骨盤ガードル おすすめポイントは?【キュリーナEX】

年齢とともにお腹が引っ込まなくなったり、お尻が下がってきて気になりますよね。
せっかくオシャレをしても、想像と違って落ち込んだりしませんか?
そんな悩める女性にぴったりなのが「骨盤ガードル」なんです。

骨盤ガードルは、お腹やお尻をサポートし、いつもの自分よりもスッキリとした印象に導いてくれる優れものです。

この記事では、おすすめの骨盤ガードルや、骨盤ガードルを選ぶ際のポイントをお伝えします。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

骨盤ガードルってなに?

骨盤ガードルは、着圧によりお腹周りや太ももを引き締めながら、ヒップアップして見せてくれるサポートアイテムです。
パンツスタイルはもちろん、トップスインの時もスッキリした印象になるので、オシャレには欠かせません。

20代半ば〜後半になると、お尻はどんどん下がって来ますよね。
そんなお尻を放置すると、どんどん脚が短く見えてしまうので、骨盤ガードルで下半身をサポートしてあげましょう。

また、骨盤ガードルは苦しいという印象があり、なかなか挑戦しづらいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、最近は様々なメーカーから骨盤ガードルが発売されており、苦しくない骨盤ガードルもあります!

どんな機能が欲しいかで選び、ピッタリの骨盤ガードルを見つけましょう。

着圧の強さ

骨盤ガードルといえば、着圧によるスタイルアップがポイントです。
着圧により、体を引き締めて見せてくれます。

ただ、どんなに引き締めたいからと言っても、とにかく着圧が強いものを基準に選ぶのは危険です。
なぜなら、引き締めが強過ぎると、体に良くない可能性があるからです。

しかし、着圧が弱すぎても理想のスタイルアップができない可能性があるので、程よい着圧感を選ぶのがおすすめです。

最近は、測定機関で着圧の数値を調べている商品がとても多いです。
公式サイトで比較して選びましょう。

伸縮性

次のポイントは、伸縮性がある骨盤ガードルです。

日々のスタイルアップに取り入れるためには、着脱のしやすさは欠かせません。
伸縮性がないものを選ぶと、忙しい朝に無理やり足を通すので、着用が苦痛になってしまい続けられない可能性があります。
スタイルアップをし続けるためにも、伸縮性があり、着脱にストレスがかからない骨盤ガードルを選びましょう。

通気性

骨盤ガードルは基本的にショーツの上に重ねて着用するので、通気性が良く、タイツのような軽い感覚で着用できるものが良いでしょう。

特に骨盤ガードルが活躍する夏場は、汗で蒸れやすくなります。
汗や皮脂で肌トラブルが起こらないように、通気性があるものを選びましょう。

ハイウエスト

お腹周りが気になっている方は、ハイウエストの骨盤ガードルがおすすめです。
お腹周りまでしっかりサポートしてくれるので、トップスインでもキレイに決まります。
お腹周りで着圧を感じられると、さらに良いでしょう。

保証制度

初めて骨盤ガードルを利用するという方には、保証制度があるものがおすすめです。
最近は、購入して数日以内ならサイズ交換が無料でできるところが増えて来ましたし、着用して気に入らなかった場合も全額返金保証をしてくれるところもあります。

各骨盤ガードルの公式サイトで保証の内容や期間を比較して選びましょう。

おすすめの骨盤ガードルは?

上記の全てを満たす骨盤ガードルが「キュリーナEX」です。

しっかり伸びる伸縮性がポイントですが、着圧も十分です。
また、届いてから30日間全額返金保証もあり、初めて骨盤ガードルに挑戦する方にも手軽でおすすめです。

キュリーナは今なら最大51%OFFのキャンペーン中です。
ぜひこの機会をお見逃しなく!

公式サイトで確認する

着圧に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社