おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ストロベリー・フィールド Strawberry Field

”名曲のモデル”になったかつての孤児院
ビートルズの名曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のモデルとなった孤児院です。ジョン・レノンが小さい頃によく遊んだ、思い出の場所です。施設が閉鎖されているので中には入れませんが、「赤い門」を訪れるビートルズ・ファンは後を絶ちません。

広告

ストロベリー・フィールドが紹介されているまとめ記事

  • まとめ

    【イギリス】リバプールでおすすめの観光地10選:フットボールとビートルズの聖地

    イギリス - 観光

    伝説のロックバンド・ビートルズが生まれた港町、あるいはプレミアリーグの強豪・リヴァプールFCの本拠地として有名なリヴァプール。イングランド北部に位置する都市で、ロンドンからは鉄道で約2時間半で行くことができます。博物館や美術館など文化資産が豊富で、街自体が世界遺産に登録。アルバート・ドック周辺からリヴァプール大聖堂を経由する市内バスは観光にとっても便利で、ビートルズがペイントされた車体も好評です。現地発のツアーを上手に利用すれば、ビートルズゆかりの名所も余すことなく満喫可能。ロックの聖地も世界遺産も、どちらも楽しめる魅力ある都市・リヴァプールを100パーセント楽しみましょう!

  • まとめ

    【イギリス】リバプール・アルバートドック周辺でおすすめの観光スポット12選!世界遺産を巡ろう

    イギリス - 観光

    アルバートドックは、海商都市であるリバープールの世界遺産の一部となっている地区です。 1846年に、世界で初の完全耐火の倉庫として脚光を浴びていた地区になっています。現在は、ウォーターフロントエリアとしての開発が進み、美術館にお洒落なショップ、レストラン、パブなどが立ち並ぶリバプールの人気エリアとなっており、地元の人から観光客まで、多くの人が訪れ賑わいを見せています。横浜の赤レンガ倉庫のような雰囲気もあり、街歩きをするだけでも楽しめます。 今回は、そんなアルバートドック周辺の見どころについて紹介します。

  • まとめ

    【イギリス】リバプール・ビートルズストーリー周辺の観光スポットおすすめ16選!充実した旅行を!

    イギリス - 観光

    ビートルズストーリーは、リバプールのノーザン鉄道のリバプールライムストリート駅から徒歩約20分のところにある博物館です。 イギリスの大スターであるビートルズをテーマとした博物館になっており、ジョン・レノンとの出会いを語るポール・スミスのインタビューをはじめ、レプリカのキャバーン・クラブなど、ビートルズの歴史やゆかりの品などを見ることができ、ビートルズファンにはたまらないスポットです。大変人気なので、予約をして訪れるのがおすすめ。 今回は、そんなビートルズストーリー周辺の見どころについて紹介します。

  • まとめ

    イギリス観光でおすすめのスポット完全網羅:名所観光地一覧

    イギリス - 観光

    ヨーロッパの北西岸にあるイギリスは、グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国という正式名称を持つ立憲君主制国家です。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国から構成されているのが特徴。主にイギリス英語が話されていますが、ウェールズ語やスコットランド語、アイルランド語など他の言語の話者も見られます。 宗教はキリスト教が過半数を占めており、イスラム教徒やヒンドゥー教徒なども比較的多く存在。文化の面では、シェイクスピアをはじめとして多くの文学家を輩出しているほか、イギリス経験論などの哲学も有名です。食べ物としてはフィッシュ&チップスが有名であるほか、紅茶とお菓子を楽しむアフタヌーンティーの文化もポピュラー。観光スポットとしてウェストミンスター寺院やロンドン塔、ビッグ・ベンなど豊富な名所が存在するのも魅力です。

ストロベリー・フィールドの情報

住所 Beaconsfield Rd., L25 6LJ
近くのイベント イギリスのイベント
イギリスで使えるWifiのレンタルはお済みですか?

広告

ストロベリー・フィールド周辺の人気スポット

リヴァプール

イギリス、イングランド北西部マージーサイド州の中心都市で、ザ・ビートルズ誕生の地として有名です。市域面積は111.84平方キロメートル、2005年の人口は447,500人。2008年の欧州文化首都の一つです。18-19世紀の海港都市としての姿を残している一部の地区は「海商都市リヴァプール」の名で、2004年にユネスコの世界遺産に登録されました。 また、港では、穀物・食料・木材・非鉄金属・繊維などを輸入し、アイルランド行きの客船もでています。製造業は、医薬品・電気器具・精糖・製粉・ゴム製品などが盛んで、郊外では自動車の生産や精油もおこなわれています。現在は港湾部の各種施設やビートルズゆかりの建物などを利用した観光にも力を入れています。

詳細を

ストロベリー・フィールド周辺の人気スポット

運営会社