おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

タヒチの都市一覧 旅行ガイド

タヒチの人気都市

1〜10件を表示 / 全10件

  • ボラボラ島

    ボラボラ島は、南太平洋フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島にある島である。首都パペーテがあるタヒチ島から北西約260kmに位置しており、フランス領ポリネシアの中でも最も美しいとされている。ボラボラ島は、1周約30kmの本島と、その周囲を約40kmのリーフが囲んでいる。 海の美しさや透明度の高さから、シュノーケリングやダイビング、ウィンドサーフィンや水上スキー、マリンジェット、クルーズ、鮫の餌付け、自然水族館へのエクスカーション、トローリングなどさまざまなアクティビティを楽しむ事ができる。

  • タヒチ島

    タヒチ島は、南太平洋フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島にある島。首都はパペーテで面積1,048 km²、人口約17万人の島である。南太平洋有数のリゾート地として知られており、冒険家ヘイエルダールの逸話や、画家ゴーギャンが晩年移り住んだ島としても有名である。 島では、自然との一体感とラグジュアリーな快適さを兼ね備えた水上バンガローに宿泊したり、ダイビング、フィッシング、サーフィン、シュノーケリング、ドルフィン&ホエールウォッチングなどさまざまなマリンアクティビティを楽しむ事ができる。

  • ランギロア島

    ランギロア島は、南太平洋フランス領ポリネシアに属するツアモツ諸島にあり、タヒチ島の北東約350kmに位置している島である。「果てしない大地」という意味をもつランギロア島は、その名のとおり周囲230kmにも及ぶ世界で2番目のスケールとツアモツ諸島の中で最も美しいと称されるラグーンがある。 240もの小さな島々が首飾りのようにつながる景観は、自然が作り出した芸術である。タヒチ島やボラボラ島などの火山島と異なり陸地にはほとんど起伏がなく、海面からわずかに盛り上がった島が外洋とラグーンを隔てるのみである。ラグーンは水深が浅くシュノーケリングでも海底散歩が簡単に楽しめ、まさにダイバー天国である。

  • モーレア島

    モーレア島は、南太平洋フランス領ポリネシアのに属するソシエテ諸島にあり、タヒチ島の西隣り18kmに位置する島である。ここは、海底火山の噴火によって生まれた島で、自然に囲まれた環境に恵まれている。かつて画家のゴーギャンはこの島を「古城のようだ」と評した。 島にはさまざまなアクティビティがあり、イルカと触れ合う事のできるドルフィンエクスペリエンス、4WDサファリツアーで行くベルベデール展望台、ポリネシアの伝統的な生活を再現して見る事ができるテーマパーク 「ティキビレッジ」など楽しむ事ができる。

  • タハア島

    タハア島は、フランス領ポリネシア・ソシエテ諸国の首都パペーテの北東約192kmにある島です。人口約5003人(2007年現在)、面積90㎡、宝石のように輝くエメラルド色のラグーンに浮かぶ美しい島です。年間を通し平均気温は27℃、海水温は平均26℃の亜熱帯海洋性気候です。パペーテからライアテラ島を経由(プロペラ機で約45分)、ボートで30分かけて行かなければなりませんが、究極の隠れ家リゾート地として世界中からの観光客を魅了し続けています。バニラの栽培で有名で、バニラ・アイランドと呼ばれることもあります。タヒチアンバニラのプランテーションでは、すべて手作業で行われるバニラ栽培の様子を見学できます。島で唯一のデラックスリゾートで、水上バンガローが特徴の「ル・タハア・アイランド・リゾート&スパ」の客室からは有名なボラボラ島を望むことができます。

  • ティケハウ島

    フランス領ポリネシア・ソシエテ諸国の首都パペーテから飛行機で55分の距離にあるティケハウ島は、王冠のような形をした白とピンク色の砂浜がラグーンの周りでキラキラ輝き、夢のような世界の広がる、観光地化されてない素朴な環礁の島です。この静かな土地の人口はわずか400人程度(2002年現在)、何代にもわたり漁業で生計を立てています。美しい海の中には、トビエイの他、マグロやカマス、オグロメジロザメ、イルカ、ウミガメなどの生き物が暮らしており、多くのダイバーたちを魅了して止みません。透き通った暖かい海水のエメラルド色のラグーンの側には、手つかずの砂浜が広がり、タヒチの島々に癒されたい人におすすめの場所です。この島唯一の高級リゾート「ティケハウ パールビーチリゾート」の目前には、ピンクサンドビーチが広がっています。

  • ライアテア島

    ライアテラ島は、フランス領ポリネシア・ソシエテ諸島の首都パペーテの北西約192km、飛行機で45分の位置にある、タヒチの島々の中で2番目に大きな経済の中心地です。人口約12,000人(2007年現在)、面積168㎢、年間を通し平均気温は27℃、海水温は平均26℃の亜熱帯海洋性気候。セーリングをはじめ、様々なアクティビティを体験できる魅力的な島、体力に自身のある人にはタピオイ山やテメハニ山のハイキングもおすすめ、運が良ければ島のシンボルとなっている「ティアレ・アペタヒ」という半円形の白い珍しい花を見られます。ライアテラ島は、ポリネシアで最初に人が住みついたタヒチ発祥の地でもあり、マラエ(ポリネシアの宗教信仰の対象となった神殿や聖なる地)も多く残っています。タヒチでは唯一船が運航できる川があり、熱帯林のジャングルの中をカヌーに乗って探検できます。

  • マニヒ島

    フランス領ポリネシアに属するマニヒ島は、タヒチの北東500kmに位置、黒真珠の養殖が盛んで、主産業となっています。マニヒ島のラグーンには、たくさんの珊瑚が生息していて、大半の宿泊施設はラグーンに近い場所にあり、目前のラグーンで一日中シュノーケリングを楽しめます。マニヒは本格的ダイバーにとっても人気のスポットです。豊富な珊瑚やプランクトンを求めて小魚がたくさん集まり、カスミアジやシマハギ、ナポレオン、マンタ、マダラハタ、イーグルシャークなど多種多様な魚を見られます。マニヒ島では、ピクニック・ツアーも人気。広々とした波の穏やかなラグーンをボートで移動して無人島へ向かいます。途中、ラグーンに餌をつけた釣り糸を下ろすと、簡単にマダラハラ等の魚がかかります。無人島に到着したら、美しい景色の中でバーベキューを楽しみ、その後はシュノーケリングや木陰での昼寝、無人島散策など、気ままに過ごします。

  • フアヒネ島

    フアヒネ島はフランス領ポリネシアに属する島で、主島であるタヒチ島から南東170kmの地点に位置、人口約6,000人(2007年現在)、面積74.8㎢の島です。北のフアヒネ・ヌイ島(大フアヒネ)と南のフアヒネ・イティ島(小フアヒネ)に分かれていて、間は砂州で繋がっています。フアヒネ島には、ポリネシア人の祭祀殿であるマエラや古代集落遺跡があちこちに点在していて、ゴーギャンの絵にイメージされるタヒチ本来の姿が最も色濃く残る土地だと言われています。リゾートのあるエリアからは、サンセットが美しく、サンセットアイランドとも言えます。外環礁にはサーフィンのメッカ、ハフレンチポリネシアン有数のサーフ・ポイントが多々あり、ワイ出身のサーファー達をも唸らせる、上級サーファーたちの憧れの地となっています。リゾートホテル「テ ティアレ ビーチ リゾート」ではスパサービスで休息できます。

広告

運営会社