おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オビエド 寺院・教会のおすすめ情報

このページではオビエドにある寺院・教会を紹介しています。国の歴史や宗教観の違いを感じられる寺院や教会は、旅行先でぜひ訪れたい観光名所です。美しく荘厳な雰囲気は、信仰心が薄くとも圧倒される魅力があります。日本では清水寺や千本鳥居で知られる伏見稲荷大社などがあります。アジアには有名な寺院が数多く存在しており、台湾の龍山寺や香港の嗇色園黄大仙廟(ウォンタイシン)は、地元の人々の生活に根づいた信仰心が感じられる場所です。鮮やかな色使いや造形美に加え、近年ではパワースポットしても注目されています。他にはイギリス屈指の歴史スポットであるロンドンのウェストミンスター寺院や、巨大なドーム内部にモザイク画が描かれたドイツのベルリン大聖堂、モスクワ・赤の広場に立つ聖ワシリイ大聖堂などが有名です。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

オビエド 寺院・教会 のまとめ記事一覧

0件を表示 / 全0件

オビエド 寺院・教会に関するまとめ記事が見つかりませんでした。
地域やカテゴリを変更してもう一度検索してください。

オビエド 寺院・教会 のスポット一覧

1〜2件を表示 / 全2件

  • スポット

    カテドラル

    オビエド - 寺院・教会

    旧市街の中心にそびえる オビエドの旧市街の中心地・アルフォンソ広場にそびえるように建つ大聖堂。正式名称を「サン・サルバドル大聖堂」という。9世紀にアルフォンソ2世の命により建てられ、14~16世紀ごろにはゴシック様式で増築された。その後、スペイン内戦で大きな被害を受けるが、再建された。

  • スポット

    オビエド大聖堂

    オビエド - 寺院・教会

    スペインのイベリア半島北部、アストゥリアス郡にあるオビエドは、8世紀にイスラム教徒に追われたキリスト教徒によって建国されたアストゥリアス王国発祥の地です。複数のキリスト教国家によるレコンキスタ活動の中心地であり、その時代に建設された多くの教会群などは「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」として世界遺産に登録されています。 そんな世界遺産の街・オビエドの中心部にそびえるのがオビエド大聖堂。9世紀、アルフォンソ国王が建設した大聖堂が元になっており、14~16世紀にゴシック様式で増築されました。レコンキスタ発祥の建築様式であるプレロマネスク様式が見られる内部は必見です。

広告

運営会社