鳥取の紅葉スポット|一度は行きたい人気スポットを紹介!

四季折々の体験や景色が楽しめる鳥取県。中国地方最高峰の自然遺産「大山(だいせん)」には紅葉スポットが点在しており、その中でも注目な場所は「鍵掛峠」。岩壁と色づいたブナ林のコントラストが美しく、まるで絵画のような景色が見られます。そして「木谷沢渓流」ではブナ・ミズナラ・ケヤキといった紅葉樹と清流とが織りなす神秘的な空間が広がります。西日本屈指の紅葉が楽しめる「芦津渓(あしづけい)」では、巨岩や滝と共に楽しむ紅葉と共に、森林セラピーの体験も可能。紅葉祭りも開催される「金剛山清徳寺」では、地面が真っ赤なモミジで敷き詰められた圧巻の景色が見られます。

船上山

屏風岩を彩る鮮やかな紅葉船上山は標高615mの山で、大山隠岐国立公園内に位置します。屏風岩と呼ばれる岸壁が600mにわたって続き、例年10月下旬から11月中旬ごろまでブナやカエデ、サクラ、ナナカマドなどの紅葉が見られるのが特徴です。雄滝や雌滝のほか、鱒返しの滝の展望台から望む麓のダム風景も見どころのひとつ。頂上までは徒歩約1時間ほどです。

大山

色鮮やかなブナ樹林を眺める標高1,709mの大山は中国地方の最高峰で、日本百名山にも選ばれています。大山隠岐国立公園として国立公園に指定され、広大なブナ林の紅葉を楽しめるのがポイントです。例年の見頃は10月下旬から11月上旬ごろ。大山寺地区でのお祭りでは和傘を使用したライトアップイベントも開催され、幻想的な雰囲気を楽しめます。

三徳山三佛寺

山岳仏教の霊場の紅葉を眺める天台宗の古刹、三徳山三佛寺。山岳仏教の霊場として平安時代から信仰されているのが特徴で、重要文化財の文殊堂・地蔵堂が見られます。標高約500mの崖に建つ文殊堂からは原生林が広がる大パノラマを見渡せ、天気が良い日には日本海も望めます。例年、10月中旬から10月下旬ごろに色づきはじめ、11月上旬ごろが見頃です。

芦津渓谷

紅葉の渓谷を散策岡山県に接する智頭町に位置し、国定公園に指定されている芦津渓谷。原生林が覆い、例年10月下旬から11月上旬ごろにかけてカエデやトチ、ブナなどの紅葉が見られます。渓谷に沿って整備された中国自然遊歩道コース、ダム湖と紅葉を眺められる三滝ダム周辺コース、二ツ滝まで続く芦津源流コースの3つの遊歩道があります。

豪円山のろし台

北欧風の雄大な紅葉を眺める鳥取県西伯郡大山町に位置する展望台、豪円山のろし台。豪円山スキー場のゲレンデより登山道を登ると、北欧のような大山北壁や紅葉に包まれた大山を眺められます。条件により日本海まで見渡せるのもポイント。例年、紅葉の見頃となる10月下旬ごろには大山寺地区でイベントが開催され、和傘とのライトアップも楽しめます。

桝水高原

天空リフトから望む紅葉の絨毯大山の西側山麓、標高700〜900mの斜面に広がる桝水高原。ブナ林が広がりナラやカエデ、ナナカマドなども見られる高原で、10月下旬から11月上旬ごろにかけて紅葉の見頃を迎えます。片道7分の天空リフトを使えば眼下に広がる紅葉を眺められるのがポイント。展望台からは日本海や弓ケ浜、島根半島を一望できます。

鍵掛峠

西日本随一のブナ林を望む鍵掛峠は標高約910mに位置し、南壁を一望できるのが特徴です。手前にはブナ林があり、例年10月末ごろから色づきはじめ、紅葉の赤やオレンジと緑の木々が絨毯のように広がる景色を楽しめます。11月中旬には晩秋の紅葉と時期により異なる景色を眺められるのもポイント。周辺には一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢といった見どころもあります。

小鹿渓

名勝の渓谷美を眺める小鹿渓は、三徳川の支流である小鹿川の上流に位置し、約4kmに渡って続く渓谷です。国の名勝に指定され、瀑布や深淵、巨石を眺められるのがポイントです。約1kmの遊歩道が整備され、景色を眺めるハイキングや展望公園からの眺めを楽しめます。例年11月上旬から中旬が見頃で、イヌブナやトチノキ、サワグルミなどが色づきます。



おすすめアクティビティ情報





おすすめホテル情報





鳥取のホテルをもっと見る





〜合わせて読みたい関連記事〜





鳥取旅行のよくある質問



都道府県から紅葉名所を探す

アクティ
ビティを
見る
更新日:2021/09/17