おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

スウェーデンの都市一覧 旅行ガイド

スウェーデンの人気都市

1〜17件を表示 / 全17件

  • ストックホルム

    スウェーデンの首都で、「水の都」、「北欧のヴェネツィア」ともいわれ、水の上に浮いているような都市と表現されることがある。 ストックホルム中央駅の周辺には市庁舎があり、優雅で厳粛な気品を漂わせている。ナショナルロマン様式、北欧中世風のデザインで、宮殿を思わせるたたずまいがう梅井で、106mの塔、赤レンガの質感、ゴシック風の窓、ビザンチンスタイルの輝かしい金色の飾り、さまざまな様式を取り入れながら、見事に調和がとれている。市庁舎内には「黄金の間」と呼ばれる、1900万枚の金箔モザイクで飾られた壁面を持つ部屋があり、ノーベル賞授賞パーティーの舞踏会広間として使われる。

  • イエテボリ

    スウェーデンの港湾都市で、北欧で5番目の大きさの都市である。 中央駅からはスウェーデン鉄道でスウェーデン各地に行くことができ、ストックホルムまでは3時間弱。駅前のバス停からは地元企業ボルボ社製の全長24m、165人乗りのバスが出ており、スウェーデン最長のバスとして知られる。また、スウェーデンを代表するオーケストラのエーテボリ交響楽団が拠点としていることや、メロディックデスメタルの聖地としても知られており、出身バンドが多くデビューしているほか、市内のイエテボリ美術館は、カール・ラーションの絵画をはじめ19世紀北欧の美術作品を数多く所蔵しているなど、芸術の都市としても知られる。

  • ゴットランド島

    スウェーデン最大、バルト海で最大の島でもある。ゴットランドの主な都市は、多くの歴史的な建物とハンザ時代の砦、城壁のほとんどを完全に残す「ヴィスビュー」である。 ヴィスビューの中世都市はユネスコの世界遺産に登録された。町を取り囲むハンザ同盟時代の砦、城壁はその特徴である。「クッブ」や「ヴァルパ」と言った伝統的なゲームが今でも遊ばれており、アンドレイ・タルコフスキーがこの地を舞台に映画『サクリファイス』を製作、また宮崎駿が映画『魔女の宅急便』の制作に当たり、この地をロケ地のひとつとしたことなどが有名。

  • マルメ

    スウェーデン最南部のスコーネ地方にある都市で、地域の経済や教育の中心である。2007年にアメリカのオンラインマガジングリストの「15の緑の都市」で4位にランクした。 マルメはスカンジナビアの街の中では最初に産業化が進み、印象的な建物の開発や、新しいバイオテクノロジーやIT企業の誘致などがあり、中でも特筆されるのは学生を惹きつけるマルメ大学である。市街には多くの歴史的な建物や公園が含まれ、そこにはスコーネ地方西部の商業の中心も含まれる。観光名所として、マルメオペラを見ることができる「マルメ市立劇場」が有名。

  • ウプサラ

    ウプサラは、スウェーデンのストックホルムから約70kmの所に位置している小さな街です。ウプラサは、バルト帝国とも呼ばれておりかわいらしい町として有名です。ストックホルムから電車で約40分でウプサラ・セントラルステーションへ行くこともできるので、日帰り観光のできる人気のある観光エリアです。最初におすすめする観光地は13世紀に建設が始まり、スカンジナビアで一番の高さであるウプサラ大聖堂。街のシンボルとも言われており、ウプサラ街のどこにいても見られます。次におすすめする観光地は、ウプサラ街内を流れているフューリソン川。フューリソン川沿いには、遊歩道やカフェ、公園などがあり市民の憩いの場として親しまれています。最後におすすめする観光地は、ウプサラ県知事公舎として使用されているウプサラ城。ウプサラ城内では、カフェも併設されておりゆっくり休むこともできます。

  • カルマル

    カルマルは、スウェーデンで最も古い港町とも言われています。ストックホルムから電車で約5時間で行くことができる自然豊かで人気のある観光地です。海に囲まれているため、新鮮なシーフード料理を食べられます。まず最初におすすめする観光地は、カルマンに訪れた際にはぜひ見ておきたいカルマル大聖堂。町のシンボルとして地元の人からも愛されている、バロック様式建築物の大聖堂です。次におすすめする観光地は、12世紀に建てられたカルマル城。12世紀に建てられ、カルマル同盟が結ばれた場所なので日々多くの外国人観光客も訪れるスポットです。最後におすすめする観光地は、全長は6kmもあるエーランド橋。フェリーが橋の下を通過するため、橋の高さが約40mにもなります。そのため、車からの見晴らしも良いと人気のある観光スポットです。しかし自転車や徒歩では通行でいないので、ご注意ください。

  • ヴェクショー

    ヴェクショーは、ストックホルムから南西に約400kmのところに位置している人口は約7万5千人の街です。ストックホルムからは、電車で行くことができます。ガラス工場が多くあり、ガラスの王国とも言われています。そこで最初におすすめする観光地は、スウェーデンで最も古いと言われているガラス工房のコスタ・ボーダ。1742年に創業されており、様々なデザインの作品を見られます。次におすすめする観光地は、Småland Museum(スモーランド博物館)。1885年に開館した歴史ある州立博物館です。コインコレクションやスウェーデングラス(The Swedish Glass Museum)の展示もされています。ガラス製品は、4万点以上もあり種類豊富なデザインを見て楽しめます。1580年代に作られた作品もあり、撮っておきたい写真スポットとなっています。

  • ヘルシンボリ

    ヘルシンボリはスウェーデン南部のスコーネ県に位置しており、人口約10万人からなる中都市です。海を挟みデンマークとの国境を接している町です。そのため、多くの人がデンマークへのフェリーを利用し日帰り旅行をする人もいます。最高気温は7~8月の21度~22度で降水量は6月で約80mmです。一年を通して上着や雨具を持参することをおすすめします。ヘルシンボリの観光の見どころは、北欧ならではのスポットが多くあります。最初におすすめする観光地は、フェリー発着場にある港広場Hamntorgetです。旅の疲れをゆっくり癒すことのできる人気エリアです。岬の先端まで歩いていくこともでけるため、絶好の写真スポットです。次におすすめする観光地は、1600年代に建設されたヤコブ・ハンセンの家です。スウェーデンならではの建築を見られます。他にも図書館や美術館が入っているカルチャーセンター Dunkers Kulturhusや音楽博物館、労働体験などができるフレデリクスダール屋外博物館 Frederiksdal Open-air Museumなどがあります。

  • イエリバーレ

    イエリバーレはスウェーデン北部の北極地帯に位置しています。イエリバーレには、国立公園や国立自然公園、国立自然保護区などがあり自然と文化の世界遺産に登録されています。滝や湖、丘陵などが存在し、綺麗な自然の景色を見られます。冬には最低気温がマイナス40度にもなり、極寒の大地が広がります。まず最初におすすめする観光地は、冬に見ることができるオーロラ鑑賞です。オーロラ鑑賞はなるべく明かりの少ない場所をおすすめします。そこで人気のある宿泊施設は、1890年に建てられたお城を改装したフィヤルネス城リゾート (Fjallnas Castle Resort)。全7部屋のみのホテルで、ゆっくりと過ごすことができます。次におすすめする観光地は、自然遺産や文化遺産にも登録されているサーメ族。昔から遊牧生活をしているサーメ族の歴史を学ぶことができます。

  • テルベリー

    テルベリーは、ストックホルムから電車を利用して北へ約3時間のところに位置しています。テルベリーは、伝統的なスウェーデンの家や田舎風景が未だに残る町です。かわいらしい雑貨やスウェーデンならではの手作り工芸、陶芸などがあり、女性から人気のある観光エリアです。まず最初におすすめする観光地は、北欧ならではの刺繍や織物を見ることのできる北方民族博物館。年代により変わる様々なデザインを学ぶことができます。次におすすめする観光地は、街中に点在する伝統的な赤い家です。家の中へ入ることはできませんが、かわいらしい赤い壁の住宅街を散策することはできます。テルベリーはゆっくりとした時間が流れている田舎街なので、都会の忙しさを忘れて過ごすことができると評判があります。

  • ムーラ

    ムーラは、ダーラナ地方に位置する自然あふれる町です。街の中心には、シリアン湖があり町のシンボルとして地元の人たちから愛され続けています。冬にはクロスカントリー大会で盛り上がり、多くの人たちで賑わっています。この大会は、世界最古でもあり世界最大として有名です。また夏にはスウェーデンの伝統行事も行われます。最初におすすめする観光地は、スウェーデンで第6位に大きいシリアン湖。面積は約354㎢、最大水深は約120mにもなります。湖畔から眺めながらゆっくりと過ごすことができます。次におすすめする観光地は、スウェーデンで19世紀の有名な画家の住居跡ソーンゴーデン(Zorngården)。自然に囲まれている木造の豪邸内を見学できます。ソーンゴーデンのアトリエや美術館などがあります。他にも、13世紀に建てられたモーラ教会や木造の鐘楼などの見どころがあります。

  • レートヴィーク

    レートヴィークは、スウェーデン中部(スヴェアランド)のダーラナ県の中央部、シルヤン湖の東岸にある市です。ダーラナ県の面積は28196㎢・人口は27万7047人(2010年)です。首都のストックホルムからは北西に250kmほど離れています。シルヤン湖はデボン紀(約3億7700万年前)の隕石衝突によって作られたクレーターに水が集まってできた湖で、隕石クレーターの大きさは直径約52kmと推測されていて、ヨーロッパ地域(ロシアを除く)では最大のものです。ちなみにシルヤン湖は、スウェーデンで6番目に大きな湖です。気候区分は亜寒帯湿潤気候で、気温の年較差が大きいのが特徴です。レートヴィークを含むダーラナ県は「スウェーデン人の心の故郷」と呼ばれていて、湖と白樺が作り出す美しい光景は観光客からも高い評価を受けています。

  • レクサンド

    レクサンドは、スウェーデン中部(スヴェアランド)のダーラナ県の中央部、シルヤン湖の南岸に突き出したところにある市です。首都のストックホルムからは北西に250kmほど離れています。上で紹介したレートヴィークからは南西に20kmほどの場所に位置しています。面積は1227.5㎢・人口は約15500人です。レクサンドは県庁所在地であるファールンに隣接していて、北欧の豊かな文化にあふれた町として知られています。気候区分は亜寒帯湿潤気候で、気温の年較差が大きいのが特徴です。小麦の生産が盛んで、酪農も行われています。広大な森林からの伐採も盛んに行われていて、日本向けの木材も出荷されています。そして世界的に有名なクロスカントリースキー「バーサーロペット」は、毎年3月にこの地で開催されていて、多くの観光客を引きつけています。

  • ファールン

    ファールンは、ダータナ地方に位置する銅生産で有名な町です。ファールンの銅生産は、1200年代に始まり1992年に閉鎖されましたが産業の中心として栄えていました。また2001年には、ユネスコ世界遺産に登録されました。最初におすすめする観光地は、ファールンの大銅山地域。ファールンの大銅山地域にはインフォメーションセンターがあり、地図や様々な情報が手に入ります。ガイドツアーもあるので、説明を聞きながら回ることができます。子供用のヘルメットやアマガッパなども整っているので、小さい子供のいる家族でもツアーに参加できます。次におすすめする観光地は、近くにある博物館。銅製品や鉱石の展示、模型などを見られます。最後におすすめする観光地は、ストラコッパルベリ教会(Stora Kopparbergs kyrka)やファールンクリスティン教会(Falu Kristine kyrka)などの教会。大きなパイプオルガンが特徴的です。

  • ルンド

    ルンドは、スウェーデン最南端に位置しており最も古い街の一つです。古い建造物や歴史のある街並みなどの見どころが多くあります。ルンドの人口は、約10万人ですがその中の約4、5割は大学生と大学関係者で占めています。最初におすすめする観光地は、町のシンボルとも言われているDomkyrkan(Lund Cathedral)。1145年に完成した歴史のある石造りの大司教座聖堂の一つです。カテドラルの中へは無料で入ることができることもあり、一年で約70万人以上の観光客が訪れる人気観光スポットです。次におすすめする観光地は、大学の建物もあるメインビルディング(Lunds universitet)。公園内には噴水や庭などがあり、落ち着ける空間です。最後におすすめする観光地は、民俗野外博物館のクルトゥーレン。大学敷地内にあり民族衣装や小物、土器、生活風景などの歴史を見て学ぶことができます。

  • キルナ

    キルナは、スウェーデンの最北端に位置する鉱業都市です。北極圏にあるため1、2月の最低気温は氷点下マイナス20度以下になることもしばしばあります。そのため防寒着をしっかりとしていくことをおすすめします。ストックホルムからは、飛行機や列車を利用して行くことができます。キルナ街までは、空港からバスを利用して行くことができます。そこで最初におすすめする観光は、オーロラ鑑賞です。ほとんどの観光客は、オーロラ鑑賞を目的としています。そのため、各宿泊施設にもこだわりがあります。スウェーデンのキルナで人気のある宿泊施設は、アイスホテルです。名前の通りベットや壁、イス部屋すべてが氷でできています。ホテル内の階段やバーカウンターも氷でできており、神秘的な雰囲気が漂っています。アイスホテルは、大人気宿泊施設のため事前予約をおすすめします。

広告

運営会社