おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

和歌山 自然・景勝地 のおすすめ情報

このページでは和歌山にある自然・景勝地を紹介しています。雄大な自然が広がる景勝地は、旅行や週末のお出かけにぜひ訪れたい場所です。青く透き通った海や、広大な大草原、神秘的な洞窟・鍾乳洞など、大自然は私たちの想像を超える絶景を見せてくれます。貴重な景観や、野生の動植物が生息する場所は、ユネスコ世界遺産や、国の自然保護区などに指定され、観光名所にもなっています。アメリカのグランド・キャニオン国立公園や、オーストラリアのウルル=カタ・ジュタ国立公園のように、壮麗な滝や湖、森など、見どころがいくつも詰まった自然公園も人気です。観光スポットやリゾート地として知られる自然豊かな場所では、マリンスポーツや森林浴、トレッキングなど、さまざまなアクティビティを体験できます。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

和歌山 自然・景勝地 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全6件

  • まとめ

    【和歌山】瀞峡・熊野川にあるおすすめのアクティビティ5選

    和歌山 - 自然・景勝地

    熊野三山や熊野古道など、神秘的な空気に包まれている、和歌山県南部の熊野地方。自然の素晴らしさを体感できるスポットが沢山あり、さらに北上川の流れを利用したアクティビティも注目され始めているのをご存知ですか? 透明感あふれる美しい水と、自然が作りだした渓谷や川の流れを五感で楽しめるアクティビティは、体験してこそわかる面白さです。 初心者でも参加できるものばかりなので、旅の記念に親子やカップルでチャレンジするのも、きっといい思い出になること間違いありません。スリリングな体験があなたを待っていますよ!

  • まとめ

    【和歌山】白浜の海辺にある一度は見に行きたい絶景スポット5選

    白浜・田辺・みなべ・串本 - 海岸・海

    和歌山県の南部に位置する白浜町は、南紀白浜とも呼ばれています。一年を通じて温暖な気候にあり、観光と農業の町として発展してきました。日本三古湯に数えられる白浜温泉は、「万葉集」や「日本書紀」にも記述が残されています。 そんな白浜に来たら、やはり海沿いの絶景スポットを巡ってみたいもの。名勝とされる場所を訪れるたびに、自然の美しさや壮大さを心の底から味わうことができるでしょう。今回は、そんな絶景スポットの中からおすすめの場所をご紹介しています。動きやすい服装とカメラは必須アイテム。心が洗われること間違いなしですよ。

  • まとめ

    【和歌山】世界遺産もあり!撮影にもおすすめの高野山観光定番スポット5選

    高野山 - 自然・景勝地 ,世界遺産 ,観光名所

    紀伊山地は古くから神々が眠る神聖な地として知られていました。そこには、壇上伽藍や奥之院など様々な歴史的背景を持つ霊場や参詣道が現在も数多く残っています。和歌山、三重、奈良の三つの県をまたぐ三つの霊場、参詣道を対象として『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産にも登録されていて、今回はその中でも和歌山にある高野山について紹介していきます。紀伊山地の中でも特に多くの世界遺産があるのがこの高野山なのです。それゆえに、おすすめの撮影スポットが数多くあります。人や時間に追われる生活をいったん忘れて、あの空海の人生を変えたともされる高野山の素晴らしさを、皆さんも肌で感じてみませんか。

  • まとめ

    【和歌山】那智の滝:古来より崇拝されてきた聖なる滝

    新宮・勝浦・熊野本宮 - 滝・河川・湖,複合遺産

    和歌山県那智勝浦町にある那智の滝は、2004年にユネスコ世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に属する昔からの信仰と自然がそのまま残る「熊野三山」の中にある有名な滝です。 栃木県の華厳の滝、茨城県の袋田の滝とともに「日本三大名瀑」のひとつに数えられる滝で、その歴史は古く、日本の初代天皇とされる神武天皇がその輝く滝を見てご神体として祀ったのが始まりといわれています。ご神体としてふさわしく神々しい那智の滝は「飛瀧神社(ひろうじんじゃ)」と呼ばれ、本殿や拝殿は存在せず、滝を拝むという非常に珍しい神社でもあります。 滝の水しぶきにふれることによって延命長寿のご利益があるといわれています。那智山信仰の原点ともいえる霊験あらたかな那智の滝と世界遺産に登録された神々がやどる周辺の自然や神社の魅力をお伝えします。

  • まとめ

    熊野古道:世界遺産に登録された「信仰」の道を歩く

    新宮・勝浦・熊野本宮 - 自然遺産,複合遺産,史跡・遺跡

    熊野古道とは京都や伊勢から和歌山県にある3つの聖地、本宮の熊野本宮大社、新宮の熊野速玉大社、那智の熊野那智大社の熊野三山を目指した古い参詣道のことです。その歴史は古く平安時代から鎌倉時代にかけて皇族や貴族が多く利用した古道です。江戸時代には庶民の間にもこの参詣ブームが広まり参詣道は大変な人で混みあっていたとか。 2004年にこの地はユネスコ世界遺産に登録されました。「紀伊山地の霊場と参詣道」として「霊場」と「参詣道」およびそれを取り巻く環境が昔と変わらず今も保存され、利用されていることが評価されて日本で17番目の世界文化遺産となりました。参詣道は1本ではなく「紀伊路」「小辺路(こへち)」「中辺路(なかへち)」「大辺路(おおへち)」「伊勢路」ら複数の道があります。 熊野詣は熊野三山に参詣するだけではなく、その険しい参詣道を歩いて行くということも修行のひとつと考えられています。世界遺産登録から10年以上がたった現在も多くの参拝客でにぎわう観光スポットです。広がる大自然の中に神々が宿る熊野古道の魅力をお伝えします。

和歌山 自然・景勝地 のまとめをもっと

和歌山 自然・景勝地 のスポット一覧

0件を表示 / 全0件

和歌山 自然・景勝地 に関するスポットが見つかりませんでした。
地域やカテゴリを変更してもう一度検索してください。

広告

運営会社