おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

モロッコの都市一覧 旅行ガイド

モロッコの人気都市

1〜21件を表示 / 全21件

  • シャウエン

    モロッコ北部のリフ山脈の奥深くにある人口4万人程の小さな都市である。「青の迷宮」とも呼ばれるほど細い路地が入り組んでいる。 そもそも青く彩られた訳は諸説あるが、その昔、スペインから追われたユダヤ人が居を構えたことが始まりとされる。ユダヤ人にとって神聖な色である青で街中を染め上げ、それが今もなお残っているのだ。旧市街の東には街を俯瞰出来る丘があり荘厳な風景を楽しむことが出来る。

  • フェズ

    フェズはモロッコ王国北部の内陸都市で、アフリカ北西端に位置する。モロッコの思想、宗教、芸術文化の中心地である。 地中海性気候にあたり、一年を通じて比較的過ごしやすい。1200年の歴史をもつフェズの名物は、その複雑な構造から「世界一複雑な迷路」と呼ばれる世界遺産のメディナ(旧市街)。人がすれ違うのがやっとの狭い路地が複雑に入り組んでいる。ロバが荷物を運ぶ光景が見られるのも特徴だ。フェズの見所はやはりこの旧市街だが、観光客だけでは迷子になる事も多いので、ガイドを付けるのがお勧めである。旧市街は、ちょっと離れた高台からの眺めも絶景で素晴らしい。

  • マラケシュ

    マラケシュは、ベルベル語で「神の国」を意味する。モロッコの中央部に位置する都市で、「南方産の真珠」と呼ばれ、モロッコで最もエネルギッシュな場所である。 カサブランカとラバトにつぐモロッコ第3の都市であり、フェズに次いでモロッコで2番目に古い街でもある。街は城壁に囲まれた旧市街(メディナ)と、旧市街の西に広がる新市街からなっており、マーケット、庭園、王宮、モスクが建ち並ぶ神秘的な場所である。マラケシュの迷路のような旧市街地はユネスコの世界遺産に登録されており、この街で一番の観光ポイントといえる。マラケシュの街は徒歩で散策することも、サイクリングすることもおすすめ。

  • カサブランカ

    カサブランカはモロッコ最大の都市であり、人口約320万人を擁するモロッコの商業・金融の中心地で、観光地として多くの人が訪れる。近代的なビジネス都市で、公用語はアラビア語、フランス語、スペイン語。 気候は温暖な海洋性気候で、1年を通じて晴天に恵まれた日が多い。冬は逆に同時期の東京並みに寒い日もある。メディナや旧市街はフランスの植民地時代の面影が残された、とてもロマンティックな雰囲気である。見所は、ハッサン2世モスクやメディナ(旧市街)、ムハンマド5世広場、王宮など。大西洋に面しており、海岸沿いを散歩するのもおすすめである。

  • エルフード

    エルフードはフランスがこの地域の反乱を抑える為、1917年にフランス軍の駐屯地として建設した街で、そのせいか道路は広く、街並みは碁盤目模様になっている。付近一帯の美しいオアシスの中心として、サハラ砂漠の入り口の街となっている。 また、この辺りは大昔海底だった為、エルフードは化石の宝庫として知られ、世界中から学者さんたちが発掘のために集まってくる街。中心街にはアンモナイトなどの化石を扱う店が軒を連ねている。また、アンモナイト化石工場や化石記念館、化石を作った家具やアクセサリーの加工場・直売所などがある。

  • ワルザザート

    ワルザザートはモロッコの都市で、小さな街。サハラ砂漠の入り口の街で、カサブランカやマラケシュとはまったく違った風景が広がる。気候は乾燥しており、雨はほぼ降らないが、ドラア川の水によってオアシスとなっている。 ワルザザートは交通の便が比較的よく、砂漠の雄大な光景が広がっているため、映画のロケ地としてよく使われる。カスバなど見所もたっぷりで、その中でも世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥはワルザザートまで来たならば何としても訪れたい場所。ワルザザートから車で約30分の距離に位置するクサル(要塞村)で、カスバ街道の顔ともいうべきスペクタクルな景観を持つ。

  • アル・ジャディーダ

    アル・ジャディーダは、モロッコのアル・ジャディーダ州にある都市で、州都です。モロッコに残るポルトガルの都市として有名で、ポルトガル人によってつくられた城塞に囲まれた旧市街は、ユネスコの世界遺産に登録されており、世界中から多くの観光客が訪れる観光都市になっています。カサブランカから約90km南に位置するリゾート地としても有名で、夏には避暑地として、国内外から多くの人が訪れています。さらに、美しい海の景色を楽しんだり、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむことができるスポットも多く、ゆったりと過ごすことができる設備やサービスが整った優雅な雰囲気のリゾートホテルやレストラン、カフェなども立ち並んでいます。

  • タンジェ

    タンジェは、モロッコの北部に位置している都市で、ジブラルタル海峡に面している港町になっています。スペインやジブラルタルとの間で多くのフェリーが行きかっており、国際都市として栄えています。多文化な国際都市と言うことから、1930年代ごろからは、著名人や富裕層などが多く集まるリゾート地になっています。スペインの植民地であったこともあるため、街の中には、その影響を受けた白い建物なども立ち並び、いろいろな文化が入り乱れたタンジェならではの景色を楽しめるとあって、人気があります。また、歴史あるモスクなども多く、見どころが満載です。富裕層などに向けた、ラグジュアリーな雰囲気の高級ホテルも多く立ち並んでおり、優雅な雰囲気になっています。

  • ミデルト

    ミデルトはモロッコの中部、オートアトラス山脈とモワヤンアトラス山脈の間に広がる高原地帯に位置する町です。モロッコの文化的中心地であるフェズと、大砂丘のあるメルズーガのちょうど中間地点に位置するため、移動の際の休憩や宿泊にも大変便利な立地にあります。かつてはフランスの植民地として発展した地域で、素朴ですが手入れのゆきとどいた町並みが広がり、道路脇には噴水や色とりどりのバラの植え込みなども見られます。ホテルの設備も充実しており、細やかな装飾の施された美しい内装の施設がたくさんあるので、滞在の際も快適に過ごせるでしょう。リンゴの産地でもあり、町のあちこちにリンゴの木が植えられているほか、りんごジュースやアップルタルトなどのスイーツも味わえます。

  • ラバト

    ラバトは、モロッコの首都で、大西洋に面したブー・レグレグ川の河口に位置しています。モロッコ北部のラバト=サレ=ケニトラ地方の州都にもなっており、川の向こう側には、ベッドタウンのサレが広がっています。繊維や食品加工、建設などの産業が盛んになっており、絨毯製造は特に有名になっています。リドリー・スコットの映画の「ブラックホーク・ダウン」のロケ地で会ったことでも知られており、ロケ地巡りなどのツアーも開催され、多くの観光客が訪れています。そして、メディナと言われる旧市街を中心とした街一帯がユネスコの世界遺産に登録されており、中世の城塞都市の雰囲気と、近代建築の入り混じった独特の景色を楽しむことができ、人気の観光都市になっています。

  • サフィ

    サフィはモロッコ中部の海岸沿いに位置する、大西洋に面した都市です。大きな漁港があり、海岸線には美しいビーチも見られます。またリンを採取できる鉱山もあって、それを基にした缶詰工場や肥料工場、リン酸塩の工場などが並ぶ工業都市でもあります。観光客のほとんどいない素朴な街並みですが鉄道が通っていたり大きなスーパーマーケットもあったりと、南米の中では利便性の高い地域です。サフィの最大の魅力は伝統工芸品である陶器にあります。スークと呼ばれる商業地区を歩くと小さな街のいたる所に色とりどりの陶器が陳列され、お店もたくさんあるのでじっくり見ていると1日では足りないほどです。産地ならではの多種多様なデザインがそろい、どんな人にもお気に入りの1枚がきっと見つかるでしょう。

  • エッサウィラ

    エッサウィラは、モロッコの中央部に位置しているマラケシュの西の大西洋岸にある湾岸都市です。旧市街のメディナが、ユネスコの世界遺産に登録されていることで有名です。かつては、漁業、商業の中心地として栄え、現在は、世界遺産の街としてやリゾート地として、そして芸術の街として知られています。ヨーロッパの影響を受けた街並みは大変美しく、のんびりとした雰囲気の街なので、コーヒーなどを飲みながらゆっくりと観光する人達が多くなっています。また、漁港では、さまざまな魚介が水揚げされており、その新鮮な魚介を購入できます。買った魚介は、すぐそばの「焼き屋さん」で焼いてもらうこともでき、観光客などに好評です。

  • ティトゥアン

    ティトゥアンは、モロッコの北部にある町で、モロッコの地中海側に位置しており、ジブラルタル海峡が40kmほど北のところにあります。旧市街地は「テトゥアン旧市街」として、ユネスコの世界遺産に登録されており、多くの観光客が訪れています。「テトゥアン旧市街」は、白い壁の家が多いのが特徴で、家々が密集しているのが特徴になっています。また、地中海に面したリゾート地としても知られており、高級ホテルリゾートホテルをはじめ、たくさんの宿泊施設やレストラン、カフェなどが立ち並んでいます。一方で、町の北の岩山は、アンジェラ郡の南端に位置しており、手つかずの自然の姿を見ることができ、さまざまな景色を楽しめる町になっています。

  • アガディール

    アガディールは、モロッコの南西部に位置している都市で、大西洋とアトラス山脈に挟まれているのが特徴です。かつては、小さな漁村があるのみでしたが、ポルトガル人により、貿易業の拠点となり、栄えていきました。現在は、農業と観光産業が経済の中心になっています。農業は、昔からベルベル人が生産していたアルガン油の近年の人気により、生産・集積地として注目を集めています。モロッコらしい雰囲気とは異なる雰囲気がヨーロッパの人達に人気で、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツを楽しんだり、ロッククライミングなどのアウトドアを楽しむことができるスポットや、ワニだけの動物園や、活気のあるマーケットなどが揃っています。

  • タルーダント

    タルーダントはモロッコの南西部、アンティアトラス山脈とオートアトラス山脈との間に広がるスース=マサ地方の州です。16世紀に築かれた城壁が数kmに渡って取り囲む城塞都市として知られる一方、街にはスークと呼ばれる野外市場が広がり、銀製品や陶器、絨毯といった伝統的な装飾品や工芸品が並ぶ買い物スポットとしてにぎわいを見せています。タルーダントのスークは小さいながらも品質の良さに定評があり、値切り交渉をしながら掘り出し物を探すのも楽しみの一つ。またハマムと呼ばれるスチームバスで汗を流したり泥パックや垢すり、マッサージをして癒しのひと時を満喫することもできます。城壁の周辺ではオレンジやバナナ、オリーブなどの栽培も盛んで山々の地下水によるオアシスも点在しています。

  • タフロウト

    タフロウトはモロッコの南西部にあり、アンティアトラス山脈北方のオアシスを中心に広がる町です。標高1200mの山間部に、人口5000人ほどの小さな町を形成しています。北西へ80kmほどの場所にある湾岸都市アガディールからはバスが出ており、約6時間でアクセスが可能です。タフロウトで1番の見所は様々な形をした奇岩にあり、「ナポレオンの帽子」をはじめ赤い岩が風化したように丸みを帯びた、自然が創り出す造形美を楽しめます。またタフロウトの周辺には風光明媚なアメルン渓谷や、ベルベル集落をはじめとする小さな村もいくつかあって、それぞれに美しいモスクや赤茶色の家々が見られ、現地ならではの雰囲気を楽しめます。レンタルサイクルを行なっているホテルが多いので、時間がある人はサイクリングで周辺を走ることも可能です。

  • セウタ

    セウタは、モロッコの北部に位置しているスペイン領の小さな飛び地の街になっています。スペイン本土とフェリーで結ばれており、モロッコの隣接する街とは、バスや自動車で結ばれており、北アフリカの玄関口としてや、関税が安いことからショッピングの街として知られており、世界中から多くの観光客が訪れています。住民は、スペイン系のキリスト教徒やモロッコ出身のイスラム教徒のほか、ユダヤ人やインド人、パキスタン人などになっており、さまざまな文化が入り混じっている街になっています。「アスンシオン・デ・セウタ聖堂」や「城壁とサン・フェリペ壕」、「アフリカの聖母教会」などのさまざまな歴史的スポットも多く、観光産業が経済の中心となっている街です。

  • ザゴラ

    ザゴラは、モロッコの東南部に位置している町で、ドラア川の谷間にあり、昔は、マリ王国のトンブクツとの交易の中継地として栄えたことで知られています。ザゴラ山の斜面には、ムラービト朝時代の城塞跡を見ることができ、観光スポットになっています。また、ナツメヤシの木が多く、特産品になっています。そして、ザゴラと言えば、ザゴラ砂漠が有名で、ラクダに乗っての観光などさまざまなツアーが組まれ、世界中から多くの観光客が訪れています。ザゴラ砂漠には、ところどころにオアシスがあり、緑を見られます。砂漠では、キャンプなどを楽しむこともでき、ここでしか体験することができない貴重な体験をすることができ、人気があります。

  • メクネス

    メクネスは、モロッコの首都ラバトから130kmほど東に位置している都市で、城壁に囲まれているのが特徴です。日本でいうところの、京都や奈良に当たる都市になっており、歴史のある街並みを楽しむことができることで知られ、北部には、ユネスコの世界遺産に登録されている古代ローマ遺跡「ヴォルビリスの古代遺跡」や、聖地「ムーレイ・イドリス」があり、観光都市として知られています。温暖な気候に恵まれており、水も美しく、ワインの生産が盛んなことでも有名で、街では、「メクネスワイン」と言われる名産品のワインを楽しむことができるところがたくさんあります。その他にも、特産品としてはオリーブもあり、ワインと併せて楽しめます。

  • エルラシディア

    エルラシディアはモロッコの東部に位置しズィズ川沿いにある、砂漠化した山岳地域のオアシスを中心に広がる都市です。かつてはクサールエッスークという都市名でしたが、1975年、国王ハッサン2世の息子、ムーレイ=ラシードの名に因んで改称されました。古くからサハラ砂漠とモロッコを結ぶ交易の拠点として栄えてきた一方、モロッコ最貧とも言われるコミューンを多く擁する地域でもあり、日本からの国際協力もこの町の灌漑施設の修復や整備に多く貢献しています。周辺にはモロッコのグランドキャニオンとも称されるズィズ渓谷があり、水源に沿って緑の草木が絨毯のように続いて行く様はまさに自然の織りなす絶景です。他にも砂漠の中を行くラクダツアーなど、モロッコならではのアクティビティも楽しめます。

広告

運営会社