おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

チュニジアのカテゴリ一覧

チュニジアの都市一覧 旅行ガイド

チュニジアの人気都市

1〜21件を表示 / 全21件

  • チュニス

    チュニジア共和国の首都で、商業・工業の中心地。世界遺産にもなっている「チュニス旧市街」には、噴水・宮殿・イスラム聖職者学校や霊廟、記念碑などがある。 国内最大の国際空港であるチュニス・カルタゴ国際空港があり、国外から多くの観光客を招き入れているほか、国内の交通の重要な拠点にもなっている。また、市内中心部の鉄道駅からも、国内の各都市へ向かう列車が数多く出発されている。「白と青の小さな楽園」と呼ばれるシディ・ブ・サイドが有名で、アラブ建築、アンダルシア建築の組み合わされた、鮮やかな白い壁に青い扉が特徴的な住宅が並び、多くの観光客が訪れている。

  • スース

    チュニスの南に位置するチュニジア第三の都市で、人口は約43万人ほどである。美しい町並みが有名で、その景観は「サヘルの真珠」と形容されている。また、旧市街として知られるメディナは世界遺産にも登録されているため、観光地として発展している。 周囲が壁で囲まれている旧市街メディナは、「ランス門」といわれる門から始まり、732年に建てられた、ひときわ目立つ「グランモスク」をはじめ、ドレスを販売している店や、香水店・香辛料店など、所狭しと店が軒を連ねているため、ショッピングを目的に多くの観光客が訪れている。

  • トズル

    トズールは、チュニジア南部の都市で、アルジェリアとの国境近くに広がる大オアシス都市で、古くからサハラ交易の要所として栄えた。この約1000ヘクタールのオアシスは果実や野菜など豊かな作物をもたらし、20万本ものナツメヤシが植えられている。サハラ砂漠への玄関であり、町の南には北アフリカ最大の塩湖ショット・エル・ジェリドが横たわる。 トズルのもう1つの特徴は、旧市街ウルド・エル・ハデフ地区。壁は日干しレンガを利用し、芸術的な幾何学模様に仕上げられている。気候は、砂漠気候のため、真夏の平均最高気温は39度。日中は45度以上の暑さになることもあるほど。逆に冬は冷え込みが厳しいのが特徴である。

  • ケロアン

    チュニジア中部にある都市で、チュニジアの古都として知られる。北アフリカにおけるイスラム発祥の地であり、イスラム教の聖地に数えられるほか、街全体が世界文化遺産に登録されている。 市の北部郊外、「アグラビ朝の貯水池」の隣にある観光案内所ではケロアンの主な見どころをカバーした共通入場券が購入できる。ケロアンのメディナ全体の規模はチュニスなどのそれに比べればそれほど大きくなく、観光スポットも、大部分はメディナ周辺にまとまってコンパクトに立地しているので、時間的には半日~1日もあれば主要な観光スポットのほどんどをカバーすることができる。

  • カルタゴ

    チュニスから近郊線の電車で30分くらいのところにあり、チュニスのベッドタウンとなっており、大統領官邸や高級住宅が建ち並ぶ閑静な住宅街である。 「アントニヌスの共同浴場」、「円形劇場」など、古代ローマの歴史的価値のある建築物が多く、毎年多くの観光客が訪れている。街を見下ろすような小高い丘である「ビュルサの丘」にはカルタゴ博物館やサン・ルイ教会があり、風光明媚な丘の上が公園になっており、公園内には発掘された遺跡があるほか、遺跡から発掘された円柱やモザイクなどの出土品が敷地内のあちこちに無造作に転がっている。

広告