おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ハワイの都市一覧 旅行ガイド

ハワイの人気都市

1〜7件を表示 / 全7件

  • オアフ島

    ハワイ諸島のうちの一つの島であり、3番目に大きい島です。ハワイ州に属しており、州都ホノルル市があります。 人口はハワイ州最大で、州全体の8割の人がこの島に住んでおり、州庁もこの島にあるので、政治、経済、観光の中心となっています。島の南岸東寄りのホノルルに主要施設は集中しています。ホノルル国際空港や港湾もここにあり、ハワイ島ほかの隣島への乗り継ぎの拠点となっています。市の東部のワイキキにはホテル・コンドミニアムやショッピングセンター等が林立し、世界有数のリゾート地帯で有名です。この地は、サーフィンの名所となっており、世界各地からサーファーが訪れるとともに、大会等も開催されます。

  • ハワイ島

    ハワイ諸島を形成する、太平洋上の島の一つです。アメリカ合衆国ハワイ州に属しています。ハワイ諸島で最大の島であることから、英語では "Big Island" の愛称でも呼ばれています。 ハワイ島内の南西にある町キャプテン・クック(英語版)は、キャプテン・クックことジェームズ・クックがハワイの原住民に殺害された場所であり、ケアラケクア湾(英語版)にはその記念碑があります。また、ハワイ王朝を統一したカメハメハ大王の出身地も島内にあり、ホノルルのイオラニ宮殿前にあるのと同様の銅像が、同島東岸の都市ヒロと、同島北端のハヴィ(英語版)(カメハメハ大王の出生地)に各1体ずつあることでも有名です。

  • マウイ島

    アメリカ合衆国ハワイ州(ハワイ諸島)の島です。ハワイで2番目に大きい島ですが、元々は2つの島であったものが、現在の島南東部に位置するハレアカラ火山の噴火により流れ出た溶岩でつながり、現在の形となりました。その地形から別名Valley Islandとも呼ばれています。 マウイ島周辺には、冬になると多くのザトウクジラが出産と子育てのために来るため、ハワイ諸島の中でもホエールウォッチングで特に有名です。シーズンは年末から4月初め頃までです。また、毎年9月には、マウイ・マラソンが開催され、同大会はかつて上岡龍太郎の冠大会であった時期もありました。 コースは空港のあるカフルイをスタートし、カアナパリをゴールとする26.2マイル (42.195km) です。

  • カウアイ島

    ハワイ諸島の最北端に位置し、直径約50kmのほぼ円形で、火山活動によって形成された島です。20世紀に入り、ハワイ王国下では白檀、19世紀はサトウキビの生産と製糖が主要でしたが、コーヒー産業への農地転換が行われ、作付け面積、収穫高の両面においてハワイ州最大を誇るようになりました。 山林地帯はきわめて植生豊かで、特にアラカイ湿地帯ではハワイミツスイ類などの貴重な鳥や、この島独自の2500種もの植物が生息しています。1778年、ハワイ諸島に到達した最初のヨーロッパ人となったジェームズ・クックが、最初に上陸したのは、カウアイ島南西部のワイメアでした。

  • ラナイ島

    アメリカのハワイ州に属する島です。ハワイ諸島の中心部に位置する火山島で、最高峰はラナイハレ山です。島の愛称としてパイナップル・アイランド、プライベート・アイランドなどとよばれています。これは、かつて世界のパイナップル生産高の20%を占めるほどのパイナップル産出島であったことや、島の98%をアメリカの商事会社キャッスル&クックが所有していたことなどが理由です。 ゴルフ・リゾートとしても知られており、アメリカのゴルフ雑誌Golf Digestにおいてトップ10にランクされるデザイナーコースなどがあります。その他、フロポエ・ビーチでのシュノーケリングやスキューバダイビングなども盛んです。

  • モロカイ島

    太平洋のハワイ諸島に位置する火山島で標高1,512mのカマコウ山が島の最高所となっています。オアフ島からカイウイ海峡を挟んで南東にあり、ホノルルからハワイ島への航空路で左側に見えます。モロカイ島はハワイ州内の行政上はマウイ郡に属していますが、カラウパパ半島だけが独立した別の郡になっています。主な産業は、牧牛、パイナップル栽培、観光などです。 ダミアン神父のゆかりの場所としても有名で、フラダンスはモロカイ島で発祥したといわれており、それを祝うカフラピコ・フェスティヴァルが毎年5月に開催されています。

広告

運営会社