おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ミャンマーの都市一覧 旅行ガイド

ミャンマーの人気都市

1〜8件を表示 / 全8件

  • ヤンゴン

    ヤンゴンはミャンマー連邦の旧首都で、ミャンマー最大の都市であり、ヤンゴン管区の州都。旧名称はラングーン。ミャンマーの首都ではなくなったものの、近年観光客の間で人気が上昇中の街である。気候は雨季と乾季がはっきりと分かれている。 ミャンマーの最大の見どころは、一日中参拝者が絶えることのないミャンマー人にとっての聖地・シュエダゴンパゴダといえるだろう。広大な境内には非常に多くの仏像や仏殿があり、見る者を圧倒する。その他にも、スレー・パゴダやチャウタージーパゴダ、ヤンゴン最大の市場「ボージョーアウンサンマーケット」など、見どころ満載の街である。

  • パガン

    バガンはミャンマーの中心部のマンダレー管区にある地名で、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡の一つと称されている。ミャンマー屈指の仏教聖地で、大小さまざまな仏教遺跡が林立している。ミャンマーでもっとも人気の高い観光地といえる。現在残っている仏塔は2,300程と言われており、その中心のオールド・バガンは考古学保護区になっている。古代遺跡を思わせるこの空間はまさに圧巻といえる。寺院からの夕陽鑑賞もおすすめだ。 街の交通手段は馬車かサイカー、自転車が便利。買い物は規模も非常に大きいマーケットがお勧めだろう。

  • インレー湖周辺

    インレー湖はミャンマーのシャン丘陵に位置する淡水湖。ミャンマーの主な観光名所の1つでもある。元々インレー湖は4つの小さな湖だったが、湖の近くに住む鬼によって4つの湖が水路で繋げられ、大きな湖が誕生したという伝説が残っている。水は青く澄み渡り、晴れた日には、湖面は日光で七色に変化するといわれている。水深は浅く、ここでは水上に家を建てて暮らすインダー族が暮らしている。 インレー湖はボートで1日かけてユニークな観光が楽しめる。パゴタ巡りに飽きた人にはお勧めのコースともいえる。さらにインレー湖の奥には、”奥インレー湖”と呼ばれる湖もあり、サガー遺跡など、数々の遺跡が荒らされずに残っている。

  • マンダレー

    マンダレーは、ミャンマーでヤンゴンに次ぐ第2の都市。国土のほぼ中央部に位置する。ミャンマー仏教文化と信仰の中心でもあり、イギリスに併合されるまで、独立を保った最後の王朝の首都でもあった。マンダレーの中心にはミャンマー最大のマーケットもあり、活気と賑わいをみせている。また、伝統工芸が多く残されているのも魅力で、金箔や織物、人形などさまざまな工房があり、見学できる所もある。 マンダレーの見どころは、丘自体が寺院とされている仏教の聖地、マンダレーヒルや、丘の麓のチャウットーヂー・パゴダ、729に及ぶ仏塔に経典を納めたクドードォ・パゴダ、木造の僧院のシュエナンドー僧院などがある。

広告