おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

広告

メキシコの都市一覧 旅行ガイド

メキシコの人気都市

1〜26件を表示 / 全26件

  • メキシコシティ

    メキシコシティはメキシコ合衆国の首都。メキシコ最大の都市であり、メキシコのみならずラテンアメリカの経済の中心地の一つである。世界文化遺産に登録される場所が5つもあり、見どころもたくさん。世界遺産の巨大都市遺跡テオティワカンや、歴史的中心地区、セントロ・イストリコ、テンプロ・マヨール、メトロポリタン・カテドラル、国立宮殿、国立芸術院宮殿など。また、歴史地区周辺には多くの美術館・博物館が密集している。 気候は涼しく、寒暖差が激しく気温は不安定。季節は11月~4月が乾季で、メキシコシティ観光のベストシーズンである。

  • カンクン

    カンクンはメキシコ合衆国の南東部、カリブ海沿岸のキンタナ・ロー州に位置する都市で、マヤ語で「蛇の巣」という意味がある。ユカタン半島の先端にある観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導によりリゾート地として開発された。メキシコ屈指の豪華リゾートで、年間で300万人を超える観光客やセレブが訪れる街である。 カンクンの魅力は、カリブ海の美しい海と、マヤ文明の古代ロマン。イルカと泳ぐツアーや無人島への日帰りピクニックツアー、ユカタン半島に残るマヤ文明の遺跡ツアーなど他のリゾート地では味わえないカンクンならではの楽しみがある。

  • グアナファト

    グアナファトはメキシコ・グアナフアト州の州都で標高約2000mの場所にある街。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築が有名。歴史的な市街地と近辺の銀山はユネスコ世界遺産に登録されている。この地名は先住民族のタラスカ族の言葉、「カエルのいるところ」が語源となっている。 グアナファトへは、メキシコシティからバスで約4時間程かかる。スペイン植民地時代の街並みが残っており、建物がカラフルなのが印象的。メキシコで一番綺麗な街並みを堪能できるとも言われている。観光名所としては、独立戦争の舞台となったアロンディガ博物館やミイラ博物館、イダルゴ市場などがある。

  • チチェン・イッツァ

    メキシコのユカタン州・州都メリダの東に位置する古代都市。ここには、1998年に世界遺産に登録されたマヤ文明を代表する遺跡が多く存在する。チェチェンイッツアは「イッツァの泉の湧くところ」という意味がある。 豊作を願って生贄が多く投げられたセノ―テ(聖なる泉)や神が舞い降りると言われた神殿、高度な観測が行なわれていた天文台などを巡ると、マヤ文明の神秘に浸ることができる。カンクンやメリダからのアクセスは便利だが、個人で全ての遺跡を回るのは大変なので、ガイド付きの日帰りツアーを利用して、効率よく回るのがおすすめ。

  • ティファナ

    ティファナはメキシコ合衆国、バハ・カリフォルニア州の北部、アメリカ合衆国との国境にある都市。ロサンゼルスから日帰りで行ける観光スポットである。ティファナの最大の見所はやはり最大動員数を誇る国境。国境地帯としては世界で最も交通量が激しい。徒歩や自転車で国境を越えることもできる。 その他に観光できる場所は少ないが、見所は市内中心部のレボルシオン通りにあるグアルダルーペ教会やティファナ文化の家、友情の橋など。街はショッピング天国としても知られており、革製品、シルバー製品、工芸品、民族織物などが売られている。気候は温暖で、年間の平均気温は17.8度。最低気温の1月でも13.5度と温かい。

  • コスメル

    コスメルはカリブ海に浮かぶメキシコで最大の島。コスメルとはマヤ語でツバメの島を意味する。ユカタン半島の東に浮かぶ島で、かつてはマヤ人の聖地であった。コスメルはメキシコ有数の観光地として知られ、透明度の高い海には美しいリーフがあり、マリンスポーツやスキューバダイビング、そしてシュノーケリングを楽しむ多くの観光客が世界中から訪れる。 おすすめの観光名所は、イルカと遊ぶプログラムもある自然海洋公園のチャンカナブ公園。世界遺産のチチェンイッツァやトゥルムなどのマヤ遺跡への日帰りツアーもある。中心部サンミゲルは、メキシカンスタイルのレストランやバー、伝統工芸のショップなどが所狭しと並んでいる。

  • プラヤ・デル・カルメン

    プラヤデルカルメンはメキシコ東部、キンタナロー州、ユカタン半島東部の都市。カリブ海に面した贅沢なリゾート地として知られ、沖合約20キロメートルに世界的なダイビングスポットとして知られるコスメル島がある。プラヤ・デル・カルメンは、リビエラ・マヤの中でもグルメが堪能出来る町。メニューにはシンプルなタコスからユカタン料理、伊勢えびや最高のワインなどを堪能出来る。 プラヤデルカルメンの名所は、リゾート地区のリビエラ・ナヤや、マヤ文明遺跡のシカレやシェルハ、トゥルム、コバ、世界自然遺産に登録されるシアン・カーンなどがある。

  • オアハカ

    オアハカはメキシコの都市。標高1,550メートルの高地に位置する街で、観光を最大の産業としている。メキシコでもっとも先住民色が濃いエリアで、町中では民族衣装を着た人たちの姿が多い。気候は年間を通して温暖で、乾いた気候が特徴。街の中心部でコロニアル建築が並ぶ歴史地区は世界遺産に登録されており、郊外にあるマヤ文明の遺跡モンテ・アルバンも世界遺産に登録されている。 その他にもおすすめの名所として、モザイク模様の装飾が特徴のミトラ遺跡がある。イベントでおすすめなのが、毎年7月にオアハカ市の中心部で開催されるゲラゲッツアというラテンアメリカでも最大規模の民族舞踊の祭典。国内外から観光客が訪れる。

  • イスラ・ムヘーレス

    イスラ・ムヘーレスはメキシコ東部ユカタン半島の先端に位置するカンクンの沖合11キロメートルにある島で、地名にはスペイン語で「女たちの島」という意味がある。ゴルフカートで1時間もあれば島を1週出来てしまうような小さく静かな島である。カンクンからはフェリーで30分程の場所にある。イスラ・ムヘーレスはカンクンとは違い、素朴な雰囲気で、のんびりした時間を過ごせる場所である。 この島のおすすめは、ガラフォン国立公園やプラヤ・ノルテ、ダウンタウンエリア、また、イルカと一緒に泳ぐことができるドルフィンプログラム。海がとてもキレイなので、ダイビングやシュノーケリングも楽しめる。

  • メリダ

    ベネズエラの西側に位置しているメリダ州の州都であるメリダでは、25万平方キロメートルの面積に35万人近くが生活しています。やや高台に位置する都市で、ベネズエラの中でも富裕層の人々が生活しているエリア。治安の悪さに定評のあるベネズエラの中では治安が良い地域として観光などで訪れる人が多いのも特徴です。代表的な観光スポットとしてはムクンバリロープウェイがあり、世界で2番目に高い場所にあるロープウェイとして知られています。メリダの街の中から標高4765メートルほどの山の山頂を目指して進み、眼下には大自然が広がるスリル満点の乗り物。距離や高さなどの特徴から、風の影響を受けやすいなど様々な条件に制約を受けるため実際にはなかなか運行しないため、運が良ければチャレンジできます。

  • ロスカボス

    ロスカボスは、バハ・カリフォルニア・スル州に属していて、カルフォルニア半島の南に位置しています。カルフォルニアを代表するリゾート地で北アメリカをはじめたくさんの避寒客が訪れます。10月から4月は冬季にあたり、冬でも日中は26度から28度になり、夏場は最高気温が38度にまで上昇します。観光客はマリンスポーツやゴルフ、ホエールウォッチングなど一年を通して様々なアクティビティを楽しんでいます。ラバーズビーチという太平洋とコルテス海に面した珍しいスポットがある一方で繁華街も栄えています。カボ・サンルーカス ショッピングではグルメやショッピングが楽しめます。地元の採れたて食材を利用するオーガニックレストランも人気です。

  • イスタパ

    イスタパは、メキシコの南部に位置する太平洋に面した街です。元々はココナッツ畑が広がる土地でしたが新興のリゾートとして開発が進められて以降世界中の人々が集まる観光地へと変貌を遂げました。太平洋側のカンクンとも言われるイスタバでは青い海でダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しめます。プラヤ・コラールには美しいサンゴ礁が広がり色とりどりの熱帯魚が生息しています。運が良ければウミガメと遭遇することもできます。イスタパのメイン観光スポットはプラヤ・パルマルです。海岸沿いにはリゾートホテルが建ち並び、夕方には太平洋に沈む太陽が見れます。また、イルカとスキンシップができるDelfinitiも人気のスポットになったいます。

  • モレーリア

    モレーリアは、メキシコのミチョアカン州にある都市で、メキシコ国内からたくさんの観光客が訪れます。都市の名前はメキシコ独立運動に参加したホセ・マリア・モレーロスに由来しています。街にはモレーロスの博物館や生家があり、観光スポットになっています。植民地時代の街並みが今でも残っていて歴史地区である旧市街はユネスコ世界遺産にも登録されています。モレリア歴史地区にはピンク色の外壁の建物が建ち並び、夜にはライトアップされるため幻想的な光景になります。ピンクの外壁はカンテラ作りといい、メキシコの王道コロニアル都市の街並みを表しています。山や海、湖などがあり自然にも恵まれています。モレーリアではメキシコの郷土料理や民芸品を堪能することもできます。

  • ベラクルス

    ベラクルスは、メキシコ東海岸のベラクルス州にある港町で、スペイン人がメキシコで最初に植民地を築いた港湾都市です。コロニアル調の建物が建ち並ぶ街の中心には、にぎやかなアルマス広場があり、夜には音楽やダンスを楽しむ人々でにぎわいます。メキシコの伝統的な民族音楽・ソンハローチョの発祥地としても知られており、毎年2~3月に開催される国内最大規模のカーニバルでは、9日間にわたって音楽やダンス、山車などのパレードが熱狂的に繰り広げられます。軍事基地としての面影を残すサン・フアン・デ・ウルア要塞をはじめ、白亜のベラクルス大聖堂や、1861年建設の古い建物を改装したベラクルス市立博物館など、市内にはフォトジェニックな歴史的建造物があふれています。ビーチリゾートならではのシーフードレストランがたくさんあるほか、良質なコーヒーの産地としても知られており、街中のカフェで新鮮なコーヒーが味わえます。

  • プエブラ

    プエブラは、メキシコ中南部にあるプエブラ州の州都で、首都メキシコシティから車で2時間ほどにある観光都市です。スペイン植民地時代に造られたコロニアル様式の建物が並ぶ美しい街並みは、「プエブラ歴史地区」として世界遺産に登録されています。街のシンボルとなるカテドラルには、70mもの高さを誇る二つの鐘楼があり、天使が大きな鐘を一夜にして付けたという伝説があることから、プエブラは「天使の街」とも呼ばれています。豪華絢爛なサントドミンゴ教会をはじめ、赤と白のデザインの砂糖菓子の家や、アメリカ大陸初の図書館となるパラフォシアナ図書館など、街中にフォトジェニックな歴史的建造物があふれています。プエブラの特産品・タラベラ焼きの陶器は、青を基調とした華やかな図柄と凹凸があるデザインが特徴。市民の台所として親しまれているエルパリアン市場には、タラベラ焼きの陶器街や絵付けまで体験できる工房などもあり、観光客でも気軽にショッピングが楽しめます。

  • グアダラハラ

    グアダラハラは、メキシコ中西部にあるハリスコ州の州都で、人口164万人あまりのメキシコ第2の都市です。首都メキシコシティから西に500kmほどにあり、メキシコの代表的な音楽・マリアッチとテキーラの発祥の地として知られています。街中にはコロニアル様式の建物が建ち並んでおり、孤児院として建てられたオスピシオ・カバーニャスは、世界遺産にも登録されています。館内には、メキシコ壁画運動の巨匠ホセ・クレメンテ・オロスコのフレスコ画や天井画廊が飾られており、その美しさは見るものすべてを圧倒するほど。ハリスコ州庁舎にある彼の作品「立ち上がる僧侶イダルコ」も必見です。「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」の名で世界遺産に登録されたテキーラの街をめぐる観光ツアーも多数開催されており、グアダラハラを観光するならぜひとも訪れておきたいスポットです。

  • ケレタロ

    ケレタロは、メキシコのケレタロ州の都市です。メキシコシティからは3時間でアクセスできる街で、メキシコ人の住みたい都市第三位にも選ばれています。美しい街並みが残るケレタロ歴史的建造物地区は世界遺産に登録されています。歴史地区には教会、公園、劇場があり、街全体はのんびりとした雰囲気です。全長1280mにもおよぶ水道橋は街のシンボルになっています。ケレタロの有名な観光地で、真下から見上げる壮大な姿や高台からも眺めが人気です。その他にも水にまつわる伝説が残るサンタクルス修道院や美術館も観光スポットとして有名になっています。ケレタロ周辺の観光地はトランヴィアという観光用バスを利用するとお得に回ることができます。

  • テオティワカン遺跡周辺

    テオティワカン遺跡はメキシコシティ北東約50キロの地点にある紀元前2世紀から6世紀まで存在した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇っていた。最盛期には20万人が生活していたが、7世紀には謎に包まれたまま滅亡した事で知られている。太陽のピラミッド、月のピラミッドがあり、太陽のピラミッドは世界で3番目に大きい高さ65メートル、月のピラミッドは高さ47メートルを誇る。広場の近くには、ケツァルパパロトルの宮殿、ジャガーの宮殿などがある。 首都メキシコシティから近く、アクセスも良いテオティワカンは、不動の人気観光スポットとなっている。

  • アカプルコ

    アカプルコは、メキシコ南部の太平洋沿岸にあるのゲレーロ州の都市です。正式名称はアカプルコ・デ・フアレス。古くからメキシコを代表するビーチリゾートとして知られています。首都メキシコシティから南西におよそ300kmに位置しており、飛行機で約1時間前後でアクセスできます。海岸沿いには、大規模なリゾートホテルやゴージャスな別荘が立ち並んでおり、プラヤ・コンデサ、プラヤ・オルノス、プラヤ・イカコスなど、多彩なビーチが数多く並んでいます。断崖絶壁のダイブスポット・ラケブラーダでは、高さ35mからのスリリングなダイブショーが観光客に大人気。スノーケリングに最適なロケッタ島や、ジャングル探検が楽しめるトレス・パロス湖など、自然が豊かな穴場の観光スポットも充実しています。サンディエゴ要塞やアカプルコ歴史博物館、美しいカテドラル、平和のチャペルなど、静かな歴史散策が満喫できる施設もそろっています。

  • カンペチェ

    カンペチェは、カンペチェ州の州都でメキシコ湾岸にあります。カンペチェには色とりどりの家が建ち並んでいて、街中を歩いているだけでも楽しい気分になってきます。色とりどりの家が建ち並んでいる理由には霧が立ち込めやすい地域であることが関係していて、霧の中でも自分の家が見つけやすい工夫だと言われています。カンペチェにはスペインの植民地時代に建設された建物が多く残り世界遺産に登録されています。サン・ペドロの防衛拠点やサン・ミゲル要塞はかつて海賊から街を守るために建築された建物でカンペチェを要塞都市と言わしめる建造物となっています。街の中心部にはカテドラルがそびえ建ち、夜にはライトアップされているので昼間とは違った雰囲気を見られます。

  • モンテレイ

    モンテレイは、メキシコ北東部にあるヌエボレオン州の州都で、人口120万人のメキシコ第3の都市です。山がちの地形から「山々の町」と呼ばれる一方で、車の部品や家電などの外資系企業の工場も数多く進出しており、国内でも所得水準が高いエリアとしても知られています。寒暖差が激しいステップ気候に属しているため、夏は日中40度超えも珍しくなく、冬の朝晩は0度を下回ることもあるのが特徴です。街の中心には、メキシコ国内随一の広さを誇る公共広場・マクロプラザがあり、植民地時代の建物と近代的なビルが見事に融合しています。広場から巨大なフンディドーラ公園に続く全長2.3kmほどの遊歩道には、船が走る人工の川や噴水広場などがあり、灼熱のモンテレイでの憩いのスポットになっています。街のシンボルとなるメトロポリタン聖母大聖堂をはじめ、メキシコ歴史博物館や現代美術館MARCOなど、歴史やアートの見どころもそろっています。

  • プエルトバラータ

    プエルトバラータは、メキシコ中西部にあるハリスコ州の太平洋沿岸の都市です。州都グアダラハラから西に約190kmほどに位置しており、エメラルドの海と黄金の砂浜が魅力のビーチリゾートです。カンクンやロスカボスよりも物価が安くアクセスしやすいため、アメリカやメキシコからの観光客でにぎわっています。11月から5月が乾期、6月~10月が雨期となり、12月から3月まではホエールウォッチングが楽しめます。沖合いにあるマリエスタ諸島のプラヤデルアモールは、スペイン語で「恋人たちの砂浜」を意味する人気の無人島。ジブリアニメ「紅の豚」のモデルになった場所としても有名で、島の中心にポッカリと穴が開いた不思議な形のビーチです。許可された観光ボートでしかアクセスできないため、秘境感もたっぷりで、SNS映えも抜群。バンデラス湾沿いには、ユニークなブロンズ像が並ぶ遊歩道が続いており、ここから眺める海の夕日は必見です。

  • マサトラン

    マサトランは、メキシコ太平洋沿岸のカリフォルニア湾入口付近に位置するシナロア州の都市です。首都メキシコシティから1000km北西に位置しており、バハカリフォルニア半島のリゾート都市・ラパスとの間を結ぶフェリーが就航しています。古くから金銀鉱山に必要な設備を輸入するための商港都市として発展した地域で、世界一周の豪華客船などが寄港するビーチリゾートとしても知られています。「太平洋の真珠」と称される美しい海岸沿いには、高級リゾートホテルが立ち並ぶ華やかなソナ・ドラダ地区があり、多彩なマリンスポーツや名物のシーフードグルメが満喫できます。コロニアル調の街並みが続く旧市街には、街のシンボルとなるカテドラルやマチャド広場、アンジェラ・ペラルタ劇場などがあり、フォトジェニックな街並み散策が楽しめます。マサトラン市内の南端にある灯台山は、ロマンティックな夕日や街の夜景が一望できる観光スポットになっています。

  • クエルナバカ

    クエルナバカは、メキシコのモレロス州に位置しています。メキシコシティからは車で1時間半ほどです。緑が豊かなクエルナバカは一年を通して温暖な気候で冬でも平均気温が18度です。6月から9月は雨期にあたります。山あいにあるクエルナバカは穏やかで陽気な雰囲気が漂っています。「クレヨンしんちゃんオラの引越し物語サボテン大襲撃」ではクエルナバカをモデルにした「マダクエルヨバカ」が登場しています。観光スポットとして有名なのはコルテス宮殿で、当時のスペイン建築技法が色濃く見られます。他にも世界遺産である「ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群」の一部、クエルナバカ大聖堂もクエルナバカを代表するスポットです。

広告

運営会社