おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ポーランドの都市一覧 旅行ガイド

ポーランドの人気都市

1〜8件を表示 / 全8件

  • クラクフ

    ポーランド南部にある都市で、ポーランドで最も歴史ある都市の一つである。 第二次世界大戦であまり被害を受けなかったこともあり、世界遺産に登録されている旧市街には、歴史的な建造物が多く残っている。なかでも旧王宮である「ヴァヴェル城」や「聖マリア教会」、「織物会館」などは有名で、観光客にも人気がある。築700年程度のアパートが代々手入れされて現代でもそのままアパートとして使われていることもありひとつの見所となっている。国立美術館を筆頭に各種博物館や美術館など数多くの文化施設が存在し、ダ・ヴィンチの「白テンを抱く貴婦人」がある「チャルトリスキ美術館」が特に有名である。

  • ワルシャワ

    ポーランドの首都。第2次世界大戦後、戦火で荒廃した旧市街を煉瓦のヒビに至るまで復元して往時の町並みを回復したとして、1980年にユネスコによって「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録された。 1944年8月1日午後5時に開始されたワルシャワ蜂起での犠牲者を追悼する目的で、毎年8月1日の午後5時、サイレンの音を合図にワルシャワ市民の全てがその場で直立不動となり1分間の黙祷を捧げることが有名。現在は、ワルシャワ中央駅を中心に文化科学宮殿や近代的な超高層ビル群が立ち並び、国内外の大企業のオフィスや飲食店などが軒をつらねる大都会そのものの風景となっている。

  • アウシュビッツ

    ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」がある有名な都市である。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。 多くの要人が公式・非公式にかかわらずこの地を訪れており、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世やベネディクト16世が訪問しているほか、年間を通じてイスラエル人学生の修学旅行のルートになっている。日本からの訪問も増えており、近年は年間訪問者が5,000人を超えた。

  • ポズナニ

    ポーランド最古の都市のひとつで、ヴァルタ川に臨む河港市で、歴史的重要な中心地でもある。古くから商業都市として栄えてきており、文化、学術、商工業の中心地としても知られている。 博覧会が頻繁に催され、現代では鉄道や高速道路といった道路交通網のアップグレードが急ピッチで進んでいる。2012年にはサッカーの欧州選手権大会(ユーロ2012)の会場のひとつとなり、夏至の夜に数千のランタン(天灯、スカイランタン)を天空に飛ばす宗教的な祭り「聖ヨハネ祭」が実施されるイベントには多くの観光客が訪れる。

  • トルン

    ポーランド中北部に位置する工業都市で、1997年に旧市街が世界遺産に登録された。また、近郊には大手エレクトロニクスメーカーのシャープの工場があり、日本人の駐在者を数多く見ることが出来る。 偉大な天文学者であるコペルニクスの生まれ故郷として知られ、また秘伝のレシピによって作り続けられている銘菓「ピェルニク」や、中世以来変わらぬ旧市街のヨーロッパ一美しいとさえ言われる魅力に多くの人々が関心を寄せてきた都市であると言われる。「ドンプスキ宮殿」の外壁に施された草花をモチーフにした装飾が有名なほか、ゴシックの壁画と星形ヴォールトが美しい「聖ヤコブ教会」など多くの観光名所がある。

  • グダンスク

    グダンスクは、グダンスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市といわれており、現在ではポーランドでも最大の観光地のひとつになっている。グダンスク内外の多くの場所では毎年多くの観光客が訪れにぎわっているほか、主要貿易港の一つでもあるといわれている。 ポーランド北部の文化の中心地でもあり、一年を通じて多くの文化的催しが行われている。ポーランド市民が精密に復元したグダンスク旧市街はその文化的価値が認められ、ユネスコの世界遺産の暫定リストに載っており、そう遠くないうちに世界遺産として正式登録される見込みである。

  • ブロツラフ

    ポーランド第4の都市で、中世の時代にはいくつかの島にまたがっていた。現在も美しい橋や建物が多く残っており、ドイツの国境からもほど近い場所に位置するためドイツ人観光客にも人気がある。 色とりどりの建物が建ち並ぶリネク(中央広場)は、この街の人気スポットのひとつであり、総面積4万平方キロメートルと、中世から残っている広場としてはヨーロッパ最大である。この広場の中央にある荘厳な建物はルネサンス様式の織物会館で、民芸品やアクセサリー、革製品などの小さな店が数多く並んでいて、2階は国立美術館の分館になっている。現在は広場に面してレストランやカフェが建ち並び、地元の人や観光客でにぎわっている。

広告