おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

カリブ諸島のカテゴリ一覧

カリブ諸島の都市一覧 旅行ガイド

カリブ諸島の人気都市

1〜20件を表示 / 全20件

  • セント・マーチン島

    セント・マーチン島は、カリブ海に浮かぶリーワード諸島にある小さな島です。島の北側をフランス領、南側をオランダ領と2か国に統治されている国で、それぞれフランス語でサン・マルタン(仏: Saint-Martin)、オランダ語でシント・マールテン(蘭: Sint Maarten)と呼ばれています。パスポートチェックなしに簡単に両サイドに行けて、2つの文化を同時に体験できる魅力的な島です。有名な観光スポットには、マホビーチから見える離着陸する飛行機があります。ジャンボ機が真上を飛ぶ迫力は他では味わえないものです。また島内は完全に免税となっているので、ショッピング、グルメなレストラン、カジノなどさまざまな楽しみ方ができます。

  • アンギラ

    東カリブ海に浮かぶイギリスの海外領土となっているアンギラは、国土面積は91平方キロメートル、人口はわずか約1万5000人のこぢんまりとしたリゾート地となっています。1493年にかの有名なコロンブスに発見されたのちに、ヨーロッパ侵略が始まり戦争を経て、欧州の領土になった島の一部です。「世界で最も美しい海」があるとされており、人口に対して、年間外国人来島者数は2013年時点では約6万9,000人も訪れています。本島と小さな島で構成され、すぐ近くにあるオランダとフランス領でもあるセント・マーチン島を見ることができる「ランデブーベイ」、ボートで訪れることができる「リトルベイ」など様々なビーチが点在しています。観光スポットでは、先史時代の岩面彫刻を見ることができる「ビッグ スプリング洞窟」、また野生動物の保護区となっている「イーストエンド池」などが自然保護地域に指定されています。

  • ハイチ

    ハイチはカリブ海に浮かぶ、イスパニョーラ島の西側に位置する島です。西側がハイチ、東側をドミニカ共和国になっています。1492年にクリストファー・コロンブスが発見したのが始まりです。総面積2万7750k㎡で北海道の約3分の1ほど、約1千万人が住んでいます。公用語はハイチ・クレオール語とフランス語で、通貨はハイチ・グールドを使用しています。熱帯海洋性気候で一年を通して蒸し暑く、4月から10月が雨季、40℃近くに気温が上がる日もあります。首都ポルトープランスにはハイチの文化や歴史を学べるパンテオン博物館や絶景スポットのブティリエ展望台などがあります。シタデル、サン・スーシ城、ラミエール国立歴史公園は世界遺産に登録されています。主な産業はサトウキビや米、コーヒー豆の栽培です。主食は米で、スペインやフランスと南米の料理が混ざったハイチ料理が食べられます。

  • グアドループ

    グアドループはカリブ海南部に位置する、フランス領の島です。グランドテール島やバステール島、マリー・ガラント島などの群島で、総面積1705k㎡の島に約40万人が住んでいます。グアドループという名はグアダルーペの聖母にちなんでコロンブスが名付けたものです。公用語はフランス語とクレオール語で、フランスと南米料理をミックスしたスパイシーなクレオール料理が有名です。一年を通して温暖な日が続き、平均30℃前後と過ごしやすい気候です。サトウキビやバナナの栽培が行われ、砂糖やラム酒の製造が盛んです。島の中心ポワンタピートルではレストランやショップ、お土産屋さん、ホテルが並んでいます。自然豊かなグアドループ島では熱帯雨林の中をトレッキングしたり、白い砂浜のビーチでシュノーケリングやダイビングなどのアクティビティを楽しめます。

  • マルティニーク

    マルティニークはカリブ海の南側にある島で、フランスの海外県のひとつです。コロンブスが「世界で最も美しい場所」と称賛したことでも知られています。曇りの日が多い島で、夏は蒸し暑く、冬は暖かいのが特徴です。公用語はフランス語で、通貨はユーロになります。マルティニーク島の語源は島に住んでいたカリブ族の言葉で、花の島を表すマディニーナと女の島という意味を持つマティニーノからきているといわれています。首都のフォール・ド・フランスで、熱帯植物が見られるバラタ植物園や17世紀に作られたサン・ルイ聖堂、考古学だけでなくのマルティニーク歴史や文化が学べるマルティニーク考古学博物館などみどころもたくさんあります。地元料理を楽しむならマルシェに行きましょう。カリブ料理とフランス料理が融合してできたクレオール料理が有名です。

  • ケイマン諸島

    ケイマン諸島はキューバから南へ約241kmのカリブ海の北西に位置するイギリス領の島です。リトルケイマン島、ケイマンブラック島、グランドケイマン島の3島からなり、島には約6万人が生活しています。年間を通して熱帯気候なため、11月~4月までは乾季、5月~10月は雨季になり、5 月と10月は降水量が最も多くなります。カリブ海有数のビーチリゾートで知られるケイマン諸島で人気のセブンマイルビーチは、エメラルドグリーンの海が広がり、ダイバーの聖地にもなっています。首都のジョージタウンは3島の中で一番大きなグランドケイマン島にあり、熱帯地方特有の動植物が生息しています。クイーンエリザベス2世植物園やケイマン・タートル・ファームなど見どころもあります。ラム酒の生産地でもあるケイマン諸島ではケイマン・スピリッツ蒸留所の見学もでき、お土産にラム酒やラムケーキが人気です。

  • アンティグア・バーブーダ

    カリブ海東部にある小アンティル諸島に位置している、バーブーダ島、レドンダ島、アンティグア島からなるひっそりと浮かぶ青い空と青い海が広がる島、アンティグア・バーブーダ。イギリス連邦加盟国であり、かつ英連邦王国の一国となっています。面積は種子島とほぼ同じと言われる 440平方キロメートルであり2016年での人口は10.1万人です。元々は1493年にコロンブスが発見したことにより、その後米国植民地となったことを経て1981年に独立しました。首都セントジョンズがあるアンティグア島は車を使って1日で島を一周できる、こぢんまりとした島です。島内には南国らしいトウキビ畑があったり、サンゴ礁のビーチや熱帯雨林があったりまた国立博物館もあり、植民地時代の工芸品などを見られます。ビーチが多く、プライベートヴィラが立ち並んでいるので長期滞在するにはとてもおすすめです。

  • アルバ

    ベネズエラ沖合カリブ海の南、南米ベネズエラから北側に約25kmのところに浮かぶ、オランダ領の島、アルバ。東にある2つの島、ボネールとキュラソーそれぞれの頭文字をとって「ABC諸島」とも言われています。総面積は193km²とこぢんまりとした島ですが15か所を超える美しいビーチがあり、また1年を通して晴れの日が多く平均気温は27度前後なので快適に過ごしやすいため多くの観光客が日々足を運んでいます。1番おすすめの「イーグルビーチ」では夕方に水平線に沈む真っ赤な太陽のサンセットを眺めることができるが特徴的です。市内はヨーロッパの影響を受けて、パステルカラーのかわいらしい建築物が立ち並んでいます。住民は、ヨーロッパ系の黒人や白人以外に先住民の血が混じる人々が住んでいるため、現地の公用語パピアメント語をはじめ、英語やスペイン語、オランダ語などが話されています。

  • トリニダード・トバゴ

    トリニダード・トバゴはカリブ海の南に位置し、トリニダード島とトバゴ島からなる島です。総面積は5128㎢で日本の千葉県と同じくらいの大きさです。年間を通して暖かく、平均気温は28℃になります。首都はポートオブスペイン、公用語は英語が使われています。島を訪れる場合、日本からの直行便がないため、カナダやアメリカの主要都市で乗り継いで行く方法が一般的。透明度の高いことで知られるピジョン・ポイント・ビーチでシュノーケリングやダイビングを楽しんだり、亜熱帯に生息する植物や動物にも出会えます。ドラム缶の楽器を使ったスチールパンやアップテンポなダンスミュージックのソカの発祥の地としても有名。毎年2月開催されるトリニダード・カーニバルは、ブラジルのリオのカーニバル、イタリアのヴェネツィアのカーニバルに並ぶ世界の三大カーニバルに数えられています。

  • セントクリストファー・ネイビス

    セントクリストファー・ネイビスはカリブ海に浮かぶ、セントクリストファー島とネイビス島の2つからなるリゾート地です。面積262㎢の小さな島で、日本の西表島と同じくらいです。年間を通して温暖な気候で過ごしやすいのが特徴です。イギリス連邦加盟国で公用語は英語、通貨は東カリブドルが使えます。島を訪れる場合、日本からの直行便がないため、アメリカの主要都市で乗り継いで行く方法が一般的です。首都のバステールで人気の観光スポットは美しいコックルシェルビーチ。ビーチにはパラソルやビーチチェアがずらりと並んでいます。スキューバダイビングやドルフィンウォッチングなどのツアーも充実しています。17世紀から18世紀の間に作られた、ブリムストーン・ヒル要塞国立公園は1999年に世界遺産に登録されており、海が一望できる絶景スポットとしても知られています。

  • セントルシア

    セントルシアはカリブ海の東に浮かぶ、面積616㎢の小さな島です。熱帯性気候で、年間を通して気温が高く蒸し暑いのが特徴です。イギリス連邦加盟国のため、公用語は英語、通貨は 東カリブ・ドルです。島の名前の由来はコロンブスが発見した日が聖ルチアの祝日だったことから付けられたといわれています。セントルシアの首都・カストリーズから車で1時間ほどのところにはハイキングやシュノーケリングが楽しめる国立公園やサルファー・スプリングスの泥温泉など魅力的な観光スポットもあります。毎年5月にはジャズフェスティバル、7月には伝統楽器スチールパンとダンスのカーニバルが開催されます。島の南西部にあるプチ・ピトン山とグロ・ピトン山の2つの山は、見た目が似ていることから双子の山として知られています。2004年には、ピトン管理エリアとして世界遺産に登録されています。

  • オランダ領ボネール島

    ボネール島はカリブ海南部に浮かぶオランダ領の島です。オランダの特別自治体として、シント・ユースタティウス島とサバ島と合わせてBES諸島とも呼ばれています。総面積294 km²の小さな島に約1万5千人が生活しています。世界でも珍しいフラミンゴの生息地のひとつで、空港はフラミンゴ空港と名付けられています。島の中心のクラレンダイクにはオランダ人によって1639年に建てられたが要塞あり、オランジェ城砦として今も歴史を物語っています。レストランやショップ、お土産屋さんも並んでいます。ビーチでは海水浴や乗馬、スキューバダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティが楽しめます。ボネール島の名物グルメはヤギの肉を煮込んだカブリトストーバや魚のさっぱりとしたスープのソパ・ディ・ピスカが有名です。元旦にはカーニバルが開催され、派手なコスチュームに身を包んだダンスやパレードが行われます。

  • モントセラト

    モントセラトはカリブ海に浮かぶイギリス海外領土の島の一つです。モンセラットとも呼ばれる火山島で、年間を通じて蒸し暑く乾燥しています。公用語は英語、通貨は東カリブ・ドルです。島の面積は102 km²で人口は約5000人、首都はプリマスです。1995年に起きたスーフリエール・ヒルズ火山の噴火により、プリムスの町は消滅、現在でも許可されたツアー以外立ち入ることはできません。旅行者にはスーフリエール・ヒルズやモントセラト・ボルケーノ天文台、モントセラト国立博物館などの観光スポットが人気となっています。ランデブービーチはシュノーケリングやダイビングスポットとして有名です。モントセラトの名物グルメはゴート・ウォーターと呼ばれるシチュー。トマトやタマネギなどの野菜とヤギの肉を煮込んだスープで、パンやワインとの相性も抜群です。

  • シントユースタティウス島

    シントユースタティウス島はカリブ海のリーワード諸島に位置する島です。シントユースタティウス島とボネール島、サバ島を合わせてオランダ本国の一部という意味を持つBES諸島とも呼ばれます。島の総面積がわずか21km²、人口は3800人の小さな火山島です。港町のオラニエスタッドが中心地で、18世紀には交易の中心地として栄えていた場所です。公用語はパピアメント語、オランダ語、英語で、通貨はUSドルが使用されています。シントユースタティウス島を訪れるなら、12月中旬から4月中旬が暖かくて過ごしやすいベストシーズンです。スキューバダイビングやシュノーケリングが楽しめるダイバーの聖地としても有名。バルボーベン国立公園やフォート・デ・ウィンド、シントユースタティウス歴史博物館など自然や文化、歴史が学べるスポットも多くあります。

  • グレナダ

    グレナダはカリブ海の東南に位置するイギリス領の島です。1498年にクリストファー・コロンブスが発見したのが始まりです。国旗にはナツメグの実が描かれ、ナツメグの生産が盛んな地域としてスパイス・アイランドとも呼ばれています。ほかにはカカオ豆の生産量も多く、グレナダ産のチョコレートはお土産屋さんで売られています。1年を通して暖かく、平均26℃前後と過ごしやすい気候が特徴です。島の総面積は344km²で、約10万人が住んでいます。首都セントジョージには18世紀のフォートジョージなどの遺跡が残り、ビーチ沿いにショップやホテル、グルメスポットが集まっています。ブルーの透明度の高いビーチでは海水浴やシュノーケリングなどのビーチアクティビティが楽しめます。グレナダの人気観光スポットのひとつ・海底美術館は海中にジェイソン・デカイレス・テイラーの彫刻作品が約500体沈んでいます。

  • サバ島

    サバ島はカリブ海に浮かぶオランダ領の小さな島です。断崖絶壁の多い活火山で、オランダ領土の最高峰・約900メートルのシーナリ山が島の中央にあります。島にはザ・ボトム、ウィンドワードサイド、セントジョーンズなどいくつかの集落があり、中でも一番大きな南西部のザ・ボトムは約1400人が生活しています。サバ島を訪れるには、シント・マールテン島からフェリーでフォート・ベイの船着場まで行くか、シント・マールテン島かシント・ユースタティウス島から飛行機でファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場までアクセスするかになります。長さ400メートルの滑走路は世界一短いことで知られ、離着陸はスリルが味わえると観光客に人気です。サバ国立海洋公園でカリブ海の生き物を観察したり、トレッキングやダイビングなどのアクティビティを楽しみながら、自然に触れ合えます。

  • セントビンセント・グレナディーン島

    セントビンセント・グレナディーン島は、カリブ海のウィンドワード諸島に位置する、セントビンセント島とグレナディーン諸島からなる島です。英連邦王国の一つで、面積はわずか344km²と日本の種子島よりやや小さい島には、約11万人が生活しています。年間を通して雨の日が多く、平均気温は25度前後です。公用語は英語で、通貨は東カリブ・ドルが使えます。透明度の高いプリンセスマーガレットビーチをはじめたくさんのビーチがあり、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のロケ地としても有名です。スキューバダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティが楽しめます。首都のキングスタウンには、熱帯植物や動物が見られるボタニカルガーデンズや新鮮な海の幸が並ぶ市場、大聖堂、ショッピング街などがあり、観光客のほとんどが訪れる人気のスポットです。

  • キュラソー島

    キュラソー島はベネズエラから北に約60kmのところに位置するオランダ領の島です。総面積444km²で、日本の種子島ほどの小さな島には約15万人が生活しています。1997年にユネスコ世界遺産にも登録された、主都ウィレムスタットには17~18世紀に建てられたオランダ植民地時代の建物が残り、ポップでカラフルなかわいらしい街並みを楽しめます。ビーチリゾートとして知られるキュラソー島で一番人気の ケネパ・ビーチではシュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティが盛んです。キュラソー島の名物といえば、キュラソー酒が有名です。キュラソー島産のオレンジ果皮を使用したことから名づけられたお酒で、カクテル作りには欠かせないものです。日本人に馴染みのないイグアナ料理もキュラソー島ならでは。スープや唐揚げなどに調理され、癖がない鶏肉のような食感を楽しめます。

  • サン・バルテルミー

    サン・バルテルミーは、カリブ海に浮かぶ小さな島で、海外セレブに愛されるビーチリゾートです。1493年にクリストファー・コロンブスによって発見された場所で、現在はフランス領になっています。島の面積は約25㎢で、1周するなら車1時間ほどで回れます。日本からサン・バルテルミーを訪れるなら、サン・マルタン島から飛行機もしくはフェリーでのアクセス方法があります。島の中心、グスタビアは観光客向けのショップやレストランなどが並ぶ人気のスポットで、高級ブランドショップからファッショングッズ、雑貨店、お土産屋さんなどさまざまなショップがあります。丘の上に建つカルル要塞からはグスタビアの街やシェルビーチが見られる絶景スポットとして有名。美しいと称賛されるシェルビーチではシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツが楽しめます。

広告

運営会社