おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

広告

チェコの都市一覧 旅行ガイド

チェコの人気都市

1〜9件を表示 / 全9件

  • プラハ

    プラハほど魅力的な町は少ないでしょう。その歴史は数千年前の、旧石器時代初期における移民からはじまるといえます。紀元前2世紀にケルト民族が到来して様々な遺跡を残し、6世紀後期にはスラブ民族がはじめてこの地方に現れます。9世紀に、政権を握るジェミスル族の公爵がここに自らの都を置き、後ほどのボヘミア王国の首都となります。プラハの866ヘクタールもある歴史的な中心部は保護地区とされ、その中にはプラハ城、ハラドチャニ地区、小地区、カレル橋、旧市街とヨセフォフ、ユダヤ人の地区、新市街、ヴィシェフラッドなど、そのほかにも様々な名所が残っています。プラハは1992年にユネスコの世界遺産として登録されました。

  • チェスキー・クルムロフ

    チェスキー・クルムロフ市は、ゆたかな思い出をつくるのには最高にいい、南のチェコにあります。町はそれほど大きくはありませんが、昔風の雰囲気がただよって、非常に魅力的です。その独特な長い歴史を思わせる建築のために、1992年にユネスコの世界遺産に登録されました。しかし、チェスキー・クルムロフ市、それは歴史ばかりではなく、文化と芸術の都市でもあり、忘れられない時間を過せます。年中行われる様々な文化行事のメニューも面白いでしょう。博物館と美術館のほかに、七つの音楽祭、また伝統的な文化祭などを満喫、夜には素晴らしい夜景を見ながら散歩し、あるいは昔風のパブでゆっくりと坐って時間をすごすのもいいでしょう。綺麗な自然に囲まれて、特別な経験をもとめる人々をひきつける町に違いないでしょう。

  • クトナー・ホラ

    クトナー・ホラは、その名前が示すように、昔は銀が採掘される場所でした。1142年に近くのセドレツ村でシトー修道会が創立され、13世紀にはもとの鉱山村クトナ・アンティクヴァが設立され、まもなく豊かな町となりました。1300年に、ボヘミア王ヴァーツラブ第二世がここで鉱山法「イウス・レガーレ・モンタノールム」を公開し、同年に王国のコインの改革をはじめました。凡そ百年後にヴァーツラヴ第四世はカレル大学の改革を進める法律をここで発表します。クトナー・ホラは、ボヘミア王国の宝庫といわれ、その豊かさはボヘミア王国を長く支えました。こうした歴史と様々な遺跡により、1995年にクトナー・ホラは世界遺産として登録されました。

広告