おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

その他の観光地 文化遺産のおすすめ情報

このページではその他の観光地にある文化遺産を紹介しています。文化遺産とは世界遺産の種類の1つで、人類の文化的活動によって生みだされた建造物群や遺跡、記念物のことです。歴史や民俗学、芸術的な価値が高く、後世へ残すべきものが登録され、各国政府や国際機関によって保護・保存の対象となっています。人類の創造的才能が表現された傑作や、歴史上重要な時代の証拠となる建築様式や建築物群、技術の集積が認められた事例が多く、世界有数の観光名所が登録されています。有名な文化遺産はインド・イスラーム文化の代表的建築であるタージ・マハルや、古代ローマ文明が存在した希少な証拠とされるスペインのヘラクレスの塔などで、日本では法隆寺地域の仏教建造物や原爆ドーム、富士山などが登録されています。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

その他の観光地 文化遺産 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全5件

  • まとめ

    【世界遺産】ムスカウ公園は、ドイツとポーランドとにまたがる庭園

    その他の観光地 - 文化遺産

    ナイセ川の両岸に広がるムスカウ公園一帯は、かつてはプロイセン領で、19世紀のドイツ貴族、ヘルマン・フォン・ビュックラー=ムスカウ侯爵が所有していました。旅行家、作家、園芸家などさまざまな方面で活躍したムスカウ侯爵は、ランドスケープアーキテクトとしても優れた才能の持ち主で、1814年に旅行したイギリスで目にした風景や庭園をもとに、1815年から自身の屋敷の庭園の設計と造園を開始しました。侯爵が造った広さ560haにも及ぶ水と緑が織りなす美しい庭園は、景観デザインの傑作として、2004年に文化遺産に登録されました。

  • まとめ

    【世界遺産】アルフェルトのファグス工場は、1911年建造とは思えないドイツの超モダン建築

    その他の観光地 - 文化遺産

    ファグス工場を見ると、これが100年以上昔に建てられた、それも工場の建物だとは信じられないかもしれません。全面ガラス張りで、建物の角に支柱はありません。明るい黄色の煉瓦と、ガラス製のカーテンウォールだけで構成されたラーメン(骨組み)構造のビルは、現在でも、モダンなオフィスビルそのものです。 ファグス工場は、のちにバウハウスの中心となって活躍する、ヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって、1911年に建設が始められました。ガラス張りの造りは、作業中の事故を激減させ、労働環境の改善にも役立ちました。バウハウスの始まりを告げる記念すべき建造物であり、また、光あふれる作業場が、その後の工場建築に多大な影響を及ぼしたことが評価されて、2011年に文化遺産に登録されています。 (写真:アルフェルトのファグス工場 ©UNESCO/Fagus-GreCon)

  • まとめ

    【ドイツ】ポツダム・世界遺産に登録されているサンスーシ宮殿の見どころまとめ

    その他の観光地 - 文化遺産

    第二次世界大戦時に会談が行われた町として知られるドイツ・ポツダム。歴史的に大きな出来事のあった都市ということもあって世界的にも有名な都市ですが、世界遺産にも登録されている宮殿や美しい庭園があることでも有名です。 その1つであるサンスーシ宮殿は世界的に見ても独創的な装飾のある宮殿として知られており、ドイツ観光のスケジュールの中にもぜひ入れて欲しいスポットとなっています。ここからはサンスーシ宮殿について紹介していきます。

    周辺スポット

  • まとめ

    【ドイツ】僧院の島ライヒェナウ周辺にあるおすすめ観光スポット6選!情報はこちらから

    その他の観光地 - 文化遺産,寺院・教会

    ドイツのライヒェナウにある僧院の島ライヒェナウは、コンスタンツ湖(ボーデン湖)にある島で、ライヒェナウ島と本土は人工の道路でつながっています。別名「幸せな島」といわれていて、島自慢の白ワインと魚料理を楽しめます。 ライヒェナウ島にはたくさんの教会があって、千年以上前に描かれた貴重な壁画がある聖ゲオルク教会、島で一番古い教会といわれている聖マリア・マルクス教会、イエスキリストの彫刻を見られる聖ペテロ・パウロ教会などがあります。 ライヒェナウ島は「僧院の島ライヒェナウ」として世界文化遺産に登録されています。今回は、そんな僧院の島ライヒェナウ周辺の見どころについて紹介します。

  • まとめ

    【ドイツ】ムスカウ公園周辺でおすすめの観光スポット5選!世界遺産を巡ろう

    その他の観光地 - 文化遺産,広場・公園,城・宮殿

    ムスカウ公園は、ドイツとポーランドにまたがる総面積約830haの公園で、世界遺産に指定されています。19世紀前半に造営されたムスカウ公園は、イギリス式庭園の傑作と言われており、ドイツとポーランドの和解の象徴ともなっています。蛇行するナイセ川の複雑な地形を壊すことなく活かし、異なるコンセプトで設計された各エリア。公園内には新城と旧城、温室や騎士の館、バーデ&ベルクパルクなどの見どころも満載です。4月~10月のシーズン限定で森林鉄道(ヴァルトアイゼンバーン/Waldeisenbahn)も走っています。 ムスカウ公園へは「ヴァイスヴァッサー(Weißwasser)」駅から250番バスに乗り、「キルヒプラッツ(Kirchplatz)」というバス停で降車。そこから徒歩5分ほどのところにあります。 今回は、そんなムスカウ公園周辺の見どころについて紹介します。

その他の観光地 文化遺産 のスポット一覧

1〜3件を表示 / 全3件

広告

運営会社