妊娠・出産の記事一覧

「妊娠・出産」に関するまとめ記事一覧です。妊娠線、妊活サプリなど「妊娠・出産」に関するおすすめ情報をお届けします。

妊娠・出産の記事一覧の検索結果

テーマで絞る

エリアで絞る

マカナは口コミで話題の葉酸妊活サプリ!夫婦で飲んで妊活力を高めよう

makana(マカナ)は妊活経験者男女の口コミ評判がよく、雑誌でも多数取り上げられている妊活サプリメントです。産婦人科クリニックでも採用され、Webアンケートでは4冠を達成したと話題になっています。マカナは妊活に必要とされている葉酸はもちろんのこと、女性だけでなく男性に嬉しい国産マカや体を温める成分・金時ショウガなども配合。ビタミンやミネラルも豊富なので、毎日の食事では摂りきれない成分を簡単に摂取できます。夫婦で一緒に飲むことで、妊活をしっかりサポートしてくれます。マカナは無添加処方で放射線検査も実施している製品です。

mamaru(ママル)は妊娠中におすすめ?効率的に葉酸摂取しよう

「ママル」は妊活初期から妊活後期に特化した、葉酸サプリメントです。食事では摂取しきれない妊娠中に必要な栄養素も、ママルを飲むことでしっかり摂取できます。また乳酸菌や食物繊維を配合していて、腸のケアをすることもできる優れものです。ママルは無添加処方で放射線検査も行っていて品質管理も徹底。1日128円と経済的で、定期コースは15日間の返金保証付きなので、初めて葉酸サプリメントを飲む人にもおすすめ。ママルを飲む際に気を付けるべきポイントを守り、効率的に葉酸摂取しましょう。

mitas(ミタス)の妊活効果は?無添加で飲みやすいと口コミで人気

mitas(ミタス)はプレスリリースで話題となった、妊活に励んでいる女性から人気の高い妊活サプリメントです。妊活中の女性に必要な葉酸をしっかり摂取できます。葉酸以外にもビタミンやミネラル、鉄分や乳酸菌など、女性や妊婦の体づくりをサポートする成分を贅沢に配合。女性に嬉しい和漢素材の成分も配合されています。ミタスは無添加処方で、自然派嗜好の方にも向いています。またサプリメントの形状や大きさにもこだわり、飲みやすさも工夫されています。定期コースで購入すると15日間の返金保証が付くので、興味のある人には試しやすいでしょう。

葉酸は妊娠するために必要な栄養素?妊婦になってからも摂取する?

葉酸は、妊娠を考えるようになったときや妊婦になったときに積極的に摂取しておきたい栄養素です。なぜなら、お腹にいる赤ちゃんの健全な成長をサポートしてくれるからです。日本人女性の1日あたりの葉酸摂取推奨量は240μgといわれており、妊娠したら更に多くの葉酸を摂取する必要があります。食べ物から葉酸を摂取することは可能ですが、つわりなどで食事ができない場合は、葉酸サプリメントを飲むと手軽に摂取できますよ。サプリメントにはさまざまな種類があるので、ポイントを把握して選びましょう。また、葉酸以外にも鉄分・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンD・亜鉛・カルシウムなどは、妊娠希望者や妊婦にとって欠かせない栄養素です。バランスのよい食事を心がけて、妊活・妊娠ライフを過ごしましょう。

妊娠初期に必要な葉酸はどのくらい?妊婦に必要な栄養素とは

妊娠初期は、赤ちゃんを育てていく上で重要な時期です。妊娠がわかると嬉しい反面、妊婦生活がどうなるのか不安になる人もいるでしょう。妊娠がわかったらまず、葉酸や鉄分などの栄養素の摂取をおすすめします。妊娠超初期から取り入れたい栄養素です。葉酸や鉄分などは、妊婦時期に不足がちなビタミンB群の一種である、DNAやタンパク質などの生合成を促進する栄養素です。葉酸は、お腹の赤ちゃんが脳や脊髄の発達異常である「神経管閉鎖障害」になるリスクを減らす働きがあるといわれています。特に妊娠初期は胎児の発達に重要なので、食事から240㎍+サプリメントなどの栄養補助食品から400㎍を目安に摂取しましょう。

妊娠中の女性に必要な葉酸の一日の摂取量は?妊婦の強い味方!

葉酸は、妊活中や妊娠中の女性にとって欠かせない栄養素です。厚生労働省は、日本人女性の一日の食事摂取基準量として240μg、妊活中や妊娠初期は食事からの240μgに加え、サプリメント等から400μg摂取することを推奨しています。葉酸の摂取量上限や過剰摂取は、あまり気にしすぎることはありません。しかし、ビタミンB12が含まれない葉酸サプリを過剰摂取してしまうと、ビタミンB12欠乏症になる場合があります。つまり葉酸は、葉酸の働きを促す栄養素とともにバランスよく摂取する必要があります。身体に必要な量を考え、推奨摂取量を守りながら、一日分の葉酸を摂取しましょう。

妊活中の40代女性は食事も大事!妊娠しやすい体を作ろう

妊活中の40代女性が妊娠、出産するには、食事の見直しが大切です。自然妊娠率は40代から急速に減少します。一方で流産率は上昇。40代で子供がほしいと妊活しても、婦人系疾患に罹患しやすい、不妊率があがる、卵巣年齢があがるなどの理由により、妊娠できない確率があがります。 妊活で効果をあげるには、規則正しい食事や睡眠を取り入れ、卵子の質を保つことが大切です。妊活中の食事は、ビタミンやミネラルを取り入れたり、体をあたためる食べ物を摂取したりするようにしましょう。マクロビオティックを取り入れた妊活食事法を参考にするのもおすすめです。食事で摂取が難しい場合は、サプリを活用して栄養素不足をおぎなうといいでしょう。

妊活は食事から!男性におすすめの栄養素や食生活のポイントを紹介

子供が欲しいと思ったら、女性だけでなく男性も積極的に妊活に取り組みましょう。男性はまず食事習慣の見直しを行うのがおすすめ。乱れた食生活が不妊の原因となる可能性もあるので、外食の際のメニューの選び方や飲み物のチョイスなどできることから改善していきましょう。 妊活中の男性に特におすすめの栄養素は、セックスミネラルとも呼ばれる亜鉛、生殖機能アップが期待できるビタミンE、疲労ケアや精力アップに効果的なビタミンB群です。亜鉛は牡蠣やレバーなどに、ビタミンEはアボカドやうなぎなどに、ビタミンB群は卵や豚肉などの食べ物に多く含まれているので、レシピや調理方法を工夫しながら日々の食事に取り入れていくとよいでしょう。

妊活中の女性におすすめしたい!子宮にいい食べ物とは?

子供が欲しいと妊活を考えている女性は、実際にどのようなことをしたらよいのかわからない方も多いでしょう。まずは、生理が順調にきているか、冷えやすくないか、排卵日はいつかなど自分の体質や体の状態を知ることが大切です。ストレスは溜め込まないようにし、運動や趣味などの自分だけのリラックス方法を見つけてくださいね。 妊活を進めていく中で、子宮にいい食べ物や栄養素を理解しておく必要もあります。子宮環境を整える、卵子の発育や着床を促すなど栄養素にはそれぞれの働きがあります。子宮にいい食べ物を使ったおすすめレシピを取り入れながら、ラクな気持ちで、健康的で楽しい妊活ライフを過ごしましょう。

妊活で男性ができることは?今すぐ取り組める具体的な方法を紹介

妊活は女性がするものと考えている人は多いかもしれません。しかし、実は男性にもできることはたくさんあります。男性妊活の第一歩として、まずは精液検査を受けてみましょう。検査により、精子濃度や運動率など自分の精子の状態が確認できます。また、生活習慣の乱れや仕事のストレス、精巣の温めすぎ、育毛剤の不適切な使用などは男性不妊の原因となる可能性があるので注意しましょう。 そろそろ子供がほしいと思ったら、ぜひ夫婦で協力して妊活に取り組むのがおすすめ。2人で同じ目標をもち、夫婦関係を良好に保つことも妊活ではとても重要です。もし頑張ってもなかなか妊娠できないという場合は、早めに婦人科、泌尿器科、不妊治療外来などの専門医療機関を受診し、医師の指示を仰ぎましょう。

妊活で漢方薬を服用したい!妊活中におすすめの漢方薬をチェック

「漢方」は、中国から伝わった鍼灸や、食事療法も含めて日本独自に発展した東洋医学の総称で、「漢方薬」は漢方において用いられる生薬を原材料とした医薬品です。妊活や不妊治療には、漢方薬の服用だけでなく、西洋医学による検査、治療も必要です。妊活中に漢方を取り入れる場合は、西洋医学的な診断を受けた上で、周期療法に基づいた漢方薬を服用したり、食事内容を見直したりしましょう。 月経期には、血行をよくする種類の漢方薬が使われる場合もあります。排卵期には、ホルモンの分泌をよくする漢方薬を服用するなど、黄体期にスムーズに移行できるようにしましょう。ただし、漢方薬には相性があるので専門医の診断の下で使うことが大切です。効果には個人差がありますが、妊活に漢方を取り入れているブログや、漢方を服用した人の体験談も参考にできます。妊活中に体や月経周期にあわせた漢方を取り入れて、妊娠しやすい体作りをめざしましょう。

妊活におすすめの食事は?積極的に摂りたい栄養素やレシピを紹介!

妊活するなら健康状態だけでなく、日頃の食生活を見直し、栄養管理することがとても大切になります。妊活中の場合、自分だけが食生活を変えてもあまり意味がありません。夫婦揃って同じ食事を食べる必要があります。普段の食事だけで栄養素が十分摂れないというときは、サプリメントやプロテインなどを上手に活用しましょう。ストレスにならないよう、食事自体を楽しんで美味しく食べることも大切です。

妊活によくない食べ物ってあるの?妊娠力を高めるために気をつけたいこと

妊活しているなら、普段の食事を見直すことが大切です。妊娠力を下げるよくない食べ物を食べていないか、改めて振り返ってみましょう。糖質は過剰に摂取しすぎないようにします。またコンビニのお弁当やお惣菜、インスタント食品やスナック菓子などもよくない食べ物です。忙しくて自炊をする時間がなくても、たくさん食べすぎないように気をつけてください。毎日の食事で多くの栄養素を補うのが難しい場合は、プロテインや葉酸サプリなどを上手に取り入れるといいでしょう。ネット上には、妊活によい食べ物などが多く載っていますが、あまり情報に振り回されないことです。産婦人科医の専門的なアドバイスも聞きながら、妊活によくない食べ物をなるべく避けて食生活を改善してみてください。

コロナ禍での妊活は継続していい?気を付けるポイントは

新型コロナウイルス感染症が拡大している影響で、妊活を延期したり控えたりしようと考える人も少なくないでしょう。実際に、現在の状況や不安から、この先出生率が減少するだろうと予測がたてられています。コロナ禍で妊活を継続するときに気になるのは、コロナウイルスに感染したり、濃厚接触者になったりした場合の対処法でしょう。妊娠中であっても胎児に重度の障害や死産、流産があった報告はありません。しかし、妊婦が肺炎になると重症化するリスクが高まるので、感染症予防を徹底する必要があります。家族がコロナウイルス感染者や濃厚接触者に当たる場合は、接触を避け、感染症対策を行いましょう。コロナ禍で妊活を行う場合は、立ち会い出産ができるか、病院が受け入れ可能かを確認して、夫婦でよく話し合い、妊活を続けるか控えるかを決めましょう。

妊活中はお酒を控えた方がいいの?夫婦で気をつけるポイントとは

友人や道ゆく人の赤ちゃんを見て、そろそろ私たちも子供を…と考えるようになったら、妊活を意識してみましょう。妊活中は、ライフスタイルの見直しをしたり、医療機関へ行って自分の身体を把握したりすることが重要です。女性の方は生理予定日や基礎体温を毎日測って、排卵日予定を確認することも妊活を成功させるポイントに。また、お酒を控えることも忘れないでおきましょう。妊娠中、どの時期でもアルコール摂取をすると胎児への影響が考えられるからです。ただし、習慣的に飲んでいた方がいきなりお酒をやめるとストレスになる場合もあるので、無理のないペースでお酒を飲む量や頻度を減らしていく必要があります。

妊活には運動が大切!基礎代謝を向上させて妊娠しやすい体を目指そう

妊活を始めようと思ったら、まずは運動を取り入れてみましょう。運動して体内の血流量が増えると、子宮内膜の血流も良くなって、卵子が着床しやすい状態になります。加えて卵巣の血流も良くなるため、質の高い卵子をつくれるようになります。妊娠しやすい体づくりのためには、基礎代謝を高めることを目標にしましょう。ストレッチやヨガ、ウォーキングなどの有酸素運動は基礎代謝を向上させます。体が冷えると逆効果になるので、水中ウォーキングや水泳は温水プールがおすすめ。激しすぎる運動は避け、無理なく続けられることを習慣にしましょう。

妊活にはストレスが付き物?女性にとって苦しい妊娠までの流れ

妊活中は、多くの夫婦が子供を授かるために毎日一生懸命できることに取り組んでいます。しかしながら、なかなか妊娠できない現状に焦りを感じたり、経済的な負担が大きかったりすると、ストレスを強く感じることも。ストレスは妊活へ影響を与えるともいわれているので、上手に発散することが大切です。 夫婦で悩みや不安を共有しながら、健康的な生活を送り、趣味や仕事へ思考をチェンジしながら上手にストレスと向き合っていきましょう。女性は、メイクやおしゃれなファッションを楽しむだけでもストレス発散になる傾向にあるので、たまには夫婦でおしゃれをしてデートを楽しんでみてはいかがですか。

30代におすすめの妊活サプリ*人気24選

赤ちゃんを望んでもなかなか授かることができず悩む夫婦は、近年とても多くなっています。なかなか人に相談することもできず、かといって不妊治療には高額な治療費もかかってきます。まずは食生活や生活習慣の改善など、できることから始めてみるのもひとつ。そんな妊活のひとつとして人気なのが妊活サプリです。妊活サプリには妊娠前・妊娠時に摂りたい栄養素が含まれています。食事では摂りにくい栄養素もサプリならば気軽に摂取することができますね。 そこで今回は30代におすすめの妊活サプリをご紹介します。妊娠を希望している方だけでなく妊娠中の方もぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠線予防に効果的なマッサージ方法は?いつから始めればいい?

妊娠線は、急激な体型の変化に真皮や皮下組織がついていけなくなり裂けてしまった状態のことです。小柄な人や乾燥肌の人は肌が伸びにくいため、妊娠線ができやすくなってしまいます。一度できると完全に消すことは難しいので、早い時期から妊娠線予防をすることが大切です。 妊娠線を予防するには、しっかり保湿をすることや急激な体型変化を防ぐために体重管理を適切に行うこと、こまめにマッサージを行うことがおすすめです。妊娠線予防のマッサージは、マタニティ専用のボディクリームやボディオイルを使いながら手で優しくマッサージすると効果的です。毎日続けることが大切なので、赤ちゃんとふれあいながら毎日の習慣にしましょう。お腹だけでなく、胸やお尻、太ももにも妊娠線はできやすいので、しっかりケアしてください。毎日のボディケアで、出産後も美しい肌を保ちましょう。

授乳中におすすめのバストケア方法*早めの予防・対策で美しい胸を保つには?

妊娠・出産から卒乳までに、女性の胸は劇的に変化していきます。授乳中大きくなった胸は卒乳すると元通りになると思われがちですが、そうではありません。伸び切った皮膚や筋肉は元に戻ることはなく、垂れてしぼんだ風船のように張りがなくなってしまいます。そのままの状態が続くと、胸はどんどん垂れさがりしおれたままになってしまいます。 実は産後すぐは、美乳を作るチャンスなのです。授乳や子育てで大変な時期ですが、少しのことを気を付けるだけで卒乳後の胸の形は大きく違ってきます。授乳中でも使えるクリームやナイトブラなどを利用してバストケアをし、サイズアップした胸を美しくキープしましょう。

関連するテーマから探す
カテゴリから探す

コスメ・スキンケア

スキンケア、美顔器、ポイントメイク、ベースメイク、ハーブ・アロマ、石鹸・ソープ、匂い・香り、成分、ピーリング、肉割れ、かかとケア、美容整形

健康食品・サプリメント

美容ドリンク、青汁、ダイエットサプリ、口臭サプリ、お茶、CBD

ヘアケア

育毛・発毛、シャンプー・コンディショナー、ヘアパック・トリートメント、スペシャルヘアケア、ヘアスタイリング、白髪染め・ヘアカラー・ブリーチ、髪型

ボディケア・オーラルケア

デイリーボディケア、スペシャルボディケア・パーツ、その他ボディケア

ダイエット

着圧、加圧

フィットネス

筋トレ、ピラティス、ヨガスタジオ、ジム

脱毛

脱毛サロン、医療脱毛、脱毛グッズ

下着

ナイトブラ、補正下着

エステ

痩身エステ、フェイシャルエステ、ブライダルエステ、小顔矯正エステ

恋愛

結婚

婚約指輪、結婚指輪

マッチングアプリ

結婚相談所、婚活サイト、婚活アプリ、婚活・出会い、マッチング 写真

ホワイトニング、歯磨き粉、歯列矯正

レーシック

通販

食事宅配

不用品回収

ゴミ屋敷清掃、汚部屋

家事代行

ハウスクリーニング、害虫駆除、害獣駆除、害鳥駆除、エアコンクリーニング

VOD

動画配信サービス、映画、海外、国内、アジア、アニメ、ドラマ、TV

家具・家電

寝具、家電

リースバック

リバースモーゲージ

おもちゃ・知育玩具

通信教育

料理教室

wifi・simカード

ポケットwifi、置き型wifi

探偵

調査項目、浮気調査、人探し、身辺・素行調査、婚前調査、ストーカー調査、盗聴器発見、GPS調査

債務整理

自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、借金

ペット

ドッグフード、キャットフード

その他

オーダースーツ、年賀状、プログラミングスクール、結婚式場、包茎施術、ED治療、電子タバコ、占い、弁護士保険、PR、ad

終活

生前整理、遺品整理、葬儀

リフォーム・修理

雨漏り修理、外壁・屋根修理、防犯カメラ設置

買取

着物買取、毛皮買取、アクセサリー買取、ダイヤ買取、時計買取、古銭買取、骨董品買取、切手買取、酒買取

投資・資産運用

FX

クレジットカード

火葬

ペット火葬

電気工事

アンテナ工事

剪定・造園

草刈り、伐採、剪定

レビュー