おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

フィリピンの都市一覧 旅行ガイド

フィリピンの人気都市

1〜18件を表示 / 全18件

  • セブ島

    セブ島は、フィリピン中部のヴィサヤ諸島にある島で、南北に225kmにわたって伸びる細長い大きな島である。周囲はマクタン島、バンタヤン島、マラパスカ島、オランゴ島など小さな島々に囲まれている。 セブ島はフィリピン最古の歴史を誇り、島内にはその歴史を物語る建物や記念碑が数多く残されている。セブ島の最も大きな特徴は透明度の高い海と真っ白な砂浜である。特にセブ市東部のマクタン島にはリゾート施設が充実しており、スキューバダイビングやウインドサーフィン、パラセーリングなどのさまざまなマリンアクティビティが楽しめる。また、島内にはゴルフ場や本格的なスパやエステサロン、カジノ、レストラン、バーやカフェなどのナイトスポットも充実している。

  • エルニド

    エルニドは、フィリピンの南西部にあるパラワン島の北部にある村である。沖に浮かぶ高く切り立った大理石でできた約50の島々から成っている。 500m級の岩山と、白砂のビーチ、ココナッツ林と熱帯雨林が混在するその景観は、人々の心を捉えて離さない。 周囲に点在するリゾート・アイランドへの発着港でもあり、これらのリゾートは島一つをひとつのリゾート施設が独占するという贅沢な造りのもので、隠れ家的なリゾートである。パラワン海でのダイビング、フィッシング、水上スキー、ウインドサーフィン、シーカヤックなど、さまざまなマリンアクティビティが楽しめる。

  • マニラ

    マニラは、フィリピンの首都でルソン島中西部にあり、マニラ湾東岸に位置している。マニラ市を中心としてメトロ・マニラとも呼ばれるている。「東洋の真珠」とも呼ばれており、フィリピンがスペイン人によって植民地化された16世紀末よりフィリピンの首都として栄えてきた。 市街には、16世紀にスペイン人によって建設された城塞都市の面影が残っているイントラムロスの歴史地区、フィリピンの国民的英雄ホセ・リサール記念像があるリサール・パーク、スペインがフィリピン統治時代に建てたフィリピン最古の石造建築の教会サン・アグスチン教会、1571年に建てられたマニラ大聖堂、イントラロムスの北の一角にあるサンチャゴ要塞跡などさまざまな歴史的建造物を見ることができる。

  • ミンダナオ島

    ミンダナオ島は、フィリピン諸島の南端に位置し、面積はおよそ9万4630km²の国内でルソン島に次ぐ2番目に大きな島である。島は南北に約470km、東西に約520kmで、西部にはサンボアンガ半島が突出し、南西部のスールー海にはスールー諸島が散在している。東は太平洋、南はセレベス海に面している。 ミンダナオ島は、東海岸、西海岸および中北部に2000m級の山脈があり、中央ミンダナオ高地にはフィリピン最高峰である標高2,954mの火山であるアポ山がある。アポ山はフィリピンで最も有名な登山スポットとして有名である。

  • ルソン島

    フィリピン諸島で最大の面積を誇り、世界第4位の人口が多い島である。農業・林業・サービス業などの主産業地域でプランテーションが盛んである。首都のマニラがこの島の中にあるため、政治経済の中心でもある。気候は年間を通して大きな気温の変化はなく、一年中半袖で過ごせる。 ルソンと言えば、”天国への階段”と言われる山脈が望める「バナウェ」という村や16世紀の貿易の拠点となった街、「ビガン」などの世界遺産が有名である。ビガンは太平洋戦争時に日本領であった時期もあった日本との所縁がある場所でもある。

  • ボホール島

    ボホール島は、フィリピン中部ヴィサヤ諸島の島であり、国内で10番に大きな島である。島全体が中部ヴィサヤ地方に属するボホール州である。リゾート地としてとても有名であるとともに、フィリピンメガネザルという世界最小級の霊長類の生息地でもある。 この島には、大理石でできた高さ30m-50mの草に覆われた円錐形の山が1,200個も並ぶ「チョコレート・ヒル」という場所があり、5月からの乾季には草が枯れ茶色に見える為、その異様な景観も観光名所のひとつである。また、海岸は白く続く美しい砂浜として有名であり、特に橋で渡されたバングラオ島や島の南端にあるアロナビーチは白砂ビーチの先に浅瀬が広がり、とても美しいビーチである。

  • パラワン島

    パラワン島は、フィリピンの南西部にある島。北西を南シナ海、南東をスールー海に面し、南北に細長くのびるフィリピンで5番目に大きな島である。島の中央部にあるプエルト・プリンセサ熱帯雨林・密林に覆われた高い山岳地帯が島の大半を占めており、南部には標高2000mあるパラワン島最高峰のマンタリンガハン山がある。 「フィリピン最後の秘境」とも呼ばれるており、生態系がよく残っており、エコツーリズムが盛んである。プエルト・プリンセサ地底河川国立公園やトゥバタハリーフ国立海洋公園は世界遺産にも登録されている。また、島の周囲には多くの小さな島が点在しており、エルニドなどの有名なリゾートアイランドがある。

  • ボラカイ島

    ボラカイ島は、フィリピン中部、ヴィサヤ諸島の西端にある大きな島パナイ島の最北端から2km沖にあるシブヤン海に浮かぶ離島で、フィリピン有数の観光地・リゾート地となっている。ボラカイ島は全長4kmにもなる白砂の浜辺が有名でホワイトビーチと呼ばれている。ボラカイ島の西側には桟橋があり、島の95%の住宅や商業施設が集中している。 ホワイトビーチには様々なクラスの宿泊施設、レストランやバー、ダイビングショップなどが並んでいる。ビーチの砂はまるでミルクのように白く細かく、水深1.5mくらいの遠浅のビーチが沖合い50mまで続いてる。海水の透明度が高くスキューバダイビングが盛んである。

  • パングラオ島

    パングラオ島は、フィリピンのボホール島の南西にあり、ボホール島と橋で繋がっている島である。ダイバー憧れのスポットであるバリカサグに近いことから、世界中からのダイバーで賑わっている島である。 パングラオ島の中で最も有名なビーチが、全長2kmにも及ぶアロナビーチである。アロナビーチやパングラオ・アイランド・ネイチャー・リゾートをはじめホテルやコテージなど多くのリゾート宿泊施設があり、その周辺には、たくさんのダイビングショップ、レストラン、カフェなどが立ち並んでいる。ダイビングやアイランドホッピング、海水浴や日光浴、ドルフィンウオッチングなどさまざまなマリーン・アクティビティを楽しむ事ができる。

  • ネグロス島

    ネグロス島は、フィリピン中部、ヴィサヤ諸島の南西部、セブ島とパナイ島に挟まれるようにして浮かぶ島で、フィリピンで4番目に大きな島である。カンラオン火山を主峰とする山地により、島は大きく2つに分かれており、西のネグロス州には、活気溢れるモダンな人口50万人のネグロス島最大の都市バコロドがあり、東のネグロス州にはフィリピンを代表するシリマン大学がある学園都市として知られているドゥマゲティがある。 この島の観光のメインは、近隣の島々でのダイビングである。透明度が高く、魚種も豊富な海は世界中からダイバーが訪れる。

  • レイテ島

    レイテ島はフィリピン中央部、ビサヤ諸島東部の東ビサヤ地方にあります。南北に細長い島で、南北に約180km、東西は広いところでも約65kmです。脊梁山脈で東西に分けられており、大半をレイテ州、南部4分の1が南レイテ州という行政区分になっています。島内最大の都市は、レイテ州の州都のTacloban(タクロバン)で、南レイテ州の州都はMaasin(マーシン)です。レイテ島のレイテ湾は、世界海戦史上最大の激戦といわれる、太平洋戦争のレイテ沖海戦の舞台として有名。さらにその後に起こる約2ヶ月にもわたる、日本軍とアメリカ軍の陸上戦闘のレイテ島の戦いの舞台でもあります。そのレイテ島には、マッカーサー上陸を記念した、レイテ・ランディングメモリアルパークや日本の支援で作られた、フィリピンで一番長い橋のサン・ファニーコ橋があり、自然が美しいダナオ湖国立公園などの観光スポットがあります。

  • バコロド

    フィリピン中部のヴィサヤ諸島にある、ネグロス島の北部にバコロドはあります。ネグロス島最大の都市で、ネグロス・オクシデンタル州の州都です。1770年に町が建設され、1938年に市となったフィリピン中部でも有数の大都市です。名前の由来は、イロンゴ語で石の岡という言葉のbakolod(バコロド)で、町が建設された当時の立地からきています。大きな港湾都市でもあり、ネグロス・オクシデンタル州の玄関口でもあります。「微笑みの街(City of Smiles)」とも、フィリピンで最も安全な街のうちの1つともいわれ、観光しやすい土地柄です。スペインの植民地であった歴史もあり、キリスト教が広がっておりサン・セバスティアン大聖堂が人気の観光スポットです。チキンが有名な都市でもあり、イナサルというグリル料理の店が軒を連ねています。

  • ミンドロ島

    ミンドロ島はルソン島の南西、パラワン島の北東、パナイ島の北西に位置しており、フィリピンでは7番目に大きな島です。スペイン人には金鉱という意味のMina de Oro(ミナ・デ・オーロ)といわれていたことがあり、これが現在の名前の由来だとされています。太平洋戦争において日本軍が占領していた歴史もあり、太平洋戦争で日本軍が最後に勝利した地でもあります。ミンドロ島で捕虜となった作家の大岡昇平は、その後にこの島を舞台にした戦記小説を書いています。島の大半が山で占められている自然が豊かな土地でもあり、ハルコン山やアポ・リーフ国立公園、リゾート・プエルト・ガレラやサバン・ビーチといった、人気の観光スポットがあります。ミンドロ島は、フィリピンの国民的シンボルの動物の1つでもある、「タマラウ」という小型水牛のふるさとでもあります。

  • サマール島

    ミンダナオ島にある、フィリピン第三の都市タバオの対岸にあるサマール島(面積301.3km²)は、タバオのフェリー乗り場からボートで15分の位置にあります。サマール島には、「パラダイスアイランドパーク&ビーチリゾート」のプライベートビーチ「パラダイスビーチ」があります。名前の通り楽園のようなビーチで、まだまだ知る人の少ない穴場スポット。ゴミやクラゲ対策された清潔感のあるリゾートにはライフガードがいて、看護師が常駐、安全管理や非常訓練もされており、小さな子連れ家族から年配の人まで安心して楽しめるリゾート。シュノーケリングやバナナボートなども楽しめます。ビーチ利用には入場料(平日約330円、休日約460円)がかかります。透明度の高い海は、浅瀬なので泳ぎが苦手な人でも安心。ビーチの入場ゲートをくぐると、併設の海の家があり、軽食からディナーまで提供、魚料理やパスタ、マンゴーやドリアンなどの南国フルーツも食べられます。

  • カラミアン諸島

    フィリピン・パラワン島北方に位置するパラワン州に属するブスアンガ島(890㎢)、コロン島(70㎢)、クリオン島(390㎢)をはじめ、95の島々を総称してカラミアン諸島と呼びます。どの島も山がちで、人口はまばらです。ブスアンガ島には、諸島内唯一の空港があり、コロンの町があります。数件の店と学校、銀行があるくらいの小さな町で歩いて回ることができます。主な産業は漁業で、埠頭近くでは安くて新鮮な魚を食べられると観光客に人気。島の住民たちにも人気なのが海水温泉で、Tシャツ&短パン姿で気軽に温泉浴を楽しんでいます。セブ島やボラカイ島がフィリピンのリゾート地として訪れる日本人も多いのですが、カラミアン諸島もディマクヤ島の豪華リゾート「クラブ・パラダイス」など隠れ家リゾートも多く、エメラルドクリーンやコバルトブルーに輝く海では、ジュゴンやアオウミガメなど珍しい海の生き物に出会うことができると、人気のダイビングスポットとなっています。

  • パナイ島

    パナイ島は、フィリピン中部にあるビサヤ諸島の西ビサヤ地方に位置しています。フィリピンで6番目の大きさを誇り、アクラン州・アンティーケ州・カピス州・イロイロ州に分けられ、島内最大のイロイロ市は西ビサヤ地方の中心都市です。ボルネオの圧政から逃れた人々がこの島にたどり着き、ビサヤ諸島に住む人々の祖先となったとされる、「Maragtas(マラグタス)」という有名な伝説があります。スペインの植民地であった歴史もあり、その名残を残す歴史的建造物が残っています。カトリックの教会が多く、なかでも世界遺産の「フィリピンのバロック様式教会群」の登録遺産の1つとして、ビリャヌエバ教会が有名です。1831年に建築されたバロック様式の教会で、サンゴ砂で外壁が造られています。教会としてだけではなく、砦として使用された歴史もあります。

広告

運営会社