おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オビエド 観光のおすすめ情報

トラベルブックのすべての旅行・観光情報からオビエドの観光に関する旅行・観光情報を人気順で探すことができます。世界の国、都市、エリアや目的、シーンにあった旅行・観光情報を絞り込むことが可能です。王道の観光コース、穴場、秘境、お土産情報など様々な旅行・観光情報から、あなたにぴったりな旅行情報を見つけてみましょう♪

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

オビエド 観光 のまとめ記事一覧

1〜1件を表示 / 全1件

オビエド 観光 のスポット一覧

1〜5件を表示 / 全7件

  • スポット

    カテドラル

    オビエド - 寺院・教会

    旧市街の中心にそびえる オビエドの旧市街の中心地・アルフォンソ広場にそびえるように建つ大聖堂。正式名称を「サン・サルバドル大聖堂」という。9世紀にアルフォンソ2世の命により建てられ、14~16世紀ごろにはゴシック様式で増築された。その後、スペイン内戦で大きな被害を受けるが、再建された。

  • スポット

    オビエド大聖堂

    オビエド - 寺院・教会

    スペインのイベリア半島北部、アストゥリアス郡にあるオビエドは、8世紀にイスラム教徒に追われたキリスト教徒によって建国されたアストゥリアス王国発祥の地です。複数のキリスト教国家によるレコンキスタ活動の中心地であり、その時代に建設された多くの教会群などは「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」として世界遺産に登録されています。 そんな世界遺産の街・オビエドの中心部にそびえるのがオビエド大聖堂。9世紀、アルフォンソ国王が建設した大聖堂が元になっており、14~16世紀にゴシック様式で増築されました。レコンキスタ発祥の建築様式であるプレロマネスク様式が見られる内部は必見です。

  • スポット

    フォンタン広場

    オビエド - 広場・公園

    フォンタン広場はオビエド旧市街にあるこじんまりした広場です。 元々は12世紀に野菜や牛乳、チーズなどを販売するためにやってきた農民たちによってつくられた広場でしたが、あっという間にオビエド郊外の商業中心地に成長。現在の姿になったのは18世紀。小さなアーケード広場ですが、今もなお修復を続けその姿を留めています。 そして現在も広場に隣接する市場は活気に満ちています。多くのカフェやレストランがあり、ゆったり食事をとる地元の人々の姿を見ることができます。市庁舎や大聖堂といった他の観光スポットにも近いので、合わせて立ち寄りたい広場です。

  • スポット

    サンタ・マリーア・デル・ナランコ教会

    オビエド - 文化遺産

    サンタ・マリーア・デル・ナランコ教会は、スペイン北西部のアストゥリアス・オビエドにある教会です。 郊外のナランコ山にひっそり佇む教会ですが、「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」の1つとして世界遺産に登録されている由緒ある教会なのです。古いロマネスク様式の教会は、8世紀に建造された2階建てのこじんまりした建物。教会と呼ぶにはあまりに素朴なレンガ作りの建物は厚い壁の頑丈な作りになっていて、イスラム教徒の猛烈な攻撃に備え反撃したキリスト教徒を偲ぶことができます。 窓から見下ろすオビエド市街の景色は最高の眺めです。

  • スポット

    ウリア通り(オビエドのメインストリート)

    オビエド - 旧市街・古い町並み

    スペインの北西部の街オビエドは、8世紀初頭にイスラム教徒に追われたキリスト教徒がアストゥリアス王国を築いた地。「オビエドとアストゥリアス王国の建造物群」として世界遺産にも登録されている街です。 歴史的な建造物群を見て周るのにぴったりなのが、オビエドのメインストリートであるウリア通りです。オビエドの鉄道駅を出てウリア通りに入れば、アルフォンソ2世広場やサンサルバトル大聖堂、アストゥリアス考古学博物館などが建ち並んでいます。おしゃれなショップやレストランも多く、ショッピングを楽しみたい人にも最適なウリア通り。有名なバルであるティエラ・アストゥールではお酒や地元料理が味わえます。

オビエド 観光のスポットをもっと

広告

運営会社