おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ルーマニアの都市一覧 旅行ガイド

ルーマニアの人気都市

1〜4件を表示 / 全4件

  • ブカレスト

    ブカレストはルーマニアの南東部に位置する、人口200万人を超える大きな町。ルーマニアの首都であり、同時に同国最大の都市でもあります。伝えられる話によると「ブクル」という羊飼いがこの町を開き、そのためブクルの町、ブクレシティと名づけられたのが由来とされています。当時の町並みは現在のブカレストの旧市街となっており、観光客にも人気。その独特で美しい町は「東欧の小パリ」とも呼ばれています。ブカレストには多くの古い建物が点在しており、中でも王宮クルテアヴェケは、「串刺し公」として知られるヴラド3世が統治していた場所。国会宮殿はアメリカのペンタゴンについで世界で2番目に大きな建物としても有名です。そのあまりの大きさから、絨毯はその場で作らなければならなかったそう。この町には他にもスタヴロポレオス教会やアテネ音楽堂など歴史的価値の高い建物が多く、当時の面影をしのぶことができます。

  • シナイア

    シナイアは別名シナヤともいい、ルーマニアのほぼ中央、ブカレストとブラショフの間に位置する町。ブカレストからは電車で約1時間半ほどで到着します。町の名前はシナヤ僧院にちなんで付けられました。僧院の名は、聖書に登場するシナイ山に由来します。シナイヤは美しい自然に囲まれた町。時に「カルパチアの真珠」ともたたえられ、かつては貴族たちの別荘地として栄えました。町の周囲はブチェジ自然公園の保護のもとにあり、植物や木を切ったりすることは許されていません。シナイヤ観光ではルーマニアで最も豪華とされるペレシュ城は必見。この宮殿はルーマニア王室カロル1世が夏の離宮として1875年に建てました。宮殿内には展示されている絵画などの美術品や、数え切れないほどの武器のコレクションは圧巻です。町の名前の由来にもなったシナイア僧院は、美しいフレスコ画と19世紀末から20世紀初めにかけて造られた鐘楼が有名。町のシンボルとなっています。

  • ブラショフ

    ブラショフはブラショブとも呼ばれ、ルーマニアのほぼ中央に位置する都市。中世の町並みを色濃く残す町で、ドイツ人、ハンガリー人、ルーマニア人の3つの民族によって発展を遂げました。またブラショフは東京都武蔵野市の姉妹都市でもあり、市内にある「日本武蔵野センター」では日本文化の紹介や日本語教室の開催などのイベントが行われています。ブラショフはブカレストに次ぐ観光都市だけあって、多くの観光名所が存在。歴史を感じる旧市街、かつての傷跡を生々しく残す黒教会などはその筆頭です。ブラショフから15kmほど郊外にあるのはポヤナ・ブラショフ、別名「太陽の高原」。ここは100年以上も前からヨーロッパでは名の知れた高原リゾート地です。またもう少し離れた場所にはドラキュラ城として知られるブラン城が。ルーマニアはドラキュラの生まれた国です。歴史好きだけでなくオカルト好きをもうならせる国と言えるでしょう。

広告

運営会社