おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

茨城 歴史スポットのおすすめ情報

このページでは茨城にある歴史スポットを紹介しています。旅行の醍醐味は、名物料理や美しい景観、街の雰囲気など、その土地ならではの体験です。城や史跡などの歴史スポットでは、街のルーツと変遷を知ることができ、旅の楽しさもいっそう深まります。著名な映画や小説の舞台として使われてきた建物を訪れれば、物語の世界を体感できます。教会や寺院などの宗教施設に行けば、美しく荘厳な空間に心が洗われるでしょう。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

茨城 歴史スポット のまとめ記事一覧

1〜3件を表示 / 全3件

  • まとめ

    【茨城】パワースポットまとめ:自然溢れるスポットから神社まで

    茨城 - 寺院・教会

    今回は茨城のパワースポットの中から、特に神聖な力に溢れた人気のスポットを紹介したいと思います。 茨城県には日本古来の神々を祀る神社が多く存在します。それらの場所には様々な逸話が存在し、人々に崇められて来ました。その理由の一つに、茨城県が風水的に関東地方の「鬼門」の方角に位置し、鬼門封じの役目として沢山の神社が建てられたと言われています。 古い物では2000年以上前の、初代天皇の時代に建立された物まで存在し、日本人の歴史を常に見守る役目を果たして来ました。中には、訪れる人々に様々な御利益をもたらすと言われる場所も存在し、現代ではその様な場所は「パワースポット」と呼ばれ注目されています。 そこに祀られている「御祭神」の本来の役割や力によって、もたらされる御利益も様々で、「健康運」や「仕事運」を高めるものから、「縁結び」や「金運アップ」果ては「勝負運」の向上まで、色々な物が人々によって語られています。その神秘的な力を求めて、全国から参拝に訪れる人も多数います。ぜひ参考にしてください。

  • まとめ

    【茨城】水戸市で歴史と自然を堪能できるおすすめの日帰り観光スポット5選

    水戸・大洗・ひたちなか - 観光名所 ,歴史スポット

    茨城県中部に位置し、黄門様で有名な水戸市。調布から130kmの場所にあり、都心から気軽に出かけることができます。宿泊施設も豊富で、日帰りの家族旅行やデートにぴったりの街です。日本三名園の偕楽園(かいらくえん)や、桜の名所の千波湖、歴史ファンにはたまらない徳川ミュージアム、アジサイが美しい水戸八幡宮、幻想的な紅葉のライトアップを見られる水戸東照宮など、大人から子どもまで楽しめるスポットばかり。納豆とんかつ、水戸藩ラーメン、スタミナラーメンなどのソウルフードもたくさんあるのでたっぷり楽しむことができます。水戸市に出かけたら一度は行っておきたい定番の観光地を5か所紹介します。

  • まとめ

    【茨城】大洗磯前神社へ参拝に行こう!神々しい日の出が拝めるアニメの聖地

    水戸・大洗・ひたちなか - 寺院・教会

    茨城県の大洗町にある大洗磯前神社は、その素晴らしい景観から朝日を見るには最高のスポットで、日本でも有数の初日の出スポットともなっています。さらに大洗を舞台にしたアニメの聖地ともなっており、聖地巡礼として参拝するファンも後を絶ちません。そして近年、若い世代にも広がっている御朱印ブームもあり、御朱印集めの参拝者も増えています。もちろん様々な神事やご利益もあり、魅力たっぷりの神社なので通年、多くの人で賑わいます。今回はそんあ大洗磯前神社のご利益やお祭りなどをまとめてご紹介しているので、ぜひ大洗を訪れるときのヒントにしてみてください。

茨城 歴史スポット のスポット一覧

1〜5件を表示 / 全6件

  • スポット

    大洗磯前神社

    水戸・大洗・ひたちなか - 寺院・教会

    大洗磯前神社は、茨城県の大洗町に856年に建立された歴史ある神社です。 主祭神である大己貴命(おおなむちのみこと)が降臨された場所と伝えられていて、神社の中でも最も神聖な場所として崇められている「神磯の鳥居」が一番の見所で、太平洋に立つ鳥居と日出の美しい景観を一望できることで有名です。 御祭神に大己貴命と少彦名命をお祀りしていて、地元の人たちからは「大洗さま」として親しまれており、縁結び、仕事、家庭、恋愛成就、子宝、商売繁盛など様々なご利益があると、パワースポットとしても注目を集めています。アクセスは、大洗線鹿島線「大洗駅」から車で約5分です。

  • スポット

    水戸東照宮

    水戸・大洗・ひたちなか - 寺院・教会

    水戸東照宮は、水戸藩初代藩主徳川頼房公が1621年に、徳川家康公を祀るために創建した神社です。 戦前、社殿は旧国宝に指定されてましたが、1945年(昭和20年)の戦災で焼失、1962年(昭和37年)に現在の社殿が再建されて、徳川頼房公も祀られています。一般には、「権現さん」の名で親しまれています。 境内には、頼房公が奉納した銅造灯籠や太刀 則包作、総毛引紅糸李胴丸具足、大神輿、徳川斉昭公が考案した安神車(日本最古の鉄製戦車)などの宝物・文化財が現存しています。アクセスは、水戸駅北口から徒歩10分ほどです。

  • スポット

    弘道館

    水戸・大洗・ひたちなか - 史跡・遺跡

    弘道館は、旧水戸藩の藩校。第九代藩主徳川斉昭が推進した藩政革命の重要な施策の一つとして、1841年に創設されました。 藩士に文武両道の修練を積ませる目的で、武芸一般はもちろん、医学・薬学・蘭学・天文学など幅広い学問をとりいれた総合大学のような学校で、入学年齢は15歳で40歳まで学ぶことが義務付けられていました。 幕末の動乱期を経て1872年に閉鎖、その後は学校の仮校舎や県庁舎として使われていて、幾度の戦火を免れた正門と正庁、至善堂の3箇所は、重要文化財に指定。2015年には「近世日本の教育遺産群」として日本遺産にも登録されました。敷地には、約60種800本の梅の木が植わり、梅の名所になっています。

  • スポット
  • スポット
茨城 歴史スポットのスポットをもっと

広告

運営会社