮八幡宮をここに分社しました。1945年の空襲で焼失しており、現在見られるのは1999(平成11)年に造営された社殿です。小さな神社ですが、室町時代に太田道灌が江戸城を築城した際には城を鎮護する役割を与えられ、かつては広大な神領を持っていたことがうかがえます。

日本武道館

日本の伝統武道を世界へ発信するイベント会場皇居の北側に位置する日本武道館は、武道を普及するために造られた屋内競技場です。富士山をイメージしたという、優美な曲線を描いた8角形の屋根が特徴的で、1964年の東京オリンピックでは柔道競技の会場として利用されました。今でも弓道や相撲、剣道、柔道といった日本の伝統的な武道の大会にはもちろん、その他のスポーツや文化、芸能、音楽など様々な分野のイベント会場として親しまれています。

歌舞伎座

初心者でも満喫できる歌舞伎の劇場東銀座駅からすぐの場所にある歌舞伎座は、1889(明治22)年に開業した歌舞伎専用の劇場です。風格ある桃山風の建物が特徴で、館内には劇場はもちろん様々な飲食店やショップ、ギャラリー、屋上庭園などを併設。ここにしかないグッズなども販売されているので、お土産選びや観光にもおすすめです。舞台の展開に合わせた解説が聞けるイヤホンガイドを利用することもでき、歌舞伎初心者でも気軽に鑑賞できます。

銀座三越

銀座ならではの雰囲気を楽しめる老舗百貨店銀座の中心に位置する銀座三越は、1930(昭和5)年にオープンした老舗百貨店です。ファッションやグルメ、食料品といった心を豊かにしてくれるハイクオリティな品々がそろっています。イタリアンから食堂、カフェまで幅広いジャンルの飲食店がそろった「銀座ダイニング」や、プレゼントや手土産にも最適なスイーツが並ぶ地下お菓子コーナーは特に人気。イベントや企画展示も随時行われており、街歩きにもおすすめです。

東急プラザ銀座

国内外から話題のショップが集結した商業施設2016年にオープンした銀座の新しいランドマーク、東急プラザ銀座は、江戸切子をイメージしたユニークな外観が印象的な複合商業施設です。日本初上陸のショップや最新アイテム、日本の伝統工芸品などがそろっており、老若男女を問わず楽しめるショッピングスポットとして評判。気分に合わせて選べる多彩なレストランや休憩スポットも見られ、心おきなく買い物を楽しめます。

KIRARITO GINZA(キラリトギンザ)

キラリと輝く名店がそろった商業施設銀座の中央通りに位置するKIRARITO GINZA(キラリトギンザ)は、ダイヤモンドをモチーフとした外観がひときわ目を引く商業ビルです。ジュエリーやエステサロンといったブライダル関連施設や、男性のライフスタイルを演出してくれるショップなどが50店以上も入っています。また人気チェーンや有名店をはじめとする幅広い飲食店もあり、銀座らしい洗練された空間で優雅なひと時を楽しめます。

GINZA SIX | ギンザ シックス

観光から街歩きにまで便利な銀座最大の商業施設2017年にオープンしたGINZA SIX(ギンザ シックス)は銀座屈指の規模を誇る大型複合施設です。日本の伝統を感じさせる洗練されたデザインの上質な空間で、ショッピングやグルメを楽しめます。銀座最大の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」や様々なイベントが催される「能楽堂」、広々としたオフィスなども併設。敷地内には観光バスの乗降所やツーリストサービスセンターなどもあり、観光者にもおすすめです。

有楽町マリオン

待ち合わせスポットとして名高い複合商業施設外壁に架けられた巨大なからくり時計が定番の待ち合わせスポットとなっている有楽町センタービルは、「有楽町マリオン」の名で親しまれている商業施設です。ツインビルの中に有名ブランドのショップや映画館、劇場などがあり、男女を問わず楽しめます。冬にはイルミネーションも見られ、デートスポットとして人気。定刻になるとからくり時計が動き出し、人形のパレードが始まるのも注目です。

銀座ベルビア館

上質なアイテムがそろう「とっておきの場所」大人のカップルが楽しめるような上質な空間、というコンセプトのもと造られた銀座ベルビア館。ファッションから雑貨、グルメまで生活を豊かに彩ってくれる「モノ」や「食」が充実しており、男性も女性も楽しめるショッピングスポットとして評判です。飲食店も豊富で、ラグジュアリーなフレンチや森の中の隠れ家を思わせるファーマーズレストランなど、バラエティ豊かなお店がそろっています。

奥野ビル

約20軒のギャラリーやショップが入るレトロビル最新ビルやきらびやかな建物が並ぶ銀座エリアの中でひときわ異彩を放つ奥野ビルは、85年以上も前に建てられたレトロな建築物です。当初は「銀座アパートメント」と呼ばれ、民間の建物では初のエレベーターが備わる最先端の高級アパートとして注目されていました。現在ではギャラリーやアトリエ、セレクトショップなどが入っており往時の面影を感じながら自由に散策することができます。

アルフレッド ダンヒル 銀座本店

上質な暮らしを演出するメンズコンセプトショップ銀座中央通り沿いにあるアルフレッド ダンヒル 銀座本店は、男性のライフスタイルを演出するためのコンセプトショップです。カジュアルからヴィンテージまで多彩なウェアや小物がそろっています。創業者であるアルフレッド ダンヒル氏が住んでいそうな「HOME」をイメージした空間の中に理容室やサロン、ダンヒル初のラウンジバーも併設されており、ランチや軽食、ディナー、オリジナルカクテルなどを楽しめます。

木挽町広場

江戸情緒があふれる歌舞伎座の立ち寄りスポット歌舞伎座の地下2階に広がる木挽町広場は、東銀座駅から歌舞伎座へとつながる通路の先にあるイベント広場です。歌舞伎の世界観を感じられる空間の中に、様々な銘菓や工芸品などのお店が期間限定で出店。歌舞伎座とのコラボ商品も数多く見られます。広場の周りにはコンビニやカフェ、食事処、土産物ショップ、切符売り場なども見られ、待ち時間や移動時の立ち寄りスポットとしても便利です。

マロニエゲート銀座1

ショッピングから夜景まで楽しめるおでかけスポットマロニエゲート銀座1は、銀座マロニエ通りの入り口に位置する商業施設です。人気のセレクトショップが並ぶファッションフロアや、新しいライフスタイルを提案する東急ハンズなどがあり、男女ともに楽しめるショッピングスポットとして人気。10階から12階はレストランフロアで、銀座の夜景を眺めながら食事ができる、バラエティ豊かな飲食店がそろっています。

ギンザ・グラッセ

多彩なコンテンツがそろうおしゃれな複合施設銀座駅からすぐの場所に位置するギンザ・グラッセは、飲食店やサロン&スパ、ファッション、シェアオフィスなどが入っている複合商業施設です。洗練された空間で和食や洋食、中華といった各国料理を味わえるレストランがそろっており、感度の高い女性にも評判。東京の夜景を眺めながら食事ができる雰囲気の良いお店もあるので、カップルでのディナーにも最適です。

PUZZLE GINZA

おしゃれな大人の感性を満たす本物志向の商業ビル銀座一丁目駅に直結している商業施設、PUZZLE GINZA(パズル ギンザ)はワンランク上の大人な銀座を味わえるスポットです。黒を基調としたスタイリッシュなビルの中には、ヨギボーストアやスタジオ型乗馬クラブを収容。また4階から10階部分にはブラジリアンバーベキューや個室割烹、カジュアル中華といった様々な飲食店が入っており、食材や空間にこだわったグルメを堪能できます。

東京スクエアガーデン

ユニークな名店とビジネス環境が共存する複合ビル京橋駅直結という好立地に建つ東京スクエアガーデンは、緑豊かな植栽に囲まれた大型複合ビルです。アウトドアブランド「モンベル」をはじめとする話題のショップや、居心地のいいテラス席があるカフェなど、個性豊かな30軒ものショップやレストランが集まっています。コンベンションホールや保育所といった施設も併設しており、新しいビジネス環境を提供するスポットとしても注目です。

京橋エドグラン

東京駅の東側一帯を代表する高層ビル京橋エドグランは、「京橋格子」をモチーフにデザインされた地上32階建ての高層ビルと、区の有形文化財である歴史的建築物「明治屋京橋ビル」との2棟で構成された複合施設です。低層階の商業エリアにはこだわりの品々がそろう専門店やレストランが集結。老舗中華から立ち飲みバー、ラーメン、カフェまで気分やシーンに合わせて選べる多彩な飲食店がそろっています。京橋駅直結という立地の良さも魅力です。

東京宝くじドリーム館

宝くじをより身近に楽しめるスポット東京宝くじドリーム館は、ロト6やナンバーズなどの抽選会を無料で見学できるスポットです。館内には宝くじの歴史や世界の富くじ、収益金の使い道といった展示もあり、宝くじをより身近に楽しむことができます。また施設の一角にある高額当選コーナーでは10億円のレプリカを見たり、1億円のレプリカを持ち上げたりすることもでき、高額当選した時の気分を味わうことが可能です。

井の頭恩賜公園

豊かな自然とレジャーを満喫できる都市公園吉祥寺駅から徒歩5分の場所に位置する井の頭恩賜公園は、1917(大正6)年に開園した日本初の郊外公園です。井の頭池を中心とする広大な敷地内にはボート場や御殿山、井の頭自然文化園、三鷹の森ジブリ美術館など、大人も子供も楽しめるスポットが点在。桜と紅葉が綺麗なスポットとしても知られており、多くの人々に親しまれています。

井の頭自然文化園

様々な生き物と出会えるおでかけスポット井の頭自然文化園は、井の頭公園の豊かな自然の中に造られたファミリーパークです。水辺の生物を展示している「水生物園(分園)」と、動物園や彫刻館、資料館などがある「動物園(本園)」とに分かれており、合わせて170種以上の生き物に出会うことができます。中でもモルモットふれあいコーナーやリスの小径など、動物を間近に見られるスポットは人気。喫茶や広場などもあり一日たっぷり楽しめます。

キラリナ京王吉祥寺

女性の暮らしをキラリと輝かせる商業施設吉祥寺駅に直結しているキラリナ京王吉祥寺は、30代の女性をメインターゲットとしたショップやカフェがそろう商業施設です。キラリと光る豊かな暮らしを提案する、というコンセプトのもと集まったお店は、オーガニックコスメからファッション、雑貨、食品まで品ぞろえも充実。施設内にはキッズトイレやベビー休憩室があったり、ベビーカーの貸し出しを行っていたりするので、子連れでも安心して過ごせます。

ハーモニカ横丁

闇市の雰囲気を味わえる活気ある商店街吉祥寺駅北口の目の前にあるハーモニカ横丁は、アーケードのある細い路地に作られた商店街です。戦後の「闇市」がルーツとなっており、日本再生のシンボルともいえるスポット。通りには魚屋や花屋、居酒屋や飲食店など、昔ながらの小さな店が100軒近くもひしめき、朝から夜まで活気があふれています。行列ができる人気店も多く、闇市の面影を楽しみながら街歩きもしっかり楽しめます。

アトレ吉祥寺

待ち合わせにも便利な駅直結の商業施設アトレ吉祥寺は、JR中央線吉祥寺駅に直結している商業施設です。「ファッション、雑貨ゾーン」や「レストランゾーン」「食ゾーン」をはじめ、定番から最新のものまで約220ものショップが集まっています。1階にある「はなびの広場」は待ち合わせ場所としても有名。手土産などに最適なスイーツの店や、空き時間に利用しやすいカフェなどもそろっており、立ち寄りスポットとしても多くの人に親しまれています。

武蔵野市立吉祥寺美術館

アートを身近に楽しめる商業施設の中の美術館吉祥寺の街中にある武蔵野市立吉祥寺美術館は、日常の中で文化、芸術に親しめる場となることを目的にオープンした美術館です。日本画や油彩画、写真や版画など、約2500点のコレクションを収蔵。これらの作品を展示する「企画展示室」は、市民たちの創作発表の場「市民ギャラリー」としても利用でき、近隣の人々から親しまれています。日本の芸術家、浜口陽三氏と萩原英雄氏の作品や関連資料も見学できます。

井の頭自然文化園・彫刻園

北村西望氏の作品を鑑賞できるアートスポット井の頭自然文化園の中に位置する彫刻園は、「長崎平和祈念像」を手掛けた事で知られる彫刻家、北村西望氏の作品を200点ほど展示している美術館です。園内には三角屋根の木造建築「アトリエ館」や、「長崎平和記念像」をはじめとする作品を展示している「彫刻館A館」、イベントが催される「彫刻館B館」の3つの建物があり、彫刻の魅力に触れることができます。

葛西臨海公園

潮風を感じながらのびのび遊べる公園東京湾沿いの臨海エリアに広がる葛西臨海公園は、最大級の規模を誇る都立公園です。園内にはのびのびとできる芝生の広場やバーベキュー広場、水族館、大観覧車などのレジャー施設が点在。カフェやレストラン、売店などもそろっており一日たっぷり遊べます。園内の主要スポットを案内しながら回る機関車型の乗り物、パークトレインも親子連れや観光客に人気です。

東京都葛西臨海水族園

地上30.7mの巨大ガラスドームが目を引く水族館美しいガラスドームが特徴的な東京都葛西臨海水族園は、葛西臨海公園内にある水族館です。東京湾から小笠原までの近海の様子を再現した「東京の海」や、世界の海の生き物が展示されている「世界の海」、ドーナツ型の大水槽「大洋の航海者」など見どころが豊富。専門のスタッフと館内を巡るガイド付きツアーも行っています。国内最大規模のペンギンコーナーも必見です。

亀戸天神社

梅や藤が美しいことでも知られる下町の天神様学問の神として名高い菅原道真を祀る亀戸天神社は、「亀戸の天神様」と呼ばれ親しまれている神社です。受験のシーズンになると大勢の受験生でにぎわいをみせる一方、梅や藤の名所としても評判で見頃にも多くの人々が訪れます。敷地内には九州太宰府天満宮を思わせる「心字池」や鮮やかな朱色の「太鼓橋」なども見られ、すがすがしい気持ちで参拝することが可能です。

堀切菖蒲園

江戸時代から知られる花菖蒲の名所江戸時代から堀切には花菖蒲園がいくつかあり、観光地として栄えてきました。現在残っている堀切菖蒲園は戦後に復興を果たした唯一の菖蒲園です。園内には花菖蒲やシャクヤク、アヤメといった花が植えられており、特に200種6,000株もの花菖蒲が咲き乱れる様は圧巻。花々を見ながらお茶や食事を楽しめる「静観亭」もあり、情緒あるひと時を過ごすことができます。

海の森水上競技場

緑と水に囲まれた水上競技場豊かな緑に囲まれた海の森水上競技場は、2020年の東京オリンピック、東京パラリンピックに向けて整備されたボートやカヌーの競技場です。屋根の付いた観覧席は2,000人収容することができ、競技エリアとの距離も近いので大迫力の観戦が可能。遠くには東京湾や都市の景観を一望することができ、開放的な雰囲気の中で気持ちよく過ごせます。

カヌー・スラロームセンター

迫力満点の人口カヌー・スラロームコース葛西臨海公園に隣接して広がるカヌー・スラロームセンターは、全長200mの人工カヌー・スラロームコースをもつ国内初の施設です。2020年の東京オリンピック、パラリンピックでカヌーの競技場として使用される予定で整備されました。大会後は水上競技の大会会場やアスリートの育成に加え、ラフティングをはじめとする水上レジャーの場としても利用されます。

亀戸水神宮

水害を寄せ付けない亀戸エリアの守護神江東区亀戸の住宅街にある亀戸水神宮は、室町時代に創建されたと言われる歴史深い神社です。亀有香取神社の兼務社で、現在見られる社殿は戦後改修されたもの。水を司る神「罔象女神(みつはのめのかみ)」を祀っており、水害の多いこの地域の守り神として親しまれてきました。歴史ある亀戸の街歩きや寺社巡りの立ち寄りスポットとしておすすめです。

飛鳥山公園

江戸時代に起源をもつ歴史深い桜の名所王子駅からすぐの場所にある飛鳥山公園は、都内有数の桜の名所として知られる区立公園です。江戸時代中期に、当時の将軍徳川吉宗が人々の憩いの場となるよう桜を植えたことに始まります。約600本の桜をはじめ、1,500株ものツツジや3つの博物館、渋沢栄一の旧邸なども見られ、歴史に触れながら四季を楽しめます。都電やD51に乗って遊べる展示は鉄道ファンなら必見です。

王子神社

関東における熊野信仰の中心となってきた古社「王子」という地名の由来ともなった王子神社は、古くより熊野信仰の拠点として親しまれていた由緒ある神社です。江戸時代には将軍家の祈願所に定められ、「王子権現」の名で知られる江戸名所のひとつとなっていました。境内には都の天然記念物に指定されている巨大なイチョウや、毛髪の神「関神社」「毛塚」など見どころも豊富。8月の大祭礼で披露される「王子田楽」、12月の「熊手市」も有名で毎年多くの人が訪れます。

都電おもいで広場

レトロな車両を見て乗って楽しめるスポット都電荒川線荒川車庫前駅のすぐそばに造られた「都電おもいで広場」。昔なつかしい停留所をイメージした空間に、5500形や旧7500形といったレトロな車両が2両展示されています。展示車両の中には、模擬運転台や模擬装置操作台、都電荒川線沿線のジオラマなどがあり、昭和に戻ったような雰囲気を楽しめます。子供から大人まで鉄道好きなら一度は訪れたいスポットです。

東京スカイツリー(R)

たっぷり遊べる東京の新しいシンボル634mという世界一の高さを誇るタワー、東京スカイツリーは、空に向かってのびる木をイメージした外観の自立式電波塔です。地上350m、450m部分にそれぞれ展望台があり、都心の景観を見渡すことができます。下層階には多数のショップや飲食店、水族館やプラネタリウムといった商業施設が集まっており観光客にも人気。夜に美しくライティングされるのも見どころです。

東京ソラマチ

スカイツリーのふもとに広がる街歩きスポット東京スカイツリーのふもとに広がる東京ソラマチは、「日本と世界とを結ぶ」ゲートシティをテーマに、ショップや飲食店が300店以上も集まる大型商業施設です。日本を代表する品々から、ファッションや雑貨、食料品までバラエティ豊かにそろっています。ここでしか出会えない限定グッズや限定メニューも多く、お土産選びにも最適です。

すみだ水族館

大人も子供も楽しめる見どころの多い水族館すみだ水族館は、東京スカイツリータウンの中に造られた水族館です。関東初の完全人工海水を利用した水槽の中で、約260種5,000点もの生き物を展示。ペンギンやオットセイを間近に感じられる大きな「屋内開放水槽」や、水深6mの空間に東京近海の様子を再現した「東京大水槽」など見ごたえのあるコーナーがたくさん。気軽に話を聞けるスタッフもいるので、訪れるたびに新しい発見がありますよ。

東京スカイツリータウン(R)

押上エリアに広がる大規模なレジャータウン東京スカイツリータウン(R)は、とうきょうスカイツリー駅と押上駅との間にある大型商業施設です。東西に約400mに渡って広がるタウンの中心には東京スカイツリーがそびえ、その周りにショッピング施設はもちろんプラネタリウムや水族館、バーベキューやグランピングなど様々なレジャーがそろっています。周辺には浅草や錦糸町といった下町情緒あふれるエリアもあり、街歩きとともに楽しめるのも魅力です。

牛嶋神社

珍しい鳥居が見られる由緒ある神社隅田公園に隣接している牛嶋神社は、本所エリアの総鎮守として親しまれてきた歴史ある神社です。以前は隅田公園の北側にありましたが、関東大震災で被災し、1932(昭和7)現在の場所に移転しました。全国的にも珍しい「三輪鳥居」や、自分の身体の悪い所と同じ部位をなでることで病気が治るとされる「撫牛」は有名な見どころスポットとなっています。

隅田公園

桜の名所としても知られる水辺の公園隅田川沿いに広がる隅田公園は、1923(大正12)年に起きた関東大震災の復興事業の一環として計画、整備された公園のひとつです。歴史ある隅田川花火大会が催されるスポットとして知られています。園内には約700本もの桜が植えられており、都内有数の桜の名所としても有名。シーズン中はライトアップなども行われ多くの人でにぎわいます。

すみだ郷土文化資料館

隅田エリアの自然や歴史、文化を学ぶ資料館隅田川にかかる言問橋の東側に位置する「すみだ郷土文化資料館」は、3つのフロアで構成される資料館です。1階には地域の歴史やゆかりの人物についての展示、2階には隅田川の歴史や風物、東京大空襲に関する展示、3階には企画展や地元の伝統工芸品のなどの展示スペースがあります。ライブラリやミュージアムショップも併設されており、お土産の購入にもおすすめです。

江東天祖神社

亀戸の福禄寿と出会える由緒ある神社推古天皇の時代に創建した江東天祖神社は、亀戸七福神のひとつである福禄寿を祀るスポットとして親しまれている古社です。かつてこの地にあった柳島という島の総鎮守だった由緒ある神社で、御神体の神像は聖徳太子が作ったものとされています。1923(大正12)年の関東大震災の際に社殿が焼失。その後再建された建物は、日本初の鉄筋コンクリート造の社殿として注目されています。

日原鍾乳洞

幻想的な世界が広がる関東最大級の鍾乳洞日原鍾乳洞は関東地方最大級の規模を誇る鍾乳洞です。かつては山岳信仰のメッカ、現在では日原のメイン観光スポットとして多くの人で賑わっています。鍾乳洞内はひんやり涼しいので、夏の避暑地としても人気。総延長は約1270mあり、成長した石筍や石柱の数々、果てしなく暗闇が広がる天井知らずなど、約40分の幻想的な世界を楽しめます。

アメリカキャンプ村

個性的な宿泊施設が揃うキャンプ場アメリカキャンプ村は海沢渓谷の美しい自然を活かしたキャンプ場です。ログハウス、ツリーハウスなど個性的な宿泊施設が点在しており、映画「リング」のロケを行った部屋もあります。子どもから大人まで楽しめる本格的なアスレチック、釣堀、バーベキューハウスなどの施設も充実。日帰りでの利用も可能なので、キャンプデビューにもおすすめです。

奥多摩湖

四季折々の自然が美しい人造湖でハイキング奥多摩湖は正式名称を小河内貯水池という人造湖ですが、人造とは思えないほど自然と調和した湖で四季折々の美しい景観が広がるスポットです。普門寺や鳩ノ巣渓谷、氷川小橋など多くの見どころがあり、湖の南岸に設けられた全長12kmの遊歩道ではハイキングを楽しめます。渇水期以外は奥多摩名物の浮橋を歩いて渡ることもできます。

玉堂美術館

季節に合った作品を楽しめる美術館玉堂美術館は日本画の巨匠・川合玉堂の作品や生前の愛用品など約300点を所蔵する美術館です。奥多摩の自然の移り変わりに合わせて年に7回ほど展示の入れ替えが行われており、その季節にあった作品を楽しむことができます。数奇屋建築の名手である故・吉田五十八氏が設計した、飛騨の民家と寺院回廊の特徴を生かした建物も見どころの一つです。

御岳渓谷・御岳渓谷遊歩道

四季折々の渓谷美を眺めながら美術館巡り御岳渓谷は秩父多摩甲斐国立公園の中でも特に美しい景勝地として知られる観光名所です。御嶽駅と川井駅の中間あたりから軍畑駅の少し上流まで、多摩川沿い約4kmにわたり御岳渓谷遊歩道が整備されています。駅から近いので気軽に散策や森林浴ができるスポットです。四季折々の渓谷美を眺めながら、玉堂美術館や櫛かんざし美術館などの美術館巡りも楽しめます。

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩の自然を学べる、水と緑の見学施設奥多摩水と緑のふれあい館は東京の水がめ・奥多摩湖のほとりにある東京都水道局の見学施設です。奥多摩の自然やダムの仕組みなどについて、水と緑をテーマとした展示物や3Dシアターで学ぶことができます。併設のレストランでは窓の外に広がる奥多摩湖の大パノラマを眺めながら、地元の食材を使ったメニューを楽しめます。

小河内神社

奥多摩の景勝美を楽しめる、小河内の鎮守神小河内神社は奥多摩湖北岸に突き出した出島にある神社です。ダムの底に沈んだ村の神社九社を勧請して創立され、小河内地区の鎮守神、そして首都用水の守り神とされています。見どころは毎年9月第2日曜の例祭の日に行われる鹿島踊りなどの郷土芸能で、東京都の無形文化財に指定されています。高台にあり、眼下には木々の間から見える奥多摩湖の景勝美が広がります。

檜原村郷土資料館

檜原村の歴史や自然を分かりやすく解説檜原村郷土資料館は檜原村の歴史や伝統、自然について知ることができる博物館です。歴史と民俗展示室では出土品や生活用品、模型などの展示で檜原村9000年の歴史を分かりやすく解説しています。自然と観光展示室では郷土芸能を紹介するビデオや村のジオラマなどを展示。研修室には檜原を紹介するブルーレイがあり、申し込みをすればいつでも鑑賞できます。

日原ふるさと美術館

倉田三郎の作品を展示する自然豊かな美術館日原ふるさと美術館は奥多摩の豊かな自然に囲まれた美術館です。故・倉田三郎画伯の作品を中心に奥多摩町所蔵の作品を展示しており、入館無料なので気軽にアートを楽しむことができます。画伯の作品は年に数回、入れ替えが行われます。美術館周辺に広がるすがすがしい新緑や秋の紅葉、神秘的な冬景色など四季折々の景観も見どころです。

よみうりランド

子供も大人も楽しめる大型レジャーランドよみうりランドは多摩丘陵の地形を生かした大型レジャーランドです。ループコースターなどの絶叫系からメリーゴーランドなどのほのぼの系まで、様々なアトラクションが揃っています。赤ちゃん専用コーナーを有する室内遊園地やパラソル完備のバーベキュー場もあり、1日たっぷり遊べます。夏は3種のスライダーが人気のプール、冬はイルミネーションも楽しめます。

旧白洲邸 武相荘

白洲次郎・正子夫妻の暮らしぶりを垣間見る旧白洲邸 武相荘は戦後復興のキーマン・白洲次郎と妻で作家の正子が生涯を過ごした、古い茅葺き屋根の旧邸宅です。四季折々の企画展が開催されるミュージアムエリアは小学生以下立ち入り禁止なので、落ち着いた雰囲気の中で鑑賞できます。また、常設展示として貴重な資料や愛用品も展示されています。亡くなった時のまま保存された、白洲正子の書斎も必見です。

町田市立国際版画美術館

膨大な作品を収蔵する版画専門の美術館町田市立国際版画美術館は世界的にも珍しい版画専門の美術館です。国内外の版画作品と版画に関する美術資料を収集・保存しており、約3万点を超える作品を収蔵しています。年間を通して様々なテーマを設けて企画展を開催しており、版画の多彩な魅力に触れることができます。気軽に楽しめる無料の常設展示や、美術ビデオの上映を行う映像コーナーもおすすめです。

町田市民文学館 ことばらんど

町田ゆかりの作品や資料が揃う文学館町田市民文学館 ことばらんどは町田にゆかりのある文学者の資料を収集・保存する文学館です。多彩な本が揃うサロンには喫茶室が併設されているので、コーヒーや紅茶を飲みながらゆっくり本を読むことができます。キッズコーナーは親子で絵本を読んで過ごすのにぴったりです。ことばや文学の魅力を伝える企画展やイベントも行われています。

ダイバーシティ東京

楽・買・動・食の150店舗が揃う複合施設ダイバーシティ東京は「劇場型都市空間」をコンセプトとする複合商業施設です。国内外の幅広いブランドが揃うファッションやバラエティ豊かなグルメなど150店舗が集結しています。ライブハウスのZepp DiverCityやガンダムを体感できるガンダムフロント東京などのアミューズメントも備えた、「楽・買・動・食」が融合するスポットです。

アクアシティお台場

ショップもグルメも充実のショッピングモールアクアシティお台場は都心から一番近い場所にある海辺のショッピングモールです。ショッピングゾーンにはカジュアルファッションを中心にコスメやインテリアなど約60店舗が集結。臨海地区最大級のグルメゾーンには和洋中イタリアンなどバラエティ豊かな約50店舗が並ぶ他、上階には話題のラーメン店が揃う「東京ラーメン国技館 舞」もあります。

日本科学未来館

最新の科学技術を楽しく学べる科学館日本科学未来館は地球環境や宇宙の探求から日常の素朴な疑問まで、様々なスケールで最新の科学技術を体感できるサイエンスミュージアムです。参加体験型の常設展や迫力あるドームシアターの立体視映像、ワークショップなどを通じて楽しみながら最先端の技術について学ぶことができます。館長は宇宙飛行士の毛利衛さんが努めています。

デックス東京ビーチ

アミューズメント充実の1日遊べるショッピングモールデックス東京ビーチはお台場にある、船をモチーフにした都市型ショッピングモールです。潮風が気持ち良いシーサイドデッキからはレインボーブリッジや東京タワー、スカイツリーが一望できます。国内外の人気ショップやレストランの他、「東京ジョイポリス」や「レゴランド東京」などアミューズメントも充実しているので1日たっぷり楽しめます。

お台場海浜公園

水遊びや夜景、イベントなど楽しみいっぱいお台場海浜公園は入り江を囲むように砂浜や磯が広がる公園です。 神津島の砂を使用した人口の砂浜・おだいばビーチでは水遊びや、春~秋にかけて開催される様々なイベントが楽しめます。一部エリアでは釣りや潮干狩りも可能です。港を行きかう船や間近に見えるレインボーブリッジなど景観の良さでも知られており、特に夕暮れや夜景の美しさは格別です。

パレットタウン

個性的な施設が集まるお台場のシンボルパレットタウンはお台場を代表する複合型の商業施設です。ヨーロッパの街並みをモチーフにしたショッピングモール「ヴィーナスフォート」やクルマのテーマパーク「MEGA WEB」など、個性的な施設がたくさんあります。お台場のシンボルであり、世界最大級の高さ115mを誇る大観覧車からは都心の美しい夜景を一望できます。

世田谷233

デジタリアルなアトラクションで楽しもう東京ジョイポリスはデックス東京ビーチ内にある国内最大級の屋内遊園地です。デジタルとリアルの融合「デジタリアル」をテーマに、CGやVR(仮想現実)を駆使した20種類以上のアトラクションが勢揃い。絶叫・ホラー系やスポーツ競技ゲーム、謎解きなどバラエティ豊富な体験型エンターテインメントやステージショー、イベントなどで楽しめます。

マダム・タッソー東京

有名人のリアルな等身大フィギュアが集合マダム・タッソー東京は蝋で作られた等身大フィギュアが揃うテーマパークです。ボディサイズや顔の骨格、指の形まで精密に再現されたフィギュアは、本物と見間違えそうなほどのリアルさで見ごたえがあります。見るだけではなく、触ったり肩を組んだりして自由に写真を撮ることができるのも魅力。フォトジェニックな設定や背景も楽しめます。

テレコムセンター展望室ラウンジViewTokyo

初日の出のスポットとしても人気の展望室テレコムセンター展望室ラウンジViewTokyoは東棟のビル21階にある展望室です。地上99mの高さから、日本夜景遺産に選ばれた華やかな都会の夜景を見ることができます。展望スペースにはテーブルや椅子が置かれ、窓際には双眼鏡の双眼鏡が用意されているなどサービスも充実。夏は東京湾の花火、元旦は初日の出の人気スポットとしても有名です。

お台場 大江戸温泉物語

江戸の町をテーマにした国内最大級の温泉お台場 大江戸温泉物語は江戸の町をテーマにした日本最大級の温泉テーマパークです。地下1,400mから湧く天然温泉をはじめ、露天風呂や寝湯、岩盤浴、休憩スペースなど様々な風呂や施設が揃っています。週末には足湯庭園にて四季折々の花が浮かぶ足湯も楽しめます。別館には犬専用の温泉「綱吉の湯」を備えているので、愛犬家の方にもおすすめです。

東京トリックアート迷宮館

だまし絵の世界で写真も撮れるテーマパーク東京トリックアート迷宮館はデックス東京ビーチにある、だまし絵の不思議な世界を体験できるテーマパークです。目の錯覚を利用したり、立体的に描かれたりしたアートは見るだけではなく、自分が絵の一部になって写真を撮って楽しむことができます。江戸エリアや名作エリア、怖くないお化け屋敷などたくさんの作品があるので見ごたえ十分です。

アニヴェルセル 東京ベイ

別世界のような空間で一軒家貸切パーティアニヴェルセル 東京ベイは一軒家貸切パーティができる結婚式場です。ヨーロッパの街並みを思わせる広場や小径、お台場で唯一の独立型チャペル、プライベートガーデン付きの邸宅など、まるで別世界のような空間が広がります。邸宅はそれぞれ雰囲気の違うフランス館、イタリア館、イギリス館があり、いずれも魅力的なガーデンパーティーの舞台になります。

レインボーブリッジ遊歩道

東京都心や羽田空港を望む遊歩道レインボーブリッジ遊歩道は東日本最長の吊り橋に設けられた、「レインボープロムナード」の名でも親しまれている全長1.7kmの遊歩道です。ノースルートからは東京都心の景色、サウスルートからは羽田空港を発着する飛行機や、天気の良い日は遠く富士山も望むことができます。いずれのルートも昼だけではなく、夕暮れや夜景の時間帯もおすすめです。

台場怪奇学校

リアルな恐怖が楽しめる参加型のお化け屋敷台場怪奇学校はデックス東京ビーチにある、40年前に廃校となった学校を舞台とする参加型お化け屋敷です。ホラープランナーの斎藤ゾンビプロデュースの暗闇、使命、生音、変化の4要素を駆使する「SAITO∞REAL 方式」で、リアリティある恐怖体験を楽しめます。お化けの出現率を選択できるので、怖いのが苦手な方でも安心です。

ラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京プラザ店

家族で楽しめる複合エンターテイメント施設ラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京プラザ店は様々なアミューズメントが揃う複合エンターテイメント施設です。定番のボウリングやカラオケをはじめ、ダーツやビリヤードを完備。入場料だけで様々なスポーツが楽しめるスポッチャは子ども用の用具も備えており、キッズ専用コーナーもあるので家族みんなでたっぷり遊べます。

フジテレビ本社ビル

フジテレビを体感できる遊べるテレビ局フジテレビ本社ビルはお台場の人気の観光スポット一つで、遊べるテレビ局です。「めざましテレビ」のセットやワンピースレストラン 「バラティエ」、人気番組のグッズが揃うショップなどたくさんの見どころがあります。印象的な球体「はちたま」は展望室になっており、高さ約100mから東京の名所や、天気の良い日は富士山も望むことができる絶景スポットです。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴの世界を体感できるテーマパークレゴランド・ディスカバリー・センター東京は300万個を超えるレゴで飾られた体験型テーマパークです。東京の街を再現したレゴのジオラマやレゴの作り方を学べるワークショップ、大型のアスレチックなど多彩なアトラクションが揃っています。2歳~5歳の子ども専用のプレイグラウンドもあるので、小さな子ども連れでも安心です。

東京都観光汽船 お台場ライン

遊覧船から見上げる東京の景色を堪能東京都観光汽船 お台場ラインは日の出桟橋~お台場海浜公園を片道約20分で結ぶ遊覧クルーズです。隅田川から見上げる東京スカイツリーの絶景や、船ならではの角度で眺めるダイナミックなレインボーブリッジなど、数々の見どころがあります。予約なしで乗船でき、便数も多いので気軽にクルーズを楽しめます。夜景の時間帯もおすすめです。

城南島海浜公園

アウトドアや景色が楽しめる海沿いの公園城南島海浜公園は大田区城南島の端、海に面した場所にある公園です。キャンプ場が整備されており、気軽にオートキャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しむことができます。他にも車椅子で入場できるボードウォークやスケボー広場、登録制のドッグランなど施設が充実。大型船や飛行機を間近に見ることができる絶景スポットとしても人気です。

羽田空港(東京国際空港)

食事や買い物も楽しめるエアポート・シティ羽田空港(東京国際空港)は「ビッグバード」の名で親しまれている日本最大の空港です。多彩なレストランやショップが揃う巨大エアポート・シティになっており、食事や買い物が楽しめます。カフェ併設のプラネタリウムや操縦体験ができるシミュレータ、飛行機や東京の景色を眺められる展望デッキなどもあり、デートやファミリーでのお出かけにもおすすめです。

羽田空港新滑走路・川崎工場夜景見学クルーズ

工場夜景と羽田空港新滑走路を洋上から見学羽田空港新滑走路・川崎工場夜景見学クルーズは天王洲ヤマツピア桟橋から乗船する人気のクルーズです。迫力ある川崎工場の夜景と、羽田空港新滑走路の行きは夕暮れ・帰りは夜景を見ることができます。世界的にも珍しいジャケット式工法で作られた、古代神殿のような橋脚を持つ羽田空港の滑走路は必見。お1人から申し込み可能です。

池上本門寺

桜の名所としても有名な日蓮聖人入滅の霊場池上本門寺は日蓮宗の大本山であり、 日蓮聖人入滅の霊場です。安土桃山時代の武将・加藤清正が寄進した96段の石段や国の重要文化財である五重塔、池上本門寺に伝わる寺宝を保存・展示する霊宝殿などの見どころがあります。境内には大きな桜の木もあり、桜の名所としても有名です。お会式(おえしき)やキャンドルナイトなど、季節ごとの行事も開催されています。

東京ビッグサイト(国際展示場)

多数のイベントを開催する日本最大級の国際展示場東京ビッグサイト(国際展示場)は、所在地から「有明」とも呼ばれる国内最大級のコンベンションセンターです。逆三角形の独特なデザインが目を引く会議棟をはじめ、各展示棟やレストラン、ショップなどで構成されています。東京モーターショーやコミケなど大規模イベントが多く開催されており、2009年には24時間テレビのメイン会場としても使用されました。

有明テニスの森公園

多くのコートを有するテニス競技施設有明テニスの森公園は昭和58年の開設の緑豊かなテニス競技施設です。センターコート「有明コロシアム」を中心に、ショーコート、インドアコート、屋外コートを備えており、国際大会から一般まで幅広く利用されています。ジョギングコースや芝生広場もあり、ランニングやピクニック、散策を楽しむ人も多いです。イベントが開催されることもあります。

有明アリーナ

和のデザインが特徴的な都内最大級の体育館有明アリーナは東京オリンピック2020の競技会場として新たに整備された都内最大級の体育館です。15000席を超える観客席のあるメインアリーナとサブアリーナで構成されています。和を意識したデザインになっており、天井やコンコースの壁などには国産の木材が使用されています。空調を効きやすくするための、大きく反り返った屋根も特徴です。

東京都水の科学館

水について楽しく学べる体感型ミュージアム東京都水の科学館は水の不思議と大切さを科学の視点から学べる体感型ミュージアムです。標本の展示やクイズ、実験ショー、最新の映像が楽しめるシアターなど様々な角度から水に関する理解を深めることができます。入館無料で持ち込み飲食ができるスペースや無料のロッカー、授乳室なども完備されているので、家族でのお出かけにぴったりです。

WANZA ARIAKE BAY MALL

ショッピングモール併設のオフィスビルWANZA ARIAKE BAY MALLは東京ビッグサイトに隣接するオフィスビルです。1・2階がショッピングモールになっており、多彩なレストランやショップ約30店舗が入っています。吹き抜けに設けられた室内の滝・シャワーツリー35では、平日12時、13時、17時、19時と土・日の12~19時の毎正時に水と光と音のショーを楽しめます。

有明体操競技場

木のぬくもりが感じられる競技施設有明体操競技場は東京オリンピック2020のために整備された競技場です。観客席には三重県産のスギ材を使用しており、木の香りやぬくもりを感じられる空間が広がっています。耐久性に優れた「複合式木質張弦梁構造」を採用した、木造としては世界最大のスケールを誇るアーチ状の屋根も特徴です。なお、大会後は展示場として利用される予定になっています。

パサージュ青山

南欧の街並みにレストランやショップが集結パサージュ青山はホテルやショップで構成されるAOYAMA M’s TOWER内にある商業施設です。南欧をイメージした石畳の小道が特徴で、都心であることを忘れそうな緑豊かで落ち着いた空間になています。吹き抜け部分を囲むようにイタリアンやスパニッシュなどのレストラン、ワークアウトスタジオ、スパ&ネイルサロンなどオシャレな店舗が並んでいます。

旧古河庭園

和洋が調和と大正ロマンが感じられる庭園旧古河庭園は京都の庭師・小川治兵衛が作庭した日本庭園と、著名な建築家ジョサイア・コンドルが設計した洋館と洋風庭園からなる庭園です。和洋の調和が美しく、大正ロマンの粋が感じられます。洋風庭園には約100種200株ものバラが植えられており、バラの名所としても知られています。日本庭園にも枯滝や茶室、心字池など酢酸の見どころがあります。

代官山ヒルサイドテラス

14棟のオシャレな建物が並ぶランドマーク代官山ヒルサイドテラスは旧山手通り沿いにオシャレな建物が立ち並ぶ代官山のランドマークです。集合住宅、レストラン、ブティック、オフィスなど全14棟で構成されており、展覧会やコンサート、マーケットなどのイベントも定期的に開催されています。誕生から半世紀を経ても古めかしさを感じさせない、魅力あるスポットです。

旧朝倉家住宅

二階の広間から眺める回遊式庭園が美しい旧朝倉家住宅は朝倉虎治郎により1919年に建てられた歴史的建造物です。大正ロマンの趣を醸す二階建ての建物と石灯籠やツツジを配した回遊式庭園を見学できます。二階の広間から鑑賞できる、立体的に切り取られた額縁庭園の眺めも絶景。都心部では貴重な関東大震災以前の住宅であり、 国の重要文化財にも登録されています。

代官山アドレスディセ

公園や商業施設で構成される都市型複合施設代官山アドレスディセは旧同潤会アパートの跡地に建てられた都市型複合施設です。新しい代官山のランドマークである高層マンションや商業施設、児童公園、スポーツ施設などで構成されています。商業施設は個性的な店舗が集結するアドレスプロムナードとおしゃれなライフスタイルを提案する店舗が集まったディセの2ヶ所があります。

代官山 T-SITE

専門店が散歩道で繋がる街のような複合施設代官山 T-SITEは代官山駅から徒歩2分、小さな専門店が散歩道でつながっている街のような複合施設です。中核となる代官山蔦屋書店は1号館~3号館まであり、本を読みながらくつろげるカフェも併設されています。他にもベーカリーやペットサービス店、玩具店などが点在しており、緑豊かな敷地内の散策も楽しめます。

東京都多摩動物公園

動物たちがのびのび暮らす国内有数の動物園東京都多摩動物公園は1958年に開園した国内有数の動物園です。園内はアジア、アフリカ、オーストラリア、昆虫の4つのゾーンに分かれており、約320種の動物たちが自然に近い環境でのびのびと暮らしています。たくさんの見どころがありますが、チョウが舞う昆虫園やオランウータンのスカイウォークなどが特に人気です。

江戸東京たてもの園

江戸時代~昭和中期の貴重な建造物は必見江戸東京たてもの園は小金井公園にあり、江戸・東京の歴史的な建物を移築して復元・保存・展示する野外博物館です。昔のお店や銭湯、茅葺きの農家など30棟の建造物が立ち並び、タイムスリップしたかのような感覚を楽しめます。映画「千と千尋の神隠し」の世界観にひたれるスポットも必見。伝統工芸の実演や年中行事など、イベントも定期的に開催されています。

大國魂神社

くらやみ祭りと縁結びのご利益が有名な古社大國魂神社は約1900年前の創建と伝えられる都内屈指の古社です。武蔵国の護り神として大國魂大神を祀っており、縁結び、厄除け、厄払いのご利益があるとされています。毎年5月に行われる例大祭「くらやみ祭」は都の指定無形民俗文化財に指定される有名なお祭りで、御神輿や大太鼓、山車行列などたくさんの見どころがあります。

武蔵野の森公園

調布飛行場が一望できる緑豊かな公園武蔵野の森公園は広々とした敷地に緑があふれる公園です。調布飛行場に隣接しており、各都道府県の石が置かれている「ふるさとの丘」からは飛行場の滑走路が一望できます。広い円形の芝生広場があるので、家族で遊んだりピクニックをしたりするのもおすすめ。花とコニファー園、掩体壕と飛燕、四季折々の自然なども見どころです。

東京サマーランド

冬でも南国気分で泳げるテーマパーク東京サマーランドは日本最大級の流れるプールやコース全長約131mのスリル満点のウォータースライダーなど多彩なウォーターアトラクションが揃うテーマパークです。 屋外遊園地も併設されているので、1日たっぷり遊べます。室内の温度は約30℃に設定された屋内プールエリアもあり、季節や天候を問わず南国気分で楽しめます。

国営昭和記念公園

四季折々の自然に癒される都会のオアシス国営昭和記念公園は東京ドーム約40個分の広大な敷地に四季折々の花や緑があふれる都会のオアシスです。日本庭園やトンボの湿地、バードサンクチュアリなどたくさんの見どころがあります。ボート遊びやバーベキュー、サイクリングの他、夏には水遊び広場や首都圏最大級のプールも楽しめます。レストランやカフェもあるので、のんびり過ごしたい人にもおすすめです。

松陰神社

学業成就にご利益のある吉田松陰ゆかりの神社松陰神社は幕末の思想家で教育者の吉田松陰を祀っている神社です。境内には松下村塾を模した建物や吉田松陰の墓や像があります。学業成就や合格祈願のご利益があるとされており、各種お守りの他に合格祈願鉛筆の頒布も行っています。毎年4月27日と10月27日の例祭や、幕末維新祭りなどのイベントが行われており多くの人で賑わいます。

スノードーム美術館

スノードームを見て作って楽しめる美術館スノードーム美術館はスノードームの常設展示を行う世界で唯一の美術館です。世界各国のスノードームコレクションや寄贈品の一部など約1500点を展示しています。自分だけのオリジナルスノードームを作ることができるワークショップも人気。ハサミが使えればOKなので小さなお子さんも参加できます。海外直輸入のスノードームの購入も可能です。

世田谷233

多くの表現者が個性的な作品を紹介世田谷233は自己表現がテーマのアートギャラリー&カフェです。ボックスタイプのスペースを中心に提供しており、常時100名程度の「表現者」がオリジナリティあふれる作品を展示しています。店内は入場無料で備え付けのパソコンや無線LANも利用可能。レンタルに当たっての審査や条件も一切なく、作品を販売することも可能です。

IID 世田谷ものづくり学校

廃校を再生利用した施設で気軽にアート体験IID 世田谷ものづくり学校は2004年に廃校となった中学校を利用したコミュニティスペースです。スノードーム美術館やクリエーターのオフィス、ギャラリーやアトリエなどが展開されており、気軽にアートに触れることができます。年間700件以上のワークショップや年数回の地域ぐるみの大規模イベントも開催されています。

阿波命神社

島中が盛り上がる例大祭が有名な神社阿波命神社は三島大社の正后であり、伊豆諸島を創造したと言われているアワノミコトを祀る古社です。長浜から山手に入った谷部に鎮座していることから「長浜神社」とも呼ばれています。長浜海岸で見つけた平たい石に海水で湿った砂を乗せ、鳥居の下に置くという独特の参拝方法が特徴的。毎年4月15日に行われる例大祭は島民総出で盛り上がる一大イベントです。

ロース記念館

写真や民具の展示で戦前の暮らしを垣間見るロース記念館は母島にあり、島の初期の暮らしを今に伝える郷土資料館です。建物は1913年に砂糖倉庫として建てられたもので、母島特産のロース石で造られています。「ロース」という名は江戸時代末期、開拓に貢献したドイツ人ロルフスが発見したことに由来。館内には戦前の写真や地図、捕鯨道具、製糖機器などが展示され、島の歴史を垣間見ることができます。

青ヶ島

満点の星空が美しい、アクセス困難な秘境青ヶ島は「東京の秘境」と言われる、世界的にも珍しい二重カルデラ構造の島です。美しい満点の星空を見ることができる絶景スポットとして人気があります。水蒸気の噴出する穴「ひんぎゃ」を利用したサウナや、食材をふかせる地熱釜なども見どころです。ヘリコプターは1日9名まで、船の欠航率50%とアクセス困難なので、余裕を持って訪れましょう。

都立八丈植物公園

自然林を生かした植物公園は散策にぴったり都立八丈植物公園は八丈島の中央にあり、約100種の熱帯・亜熱帯植物を有する広大な公園です。熔岩原の上にある照葉樹の自然林を生かして造られており、散策しながら島の自然や植物を鑑賞することができます。キョンのいる園地ゾーンや遊具広場もあり、家族連れにもおすすめ。温室ではハイビスカスなどの南国の花々が咲き誇っています。

南原千畳岩

溶岩が固まった黒い奇岩が連なる景勝地南原千畳岩は八丈富士の噴火により流れ出した溶岩が固まってできた玄武岩の海岸です。黒々とした岩場が幅100m、長さ500mにわたって広がる景勝地として知られており、奇岩の向こう側に海が広がるまるで異世界のような風景を楽しむことができます。長い年月を経て海水により侵食された岩場は、磯釣りのポイントとしても人気です。

登龍峠展望

晴れた日は遠くの島々まで見渡せる絶景スポット登龍峠展望は八丈島にあり、新東京百景にも選ばれている展望スポットです。下から見上げると曲がりくねった道が天へ登る龍のように見えることからこの名が付けられました。峠の頂上近くにある展望台からは眼の前に八丈富士や神止山、眼下には八丈の町を一望でき、天気の良い日は遠くの島々まで見渡すことができる景勝地として知られています。

陣屋跡(玉石垣)

八丈島最古の玉石垣が残る島役所跡陣屋跡(玉石垣)は1528年に造られ、1908年に向里に支庁が移転するまで江戸幕府の島役所があった跡地です。現存するのはかつて陣屋を囲んでいた玉石垣だけですが、この玉石垣は八丈島の中で最も古いものとされています。玉石は流人たちがひとつひとつ海岸から運んできたもので、歴史を感じられる景観となっています。

服部屋敷跡

島の伝統芸能を堪能できる服部家の屋敷跡服部屋敷跡は江戸幕府の御用船を管理していた服部家の屋敷跡です。園内の劇場では東京都指定無形民俗文化財である樫立踊りと八丈太鼓を毎日上演しており、島の伝統芸能を気軽に楽しむことができます。樹齢700年のソテツや服部家ゆかりの器や道具類の展示なども見どころ。併設のカフェでは生パッションフルーツジュースを飲みながらのんびり寛げます。

旧港屋旅館

「伊豆の踊子」の世界観を体感できる旧旅館旧港屋旅館は旧館が明治時代に、新館が大正時代に建築された木造3階建ての建物で、川端康成の名作「伊豆の踊子」のモデルとなった旅館です。現在は「伊豆の踊子」の資料館として公開されており、踊り子たちのリアルな蝋人形が展示されています。波浮港から急な石段を登った崖の途中にあるので、素晴らしい景観も楽しめます。



おすすめアクティビティ情報





〜合わせて読みたい関連記事〜





東京旅行のよくある質問



都道府県を探す

ツアーを探す

人気スポットから探す

ホテル・旅館・宿を探す

海外ツアー

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/28