おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

メキシコ 自然遺産のおすすめ情報

このページではメキシコにある自然遺産を紹介しています。自然遺産は世界遺産の分類の1つで、後世に残すべき貴重な価値が認められた地域や自然のことです。すぐれた自然美をもつ自然現象や地域、さまざまな動植物群の進化・発達のプロセスが観測できるもの、地形の発達における重要な地学的進行過程がみられるもの、といった登録基準があり、オカピやポシドニアといった希少な動植物の生息地も多く含まれています。世界屈指の生物多様性を持つロシアのバイカル湖や、幻想的な景観で知られるベトナムのハロン湾、多様な植物相が確認される屋久島などが有名です。日本は屋久島をはじめ、白神山地、知床、小笠原諸島の4か所が自然遺産に登録されており、国内外から多くの観光客が集まる場所になっています。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

メキシコ 自然遺産 のまとめ記事一覧

1〜1件を表示 / 全1件

  • まとめ

    【メキシコ】世界遺産「オオカバマダラ生物圏保護区」の観光ガイド:長距離移動する蝶の秘密

    その他の観光地 - 山・渓谷,自然遺産

    オオカバマダラと呼ばれるオレンジ色の蝶が群れをなして、アメリカ合衆国北部やカナダから越冬のために、最大5,000kmもの長距離を飛翔し、カリフォルニアやメキシコに移動します。その壮大な蝶の群れが、メキシコのメキシコ州やメチョアカン州で越冬します。オオカバマダラが越冬する場所は、生物圏保護区になっています。素晴らしいオオカバマダラの群生を見られる生物圏保護区が、2008年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。 オオカバマダラ生物圏保護区は、広大な森林地区であり、渓谷や小川があり、大自然の風景を楽しめます。広大な場所に保護区が12カ所散在しています。その一方で、大自然の周囲には古い建物が立ち並ぶ街並みの観光もできて、ダブルでエンジョイできる旅になります。ここでは、おすすめの自然保護区5カ所とその周辺の街、そして観光ツアーを紹介します。ぜひ、一味違う旅の計画の参考にしてください。

メキシコ 自然遺産 のスポット一覧

1〜2件を表示 / 全2件

広告

運営会社