TravelBook

知らなかった旅先が見つかる
旅行ガイドブック

知らなかった旅先が見つかる
旅行ガイドブック

バニラエア(Vanilla Air) 格安航空券特集

バニラエア Vanilla Air バニラエア(Vanilla Air)

エアアジアと全日空の共同出資で2011年に発足した国内線LCC「エアアジア・ジャパン」が、2013に全日空の100%出資となり、社名も「バニラエア(Vanilla Air)」とリニューアル。成田空港を拠点に、国内3路線、海外3路線を運航しています。リニューアルに伴い、機内設備も刷新しました。コーポレートカラーの黄色と青色を活かし、革製シートを設えるなど、明るく親しみやすいインテリアが好評を得ています。

バニラエア(Vanilla Air)11月〜2月格安航空券の料金・予約情報

※予約料金は在庫状況により変動します。また、予約申込み時に別途手数料が加算されます。

全ての航路を見る

バニラエア(Vanilla Air)のここが凄い!

  • 国内外に格安運賃で就航するバニラエア。料金体系もわかりやすいと好評!

    2011年に国内線LCC航空会社「エアアジア・ジャパン」として発足し、2013年に全日空100%出資の航空会社としてリニューアルされたバニラエア。現在、成田空港を拠点として、国内線は札幌(新千歳)、函館、大阪(関西)、奄美大島、沖縄への便が、国際線は台湾(台北・高雄)、香港、ベトナム(ホーチミン)、セブ島への便が就航しています。注目すべきは、やはり運賃。「コミコミバニラ」と「シンプルバニラ」の2つの料金があり、コミコミは20kgまでなら料金無料で手荷物を預けることができ、予約変更は500円の手数料で可能です。キャンセルの場合は、3000〜5000円のキャンセル手数料を支払うことで、払い戻しも受けることもできます。一方、シンプルの場合、受託手荷物は有料で、予約便の変更手数料は4000円、さらにキャンセルは不可ですが、その分、基本的な料金がコミコミよりリーズナブルになっています。また、さらに格安に利用した場合には、不定期にキャンペーン運賃で発売される「わくわくバニラ」をチェック。キャンセルや予約便の変更ができないといった制約はありますが、格安で空の旅が楽しめるので見逃せません。

  • 片道5000円代から! LCCで唯一の奄美大島線を運航するバニラエア

    飛行機の場合、路線によっては国際線の方が国内線より安いという逆転現象がよく見られます。特に大手航空会社の就航本数が少ない離島便の場合、行きたくても航空運賃が高過ぎて、二の足を踏んでしまうという旅行者も少なくありません。しかし、実はバニラエアではLCCの航空会社として唯一、奄美大島線を運航しており、最安値便では片道5000円代からと、とてもリーズナブルです。バニラエアの登場が、首都圏から南国の島々への距離を、移動時間だけではなく、料金的にもぐっと近づけてくれました。

  • 明るく快適なバニラエアの新キャビン。オリジナルスイーツは売り切れ必死!

    バニラエアでは、2014年から新内装のエアバスA320型機が運航しています。沖縄、奄美大島といったレジャー・リゾート路線に運航しているエアラインらしく、同社のメインカラーでもあるブルーとイエローをテーマカラーにしています。シートやカーペットには海をイメージしたブルーにバニラフラワーのデザインを施し、壁や棚には太陽をイメージさせるイエローを採用、機内がとても明るく印象に生まれ変わりました。さらに、座席シートにはイタリア製の本革を使用。1列目に従来機と比較して足元が23cmも広い「リラックスシート」を設けるなど、徹底的に乗り心地の良さにこだわっています。機内食は有料ですが、バニラエア特製バニラくり~むあんぱんやオレンジマドレーヌといったオリジナルスイーツが好評で、とくにバニラくり~むあんぱんは、就航以来、売り切れ続出の人気商品なので、搭乗の際にはぜひお試しを!

バニラエア(Vanilla Air)について

航空会社名 バニラ・エア株式会社
設立日 2011年
本社所在地 日本・千葉県
航空会社コード VNL/JW
アライアンス なし
日本からの就航路線数 成田ー那覇など7路線

A320-200

機体画像

白と黄色の機体に青のロゴが入っています。尾翼にはリゾートを連想させる“バニラフラワー”が。

全長 全幅 全高 航続距離 最大乗客数
37.8m 35.8m 12.8m 約6100km 186人

主な就航地について

バニラエアの運航路線の中でも随一の人気路線となっている奄美大島。成田〜奄美間を毎日1便運航しています。ビーチでの海遊びはもちろん、マングローブの原生林を行くカヤックや、大自然を歩くトレッキングなども人気です。

チェックインについて

  • 国内線は、出発時刻の90分前〜30分前の間にチェックインカウンターもしくは自動チェックイン機でチェックインを済まてください(出発時刻の48時間前〜2時間前まではウェブチェックインも可能)。
  • チェックイン終了後、保安検査を済ませて、出発時刻の20分前までに搭乗ゲートへ。

エコノミークラスの座席について

  • 全席エコノミークラスで、足元の広いリラックスシートとスタンダードシートに分かれます。一部、リクライニングしないシートもあり。
  • シートピッチは約74cmです。
  • 素材にはイタリア製の本革を使用。

バニラエア(Vanilla Air)の予約時、運賃・料金に含まれるもの

3つのプランに分かれ、「コミコミバニラ」プランには預け荷物、スタンダードシートの座席指定料金などが含まれます。「シンプルバニラ」プランは預け荷物が有料となり、払い戻し不可。このほか、セール価格の「わくわくバニラ」プランが設定されることがある。なお、機内持ち込み手荷物は、いずれのプランも主要手荷物1個と身の回り品1個が料金無料です。

受託手荷物について

受託手荷物
大きさ 3辺の和が203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内
重さ 20kgまで
個数 1つ
その他 定型を超える荷物については、重量に応じて追加料金がかかります。
「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」利用時の預け荷物はエリアに応じて2000〜4000円。

機内持ち込み手荷物について

機内持ち込み手荷物
大きさ 主要手荷物は各辺が56cm×36cm×23cm以内
重さ すべての荷物の合計が10kg以内
個数 一人あたり1個の手荷物のほか、身の回り品1個まで

バニラエア(Vanilla Air)を利用する際の注意事項

お子様のご搭乗について

  • 生後8日未満の新生児の搭乗は不可。
  • 生後8日以上〜2歳未満の乳幼児は12歳以上の同伴が必須。片道あたり一律1500円の運賃が必要です。
  • 2歳以上〜12歳未満の小児は12歳以上の同伴が必須。通常料金と同じ運賃が必要です。

妊娠中のお客様のご搭乗について

妊婦は予約時に「搭乗日が出産予定日の何日前にあたるか」の申告が必要となります。

≪ 搭乗日が出産予定日から28日前 ≫

搭乗日から7日以内に発行された診断書(日本語もしくは英語)が必要。診断書には以下の項目が必須です。

  • 搭乗日とその区間に航空旅行を行っても差し支えないこと
  • 出産予定日
  • 飛行中に注意すべき点
  • 診断書を作成した医師の署名

路線別 バニラエア(Vanilla Air) 最安料金の航空券予約カレンダー

 東京(成田)発で、バニラエアの最安料金航空券を予約する

その他の格安航空券(料金比較・予約)

国内航空券

海外航空券