おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

保険・補償について

レンタカー料金に含まれる保険適用時に発生する免責額について

各レンタカー会社は所有する車に自動車保険をかけており、レンタカー料金にはあらかじめ保険料が含まれています。万が一レンタカー利用者が事故を起こしてしまった場合、対人・対物・レンタカー車両への損害、レンタカー会社への営業損失が発生します。対人・対物等への損害は、保険によって基本的な補償がおこなわれますが、一定金額まではレンタカー利用者が自己負担する形となります。
この一定額を免責額といい、免責額が5万円の場合は5万円までは自己負担での支払いとなり、5万円以上の支払いは保険が適用されます。免責額は借りる車両や各レンタカー会社の保険内容により、5~20万円となるのが一般的です。後述する「免責補償制度」は、免責加入によってこの免責額を免除される制度です。

免責補償制度とは

免責補償制度とは、万が一の事故の際に、レンタカー利用者の負担となる車両免責額と対物免責額を補償する、任意加入の制度です。レンタカーの利用料金に追加料金を支払うこと(免責加入)で、免責額をレンタカー会社が利用者にかわって補償することになります。免責補償制度にはレンタカーの予約時、または出発時に申し込みできます。1日あたり1,000円~2,000円程度の免責加入で、万が一事故が起こってしまった場合の5万円~の免責額が0円になるため、利用者にとっては心強い制度です。

ただし多くのレンタカー会社では、免許を取得してから1年未満の方、または21歳未満の方、国際免許証で運転される方は、加入できないことがほとんどです。また、免責補償制度に加入していてもNOC(ノン・オペレーション・チャージ)の支払いは発生します。

NOC補償制度について

レンタカーでの事故や盗難、当て逃げ被害などが発生し、車両の修理・清掃が必要になった場合、利用者は修理期間中の営業損失分を営業補償としてレンタカー会社に支払わなければなりません。これをNOC(ノン・オペレーション・チャージ)といいます。

レンタカーを検索する

出発
出発日
返却
返却日
車種
円 〜
喫煙/禁煙
AT/MT
検索方法
オプション

子供用シート

ご利用ガイド一覧

ご利用ガイド一覧を見る