アイプチの記事一覧

「アイプチ」に関するまとめ記事一覧です。「アイプチ」に関するおすすめ情報をお届けします。

人気の二重のり*おすすめ15選!

日本人の7割が一重まぶただと言われており、一重まぶたもクールビューティーな印象で独特の美しさがあります。ですが、最近では手軽な埋没法などのプチ整形を受けて二重まぶたにする人も多くなっているようです。クリニックに行くのはハードルが高い…など、一重まぶたにコンプレックスを持ちつつも整形手術に抵抗がある人におすすめなのが、メイク時に二重まぶたを作るアイテム・二重のりです。もともと二重だけれど、より美しいラインを求めて二重のりが使われることもあります。今回は口コミで人気の二重のりおすすめ15選を紹介します。

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。 自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

二重になる方法は何がある?簡単なおすすめのやり方を紹介

二重のパッチリした目に憧れる方もいるでしょう。一重や奥二重でも、二重になる方法はたくさんあります。手軽なのはアイプチ。またアイテープもおすすめです。きれいな二重に見せるなら、日々のケアが有効です。マッサージや眼輪筋を鍛えて、目元が乾燥しないよう保湿も心がけましょう。またメイクで二重を演出したり、つけまつげで目元を印象づけたりもできます。美容外科や美容皮膚科で二重の手術を受けるやり方もあります。アイプチなどを使って自分で二重ラインを作ることもできますが、時間をかけずに二重になりたいなら、手術も検討するといいでしょう。

関連するテーマから探す
カテゴリから探す
ピックアップ記事