おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

広告

マダガスカルのカテゴリ一覧

マダガスカルの都市一覧 旅行ガイド

マダガスカルの人気都市

1〜5件を表示 / 全5件

  • ペリネ特別保護区周辺

    ペリネ特別保護区は首都アンタナナリボから東へ2~3時間のところにある町アンダシベにある自然保護区で、マダガスカル東部きっての観光スポット。珍しい動植物が生息するマンタディア・アンダシベ国立公園がある。原猿類最大のインドリ(大型のキツネザル)やカメレオンなどをはじめとする島固有の動植物が多く生息することでも知られている。 この保護区では、日中と夜のウォーキングサファリを楽しむことができ、夜はハイイロネズミキツネザルなど夜行性のキツネザルを中心に観察するチャンスがある。ペリネの天気は変わりやすく、雨も多く降る地域なので、雨具は必需品。また、貿易風の吹く緑の豊かな森でもある。

  • アンツィラナナ

    アンツィラナナはマダガスカルの北端に位置する都市で、以前は、ディエゴ・スアレスと呼ばれていた。マダガスカル第3の港町ともいわれている。最近では大型のリゾートホテルが相次いで建設されている。 この街は熱帯地域で日差しは強いものの、北風がコンスタントに吹くので心地良く、比較的過ごしやすい気候となっている。降水量の多いこの地方は、豊かな森に恵まれた動物たちにとっての楽園。アンバー山国立公園では美しい滝や緑色をした不思議な湖を見ることが出来る。その他にも、T字のバオバブが麓にあるフランス山や、剣山のように尖った石灰岩が連なる不思議な山「ツィンギ」なども見どころの一つだ。

  • モロンダバ

    モロンダバは、マダガスカルの都市で、モザンビーク海峡に接する港町である。海岸沿いの砂の町で、昔から交通の要所として栄えた町。街の道路の舗装率は30%未満で路面状況も悪い為、雨季には特に道路交通が困難になる。モロンダバの近くには、バオバブの並木道として知られるバオバブ街道があり、その景色は本当に美しく、モロンダバ観光の目玉となっている。 海に近いことから新鮮なシーフードを楽しむことができるレストランも多い。また、ちょっと足をのばせばキリンディー森林保護区があり、キツネザルや鳥、爬虫類などを見ることもできる。

  • アンタナナリボ

    マダガスカルの首都アンタナナリボはマダガスカル島のほぼ中央に位置する人口200万人以上のマダガスカル最大の都市で、地形はすりばち状になっている。標高1200mの内陸の高地にあるこの街は、高原の街ともいわれている。町の中心にはアヌシ湖とよばれる人工湖があり、10~11月には湖のまわりに植えられたジャガランダの木の紫の花が満開になり、人々の目を楽しませてくれる。 アンタナナリボおすすめの観光名所は、モロンダバにあるバオバブの並木道、キツネザルの宝庫のベレンティ保護区、珍しい動植物が生息するペリネ自然保護区などがあり、大自然に触れるチャンスがたくさんある。

広告

運営会社