おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

広告

クロアチアの都市一覧 旅行ガイド

クロアチアの人気都市

1〜16件を表示 / 全16件

  • ドブロブニク

    ドブロブニクはクロアチア最南部に位置し、地中海貿易で栄えた歴史を持つ都市。鮮やかなオレンジ色の屋根と白壁、紺碧のアドリア海のコントラストが美しい街並み。世界遺産にも登録された旧市街はその景観美から「アドリア海の真珠」ともいわれ多くの人を惹きつけている。 ドブロブニクの旧市街を取り囲む約2kmの城壁は歩いて一周できる遊歩道になっており、カフェや売店、展望台もあり景色を一望できる。城壁からの眺めは絶景で、歴史ある建物を上から見下ろすことができる。旧市街の東側にあるバニェビーチは岩場ビーチの多いドブロブニクでは珍しい白浜のビーチです。

  • クルク島

    クロアチア西部、アドリア海に浮かぶ島の中で最も大きく、最北端に位置する島、クルク島。人口約17,000人、主な町はクルク。島には紀元前10世紀から人が定住しており、古代ローマ内乱時代には、クルクの湾でユリウス・カエサル対ポンペイウスの艦船が海戦を繰り広げた歴史もある。現在はクロアチア本土とは、1980年に架けられた長さ1,430mの橋で結ばれている。 海岸保養地として有名で、南ドイツや東欧から観光客が訪れている。クルクの城壁に囲まれた旧市街には、中世に同地を統治したフランコパン家が建造した城塞のほか、大聖堂、ベネディクト修道会とフランチェスコ修道会の修道院などがある。

  • ザグレブ

    クロアチア共和国の首都で同国最大の都市で、クロアチア北西部サヴァ川河畔に位置し、メドヴェドニツァ山の南斜面にあります。 この地の多くの博物館はザグレブとクロアチアの歴史、美術および文化を反映しているばかりでなく、ヨーロッパや世界のものも収めています。およそ30件ある博物館、美術館に360万点を越えるさまざまな展示品が収められており、ザグレブ考古学博物館には、45万種近い考古学的遺産やモニュメントがあります。収蔵品の中でも最も有名なのは、エジプトコレクション、ザグレブミイラと包帯、世界最古のエトルリア碑文、および硬貨のコレクションです。博物館の一角は主にローマ時代に遡る石のモニュメントのコレクションに割り当てられています。

  • シベニク

    シベニクはクロアチアのほぼ中央に位置する歴史的都市です。旧市街には15世紀に150年ほどかけて建造された聖ヤコブ大聖堂があり、石造建築の教会の中で世界で一番大きく、世界遺産にも登録されました。シベニクのシンボルである大聖堂は観光客も多く、夜のライトアップは神秘的です。 曲がりくねった狭い石畳の路地や階段が石造りの家の間を縫うように入り組んでいて、車や自転車が進入禁止の旧市街は雰囲気を楽しみながら散策できる。高台にある聖ミカエル要塞からはアドリア海やクルカ川、シベニクの街並み、聖ヤコブ大聖堂も上から一望でき絶景。

  • トロギール

    クロアチアのスプリト市の西に位置し、アドリア海に面した港町。世界遺産にも登録されている古都トロギールは、古代ギリシャ、古代ローマ、中世のベネチア共和国の影響が色濃く残っており、様々な時代の建物が保存されている。 トロギール最大の建物である聖ロブロ大聖堂はロマネスク、ゴシックなど様々な建築様式が混在し、多くの建築家に興味を持たれ、繊細な彫刻が素晴らしい。トロギールの旧市街は城壁で囲まれ、カメレンゴ要塞からはトロギールを一望できる。博物館や時計塔が建ち、迷路のような細い路地が多い旧市街はゆっくり散策できる。

  • スプリト

    カシテラ湾とスプリト海峡との間にある半島に位置するクロアチア第二の都市。1000以上の島が浮かぶアドリア海の小島を巡る拠点としても観光客が多く、美しく澄んだ深いブルーのアドリア海と歴史を感じる美しい街並み。歴史的建造物も多く見どころ溢れる都市。 街の中心にはローマ時代の旧市街が広がっており、ディオクレティアヌス宮殿とその周辺の歴史地区はユネスコ世界遺産に登録されている。ローマ時代の史跡に人々が街を造り、暮らしている不思議で珍しい場所であり、宮殿はスプリトの最大の観光名所です。旧市街で歴史に触れ、海外沿いではリゾート気分が味わえます。

広告