おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

ポルトガルの都市一覧 旅行ガイド

ポルトガルの人気都市

1〜27件を表示 / 全27件

  • リスボン

    ポルトガルの首都で同国最大の都市であり、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏を形成している。金融や商業、出版、娯楽、芸術、貿易、教育、観光と言った様々な分野で重要な都市であることから、世界都市と見なされている。 世界的にも古い歴史がある都市の一つで、西ヨーロッパでは最古の都市であり現代のヨーロッパの他の首都であるロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年遡る。「ルゾフォニアの世界の首都」と呼ばれ、ポルトガル語諸国共同体の本部が「ペナフィエル伯宮殿」に置かれているほか、「ベレンの塔」と「ジェロニモス修道院」が世界遺産に登録されているなど、観光名所としての人気も高い。

  • ポルト

    リスボンに次ぐポルトガル第二の都市で、「聖グレゴリウス聖堂」「大聖堂」「ポルサ宮」「聖フランシスコ聖堂」などを含む旧市街地は、1996年に「ポルト歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録された。 観光名所として毎年多くの観光客が訪れ、特に有名なものとして、18世紀に建設されたバロック建築の教会である「聖グレゴリウス聖堂」に含まれる塔の高さは約70メートルにも及ぶ。また、12世紀に建設された要塞で、17世紀から18世紀にかけて改修された「ポルト大聖堂」や。1834年に火災で焼失したサン・フランシスコ修道院の跡地に建設された「ボルサ宮」など、多くの見所がある。

  • シントラ

    ポルトガルの都市で、首都・リスボンに隣接する地方自治体である。ムーア人が築いた城の跡や、ポルトガル王室の夏の離宮など、様々な年代の文化財が集積していることから観光地として有名であり、また、ユーラシア大陸最西端のロカ岬への観光の拠点でもある。 宮殿群や城跡を含むシントラの文化財は、「シントラの文化的景観」として、1995年ユネスコの世界遺産に登録された。「シントラの文化的景観」内には複数の物件が見られ、主な宮殿である「シントラ宮殿」は14世紀にジョアン1世によって建てられた夏の離宮であるほか、7-8世紀にムーア人によって建設された「ムーアの城跡」などが多くの観光名所となっている。

  • ナザレ

    ポルトガルの町で、4世紀に「パレスチナのナザレ」から一人の聖職者が聖母マリア像を持ち込んだことにちなんで町の名がついたという。「絵のように美しい海辺の村」といわれ人気の観光地となっている。 大西洋に面し長い砂浜があるため、夏期には観光客で混雑する。一方で、ナザレは漁民によって編まれる伝統的衣装も知られ、既婚女性たちは黒衣を着込み、伝統的なスカーフで頭部を覆い、刺繍をほどこしたエプロンを多色使いのフランネルのスカートの上に重ねるという装束は今も見られる。毎年9月8日の祝日には、ナザレの聖母を記念する宗教行事と礼拝行進、その他に闘牛と民族舞踊が行われるため、多くの観光客が訪れる。

  • エボラ

    ポルトガル南東部にある町で、ルネサンスの時代には、大学もおかれた学芸の都でもある。1584年9月には、伊東マンショらの天正遣欧少年使節が立ち寄った街でもある。1986年に「エヴォラ歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録された。 1280年から1340年の間に主に建設された「エヴォラ大聖堂」には使徒の像を伴った入り口と美しい教会堂の身廊と回廊があるほか、15世紀の終わりから16世紀の初めにかけて建設されたゴシック様式とマヌエル様式が混合した建築物として知られる「サン・フランシスコ教会」や、ヴァスコ・ダ・ガマの邸宅など、多くの歴史的価値のある観光名所が人気。

  • コインブラ

    ポルトガルの都市で、セントロ地方で最も大きな街といわれる。市外から大学に通う学生たちも多い。 1139年から1255年まではポルトガルの首都であり、古代ローマ時代には「アエミニウム」と呼ばれ、当時の遺跡が今でも残る。1290年にコインブラ大学が設立されたことによって、ポルトガルの文化的中心地に発展した。コインブラ大学はヨーロッパで最も古い大学のひとつで、観光客も多い。密集した街路を持つコインブラはその歴史的な教会、図書館、美術館、また多くの公園や娯楽施設、病院、商店街などで知られるが、中でもヨーロッパ最古の歴史を持つコインブラ大学はひときわ有名である。

  • オビドス

    13世紀のポルトガルの女王イサベルがオビドスを通りかかった際、女王はその美しさにいたく感激し、夫のディニス1世がこの地を彼女に捧げたといわれる。その後何世紀にもわたり、ポルトガル王たちはこの先例に従い、絵に描いたように美しいこの小さな街を、結婚の贈り物として女王たちに捧げてきた。 白い建物が現在もその当時と同じように輝き、城壁に囲まれたオビドスの街は丘からは「エストレマドゥーラ」を望む絶景を眺めることができるほか、中世の城が主な観光スポットとなっている。メインストリートにはレストランや土産物店が立ち並び、有名なサクランボから作られるリキュールやチョコレートなども観光客に人気がある。

広告