おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

一人でもグループでも!現地での交流を深めるユースホステル

世界最大級のネットワーク
我が家のように安心して使える宿泊施設

ユースホステルは、80の国と地域に、約4000の施設を持つ世界最大級の宿泊施設グループです。国際ユースホステル連盟がまとめており、その下で各国のユースホステル協会が管理・運営を行っています。安心の品質で安く泊まれることから世界中の旅人に愛され、交流の場としても人気です。
各施設のオーナーは"ペアレント"と呼ばれることもあり、旅先での親代わりのように、親身になって助けてくれますよ。
ユースホステルが、自然や人、経験などへの予期せぬ出会いのサポートをしてくれ、より良い旅へと導いてくれるでしょう。

日本ユースホステル協会ホームページはこちら

ユースホステルが愛される理由

安心価格と整った宿泊環境が楽しい旅をサポート!

国が違えば宿泊施設の料金形態やシステムが大きく異なりますが、ユースホステルは、どこでもほぼ同じように使えることも人気の一因です。安心して利用できる価格面だけでなく、不安の多い海外旅行を精神的にも楽にさせてくれます。
施設が古いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近の宿はどんどん新しく、きれいな設備を整えたところもたくさんあります。
モダンで芸術性すら感じさせる建物や、誰でも利用できるおしゃれなカフェを備えたところ、まるでリゾートホテルのようにプールや庭園を持つ施設も。ユースホステルだという魅力だけでなく、施設そのものでも泊まってみたいと思わせるものが増えていますので、ぜひ旅先の候補としても考えてみてください。

ペアレントも利用者もユニークな体験を提供してくれる

ユースホステルの魅力のひとつに、温かく受け入れてくれるペアレントの存在や施設内での交流が挙げられます。
相部屋を基本とするユースホステルでは、同室になった人同士で仲良くなることも珍しくなく、施設の談話室では積極的に旅人同士の情報交換が行われています。同じ部屋で仲良くなって、次の日一緒に観光を楽しむ人や、その後も連絡を取り合い親密な国際交流を続ける人もいます。
ペアレントは、旅で困ったときに助けてくれるだけでなく、その土地での旅行を楽しんでもらおうと、現地ツアーを開催していたり、特別なイベントを企画していたりすることもあります。
ユースホステルは一人だけの旅では味わえない、ユニークな体験がたくさんできます。ユースホステルに泊まるということだけでも、きっと面白い経験になるでしょう。

施設ごとの魅力があるユースホステル

使い方いろいろ!ユースホステル活用術

ユースホステルには、価格の安い宿泊施設ということだけでない魅力がたくさんあります。ペアレントが特別に行っている面白い取り組みもあれば、立地を活かして自然と触れ合うプログラムや、伝統文化を感じる体験プランなどもあります。特別な体験を目的に訪れるのも、ユースホステルの魅力ですね。普段接することのない多彩な人々との交流もあり、子どもへの教育的観点からも家族旅行におすすめです。家族で一部屋占有して使うこともでき、小さいお子さんがいる家庭でも、周囲に気を使わず安心して過ごせます。現地の情報が大切な登山などのネイチャーアクティビティでは、交流によって得られる情報交換が大きなメリットになるでしょう。ユースホステルはホテルに泊まる個人旅行とは違った側面があり、上手に使えば何倍も楽しい旅行にできますよ。

よくあるご質問・ご相談

女の子でも安心して泊まれるのでしょうか?

基本的に男性と女性とで別の部屋になるので、女性の一人旅でも女性だけのグループでも大丈夫です。
男女混合のグループで泊まる場合も、女性専用の部屋になりますので、安心してください。

家族や友達だけで一部屋借りられますか?

部屋が空いている場合は、家族での一室貸出に対応してくれるユースホステルが多いです。混雑状況により利用できない場合もありますので、予約の際に確認しましょう。 友達グループでの利用の場合、規定人数に達していれば一部屋そのまま使えることもありますが、男女混合の場合はそれぞれ別の部屋になります。家族利用でも、同性のグループ利用でも部屋の定員未満の人数で一室借りる場合は、割増料金がかかることもあるので予約時に確認しておくといいでしょう。

ユースホステルでよく聞く、素泊りって何ですか?

素泊まりとは、夕食・朝食ともに付かない、宿泊利用だけの形態です。宿泊料金を抑えたい場合や、宿以外の場所で食事を楽しみたい、自炊をしたい場合によく利用されます。 当日の宿泊予約の場合は、食事の準備の都合上、素泊まりでしか受け入れられない場合もあります。

初対面の人と打ち解けられるか不安なのですが、大丈夫でしょうか?

初対面の人と話すのが苦手な人は無理して交流を持つ必要はありません。各々自分のスタイルで過ごしています。 ユースホステルの利用者は、基本的は交流が好きな人が多いので、積極的に話しかければすぐに打ち解けられますよ。施設内の談話室では、和気あいあいと過ごしています。 自分から話しかけるのが苦手な人でも、夕食後にミーティングやティータイムと呼ばれる交流の時間を設けているユースホステルもありますので、そうした機会に参加するだけでも楽しく過ごせます。 各部屋では静かに寝たい人もいますので、横になっている場合はあまり話しかけないほうがいいかもしれません。

ユースホステルの規則は厳しいですか?

かつては、掃除や皿洗い、禁酒など細かな規則がありましたが、現在は緩和されています。 多くのユースホステルでは、チェックイン・アウトや門限、消灯時間を守る、部屋内では飲食禁止、食器は片付けだけ行う、シーツはチェックアウトのときに返すといった程度に変化しつつあります。 ユースホステルは、相部屋で他者と接する時間も長く、同じ共同の場を使うことが多くなるので、お互いに気持ちよく使えるような配慮が必要です。

チェックイン・チェックアウトの時間は何時ですか?

チェックインは午後3時から9時頃、チェックアウトは午前10時までのところがほとんどです。 夕食を頼んだ場合は、食事の時間(目安は午後6時頃)までに到着しましょう。遅れる場合は、予約時や遅れることがわかった段階で連絡しておきましょう。素泊まりでも、到着が遅れる場合は電話で連絡しておくのがベターです。無連絡で夜遅くになるとキャンセル扱いになってしまうことも。

一番最初に利用するユースホステルはどういう基準で選んだらいいですか?

ユースホステルは、施設もペアレントもバラエティに富んでいます。文化財になっている宿や野鳥観察会を行っているところなど、特徴が異なりますので、興味を持てる宿に泊まってみるのが一番です。 歴史のある宿や人里離れたところに建っている宿では、トイレやお風呂の設備が古いこともありますので、気になる人は予約時に確認するといいでしょう。

会員にならないとユースホステルで泊まれないのですか?

ユースホステル協会の会員でなくても宿泊可能ですが、非会員料金がかかります。年間5泊程度利用するなら、会員になっておいたほうが良いかもしれません。 会員になると、宿泊料金の割引や近くの観光施設を割引料金で利用できるなどの特典が受けられます。

会員登録したいのですが、どこで会員登録できますか?

ユースホステル協会のHP からのオンライン入会、大学生協や規模の大きな複合施設にある入会案内所、各ユースホステルで会員登録ができます。入会案内所とユースホステルでは、免許証や学生証等の身分証明書を提示し、その場で会員証を発行してもらえます。

  • はてブ
  • シェア
  • 後で読む