おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日本 文化遺産のおすすめ情報

このページでは日本にある文化遺産を紹介しています。文化遺産とは世界遺産の種類の1つで、人類の文化的活動によって生みだされた建造物群や遺跡、記念物のことです。歴史や民俗学、芸術的な価値が高く、後世へ残すべきものが登録され、各国政府や国際機関によって保護・保存の対象となっています。人類の創造的才能が表現された傑作や、歴史上重要な時代の証拠となる建築様式や建築物群、技術の集積が認められた事例が多く、世界有数の観光名所が登録されています。有名な文化遺産はインド・イスラーム文化の代表的建築であるタージ・マハルや、古代ローマ文明が存在した希少な証拠とされるスペインのヘラクレスの塔などで、日本では法隆寺地域の仏教建造物や原爆ドーム、富士山などが登録されています。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

日本 文化遺産 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全43件

  • まとめ

    【奈良】法隆寺観光でじっくり見るべき6つの国宝建築:五重塔・夢殿ほか

    生駒・法隆寺 - 文化遺産,寺院・教会,史跡・遺跡

    日本古代の名刹が建ち並ぶ古都・奈良。その奈良の古寺のなかでも、真っ先に見ておきたい観光スポットといえば、法隆寺でしょう。法隆寺は、教科書でもおなじみの聖徳太子(厩戸皇子、うまやどのおうじ)ゆかりの寺です。境内の広さは18万7000㎡と、東京ドーム4個分の広さとなっています。日本初の世界遺産として、日本人はもちろん、外国人観光客にも大人気の観光名所です。その法隆寺には、法隆寺を世界遺産に登録たらしめた、190以上もの国宝・重要文化財があります。指定文化財以外を含むとその数は2300点におよび、飛鳥時代の栄華を今に伝えています。 有名な五重塔をはじめ見どころ満載の法隆寺ですが、今回はそのなかでも特に注目すべき法隆寺の国宝建築物を6つ、ピックアップしました。法隆寺に向かわれる方はぜひ、ここで法隆寺観光の予習をしていってくださいね。

  • まとめ

    奈良公園を楽しむための理想コース&観光の注意点ガイド

    奈良市 - 文化遺産,寺院・教会,広場・公園

    日本の歴史的文化が立ち並ぶ、古都「奈良」。日本人でもそのすべての歴史を知っている人は少ない中、日本文化は日本人だけでなく外国人にも愛されています。そんな日本の歴史を知ろうと日本に訪れる外国人の内、奈良に訪れる外国人は年間で160万人にも及びます。 そんな国内外から愛される奈良の一番の観光スポットと言えば、「奈良公園」ではないでしょうか? 今回は、その奈良公園を回る旅の理想のコースをまとめてみました。また、多くの歴史的建造物や、自然、生き物と触れ合える奈良公園での「観光の注意点」についても紹介します。現存する貴重な建物の維持、自然の維持のためにも必要なルールになりますので、日本人としてのマナーを考え、奈良公園の魅力に触れていきましょう。

  • まとめ

    【岐阜】世界遺産とともに訪れたい!白川郷のおすすめ観光スポット5選

    飛騨・高山・白川郷 - 文化遺産

    築300年にもなる茅葺合掌造りの民家が残る世界遺産白川郷は、桜、新緑、紅葉、冬景色など四季折々の景色が楽しめ、写真愛好家にも人気のスポットです。外国人観光客も多く、タイムスリップしたかのようなのどかな田園風景は日本の魅力がいっぱいです。 屋外博物館や郷土館、展示館などでは白川村の歴史や生活の知恵、文化などを見学することができます。わら細工や蕎麦打ち体験などを通して当時の生活に触れ、囲炉裏を囲んで人とのつながりを感じてみましょう。

  • まとめ

    【福岡】世界遺産・宗像大社の神宿る島「沖ノ島」。その歴史と周辺観光スポットまとめ

    太宰府・飯塚・宗像 - 文化遺産,寺院・教会,史跡・遺跡

    福岡県北西部、神湊(こうのみなと)から約60km。県から対馬にかけて広がる玄界灘の中心に、“神の島”と呼ばれる絶海の孤島があります。それが世界遺産・沖ノ島です。 沖ノ島は、島全体が宗像大社(むなかたたいしゃ)の沖津宮(おきつぐう)の神域です。島そのものが信仰の対象で、その存在は長く秘されてきました。今も島に入るにも厳しい制限を設けるなど、古来のしきたり・禁忌が受け継がれています。そのため、沖ノ島には手つかずの自然が残り、古代祭祀の遺構や8万点におよぶ出土品(すべて国宝)が見つかっています。そうした自然崇拝の歴史、文化遺産としての価値が高く評価され、沖ノ島は2017年に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産のひとつとして世界遺産に登録されました。 今回は、そんな沖ノ島の歴史と、沖ノ島と関わりの深い観光スポットをご紹介します。

  • まとめ

    【富山】豪雪地域の世界遺産、合掌造りの里・五箇山周辺のおすすめ観光地7選

    高岡・氷見 - 文化遺産

    富山県の五箇山は岐阜県の白川郷と並び、合掌造りの集落があることで有名です。1995年には白川郷と共にユネスコの世界遺産に登録されました。合掌造という名前は、急勾配の屋根の最上部が手の指を組み合わせて合掌しているような形になっていることからつけられています。 屋根の角度が急な理由は、雪下ろしの労力を少しでも減らすためと、雨の多い地域故に水はけの問題を解消するためだと言われています。また、合掌造り家屋の中では、いわゆる「屋根裏」と言われる場所で養蚕などが行われていました。五箇山は美しい自然の景観を背景に合掌造の集落や資料館などがあり、見どころが満載です。その中でもおすすめのスポットを7か所紹介します。

日本 文化遺産のまとめをもっと

日本 文化遺産 のスポット一覧

1〜1件を表示 / 全1件

  • スポット

    富岡製糸場

    藤岡・磯部・下仁田 - 文化遺産,史跡・遺跡

    富岡製糸場は、1872年(明治5年)、明治政府が日本の近代化のために創建した日本初の模範器械製糸工場です。 明治維新後、政府は外国と対等な立場に立つため、産業や化学技術の近代化を進めましたが、そのための資金源として力を入れたのが生糸の輸入でした。政府は、生糸の品質改善と生産向上、技術指導者の育成のために、洋式の操糸器機を備えた官営模範工業を建設。 外壁とガラス窓、天井、全てがレトロでノスタルジー、「富岡製糸場と絹産業遺産群」として2014年にユネスコ世界遺産に登録されました。アクセスは、上信電鉄線の西富岡駅または上州富岡駅から約1キロです。

広告

運営会社