おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

茨城 史跡・遺跡のおすすめ情報

このページでは茨城にある史跡・遺跡を紹介しています。かつて存在した王朝や人々の生活をしのばせる遺跡・史跡は、歴史のロマンに満ちた場所です。今は失われた王国の跡地を自分の目で見る体験は、写真や映像では味わえない旅の醍醐味です。カンボジアの寺院遺跡、アンコール・ワットは世界で最も有名な遺跡の一つ。カンボジア国旗の中央にも描かれており、一国の歴史を象徴する場所です。世界各国から多くの参拝客・観光客が訪れ、仏教僧侶が祈りを捧げています。インカ帝国の遺跡であるペルーのマチュ・ピチュは、太陽をまつる神殿や段々畑など、はるか昔に栄えた文明の痕跡を残しています。標高2000mを超える山上にある様子はまさに空中都市。世界有数のパワースポットとしても知られています。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

茨城 史跡・遺跡 のまとめ記事一覧

0件を表示 / 全0件

茨城 史跡・遺跡に関するまとめ記事が見つかりませんでした。
地域やカテゴリを変更してもう一度検索してください。

茨城 史跡・遺跡 のスポット一覧

1〜2件を表示 / 全2件

  • スポット

    弘道館

    水戸・大洗・ひたちなか - 史跡・遺跡

    弘道館は、旧水戸藩の藩校。第九代藩主徳川斉昭が推進した藩政革命の重要な施策の一つとして、1841年に創設されました。 藩士に文武両道の修練を積ませる目的で、武芸一般はもちろん、医学・薬学・蘭学・天文学など幅広い学問をとりいれた総合大学のような学校で、入学年齢は15歳で40歳まで学ぶことが義務付けられていました。 幕末の動乱期を経て1872年に閉鎖、その後は学校の仮校舎や県庁舎として使われていて、幾度の戦火を免れた正門と正庁、至善堂の3箇所は、重要文化財に指定。2015年には「近世日本の教育遺産群」として日本遺産にも登録されました。敷地には、約60種800本の梅の木が植わり、梅の名所になっています。

  • スポット

広告

運営会社