おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

香川 歴史スポットのおすすめ情報

このページでは香川にある歴史スポットを紹介しています。旅行の醍醐味は、名物料理や美しい景観、街の雰囲気など、その土地ならではの体験です。城や史跡などの歴史スポットでは、街のルーツと変遷を知ることができ、旅の楽しさもいっそう深まります。著名な映画や小説の舞台として使われてきた建物を訪れれば、物語の世界を体感できます。教会や寺院などの宗教施設に行けば、美しく荘厳な空間に心が洗われるでしょう。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

香川 歴史スポット のまとめ記事一覧

0件を表示 / 全0件

香川 歴史スポットに関するまとめ記事が見つかりませんでした。
地域やカテゴリを変更してもう一度検索してください。

香川 歴史スポット のスポット一覧

1〜5件を表示 / 全5件

  • スポット

    醤の郷

    小豆島・直島・豊島 - 史跡・遺跡,旧市街・古い町並み

    醤の郷は、醤油や佃煮を作る工場が軒を連ねる小豆島の醤油造りの中心地です。 「醤」とは塩を加えて発酵させた塩蔵の総称で、醤油の原料となる調味料のことです。明治から続く現役の醤油蔵が残るこのエリアに、老舗醤油店「ヤマロク醤油」など多数の蔵が存在します。特に昔ながらの景観が色濃く残るのが馬木散策路と苗羽・醤油蔵通り散策路で、登録有形文化財建造物に指定されている建物が多く残ります。 醤の郷にあるオリーブ畑にはリーゼントヘアのオブジェがあり、リーゼントのウィッグを被り記念撮影ができます。黒い板壁が続くノスタルジックな町並みは、経済産業省の近代化産業遺産にも認定されています。

  • スポット

    マルキン醤油記念館

    小豆島・直島・豊島 - 史跡・遺跡

    マルキン醤油記念館は、1987年に丸金醤油の創業80周年を記念して、大正初期の創業時の蔵を利用して、醤油造りの歴史と工程を大きな杉樽など伝統的な道具を展示し紹介しています。 醤油で真っ黒になった建物は合掌造りとしては最大規模を誇るもので、1996年に国の有形文化財に登録されています。隣接する工場では、大きな機械を使ってしょうゆを搾っている様子をガラス越しに見学することができます。 記念館に隣接した物産館では、四季を巡って天然醸造蔵の木桶で仕込んだ生しょうゆや、しょうゆソフトクリームを販売しています。

  • スポット

    二十四の瞳映画村

    小豆島・直島・豊島 - 史跡・遺跡

    二十四の瞳映画村は、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万㎡の敷地に作られた映画「二十四の瞳」のロケセットを改装した、日本映画のテーマパークです。 村内にはフォトジェニックなスポット満載で、絣の着物をレンタルし記念撮影をすることができます。島の風景になじむ木造校舎にはそろばんなどの小道具も用意され、食事処「Caféシネマ倶楽部」ではアルマイトの食器で昔懐かしの給食が味わえます。 また壺井栄文学館では、小豆島町出身の女流作家壺井栄の小説「二十四の瞳」の生原稿や出版物、調度品や生前愛用していた品々を展示しています。

  • スポット

    旧金毘羅大芝居金丸座

    金刀比羅・善通寺・観音寺 - 歴史スポット,観光名所

    旧金毘羅大芝居金丸座は、1835年に建てられた日本最古の芝居小屋です。国の重要文化財の指定された貴重な建物で、稲荷座や千歳座、金丸座などの名称となったり、映画館として使用されたりと時代とともに移り変わりを見せるのが特徴。 香川県仲多度郡の北西部に位置し、JR琴平駅から徒歩20分ほどでアクセスできます。人力駆動によって演出をする回り舞台やせり、すっぽんなどが備わっており、明かり窓を開閉して自然光を入れる昔ながらの照明方法も見どころの1つです。 映画「男はつらいよ寅次郎の縁談」のロケ地としても使われ、多くの人が訪れています。

  • スポット

    ギリシャ風車

    小豆島・直島・豊島 - モニュメント・記念碑

広告

運営会社