おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

ベルギーの都市一覧 旅行ガイド

ベルギーの人気都市

1〜24件を表示 / 全24件

  • ブリュッセル

    ベルギーの首都ブリュッセルは人口約15万人のベルギー最大都市であり、EUの主要機関が置かれるなど、欧州の政治の一拠点としても知られている。気候は通年温暖で、世界遺産にも登録されるほど美しい町並みは、「小パリ」とも呼ばれている。歴史や美術に大きな足跡を残す古都で、公用語はフランス語とオランダ語の2ヶ国語。 ブリュッセルといえば小便小僧が有名だが、ワッフル、チョコレート、ムール貝、ビールなど、グルメが溢れる街としても知られている。周辺各国からの列車のアクセスも良く、ユネスコの世界遺産・グランプラスや、美術館、博物館巡り、蚤の市、レストランなどの街歩きが楽しめる。

  • ブルージュ

    ブルージュはベルギー北西部に位置し、「北のヴェネツィア」「屋根のない美術館」「水の都」の異名をとる街である。その美しい街並みは多くの観光客を集めており、他にも伝統的なレース産業や造船業が盛んだ。この街には3つの世界遺産が登録されており、いつの間にか中世にタイムスリップしたような気分を味わう事が出来る。 多くの観光スポットに車は無用で、歩いたり、運河をボートでクルーズしたり、馬車で石畳の道を走れるのも魅力。 見所は歴史的・芸術的な建物、美術館や博物館、チョコレートやレースの店、レストランなど。この自由都市は芸術を愛し、フランドル画家などのアーティストたちを庇護したことでも知られている。

  • アントワープ

    アントワープはベルギー第2の都市といわれ、世界のダイヤモンド取引の中心地であり、世界で5番目に大きな港があることでも知られている。王立芸術アカデミーが輩出したファッションデザイナーの活躍も目覚ましく、活気あるコスモポリタンシティである。 また、バロック絵画の巨匠ルーベンスの故郷でもあり、今も尚未完成のノートルダム大聖堂は「フランダースの犬」の舞台としても有名。中世の歴史的建造物からアールヌーヴォー様式、近代様式の建物までさまざまな美しい建物を目にすることが出来る。観光には自転車が一般的のようだ。気候は年間を通じて小雨が多く、天候が変わりやすいのが特徴である。

  • ゲント

    ゲントは約25万人が暮らすベルギー第3の都市で、花の都市という異名を持ち、鑑賞用植物の輸出で栄えている。その水辺の風景の美しさも格別だ。ブルージュと並ぶフランドルの古都で、16世紀頃、商人や職人が富を誇示するために競って建てたギルドハウスといった中世の歴史的建造物も多く残っている。 中世の輝かしい過去と、活気に満ちた現代とが調和する見どころ満載の街である。中でも、聖ニコラス教会や聖バーフ大聖堂、世界遺産にも登録されている鐘楼などが有名で、聖バーフ大聖堂では、ファンアイク兄弟など、フランドル美術の巨匠たちの作品を鑑賞できる。中心部は歩行者天国になっているのも特徴の一つである。

  • ディナン

    ディナンはムーズ川に沿ったベルギー南部ワロン地方にある街で、中世以来のディナンドリーと呼ばれる銀細工や真鍮細工で有名である。また、サックス(楽器)の発明者、アドルフ・サックスの生まれた街でもあり、町のいたるところにサックスのオブジェが飾られている。 ディナンのランドマークは断崖絶壁の上にあるシタデル(城塞)や、その麓にあるノートルダム教会で、断崖絶壁からは紺碧の海を眺めることができる。街の名物はクック・ド・ディナンという堅焼きビスケットで、アドルフ・サックスにちなんで名付けられたアドルフ・サックス通りではこのクック・ド・ディナンや特産の真鍮細工(ディナンドリー)がお土産として売られている。

  • リエージュ

    リエージュはベルギー東部ワロン地域のリエージュ州にある鉄鋼業の盛んな工業都市で、オランダとドイツの国境に近く、ブリュッセルからは電車で1時間程度の場所に位置する街。丘陵地に囲まれ、街の中心にムーズ川が流れるリエージュはワロン南部の中心地で、古くからヨーロッパ各地の交易の中継地として栄えてきた。 旧市街の中心マルシェ広場に立つペロンの噴水は、市民の自由のシンボル。観光スポットはその他にも、サン・ランベール広場にある宮殿や、教会などの古い建築物やオシャレなカフェやレストランなどがあり、見どころがたくさんあるこの街は大勢の人で賑わっている。

  • ナミュール

    ナミュールはベルギーのワロン地域の都市で、首都ブリュッセルの南東約60キロに位置する人口10万人の小ぢんまりとした街である。ローマ時代からの交易の要衝地で、中世初期のフランク王国時代に城砦が建設され、城下町として繁栄してきた。 ワロン工業地帯の重要な商業・産業中心地でもあり、機械生産、製革業、製鉄や磁器生産を行っている。「ムーズ川の真珠」と讃えられる美しい街並みや美しい自然に囲まれたこの街は、古城巡りの拠点となっている。ムーズ川とサンブル川では、旧市街を眺める船の観光クルーズを楽しむことができる。大聖堂や博物館、美術館なども観光スポットの見どころといえる。

広告