おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

嘉義 自然・景勝地 のおすすめ情報

このページでは嘉義にある自然・景勝地を紹介しています。雄大な自然が広がる景勝地は、旅行や週末のお出かけにぜひ訪れたい場所です。青く透き通った海や、広大な大草原、神秘的な洞窟・鍾乳洞など、大自然は私たちの想像を超える絶景を見せてくれます。貴重な景観や、野生の動植物が生息する場所は、ユネスコ世界遺産や、国の自然保護区などに指定され、観光名所にもなっています。アメリカのグランド・キャニオン国立公園や、オーストラリアのウルル=カタ・ジュタ国立公園のように、壮麗な滝や湖、森など、見どころがいくつも詰まった自然公園も人気です。観光スポットやリゾート地として知られる自然豊かな場所では、マリンスポーツや森林浴、トレッキングなど、さまざまなアクティビティを体験できます。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

嘉義 自然・景勝地 のまとめ記事一覧

1〜2件を表示 / 全2件

  • まとめ

    【台湾】嘉義で野球魂が燃える映画『KANO』にまつわるスポット5選

    嘉義 - 自然・景勝地

    台湾の嘉義(かぎ)市は、台湾南部に位置する中核市。北回帰線が通っており、夏至の正午には、太陽が真上にくる影のない瞬間を味わえる場所としても知られています。また、日本との歴史も古く、2014年の台湾映画『KANO‐1931海の向こうの甲子園』の舞台にもなっています。この映画は日本統治時代の昭和6年(1931)に、嘉義農林学校が台湾代表として日本の甲子園で準優勝したという実話を元にした物語です。漢人、日本人、先住民からなる弱小野球部に近藤兵太郎監督が新任。ナインたちは近藤監督のもと甲子園の夢を追いかけ、友情や仲間との絆、民族の壁を越えた団結が生まれていく感動映画です。近藤監督を永瀬正敏、烏山頭(ウサントウ)ダムを建設した八田興一を大沢たかおが演じました。そんな台湾の方々に愛される、この映画にまつわるスポットを5つ紹介します。

  • まとめ

    【台湾】嘉義でおすすめの観光スポット8選!出発前にチェックしておこう

    嘉義 - 森林・ジャングル,寺院・教会,旧市街・古い町並み

    嘉義は、台湾の南部に位置している街です。観光都市として栄えている一帯であり、日本の統治時代の名残を感じられるような街並みや、観光スポットが数多く残されているのが特徴となっています。日本のレトロな風景が楽しめるということもあって、日本人観光客からも注目されているエリアです。 有名な観光スポットでは、2015年に日本で公開された映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』のロケ地として使用されたスポットで、現在は見学場所兼おみやげショップとして利用されている「KANO故事館(檜意森活村)」や、日本建築の建物が易者として利用されている「檜意森活村」、当時の日本の木材の運搬を目的として造られた「阿里山森林鉄道」などがあります。伝統的な食事を楽しめる食堂も数多くあります。

嘉義 自然・景勝地 のスポット一覧

0件を表示 / 全0件

嘉義 自然・景勝地 に関するスポットが見つかりませんでした。
地域やカテゴリを変更してもう一度検索してください。

広告

運営会社