おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ドイツ 自然・景勝地 のおすすめ情報

このページではドイツにある自然・景勝地を紹介しています。雄大な自然が広がる景勝地は、旅行や週末のお出かけにぜひ訪れたい場所です。青く透き通った海や、広大な大草原、神秘的な洞窟・鍾乳洞など、大自然は私たちの想像を超える絶景を見せてくれます。貴重な景観や、野生の動植物が生息する場所は、ユネスコ世界遺産や、国の自然保護区などに指定され、観光名所にもなっています。アメリカのグランド・キャニオン国立公園や、オーストラリアのウルル=カタ・ジュタ国立公園のように、壮麗な滝や湖、森など、見どころがいくつも詰まった自然公園も人気です。観光スポットやリゾート地として知られる自然豊かな場所では、マリンスポーツや森林浴、トレッキングなど、さまざまなアクティビティを体験できます。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

ドイツ 自然・景勝地 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全36件

ドイツ 自然・景勝地 のまとめをもっと

ドイツ 自然・景勝地 のスポット一覧

1〜5件を表示 / 全59件

  • スポット

    ローレライ

    その他の都市 - 山・渓谷

    ローレライは、ドイツを流れるライン川の水面から130mほど突き出た姿を見せている岩山です。ライン川の流れでは幅が一番狭くなる場所で流れも急になり難所とされてきました。 またこの岩は「妖精の岩」とも呼ばれ、古くからローレライ伝説が残っています。この川をゆく船乗り達が岩山の近くにくると、どこからともなく歌声が聞こえてくるのです。その歌声は岩山の上に姿を現した美少女でした。この姿に誘惑され、急な川の流れに飲み込まれ命を落とす船頭が多くいたと伝わっています。 今では岩山の上に、ローレライ伝説の少女の彫刻が置かれています。

  • スポット

    ハルツ国立公園

    その他の都市 - 山・渓谷

    ハルツ国立公園は、古くから神秘的な山、特に中世では魔女の住む山として認知されてきた場所で、ドイツの詩人ゲーテやハイネらが滞在し、紀行文を残しました。 第二次世界大戦後はハルツに東西ドイツの国境が引かれ分裂しましたが、1990年の再統一後に観光地として再び脚光を集め、2006年には国立公園に指定されました。 公園内には標高1141mのブロッケン山があり、人気のハイキングコースになっています。ブロッケン山の霧が立ち込める山頂に光が水平に差し込む時、光を背にして立つ人々の影が霧の壁に移り、影の回りに光の輪ができる現象「ブロッケン現象」が見られることで知られています。

  • スポット

    フォルクゲン湖

    ロマンチック街道周辺 - 滝・河川・湖

    ドイツのバイエルン州にある街フュッセンの、北にあるのがフォルクゲン湖です。 フォルクゲン湖は、流れ込むレヒ川をせき止めるために作られた人工湖で、面積が約15.2㎢あり、バイエルン州で5番目の大きさを誇ります。そのレヒ川が流れ込んでいるため、湖面は乳白色がかっており幻想的。 散歩コースやサイクリングコースも整備され、湖畔や湖をはさんで見えるノイシュバンシュタイン城の美しい風景が楽しめることが魅力。2つの船が2つのルートで遊覧船を運航しており、ゆったりと美しい風景を臨めおすすめです。その他、釣りやセーリングなども楽しめます。

  • スポット

    トルフハウスムーア(泥炭湿原)

    その他の都市 - 山・渓谷

    トルフハウスムーア(泥炭湿原)は、ハルツ国立公園内にある広さ30haほどの湿原です。 約1万年前からの泥炭層が地下5mほど蓄積しており、18世紀に泥炭の採掘がおこなわれていたところからトルフハウス(泥炭)という名前が付けられました。泥炭は泥状の炭で、採取して乾かせば燃料として使用することができます。 湿原内には遊歩道が整備され、ハイキングを楽しみながら雄大なブロッケン山を一望することができます。飛行機の曲芸で知られるヴァルター・シュペングラーは、1929年にこの湿原へ飛行機を着陸することに成功し、地元では大きな注目を集めていました。

  • スポット

    ドレスデン エルベ渓谷

    ドレスデン - 山・渓谷,文化遺産

    かつて、2004,年に中央ヨーロッパにおいて素晴らしい文化的景観を持っているとしてユネスコ世界遺産に登録されましたが、2009年にその景観を損ねることになる橋を建設することになり、世界遺産登録から外されてしまいました。橋は渋滞緩和を目的としたものでエルベ川に架かる橋にしたら一番長い635mからなり、橋設置について賛否を問う住民投票を行いましたが6割以上の賛成があったため、建設に着手しました。ユネスコ協会には橋は世界遺産に適合する、と訴えましたが受け入れてはもらえませんでした。2013年に橋は完成し、市民の交通網として役立っています。市長は完成後も世界遺産に相応しいものだ、と語ったのですが、今でも再登録はされていません。

ドイツ 自然・景勝地 のスポットをもっと

広告

運営会社