おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

ノルウェーの都市一覧 旅行ガイド

ノルウェーの人気都市

1〜20件を表示 / 全20件

  • ベルゲン

    ベルゲンは、ノルウェー西岸ヴェストラン地方にある人口約27万人のノルウェー第2の都市である。ベルゲンは、ノルウェー語で、「山の牧場」と言う意味を持ち、1070年にオーラフ・ヒッレ王によって建設されたのが街の始まりである。その後中世にはハンザ同盟の都市として栄えた北欧有数の海洋都市である。また、フィヨルド観光の玄関口としても有名な都市でもある。 ベルゲンの街は、世界遺産にも登録されているカラフルな三角屋根の木造家屋が並ぶブリッゲン地区やホーコン王の館とローセンクランツの塔、ものすごい急斜面をケーブルカーで登れ、ベルゲンが一望でき絶景が広がるフロイエン山などたくさんの観光スポットがある。

  • オスロ

    オスロはノルウェーの首都で人口約58万人の都市である。その歴史は、11世紀にヴァイキングの王、ハーラル3世がこの地に街を築いたのが始まりとされている。一時は、デンマークの支配下に置かれ、クリスチャニアになり、その名を失うが20世紀に入りその名はオスロになった。 観光エリアは大きく5つに分けられる。カール・ヨハンス・ガーテ通り周辺、アーケシュフース城周辺、アーケル・ブリッゲ周辺、ビグドイ地区とフログネル公園周辺である。オスロ・パスが販売されていて、市内の美術館、博物館、観光スポットが無料で見学できたり、バス、地下鉄、トラム、鉄道などの交通機関も一部を除き、無料で利用できるので、観光客にはとても便利である。

  • ソグネフィヨルド周辺

    ソグネ・フィヨルドは、ノルウェー西部にあるノルウェー最大のフィヨルドであり、グリーンランドのスコルズビ湾に次ぐ世界で2番目に大きいフィヨルドである。入口はベルゲンから約72km北のソグン・オ・フィヨーラネ県にあり、全長200kmにものぼる。 フロムからは観光路線として有名な鉄道最高傑作のひとつである高低差864mもあるフロム鉄道、世界遺産に登録された支流ネーロイフィヨルドを通ってグドヴァンゲンまで行くことのできるフェリー観光、グドヴァンゲン~フロム間のクルーズ観光など、さまざまな角度でソグネフィヨルドの美しい風景を堪能できる。

  • ガイランゲルフィヨルド周辺

    ガイランゲルフィヨルドは、ノルウェーのムーレ・オ・ロムスダール県の南端、南ムーレ地方にあるフィヨルドである。ストールフィヨルドの15 km に渡る支流であり、フィヨルドの最深部はガイランゲル村にある。ガイランゲルフィヨルドは、2005年にはネーロイ・フィヨルドとともにユネスコの世界遺産に登録された。 ガイランゲルフィヨルド周辺には、ダールスニッバ展望台、フリダールスユーエ展望台、ブリクスダール氷河、船から望む雄大な滝などが見どころで、特に「七姉妹」と「求婚者」と呼ばれる有名なふたつの滝が、フィヨルドをはさんで向かい合っており、「求婚者」は対面の「七姉妹」に言い寄ろうとしていると言う言い伝えがある。ノルウェー屈指の観光地である。

  • フロム

    フロムは、アウルランドフィヨルドの最奥部に位置する人口約500人の村である。フロムという言葉は、古代ノルウェー語で、険しい山の間の小さな平地を意味し、その名のとおり谷間に民家が点在するたいへん小さな村である。 この小さな村に1年あたりおよそ45万人もの観光客が訪れる。フロムとミュルダル駅を結ぶ全長20kmのフロム線は世界有数の急勾配の山岳鉄道であり、多くの観光客がフロム線から見る素晴らしい景観を目的としてフロムを訪れる。また、フロムとフィンセ の間のRallarvegen道は自転車旅行者にとても人気のある道である。

  • トロムソ

    トロムソは、ノルウェー北部の人口7万人の中心都市で、北極圏に位置する最大の都市である。トロムソは、トロムソイヤ島と本土のトロムスダーレン地区に別れ、全長1kmもあるトロムソ橋と海底トンネルで結ばれている。トロムソイヤ島の港に近いメインストリートは、北欧のパリと呼ばれ、お洒落な店が建ち並び、街の中心となっている。 この街は探検の寄港地としての歴史もあり、探検家のロアール・アムンセンがトロムソから北極圏へと飛行して帰らぬ人となった事もあり、彼に関する展示も多く、銅像も建てられている。白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できたり、犬ぞり、クロスカントリー等のアクティビティーも楽しめる観光地として有名である。

  • スヴァールバル諸島

    北極圏のバレンツ海にある群島、ノルウェー領、スヴァールバル諸島。総面積は60,640㎢、人口は約2,400人である。人類が定住する最北の島、スピッツベルゲン島をはじめとする不毛の島々からなる。 法的には完全なノルウェー領土の一部であるが、スヴァールバル条約との関連で法制度や行政機構は本土と異なる。19世紀末まで定住者はいなかったが、20世紀になると石炭採掘が行われ、無人島であった島にアメリカ、イギリス、スウェーデン、ロシア、ノルウェーなどの会社が進出し、定住者が生まれた。群島には、国立公園が7つ、自然保護区が6つ、鳥類保護区が15、地形保護区が1つあり合計すると陸地の65%が保護区域とされている。

広告